すべてのおすすめ
透き通る鎖骨が

敷きつめられた校庭に

夢は散りつつも

サクラ満開。


もう

ジャングルジムさえ

帰りたくは無い。


縄跳びの赤いスカートの女の子
 ....
連れてきて5年は経つだろうか
当初から敷き詰めた砂を蹴散らしては小さな魚を追い廻す
我が物顔で水槽の中を暴れ廻っていたおまえも
わたしの姿を見つけてはじっと動かなくなる
大きく成長するのも ....
凍えるように
寒い日となるようです

四月の二週目というのは

半ズボンでふるえていましたよ
小学校の入学の式では

輝いていたのは訓示する
校長先生の頭ぐらいで

体育館の ....
桜が咲く頃は雨が降る

しとしと雨が降れば
耐えられず散り始める

去年は満開になってすぐ雨が降った
今年は今のところ降っていない

明日は雨らしい
ジメジメした空気になり
雨が近 ....
うつらうつらする
この午後に
鳥は囀ずり
地は照り映え
私の憂鬱と倦怠は
一吹き風に溶けていく

)なんて優しい午後だろう
)遊ぶ子供の声が窓辺から
)うっとりゆっくり流れ込む
) ....
硬い言葉より柔らかい言葉を掘りたい
怖い言葉より優しい言葉と握手したい

たった今昨日を片付けてきたところだ
荘厳に鳴り響く十二の鐘が埋葬する
そして何気なく今日となった明日に袖を通す

 ....
こんな寒い夜だから
いつまでもここにいよう

(非常の際は、ここを破って
 隣戸へ避難してください)

自分の不本意を私にぶつけて
ここに閉じ込めた母

あの時見た一等星は
今日も ....
うすきいろとかうすむらさきいろの点滴がたぷたぷとぼくの血液を薄めて

風変わりなガラスに映る壊れた野菜とか果物にしてくれる

お見舞いのメロンのあみあみのやみやみの隙間から

週末の夜 ....
連綿と続く人生の
響きの中に目覚めていて
この生の端緒と終点が
螺旋を成し繋がっていくのを
底の底で見つめている

それは焼け野原に咲く真っ赤な薔薇
何処にも行けないと知っていて
静か ....
あなたの声が忘れられない
歯痛のように
それから逃れることができない
思考は
まるで事故を見ていたかのように
硬直、
した
まんまだ。


話は変わって
きょう
あたらしい神さ ....
夜になれば大勢で輪を作り
キャンプファイヤーを行う

燃え盛る炎を見つめて
ネガティブなものが身体から抜け
身軽になった自分に気づく

炎を見つめているだけで
気持ちが高ぶって普段の自 ....
今日ごみの分別作業中
精液のはいったコンドームが破れて
分離した水分が飛び
まつ毛にくさった滴がついた

そのうち
誰かが屍体の口をこじ開け
金歯をペンチで引き抜く時代が来るだろう
そ ....
ある日のディナーは
皿に憎しみが盛られていた
ナイフとフォークを器用に使って
切り分けてみる
憎しみは固く怖気がするような酷い臭い
一切れ口に運ぶと毒の味がした
私は一切れ分の怨念となり
 ....
汚い言葉を
吐き出したくなるような
きれいばっかりの季節で
日に日に痩せていく
終わりという言葉に
最後の朝日がさした
なんでもない日が
積み重なって
今日を見せつける

倦怠が渦 ....
クレジットカードの
ポイントや

ドコモの
dポイントは

使える店が
かぎられていて

欲しいものが
ほとんどないから

いつも
イオンのポイントや

イトーヨーカドー ....
原稿用紙100枚400字詰めで4万語描かなきゃいけない
100年の生を貰ったとしたらそれを埋めなければならない
嫌だと言ってもたいした選択肢もないので

義務教育ですくすく育ちすぎたのに
生 ....
黒豚ばばあと片野が
現代詩フォーラム・ルールブックをみています。

詳細(3) A7S256項
現代詩フォーラム管理者は、ルールに明示されていないことであっても、現代詩フォーラムの運営上必要な ....
誰かの風に乗り 誰かの声をきく

そうしたくないもの そうなりたくはないもの

  覚えているかい
小学校の夏休み みんなで寝泊まりした教室の匂い 擦り切れた廊下の窓ガラスの向こう
お ....
殺風景な教室に
わたしの怒り

先生は多数決をとった

異分子には異分子の
言い分があることは
知っていたはずなのに

優等生のふりで
回避した戦争

擬装の平和に
気付いて ....
ひとりにつきいっこの
こわれやすくちいさな
構造物にはめこまれた
なのるなもないいのち
きみとぼくのはざまに
そびえたつこのせかい
髪を梳かして、
身体を拭いて。


下着を洗って、
布団を干して。


トイレもお風呂も、
掃除して。


早く死ねばいいのにって、
おかゆを炊いた。
IMEがおかしくなりました

 時々、というか たんなる発作

やむなく初期化いたしました・

あすはうちの兄の誕生日です

40年前に亡くなった

父と同じ歳になります

 ....
あの人は日記のような詩を書く
あなたは詩のような会話をする
その人と会話のように目配せる
かの人の目のような月が笑って
あの人たちは笑いながら消えて
私たちは消えるような息遣いで
そうして ....
浮かんでは消えていく
あの微笑みが
胸の真ん中を
射抜かないように
ぼやけて残る

マグカップに注いだコーヒーが
光を遮るから
僕等は昼も夜も
同じくらい好きだ

見上げれば夜桜 ....
印象が色彩に溺死していた  絶え間なく腐乱する光の ──  氾濫  、或いは復活の反復に 桜が満開だ!

あまーいあまーい蜜の味
それも
チェリーの香りいっぱいの

一年ぶりのご馳走に
群がるメジロが
いそがしい

おやこれはもう
あんまり残ってないな


 ....
詩集を出したばかりの頃
卒業後初めての同窓会があった

みんなそれぞれの世界で活躍していて
「詩集を上梓しました」と宣伝すべき立場と
疎ましく思われる現実とに混乱した

高1で同じクラス ....
感情が死んでいく

論理の下に埋もれて
死んでいく

ニュースは私を否定した

その論理は
私は排除すべきものであると
私は許されないものであると
私を否定した

いつか私が死 ....
確かに
出勤するまでは
雨の前触れすらなく
道路も乾いていた
いつものように
新聞を車に乗せ
オールナイトニッポンを聴きながら
新聞配達に出かける
まもなく
真っ暗な空に
稲妻が走 ....
三日月の鍵爪を栞 微炭酸の蜜を拵える タイピングの錯覚
読みかけの本に溜息。少し癖のある彩を抑えた 薬指の小股まで
柔らかで蒼い壁面。舐めるように徘徊するもの

むしろ 虚ろ岩礁は 凪いだ海を ....
空丸さんの自由詩おすすめリスト(3758)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
春風うらら- 道草次郎自由詩421-4-10
眼場馬の流木- アラガイ ...自由詩8*21-4-10
入学の式の思い出- ナンモナ ...自由詩5*21-4-9
雨と桜- 夏川ゆう自由詩321-4-9
一吹き風に- ひだかた ...自由詩521-4-9
イメージの散らばり- 宣井 龍 ...自由詩10*21-4-8
ベランダ- TwoRivers自由詩6*21-4-5
メロンのあみあみのやみやみ- 末下りょ ...自由詩621-4-4
ララバイ2- ひだかた ...自由詩521-4-2
今宵の印象(週末詩人は反省する)- 田中恭平自由詩221-4-2
キャンプファイヤー- 夏川ゆう自由詩221-4-2
分岐器- 道草次郎自由詩6*21-3-31
憎しみという怪物- 無限上昇 ...自由詩821-3-31
三月三十一日- 入間しゅ ...自由詩421-3-31
ポイント交換- st自由詩3+21-3-31
ニュートンの運動方程式- 梅昆布茶自由詩921-3-30
おい!_ごぉらあ、片野!- 一輪車自由詩1+*21-3-30
夜ネ_風に- アラガイ ...自由詩13*21-3-30
3年2組- TwoRivers自由詩7*21-3-29
世界- 入間しゅ ...自由詩621-3-29
おかゆ- 小屋木と ...自由詩1121-3-27
初期化できればいいのにな- ナンモナ ...自由詩3*21-3-26
さくらはさくら、で- AB自由詩11*21-3-25
日々の泡- ミナト ...自由詩4*21-3-25
印象派展- 末下りょ ...自由詩3*21-3-25
食い気に負けたシャッターチャンス- st自由詩321-3-25
同窓- 鵜飼千代 ...自由詩15*21-3-21
感情の死刑宣告- TwoRivers自由詩8*21-3-21
雨の新聞配達- 南大賢自由詩421-3-21
インスタントメッセージ- ヱ昊 稀自由詩221-3-21

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「春風うらら」から「インスタントメッセージ」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。