すべてのおすすめ
この先は落葉{ルビ踏=ふ}まねば通られず 🍂

{ルビ汚=けが}れても色失はぬ落葉の{ルビ端=は} 🍃

オレンジの花々咲かせ蜜柑食ふ 🍊

道を買ひ銀杏落葉が小判{ルビ撒=ま}く 📀
 ....
色鳥を待ちて絵皿に色並べ

青空も一行詩書き秋の虹

虫の{ルビ音=ね}も日々{ルビ独唱=どくしやう}となりゆく{ルビ夜=よ}

{ルビ歓声=くわんせい}も耳にゴールす運動会

{ルビ ....
宿題や{ルビ夜長=よなが}消しゴム転がす子 🎲

小鳥来て本のページに影よぎる 🐦

瞬時{ルビ翔=た}つ{ルビ白鷺=しらさぎ}{ルビ魚=うを}を{ルビ瞳=め}に{ルビ宿=やど}し

野良 ....
ひとつ舞ふ{ルビ秋蝶=あきてふ}にふと立ち止まる

{ルビ児=こ}の紙の飛行機濡れて{ルビ秋雨=あきさめ}に

虫の{ルビ音=ね}や深夜の窓の{ルビ隙間=すきま}より

独り鳴くツクツク{ ....
神に美を{ルビ託=たく}され白し白き{ルビ蛾=が}は

{ルビ螢籠=ほたるかご}落とせば光{ルビ散=ち}り{ルビ散=ぢ}りに

ひとつ来てふたつに別れ{ルビ螢=ほたる}消ゆ

指し示す青空 ....
 思い出は振り返る時の
  微笑みでなければいけないのだから

          ──寺山修司






{ルビ何気=なにげ}なく{ルビ木犀=もくせい}の{ルビ香=か}が日々を ....
初恋の女の子からも
チョコレートを貰えた
あの日のことを忘れてしまいたい

親友と泣いて泣いて
朝まで語り合えた
あの日のことを忘れてしまいたい

どしゃぶりの雨の中で
母さんだけが ....
歩いていこう

たとえ人生のフィルムが
終りに近づく音が聞こえてきても

心の中に見えかける
思い出の中のかすかな記憶

喜びや
悲しみ

笑顔や
そして 涙

すべてを抱 ....
今日、
大切な人に
花の種をもらった。

心の中に植えよう、
この思い出という花の種を。

“さよなら”ってのは
まだ少し早いから、

降りよう、
天国のひとつ手前の駅で。

 ....
古風な香を放つ都に
一匹の美しい蝶が現れた。

その蝶は絶世の美貌を放ち
都にいる蝶も美しかったが
その蝶には到底及ばない。

その蝶は誰からも愛され
都で美しい色彩を舞った。

 ....
ぼくが見ることが出来ない部屋、
あるいは、ぼくが存在するはずのない部屋、
そんなものがあるとしたら
そんな部屋でぼくは爆弾と向き合っているのだろう。

ぼくに与えられているのは爆弾に仕掛けら ....
君に一つ忠告しといてやろう。

安いヤクはやるな。
いやなものを見るから。

 *

<<メランコリックな幻覚による
  4つのヴァリエーション

1、いやなものを見る ....
影が追ってくる

死にかけの影が

確かめているのだ

手で僕の足跡を
鼻で僕のにおいを

世界に忘れられた
ある盲目の影が

道が交わる所に
僕は立つ

壊滅的な弾丸が ....
鵜飼千代子さんの森田拓也さんおすすめリスト(13)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
壊れかけた手紙たちに- 森田拓也俳句13*20-11-20
台本のない情景に- 森田拓也俳句10+*19-10-21
無くしたものを探して- 森田拓也俳句9+*19-9-26
異界の果ての少年- 森田拓也俳句12+*19-9-2
僕が天国をやめた理由- 森田拓也俳句16*19-5-12
掠れたきれぎれの詩- 森田拓也俳句10*18-10-10
たとえ、あの日を忘れかけても- 森田拓也自由詩8*17-10-14
Lost_And_Found- 森田拓也自由詩12*17-8-4
花、最後に咲く。- 森田拓也自由詩17*17-2-17
非美学- 森田拓也自由詩5*16-10-5
爆弾が仕掛けられているソネット- 森田拓也自由詩6*13-6-12
Good_Luck?Good_Drug?- 森田拓也自由詩2*12-12-5
逃走者- 森田拓也自由詩1*10-8-27

Home
ダウンロード
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
すべてのおすすめを表示する
推薦者と被推薦者を反転する