降り止まない雨が
心の奥底に言葉を溢れさせ
魂の隙間から
零れ落ちるような光滴たち
無数に煌めき散逸する
終わらない旅路の果てに
訪れるもの一つさえ
想い描けないなら
何億もの地上の眼 ....
それだけで世界はこんなにも美しい
悲しいほどに
つきあいたい

その気持ちをなんとかこんとか
書類の間に挟みかくして

何食わぬ顔で、仕事を続けた

まずい
このタイミング
この相手で
そういうのはまずい

吸い込まれそうな ....
ごっこ遊びをしてる
爪の伸びた友達と
殴られたあとが痛い
殴られるまでは痛くない
呪文を唱える友達
唱えた呪文を聞くだけの俺

心地の良い季節だね
心にもない言葉
どこかいこうよ ....
奇妙なものに
取り囲まれ
見知らぬものの
浮き立つ
わたしの回りで
しなやかな輪舞を
繰り返し
奇妙なまま
見知らぬまま
ひたすらに
自由を分節し
いつしか
あっけなく
呑ま ....
四月二十一日 金曜
天氣 雨
起床 五時二〇分
就床 十時三七分

此の頃はお兄様が早くお起きになるので自然に早く起きてしまふ
習字は一頁をお清書致しました
放課後は階段のお掃除を ....
言いたかったこと
言えなかったこと

音を持つ前に
雨に戻して
あなたの頬を
優しく歩きたい

そっと拭う仕草で
嫌われても
透明な傷跡に
責任を持ちたくて

もうとっくに
 ....
抜けるような
美しさが
花開き
時が経過する
微かに
彼女の息遣い
ふるまわれる
原色の舞い
高揚し
忘却して
上昇する
下降する
もう一つの朝
もう一つの夜
もう一つの可 ....
降り続いていた雨が止み
今日は薄日が射している
おまけにうっすらあったかい
おれは胸いっぱいの共感に
包まれ街に入っていく

街では陽気なコーラスが
もうひっきりなしに響いていて
老婆 ....
  歩きつづければ
  たどり着けると
  きっと


   移りかわってゆくのは
  季節ではなかった 過ぎさってゆくのは
  世界ではなかった


  みたことがある
  風 ....
 【問答相撲】
健康は命の付属品ではない
生写しではあるが別の生き物だ
今日も飛び去ろうとしてタックルした
顔を洗えば鏡に逃げ込むかもしれない
醜態を晒しても命ある限りか
尊厳を保ててこそ ....
中庭と廊下に
誰も居ないことを確認して
使うことのない鍵を握り
少しだけ明るい裏庭に出る


低い草と
色の無い花の間を抜け
影の無い径に出る
薄暗く揺れる午後に ....
雪解けだろうか
水の音で
目覚め
飛沫をあげながら山を下っていく
滝となって 川となって 水路となって
私の血は逃げ場を失っていく
僕たちは
綺麗なものが
似合うように
努力をするけれど

その眩しさより
弱った光の中で
同じくらい
傷付けたら

指輪なんていらない
この身体ごと
転がって
語り始める
 ....
先が見えない学校に
行かないのが不登校

先が見えない学校に
行くのが不透明登校

行くだけましだと言うが
行かないと決めるほうが
傷は広がらないとも言う

心が強いなら
行かな ....
久々に訪れた病院の園庭は、
十数本の桜の木が
無数の赤い蕾を膨らませていた。 

その生命力は、
春の大気に漲り震え
園庭という枠を獰猛に
突き破っていく不穏さを孕んでいた。

膨ら ....
歩いてきた道を憎むな
歩いてゆく道を憎むな




道に物を捨てるな
道に物を落とすな


再び戻って拾える保証など無いのだから


 ....
  しずかな
  朝のけむりはのぼり ちいさな
  とりのようにふるえている 

  春が
  どのようにしてやってくるのか
   気づいたものからさきに


  ふりつづける

 ....
きらびやかな空が 剥がれ落ちて

菫の咲くほとりをたどって
指たちの

踊る環
   ひとつ
      ふたつ
         みっつ

やわらかな綻びから
洩れる調べの
 ....
いのちを
思う私は
手を合わせ
目をつむり
見つめる




{引用=※五行歌とは、「五行で書く」ことだけがルールの、新しい詩歌です。}
物質にも
役割という
いのちがある
私にも
役割がある




私は不安なのだろう
だからこそ
私は安心も出来るはず
余白を持って
ゆったり行こう




{引用= ....
春星と過ぐ東京の君の夜 道を行く人がいます。どこに行くのでしょうか。と書きながら どうでもよくなりました。行間が立ち上がってこないのです。心が見当たらないとでもいいましょうか。詩作モードに入らないといえば分かりやすいけどただ .... 黒いジャケットを
着るということ

その中に
明るい未来を
描いていること

少しの笑みが
壁を越えていかないように
シャッターを切り
尖った肩で
並べていくこと

鏡がなく ....
お姫様が3人もいる
可愛い王子も3人…
それでも物語は成立していた
しかし私には1人の姫しか
目に入らない
そして段々
その愛らしい姿も
見えなくなってきた
ボヤけてきたから
1人の ....
買い急ぐことのり弁がまだありました

のり弁に妻が喜んでうれしい

のり弁ぱくつく妻を眺めてうれしい

妻は風呂場へ私はベランダへ向かう

ちかちかする星が電線にひっかかってい ....
人にぶつからないように
生きても
まだ残ってる

四隅の角で
言葉を交わして
生まれた物語

優しさで晴れた空と
苦しさで切れた糸が
僕等の首を絞めた

この本の重さは
一緒 ....
それは差別だ
まてよ区別だ
ちがう特別だ

私はどこでも嫌われて
居場所が無かったから
ここでもそうならないように
頑張っていたら
何でもできて
解決していくことに
嫉妬されている ....
街の真ん中に
川が流れ
橋が架かり
私が渡る

雨上がりの
小さな港町に
虹が架かり
私は立ち止まる

閑静な住宅街で
塀の上の猫が
振り向き
私と眼が合う

私はただ
 ....
どこにもいかず どこにもいない
空のように
雲があったり なかったり
静かで 時に騒がしく
一緒に暮らす

  *

一緒に暮らすとは
背中合わせのぬくもりだ

  *

あ ....
鵜飼千代子さんのおすすめリスト(9533)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
Across_The_Universe- ひだかた ...自由詩522-5-17
誰かのことを只想い続けているあなたのことを、只想い続けている- 梅乃花世自由詩2*22-5-14
こんなこともある- 梅乃花世自由詩1*22-5-13
滑り落ちていったものだけ- 竜門勇気自由詩2*22-5-4
Unmade5- ひだかた ...自由詩6*22-5-4
女學生日記_十- TAT散文(批評 ...122-4-22
RAIN- ミナト ...自由詩322-4-22
ひとり(改訂)- ひだかた ...自由詩8*22-4-22
雨上がりの街角- ひだかた ...自由詩6*22-4-22
葉桜- 丘 光平自由詩1022-4-21
即興小詩の集い- 宣井龍人自由詩5*22-4-12
裏庭を越えて- 木立 悟自由詩222-4-10
- 空丸自由詩1222-4-8
メビウス- ミナト ...自由詩122-4-1
不透明登校- イオン自由詩2*22-3-21
見えるもの/見えないもの(改訂)- ひだかた ...自由詩6*22-3-20
ワンダーフォーゲル- TAT自由詩922-3-19
春のあらし- 丘 光平自由詩1222-3-16
早春小景- 塔野夏子自由詩13*22-3-15
※五行歌「いのちを」- こしごえ自由詩2*22-3-11
※五行歌_二首_「役割」- こしごえ自由詩2*22-3-11
<東京>_春星- るー俳句222-3-11
書けないとき- 空丸自由詩1222-3-7
NOIR- ミナト ...自由詩222-3-7
お姫3- しょだま ...自由詩5*22-2-21
自由律俳句_2020.02.12(土)_夕べ- 田中恭平俳句322-2-12
- ミナト ...自由詩322-2-12
差別と区別と特別と- イオン自由詩1*22-2-12
ただ歩いているだけなのに- 空丸自由詩1022-2-9
一緒に暮らす- 空丸自由詩1722-2-2

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「Across_The_Universe」から「一緒に暮らす」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。