線路の脇の赤茶けた砕石の荒野
そこに芽吹いてしまったジシバリ
細長い茎のてっぺんに
ちいさいタンポポに似た花を掲げ

電車が来れば車輛の下に潜り込むほどレールに近いのに
倒れずに
ふらふ ....
朝顔が
しぼみかけている
うつむいて
なにか言いたげで
でもだまったままで
なんとなく
思っていることは
わかるような気はする

午後は
すこし雨がふるらしい
ふと見あげると
 ....
過ぎ去りし日々を思わず
帰らざるその一日の落葉を思う

ワンス・ア・ディは少女の名前
猫になり女になりて消失したひと

その時は失うことを思わざり
唯の一日 明日またねと

湖はワン ....
私はリンゴであると宣言しても
リンゴじゃないよと宣言しても
丸みを帯びた至高のフォルムと
英語でアッポーと呼ばれるのを
冷静無垢に考え併せてみるなら
私はかなりの確率でリンゴです

それ ....
自助グループがその後どのような経過を辿り雲散霧消したのかはまた別の機会に触れるとして、今回はぼくが当時していた仕事の話を少しだけ。


ぼくは20代後半の時、これはどこかで書いたかも知れないが、 ....
秋深し金木犀のご近所に銀杏植えたの誰や出てこい

{引用=#においが混ざり合って大惨事に。}
 歳を取り年々感じるのは、死んだ父にますます自分が似てきたという事だ。父は自分が十七の時に他界した。享年五十八。逝ったのは冬のおそろしく寒い夜更けの事だった。その時のことは今も鮮明に覚えている。
  ....
何かが破損している意思の
立て石を滑る力よ

牛の乳を絞る動きと同じに枝豆弾けて

膝は高らかに笑い
崩れ落ち

寂しさとも心細さとも違う
薄っぺらな心で

振り子の反動でしか動 ....
木たち 花たち
さまざまなプラスチックたち
混ぜ返される色色の
日々の泡立ち

いくつもの
あらゆる種類の
嘘をついて来た
そうして私が
出来て動いて居る

触れる
も ....
子どもを産みたい本能をグラフ化するのは難しい
明日は産みたくない昨日なら産みたかった
子ができる工程もそれは楽しみたい
神聖視とは神秘とはなんだろう
人間は動物だ
神の子を産むなら
受胎告 ....
小鳥来て耳にその声転がり{ルビ来=く}

秋の蟬少なき声に数を知る

青空や{ルビ鰯雲=いわしぐも}消え海消えて

「ただいま」の声に走る{ルビ児=こ}秋の夜

しばらくに間のありてま ....
ふわふわ
ふわわん ふわりんりん あはは
くすぐったいよう-

夏の温度がさがって ほら
クッキリした青い夏のうしろ姿は 日焼けした子たちの笑い声
あの眩しい光にあたりながら歩いたんだね走 ....
部屋に雲が入って
雨に濡れていく、色も形も音も
僕らはどこにも繋がらない二つの心臓
匂いもたくさん嗅いだ

かつては他の何かだったものが
また他の何かになっていく
記憶に触れれば ....
思い出はきれいにデザインされていた


悲しみに暮れていたからくれた飴


明らかに、その月日は明るかった
{ルビ死蟬=しにぜみ}の声無き軽さ手に感ず

空といふ海のありけり{ルビ鰯雲=いわしぐも}

{ルビ蜩=ひぐらし}もゲスト{ルビ今宵=こよひ}の虫楽団 🎻🦗

餌ねだり月夜に{ルビ冱=さ} ....
生活の
甘みを
避けても
カネがない
おかねがなければ
生きてゆけない
そんな
さびしさ
ったら
ない

ぐっと
握った
手を見る
未だ
自立できず
タンポポの
 ....
世界が変わっていくのが恐ろしい
人が死んだり
気をつけないと私が死んだりする
生きてることは
死ぬかもしれないこと
気づいてしまった五歳児の悲しみ
目を背けて見えないふりが
難しいね
 ....
わたしがぞうさんだったころ
大きな大きな夢と希望と
ありあまる時間と可能性と
努力すればいくらでも磨ける若さと才能と
確かな記憶と集中力と
眠らなくてもどこまでも歩ける体力と
持て余すほど ....
やわらかいことばで
伝えようとすると
よけいにかたくなに
なってゆく

ひとは水なんだってさ
そんなことも



夕方にもなればようやく
ひとごこちのつける
その風 ....
星の刻
ぼくは砂漠のトカゲで
歩き疲れたラクダは銀河を見ていた
水溜まりにはジュラ紀の鬱蒼が
ネアンデルタール人の女の子とも恋をして


{引用=弄ぶ時流のうねり
倦むことなき鍾 ....
たくさん詩を書いて
たくさん詩を消した
推敲などろくにせず
縋るように投稿した
作品と呼べるものなどなく
とても人様にお届けできるものではなかった
それでも悪くないねと誰かが言ってくれると ....
 俳句とは、人間だよ。

       ──古沢太穂






夏逝くやカブト虫手に{ルビ掲=かか}ぐる{ルビ児=こ} 🐞

{ルビ蜩=ひぐらし}が鳴くよ{ルビ現=うつつ}と夢 ....
目をつむると
疲れた子のように 眠ってしまった
コオロギの子守唄が
じつは 守ってくれていた

目を開けると まだ生きていて
うれしくって
だから 全部
水に流せる 気が ....
何故か苛立つ
原因が分からない
タバコも旨くない
コーラも飲む気がしない
時にはそんなこともある
憎しみの波動を感じる
謂れのない悪意が伝わってくる
そんな時は
冷たい水に浸か ....
東の国の光が
樹々のさやさやに濾過されて
薄いカーテンにまるく形作られる

あれらは宇宙から帰ってきた魂
風が吹くたび
わずらいから放たれて踊ってみせる

おばあちゃんのことで覚えてい ....
天空の城ラプタを観ようとしたが、そんな映画は見つからなかった。
それは、発音のままならない幼少期にだけ存在したのかもしれない。
一発上がるたび
メッセージや協賛が
アナウンスされる
辛気臭い
思い出の中の花火大会

大人になり
横並び何連発や
間髪入れず打ち上がる迫力の
爽快感と、興奮

ひとつづつあ ....
ふわりとしたエメラルドグリーンのワンピースが
雨上がりで蒸し暑い灰色の 川辺に映え 道化師が
その様子を写した
ワンピースに茶色の髪の毛が、あんまり優しく垂れさがっていたので。

たくさんの ....
「千羽鶴」 作詞 横山 鼎 作曲 大島ミチル 

式の終わりに際して地元の少女たちによって合唱される。悲惨で哀しい出来事を表現したこの歌は決して哀しみだけを閉じ込めて表現されてはいない。それが ....
そこまで惨いことをしてみせなければ
わたしたちが
気付けなかったとお思いですか
それほどまでして
ただ懸命に生きていた人たちをいたぶり苦しめなければ
地道に生きることの大切さと
命の尊さを ....
るるりらさんのおすすめリスト(6916)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
いつからそこにいたのだろう- Lucy自由詩11*20-10-15
朝顔- 自由詩8*20-10-12
ワンス・ア・ディ- Night短歌1+20-10-7
かじってごらん砲を放て- ブルース ...自由詩1*20-10-7
振り返ることⅢ- ななし散文(批評 ...4*20-10-6
秋深し金木犀のご近所に銀杏植えたの誰や出てこい- 千代弦短歌5*20-10-5
庭の話など- ななし散文(批評 ...3*20-10-4
庭園- よしおか ...自由詩720-9-30
泡立ち- はるな自由詩220-9-28
妊娠は航海- よしおか ...自由詩220-9-17
幽霊とタイムマシーン- 森田拓也俳句8*20-9-10
にくじう- 田中修子自由詩9*20-9-5
長雨- たもつ自由詩1020-9-5
月が暮れる- 水宮うみ川柳3*20-9-5
純連歌__feat.長渕剛- 森田拓也俳句8+*20-8-25
自活- 田中恭平自由詩720-8-21
生きてる- よしおか ...自由詩120-8-21
わたしがぞうさんだったころ_(童謡「かくざとういっこ」によせ ...- Lucy自由詩620-8-20
はなび- AB自由詩720-8-20
星の刻- ななし自由詩6*20-8-19
独白- ななし自由詩4*20-8-17
ジミー平゜次_~天国での怪談- 森田拓也俳句7+*20-8-16
眠り- ななし自由詩8*20-8-16
憂鬱はこのようにして打ち砕いてゆく- ジム・プ ...自由詩5*20-8-15
こもれび盆- そらの珊 ...自由詩920-8-15
ラプタ- クーヘン自由詩8*20-8-14
花火- wc自由詩7*20-8-13
桜姫- 田中修子自由詩7*20-8-13
長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典- アラガイ ...散文(批評 ...4*20-8-11
平和の祈り- Lucy自由詩1220-8-9

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「いつからそこにいたのだろう」から「平和の祈り」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。