エリオットしとりあそび(18)(430) 食べているかい?(408) 【petit企画の館】/蝶としゃぼん玉(769) ながしそうめん9軒目(825) 「そんなこんなでいい一日でした」スレッド2(128) 連座 萬草庵 参軒目(120) 現代詩を書くのにどれぐらい時間をかけますか。(28) これは否定したい!6(541) お酒スレ(921) これはめでたい!(259) ロックって何ですかね(788) 集まれ!!,山梨県民・甲信越地方の人。(7) 詩集・詩誌のスレッド(362) 実は・・・こんな夢を持っています。(355) 題名だけのスレ12(681) 雑談スレッド7軒目(494) びっくり報告スレ(793) 生贄合評スレ(459) ☆の♂ろ♀け♂ス♂レ♀ッ♂ド☆(802) ことことひとこと。その2。(883) [分類別リスト] [過去ログ倉庫] [すべてのスレッドを表示] Home

批評しましょ (創作系)スレッドオペレーター:白糸雅樹
 えっと、ひとの批評に対して、別の読みを書きたくても、スレッドタイプで書きこめる場所、あまりねーなー、感想スレで議論しづらいなー、と思ったのでスレッド立てました。議論OK。よっぽどの誹謗中傷でない限り、削除はしません。晒しもんにしますので注意してください。「未詩・独白」および他のスレッド会議室の発言で、作者が批評を期待していない発言への批評はなるべくご遠慮ください。
 一つの読みに対して、他の多くの異論が交わされることを願って。。。。。。
 評を書く際は、該当発言(または作品)のURLを明記してください。

[210]石畑由紀子[2004 08/22 01:56]田代深子川村 透
> 川元さん

こんばんは。
他のかたとの話の流れからすでに川元さんの中で解決している事柄もあるかもしれませんが、今時点で私に向けられている質問にはすべてお答えしておきます。


>>133より:
> 批評と言うより作者さんに質問なんですが、脚本?と見られることは狙いかなあ?と。もし、「恋人と
> この先歩いていく」ことを言いたかったのであれば、一般的考えとして、「恋人」ならいずれいなくな
> るものであって、存在が。夫でもいなくなりますが。その存在と、これからも歩いていくのであれば、
> その難しさや、そう宣言する理由、それでも歩いていく、と読む側を納得させること、がここには見ら
> れなくて、それもどうして書かれないのかなあ、と。もしここで、それが問題ではないのなら、やは
> り、気持ちが私には伝わらなくて、日記ぽく見えます。

脚本のつもりで書いてはいませんので、狙いととられることは私が意図するところではありません。
ちなみに、どうして書かれないのかなあ、というのは川元さんの読みを通じて浮かび上がった疑問であると同時に作品の着地度に関する批評であると受けとめ、書き手として私の今後の姿勢をもって答えとさせていただきます。つまり、私自身は『あなたと歩いてゆく』の中に精神論としてのそれらを込めたつもりでしたが、結果的に川元さんには伝わらなかったようです。『この足で』という表現は確かに肉体的で紛らわしく、推敲の余地ありと感じています。


>>141より
> お三人さんに大体共通しているのは、「静謐」「抑制」であって、最終連が、飛躍していたり、詩的だ、
> と。なるほど自分の考える「言葉の跳躍」が、そう捉えると不要なのかもしれません。
> 私には、ラストに意外性が感じられないというか、女ごころだなあ、と少し共感します。それ、恋人の男性
> に言ってそれで終わっていいのでは?と。そういう意味で言葉の跳躍が感じられないと。
> そして、静謐や抑制を見せるにしても、作者独特のものを書かれる方の詩はあるので、石畑さん、これはど> う考えてらっしゃるのか、と。

せばさん、一番絞りさん、川元さんなど、みなさんの感想・批評を拝読し、考えてみて、私自身、先に書いた通り最終連には推敲の余地ありと感じました。
言葉の飛躍については、私もそういった魅力ある作品を知っていますし、川元さんも>>151で私の別作品『上海された』(http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=11699)を例のひとつに挙げてくれましたが、私自身は川元さんのおっしゃる“言葉の飛躍”が感じられないことが詩にとってよくない要素だとは必ずしも思っていません。もちろん作者の個性は大きな魅力のひとつです。しかし詩作において・また読み手としても私はそこだけに終始するつもりはないので、この件に関しては川元さんの見解を参考にさせていただくということで答えにさせていただきます。


>>151より
> ちょっともう体こわしたりとか、いえなくなるかもしれないので、今言っておきますが、石畑さんは、よく
> 作品の中に「セックス」「自慰行為」「視姦」「ヤッタヤラナイ」とかかれますが、私も性的なことを、自分
> の文章で書いていて、それを、ふくらませたりとか、笑いに変えたりとか、で、性的なことはありふれてい
> て、もっとふくらますことで、楽しいことだったり、残酷だったり、そういうように読めれば、なんて考え
> ていました。最初にかいた、「もっとたくさんおききしたい」という中の一番おききしたかったのはここで
> あって、例えば「視姦」された女性が、その「文字」そのままを見た場合に、思い出して傷ついたり、もう
> 考えるのをやめたりするのでは?と。それで、逆に、「文字そのまま」を出すのは、逆に女性を辱める危険
> がないですか?なんておききしたかったです。

まず、川元さんが挙げているそれらの単語を使った作品(と思われるもの)はそれぞれ下記の通りです。
・セックス……『足』(URL割愛)
・私は独りで自慰をするしかなかった
   ……『それからの孤島』http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=11037
・ヤッタヤラナイ……?? どの作品のことを指しているのかわかりません、失礼
(もしかしてこれでしょうか→そもそもどこまでが「しない」でどこからが「した」なのか
   ……『誰も悪くない』http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=6359
・視姦……『あの頃』これは未詩・独白として発表しているのでここで触れるのはどうぞご容赦下さい

私は『生・性・死』を詩作テーマのひとつとして持っているので、性的な単語や表現を用いることも少なくありません。暗に表現することもあれば文字そのままを用いることもあり、さまざまです。文字そのままを出すことで女性を辱める危険がある、という件ですが、文字そのままであることのインパクトという点をおっしゃっているのかと受け取りつつ、しかしそれらは暗に表現されたものでも現にそこに“表現”されているのならば危険は同様であると私は考えています。

想いを言葉にする際、また構成上、作中に必要な言葉ならば私は使います。それと同時に、相応の覚悟もします。読み手のことを考えていないのではなく、読み手のそれらの動向を可能性として背負う覚悟がなければどんな言葉も使用できないでしょう。これに関してはもう性的表現であるか否かの問題だけには留まらないことだと思っています。
川元さん自身がおっしゃるところの『楽しいことだったり残酷だったり』という表現ならば、例えば、人の気分を害しなかったり女性を辱めないものでしょうか。確信できる要素は、しかしどこにもないのではないでしょうか。人の心とは、表現する者の想像範囲内にいつでもあるものとは限りません。文字そのものなら危険、アレンジをほどこせば危険ではない、そういう川元さんの考えかた自体が私はかえって危険だと感じます。


以上、今時点で質問いただいたことにはすべて答えさせていただきました。

ただもうひとつ、
>>167より
> Ohathさん
> 全くだ。そこを説明するには、自分が女であるんだけど、性を出すことの書いてるとき
> の暗さ、ポップさ、同じく出来て発表することのそれ。考えると非情に重く、自らこれ、
> この先私が書くことの死亡、のようになって疲れ。これをまとめてからこのスレッドで
> 言えばよかったのです。雑談スレッドから、突っ走ってしまいすみません。どうもあ
> りがとう。ちょっと待ってもらえるとありがたいです。

正直、この“まだおっしゃっていない部分”を提示していただいていない状態では、川元さんの問いの真意が私には伝わってこないので>>151に対する私の返答も川元さんにとっては非常に的外れなものになってしまう可能性があります。質問とは相手がいてはじめて成り立つものですから、衝動に任せるのではなく、できることならきちんとご自身の中で思考をまとめてからにしていただきたかったです。互いの認識が異なるままその枝葉の部分でまた議論をしなくてはならないような状態はなるべく避けたいのです。



ひとつ、川元さんに申し上げておきたいことがあります。
川元さんは、かつてご自分で私にお送りになった数々の私信の内容をお忘れですか。今、私がどんな気持ちでこれを書いているか、あなたはお解りになりますか。
もしもお解りにならないとおっしゃるのなら、この批評スレッドから離れて(雑談スレッドなどに場を移して)きちんと解るようにお話いたします。ただし、先にも記した通り私は現在オン・オフ両方で詩に関して多忙を極めており、時間的・精神的余力がありませんので具体的にお話するのは9月6日以降になります。なお、私信での連絡はご遠慮いただきます。過去の経験上、川元さんと私信でのやりとりをするつもりはありません。
 

[206]石畑由紀子[2004 08/21 21:53]
こんばんは。
8/19早朝より話題に上っている『足』(http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=12200)の作者、石畑です。同日夜にこの批評に気づきましたが、当日は時間的・精神的に余力がなかったのと、昨夜より体調を崩してまして、スレッドの展開に追いついてゆけず入るタイミングを逃してしまったりと、少しの間失礼してました。
思いがけずでしたが、みなさんそれぞれの読みや言葉に対する見解をひとつひとつ拝読しました。正直、そりゃあ凹む評もありましたが、それは普段から地元の詩人会で打たれ慣れてるので(笑)。まだまだ精進中の身です、勉強させていただきました。
もっときちんとレスポンスできればいいんですが、現在オン・オフ両方で詩に関する別件をいくつか抱えてまして、真面目な話ホントにもういっぱいいっぱいなんです、本当ごめんなさい。全部ログをとっておいて今後の詩作の際の参考にしたいと思います。ありがとです。

まずはみなさんにお礼まで。

質問をいただいている川元さんには別記でのちほどお答えします。
 

[205]一番絞り[2004 08/21 16:25]
>君を見てると「前言は翻すためにある」って言うのがとてもよくわかるよ(苦笑)

いや、石川さんからの〈要請〉ととれるレスがあったので出てきたのですよ。
読んでませんか〜?
あれ〜? それとも、マッチポンプ〜?
そっと寝かせておけばいいのにねー。
ですから、
不満があったら石川さんにいったらよろしいでしょう。
なんであんな奴を起こすんだ、って。
わたしは人のために生きてますから。ボランテアが趣味ですので。はい。
石川さんをがっかりさせたくないでしょう?
固定した考え方、固定した視点、固定した在り様が大嫌いですから。
相手が天皇賛美を持ち出したくらいで唾を吐きかけたりしない柔軟性を持ってます。
おたくは、このフォーラムでは何をしてもおれと違っておとがめなしのようだが。(こちらも苦笑)
ま、友情は美しいよ。(爆笑)
それより、相変わらず人の揚げ足取りが好きだね。
素朴な詩ばかり選んで、簡単に大根斬りしてないで、大物をいっぱつどうですか。
たまには。
 

[204]山田せばすちゃん[2004 08/21 13:16]
>>185
>>202

君を見てると「前言は翻すためにある」って言うのがとてもよくわかるよ(苦笑)
 

[202]一番絞り[2004 08/21 09:52]
>うつむいて
>うつむくことで
>君は私に問いかける
>私が何に命をかけているのかを
>よれよれのレインコートと
>ポケットからはみ出したカレーパンと
>まっすぐな矢のような魂と
>それしか持っていないものの激しさで
>それしか持とうとしないものの気軽さで

>「詩集・うつむく青年/巻頭歌第一連」

>この詩集に特に強く感じられることだと思うのですが、谷川俊太郎には、運命と
>対決するスタンスが常にキープされていると思う。
>それが彼の「幻」のありかたの、不思議な優しさに繋がっているのではないかなあ、
>と思うのですが、僕にはまだ、きちんと語りきることはできません。(ボルカ)

ぼくはこの詩集読んだこと無いので、目の前にあるフレーズからのみお手軽な感想を述べさせて
もらうと、この詩は一言で言って「劇画」です。
若いひとがこういう劇画的美学に惹かれるのが悪いとか、バカだとかいっているのではなく
事実をいってるだけですので誤解なきよう。
「何に命をかけているのか」と他者に問いかけることは、これはかなり相手のプライバシーに
踏み込んだ問いかけです。
もし、見知らぬ相手にこんなきついことを問いかけたりすれば冗談じゃない、脅迫めいたことを言うな、と
無視され突っ返されるでしょう。
ですから、「私」に向かってこのような問いかけをする相手は、「私」にとってただの他人ではなく、
なんらかの関係にあるものでしょう。
仮にその関係を「私」=詩人の谷川、という設定にしてこれを読めば、うつむく青年は谷川の
熱烈な読者ということがひとつ考えられる。
「おまえ、真面目に詩ぃ書いていんのかよー」
「おれたちの気持ちわかってんのかよー」
「真剣に読んでんだけどよ、おまえ、真剣に生きてんのかよー」
ま、わたしのようなカラミタイプのファンてとこです。(笑)
これが「私」(いちおう谷川)の設定した想像上のファンであっても構わないし、現実にそういう
青年がいたとしても構わない。
いずれにせよ、「私」はそう「問いかけられている」と感じている。
しかし、その「問いかけ」は「激しい」けど、結論としては「気軽」なんだ。
なんとなれば相手はカレーパンしかもっていない立場から「問いかけ」ているのだから。
「私」のように社会的立場があり複雑な人間関係の谷間に閉塞してないかわりに、責任も義務も少ない、
貧乏な青年の問いかけは「激しい」けれど、「お手軽」なんだと、言っている。
よれよれのレインコートを着て「うつむ」いてしか、ということはほぼ黙っている青年に
そういう態度をとらせる立場にある「私」は
そういうことを連想し感じている。
そういうメッセージです。
それがボルカさんのいうように、どうして「運命と対決するスタンス」になるのか? 
そこは詩集をとおして読んでないのでわからないけれど、
フレーズの選び方、転換の仕方、改行のし方などからある種の青春アクション映画ないし
劇画調に意図的に構成している感はまぬがれない。そこに若い人は一種の美学を感じてしまうのだろうけど
しかし、このような設定、カレーパンとよれよれのレインコート、うつむく青年...は谷川が仕掛けた
もうひとりの自分、つまり自分を見つめている自分、として設定していることは十分わかっているつもりだけど。
(だから、表題の青年が、どうして「うつむい」ているのか、そこに谷川のなんともいえぬ、うしろめたさみたいなもの
を感じるのだけど...)
で、このあとボルカさんはカレーパンとわたしの詩もどきにあるアンパンとを対比しているわけだが。
その前に、こんなことを書いている。

 ところで、このスレッドには、一番絞り氏の「マンドリン」がアプされているけれ
 ども、彼がこのモデルを「すねかじり」と呼んだのは、別スレで、自分と対立する
 論を展開しているモデル氏が学生である、ということ知った瞬間でした。
 すなわち、氏にとっては<学生=すねかじり>なわけで、それ以上の人格を彼に認め
 る必要を氏は少なくともその瞬間、感じなかったわけです。
 こういうスタンスは、谷川のこの詩集における青年への語りかけとは好対照をなし
 ているように僕は思いました。

マルクスもどき批評をすれば経済的土台関係が観念的上部構造を規定するわけで、ほんとかどうかしらないけど(笑)、ぼくは基本的に学生というのは社会人ではないから、「スネカジリ」です。「スネカジリ」が社会人に大きい口を開くときは、それなりの礼儀をわきまえろということです。そういう古風な儒教観がまだあるものでね、ぼくは。
で、谷川のこの「青年」への語りかけは、このフレーズを見る限り、自分自身への語りかけでもあるわけです。ほぼ、自己弁護の。最終行で青年のその質問が「気軽さ」に拠っていると述べているわけですから。ま、どーでもいいですけど。

  このサイトには彼の「あんぱん」がアップされているけれども、わずかに塩見の利い
  た、しかし基本的に甘いアンコの味が空腹にもたらす優しい自己肯定と、引用した
 「青年へ」の青年がポケットに突っ込んだ、カレーパンのオイルまみれの辛味は、これ
  もまた好対照を成すものだ、と僕は思います。

あんぱんのアンコはそっとなめて甘みを味わうものですが、カレーパンはまさに丸かじりする類のものです。
前者には品があります。後者は生活そのものです。
脂臭くて手が汚れるカレーパンは詩には不向きです。


 あるいは一番絞り氏は、自己肯定のアンコを片手にしか、青年であることができなかっ
 たのかもしれないし、それはあえてカレーパンをポケットに突っ込む青年より、厳し
 い状況にあったということなのかもしれない。

 そういうことは僕には分からないけれども、僕はアンパンを<自分のために>もつ旅行
 者より、カレーパンをポケットに突っ込んだ青年の方が好きです。

 谷川の「青年へ」というこの詩集がサンリオから出版されていることは僕を別の連想へ
 誘うのですが、あるいは砂漠をゆく飢えた旅人に、アンパンを、<僕を食べて>と差し
 出すあの有名なヒーローの方が、一番絞りさんより詩人だと、僕は思います。

この『青年へ』はなかなか面白そうだよね、たしかに。
今度読んでみますよ。
 

[201]一番絞り[2004 08/21 09:01]
どーでもいいけどよー、ここはいちおう「批評しましょ」トビだぜ。
で、このトビで、「単純でお手軽」といえども、しこしことまじめに批評をしていたのは
おれと
あと数名だけじゃねーか。
あとはぐだぐだとわけのわからにゃい抑圧的な横ヤリばかり。
てめえら、能書きばかり言ってないで、たまにはちゃんと批評してみろよ!
その上で、抑圧的横ヤリを許容してやるよ。
もっともおれもおまえらの程度のひくい批評をぼろかすに横槍してやるしね。

*それから有井さん、あなたが何をいわんとしていたか、よくわかります。
そして、その程度の基本的なものごとすらわからない人たちが詩にかかわっている。
わたしを含め。そういう現実があります。
ま、わたしにいわせれば、噛み砕いて話して聞かせる努力すらしんどい連中です。
あなたは、たぶん、わたしを含めてこういった連中に泥まみれ覚悟で
つまんない話題に分け入ってこられたのでしょう。
しかし、見てのとおりです。
矮小な戯画です。
もう、こんなつまんない連中を相手にするのはやめてください。
あなたさまが穢れます。
 

[200]一番絞り[2004 08/21 08:48]
>あなたは、大切なことを見失っている。(石川くん)

余計なお世話だよ、ブーケ。鏡に向かっていえよ。
しかし、ここはもう、ダメだな。
フォーラムを開いた努力は認めるが、他者を抑圧しょうとする輩の跋扈を許し、
それと同じ精神の持ち主が主催しているのだから、もう終わっているよ。
 

[198]いとう[2004 08/21 08:23]
>>197

んー。難しいなぁ(笑)。どう答えるのがベストかようわからん(笑)。
196の文章は、基本的に、「足」という作品に対するコメントであって、
すべての詩作品に対するものではありません。
逆に言えば、「足」という作品から、批評することをためらわせるほどの、何か強いものを感じていることになるのかな?
で、その部分こそが、俺が、この詩を好きな理由なのです。

と、ちょっと言葉足らずですが、とりあえず。
 

[196]いとう[2004 08/21 07:53]
>>171
「批評すべきものではない、あるいは批評しても意味のない作品」という点について。
もう少し丁寧に説明したほうがいいと思ったので書いとく。


まず、「足」が、改題されたものであることから触れる必要があると思う。
原題は「貴方というひと」であり、「文字書きさんに100のお題」という企画から発生している。
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ryunosuke/8014/poem100_main.html
この流れから、「足」という作品の内容が実話をベースにしたものだと、ほぼ確信しています。

それを考慮して読むと、作者にとって「足」の中には、詩として提示すべき要素や提示すべきとする衝動から、“外れた”もの、もしくは逆に(あるいは同時に)、それこそがこの作品を成した、成そうとした要因であるものが含まれていると感じています。
実際、他の人はどうか知らんが(笑)、俺は読んでいて、(話者ではなく)作者の、恋人に対する親愛、誇り、(もっといろいろ、言葉にできないようなものも)などを、痛切に受け止めている。
そして、そういったものに対して、批評という行為は、無為に終わるのではないか、と考えるわけです。

ここで強調しておきたいのは、「実話だから批評しない」と言っているのではなく、「この作品を、実話をベースとしたものであることを考慮して読んだときに受け止めることのできる作者の心情、じゃないな、思い、んー、上手く言葉にできませんが、なんかそんなもの、に対して、作品の批評は意味を成さない、あるいは批評の内容や仕方によっては、それを冒涜する行為につながる可能性がある」と思っているということです。

もちろんこれは、俺自身のスタンスから帰結するものであって、他の人がこの作品を批評することを批判しているものではありません。
作品として提示されている以上、その、作品の部分において、批評されることを拒めないと考えているし、その考え方はひとつの考え方として、支持しています。
そして、その考え方を、自身の中での切迫した衝動、矜持、焦燥などとして持っている人たちがいることも理解しています。
(蛇足で言うと、批評の内容の良し悪しの判断とその考え方の支持は、また別物です。
 そして、上記の“なんかそんなもの”を考慮しながら行われる批評に対して、最大級の賛辞を贈ります)
 

[194]いとう[2004 08/21 05:40]
おはようございまーす。

>>191
どもです。
「このタイミングであの内容を書きこんだ決意」は、んー、すみません。そこまで考えてません。
タイミングとかは考慮せずに、書き込みの内容に対してのポイントです。
(内容をどう把握したかは前述なので割愛)
なので、んー、俺はNGなのか(笑)。
 

[193]佐々宝砂[2004 08/21 03:45]
>>有井さん他みなさん 特に>>184 >>163

まずは懺悔します。>>163の有井さん発言に「激しく同意」したのは我ながら早計でした。よくよく読むと「激しく同意」はいたしかねるのですが、私は自分の文章を削除しない主義なので、「激しく同意するスレ」への投稿も削除せず、ポイントも取り消さずおきます。おもしろがらせてくれたのは確かなので、御礼はせねばなりません。ええ、文章として面白く読んでしまったがために、読み流してしまったところがいくらかありました。私はイキオイと迫力に騙されやすいたちなので、こういうことになりがちです。しかしそれは別に有井さんが嘘つきという意味ではありません。

>>163
>批評っ?てゆうか、詩を読みこめない方が偉そうに言わないでほしいのよねぇ。あんたたち、それぞれの自閉の地平で、世界と当たって、触ってみて、コトバにならないものをコトバにしてゆく格闘や思考を続ける姿勢がみられないわ。その姿勢がない限り詩人とは言いません。あんたたち詩を書く行為においても批評する上においても凡そ社会の隔絶したところの世界で、地に足がつかないままね。

私は石畑さんの「足」という詩について言及せずにきました。私にとっては不得意な分野の詩なので、きちんとした批評などできないと自覚があったからです(いまもきちんと読み込めないだろうと思っています)。詩を読むにもバカの壁があるというなら、まさに私にとってのバカの壁がそこにありました。わからんものはわかりません(「バカの壁」という言葉は、バカには言葉が通じないという意味ではないので念のため。この場合、私が「バカ」なのです)。私は性的な表現におもしろみを感じないたちで、無機的なものに惹かれます。私が「足」のような体験を実際にしたとしても、私はこのようなかたちでは詩にせず、足洗人形くんと足洗われ人形ちゃんの自閉した人間不在の詩にしてしまったんではないかと思います。それも、どこかできいたようなSFガジェット的な言葉を予定調和的に配置して、です。私は、おそらく、そのようなかたちでしか詩を書けませんし、また、世界に関われません。それでも、私は私にしかできない方法で(触わりはしないにしろ)世界と関わろうとしているのであり、たとえ贋物しかつくれないとしても地に足がつかないとしても、詩人ではないと断言されたくはありません。

詩人ないし詩はかくあるべきだ、という言説は、常に危険を孕みます。私が憂慮するのは、レベルや権威の問題ではありません。「おまえのなんか詩じゃないやい」と言われた作者が凹むという危険をさしているのでもありません。詩を定義してしまうことの危険です。

>>184
>わたしはコトバで世界の実相に出会いたいと思って読む。
人が詩に何を求めようとも自由、ならば、世界の実相などふりほどきたいと思って読む、そんな人間がいてもいいでしょうし、私はそんな人間です。コトバで世界を壊したいと思って読むひともいましょうし、自分自身の「生きる日常」をスパッと断ち切って、コトバで架空を成立させようとして詩を書く人もいます。いると思います。私はそのような詩人になりたいと常日頃考えているのですが、まだなれません。

有井さんの意見、いましばらくじっくり考えてみたいと思います。
 

[190]田代深子[2004 08/21 01:41]ボッコワタナbシンゴ
石畑由起子「足」について

 あまり魅力を感じる詩ではない、というのが正直なところだ。

  二ヶ月ぶりに会って
  しばらく動けなくなるくらいのセックスをしたあと

という導入部のインパクトがすべてであろう。詩においてインパク
トは必ずしも重要ではないわけだが、インパクトを狙って書いてお
きながら、終行に到るまでそれを食いつぶすだけになっているのが、
いかにも力不足の感を抱かせる。内容の質の良し悪しではない。言
葉の力が足りないし、言葉に対する入れ込みが足りない、と感じら
れるのである。

 なぜ自分が詩を好み読むのか、また書くのか、と考えるに、詩に
は「事象に対応する正確な言語表現」を僅かずつ崩しずらすことに
よる「意味のブレ」があるから、と、ひとつ言える。こうした「惑
わされ」によって、イメージは幾重にも同時写しになっていく。そ
れが鮮やかであればあるほど、魅力的になることは確かだ。無論、
技巧的であればいいというものではない。それは技巧と言うより
も、言語に対する敏感さ、ある種の疑り深さの現れである。表現素
材としての言語に対して、尽きせぬ興味をもち、取り組めているか
どうかということだ。
 「上海された」が魅力的な作品になりえ、「足」がそうではない
ところの、それが理由であろう。



 さて、上記の詩に対する私の評価はともかく、ここでいろいろ言
われている中で、読み方として[135][139]における山田氏の謂いに
一番面白さを感じている。詩とはまた、読むにおいても意識の敏な
るを要するということか。しかし山田氏もちと要らぬ言の多いこと
だ。その韜晦によって時折きわだつ物言いがあるにせよ、できれば
一度、がっつり評など読ませていただきたいものである。
 

[188]石川和広[2004 08/21 00:04]佐々宝砂なを
>>185
一番絞りさん、こんばんは。

有井氏が、出てきたら、サヨナラしちゃうなんて、あなたのこれまでの、あなた自身の言動は、一体何だったの?

つたわらなさは、誰でも持っていて、それと、戦っているのは、どれだけ愚かでも、言葉に関わろうとしているすべての人間だ。
もちろん、ダメさもあるだろうけど、ダメさからも人はその気になれば学べる。

大事なのは、有井氏が、真摯に、述べていたとしても、それは、有井氏から見た世界であって、それとの摺り寄せや、対立や、一致は、無視ですら、それぞれがやることである。

私は、よく読みきれていないし、かなり圧倒的な状況なので、あまりコメントしたくない。有井氏の発言に関して。

ただ、私は私の位置を、そんなに動かす必要はないだろうとは、思う。直感的に。
有井氏によって私も批評されてるのかもしれないが、強がるわけでもなく、反発するでもなく、ただ、彼の言葉を聞いた。私が失敗をしてても。

有井氏に頼って、どこかへ、行こうとするあなたは、勝手に、有井氏を、あなたの権威に致しました。

というわけで、あなたは、他者である有井氏に、「伝わらない相手に」といってるが、有井氏には、有井氏の伝えたい人やことがある。

とにかく、ただ単純に、彼とあなたは、別の人間である。

他者を発見していくこと、批評にとっては、大切なこと。

あなたは、大切なことを見失っている。
 

[187]有井いずみ[2004 08/20 23:47]
>たとえば、僕は武者小路実篤が、言葉で勝負しているとはまったく思いませんが、
>彼の詩が好きです

それって隠喩とか直喩とかの文体の問題ではないのね。
武者小路実篤は、2割打者だけど、打ったらホームランになる巨人?
強いコトバというものと現代詩の有り様とを同じ次元で語るのは
わたしにはとてもムツカシイお仕事ね。
多分、荒川さんだったら、おもしろいねって言うと思う。
 

[185]一番絞り[2004 08/20 23:08]
>184
有井さん、ごくろうさま。
伝わらない相手に伝えようとすること、
オリンピックの水泳選手よりしんどかったんじゃないですか?
反省しきりであります。
ま、わたくしめも、コンゴ、簡単お手軽批評は、ひかえることにいたしましょう。
とうぶん、雲隠れだ。
 

[184]有井いずみ[2004 08/20 22:56]一番絞り川村 透
>別に詩である、と他者に認められようが認められまいが
>いっさい気にする必要はないと思います。

おっしゃる通りね。
みなさんが書かれたものが、良いとか悪いとかを
書いたのではありません。また、これは詩で、これは詩では
ないというようなことを不遜にも決めつけているのでもありません。
わたしもみなさんと同じく、書くことに精進している一人です。
もう少し、わたしは親切に書かなければなりませんね。少し
反省して、少し丁寧に、できる限り分かりやすく
書きましょうか。
---------------------------------------
作品において、ほんとうに心に残ったり居座ったりするコトバと、
出会うということは実に幸せなことです。ぜいたくを言えば、
日々、生きる上においても、浮かんでくるようなコトバはもっと
ステキね。それだけのことです。

現代詩の将来が明るいとか暗いとかは、まったく別問題なので
あって、それほどに難しい話ではないでしょう。
谷川さんがダメとかいいとか、さぁ、どうなんでしょう?わたしは
わたしの詩的な空間を広げてくれた詩人として、その仕事は
尊敬するものがありました。大阪文学学校近くの「すかんぽ」や、
東京のある集まりで、何度か真正面から議論したこともあるけれど、
大した詩人です。詩のコトバの広がりを確実に広げた、詩史に残る
お一人なんでしょうかね?否、そんなことも恐らく関係している
のですが、否、そうかな、やはり真剣に考えれば、大いに関係の
あることではないかしら。まぁいいや、長い話になるもん。
誰をも責めるものでもないのに結局、
わたしを憎っき「酷評おばちゃん」のように思う人もいたりして、
それは、冗談じゃないわって思う。
詩に、何らかの「レベル」や「基準」のようなものがあると
勘違いしているのは、ひょっとして実は、
貴方たち(ここで誰とは言いません)なのではないかしら?
わたしはコトバで世界の実相に出会いたいと思って読む。
それだけなのに。

「自閉の地平で、世界と当たって、触ってみて、コトバにならない
ものをコトバにしてゆく格闘や思考を続ける姿勢がみられないわ。
その姿勢がない限り(詩)詩人とは言いません。」と書きました。
それが言いたかったのに、「と思う今日この頃」のところばかり
話題になって、そんなもんかしらね。

誰もが、それぞれの人生をこの世界に生きている。
ある人は平平凡凡に生きていると言うかもしれない。またある人は
辛く、苦しくそれこそ生死をかけて日々を生きるのが精一杯かも
しれない。いろんな人が生きている。どこかでは泣いてる人が
いる、またどこかでは笑う人がいる、いろんな人が生きている。
あの空の下や、あの窓の部屋。
そんな中で人は、コトバにしたい。コトバにせざるを得ない。
コトバを発する唯一の生き物です。で、本題。
-------------------------------------------
どうしてこうも似たような箱庭を不用意に作ってしまうのだろうか
と思う。閉じられた箱庭の中で、コトバをのっぺらと平らかに、
あるいは予定調和的に納めてしまう理由はどうしてなんだろう?
類型的な意味と、文脈で、無理矢理継いで押し込んで、
何をそんなに急いでいるのでしょう?ステレオタイプとも言いがたい。
説明描写ばかりに力が入るのね。あるいは過剰な情緒を額縁のように
提示して、退屈やメランコリを、少しだけ神経症的・人格障害的に
(わたしも精神疾患や人格障害の傾向を多少持っていますが)に
書くと、それらしいコピーライティングの平面に定着できると
思うのでしょうか?それに誰もが安易に共感できると思うので
しょうか?如何なんでしょう?いえ、共感できるなら、それは
それでいいじゃないですか。それはあなたの共感ですね。
ただ、この複雑で巨大な現実世界に、この厳しい現代社会に耐えうる
コトバとして誰のこころにも居座るようなコトバに成り得るので
しょうか?大袈裟な話を持ち出せば、飢餓に苦しむアフリカの人や、
不条理なエイズの感染者や、イラクで死んで行く、イラク人の子供
たちやアメリカ人の若者たちの中で、脳天気に歌える詩のコトバ
なのでしょうか。戦争反対の詩を書けなんて云ってないのよ。
いえいえ、リアルに感じられないならば、もっと身近で、隣にいる
苦しみや喜びの渦中にある人のこころを揺さぶるようなコトバなの
でしょうか?
わたしの詩のコトバは、到底、それらの人たちにとっては読むに
耐えないヘタレ詩です。けれどもわたしは数十年来の自分のこころを
圧してきた何か分からないものの姿を、または越えることのでき
ないわたしの世界の壁を、手探り、まさぐり、コトバに表わさざる
を得ない何かを拾い集めるようにして、コトバを叫び、コダマする
コトバをまた紡いで、投壜のように押し込めて流してきました。
その結果、見ての通り、屈折して、さっぱり分からないものに
なってしまうわけね。有井の書くものは、なんだかさっぱり
わからんから、放っておけてなことで、だれもその投壜を拾うもの
さえいないじゃないか?ってコトバも聴こえますが、ま、そういう
こともあるのね。(一人ツッコミのお笑いね。負け惜しみ言ってる)
でも、わたしはありふれたコトバや借り物のコトバで書けません
でした。わたし自身の苦しみや喜びや、ことあるごとに頭を
ぶつける世界は、ありふれたコトバではわたしの中で不満ばかり
募るんです。
でもそれって、誰もがそうじゃないの?誰もがそれぞれの生を
コトバにするのに、それぞれにぶつかる世界をコトバにするのにさ、
ありふれたアユの歌のような一節で満足できるのかしら?
(アユでもなんでもいいんだけど。)
ご自分の生やアイデンティティーを獲得するのに精一杯の中で、
一人一人が、自分のコトバで世界をあたり世界に表さざるを得ない
ことがあるものよ。
それで歌っていていいのでしょうか?それじゃわたしたちの生や
世界が、すなわちコトバが、不自由で仕方ないでしょうに。。。
既成の、商業メディアの、トレンドに乗るのは全て悪いとは言わ
ないけれども、その中に溢れかえるコトバのコピー的なコトバと
なんら変わるところのない、既視感をおぼえずにはいられない。
それらは、現代の複雑で巨大なシステムに対して、力強い詩の
コトバになり得ない。そうした意味で、
お手軽な「現代詩」(多分、批判され易いキツイ言い方?)は
痛々しい。それを「詩手帖」風に批評するのもなんだかね。
余程、規範や体制に無頓着か従順なんでしょう。あなたのコトバを
解き放ってみたいとは思いませんか?思考されないから薄っぺらで
ぺちゃんこで、貧しく、品がなくなるのかもしれない。打ち破って、
もっと立体にひねり出したいと思うの。じゃあどうしたら良いの
だろう?時には、ひん曲げてみるのもいんじゃない?屈折はないの
でしょうか?逆立ちしてみたり、男の人だったら大きくて勃起する
ばかりで、行かせられると思ってたら大間違いよ!足の踝を後頭の
窪みとショートさせるとかさぁ。コトバのアクロバットが良いなんて
思っちゃいないけどさ。そうしてみたら外の見え方も、そのコトバ
を当たる手つきも変わるんじゃないかしら。って思うのです。
これがもっと切実に圧し出されて切羽詰ってくると、
ひん曲がらざるを得ない、多少なりとも複雑ではないでしょうか、
わたしたちの生きる世界は。あるいは世界の実相とよばれるものは。
ご免なさいね、好き勝手云って。

芸術の高踏なんかじゃないわよ、批評も、理論も、読む行為も、
詩作も、みんな【書くこと】に関わる切っても切れないこと。
【書くこと】と【生きること】の連続に生きること、その思考へと
牽引する【生きる日常】なんだと思う。たぶん、
詩のコトバは幅広い。言い換えるとポエジーは歌の中にも、ある。
それを否定するものではありません。けれども近代以降の現代詩へ
の歩みは、わたし今、お勉強中なの。
生きる中で、幅広く、深く読んで、書く、生きる、読む、
若い詩の書き手のみなさんたち、
ここの片野さんたちが、どんな思いをして、どんな努力をして、
あのFPOからNIFTY現代詩フォーラムを経て、そしてこの
サイトづくりに尽力されてこられたのか、思いを至らせたことが
おありでしょうか?
わたしも、どんな詩も一編一編の詩を、たいせつに、たいせつに
扱い、読ませていただいて、育てられ、連なってきた一人です。

このフォーラムで「批評」している人たちへ、感じることを
書き手として、書いてみただけ。
 

[182]一番絞り[2004 08/20 22:54]
>[180]ボルカ

ボルカさん、おたくもう子供じゃなく、一人前の大人でしょ?
どうして、自分の意見としてでなく○○さんの意見に賛成で、××さんに反対
というような言い方しかできないの?
これじゃあ、口うるさい主婦の井戸端会議より臭いよ。
さらには
>一番絞りさんみたいに読みもしないで嫌いだとか言ってないから、その点はセーフだったんだけど
おれはちゃんと読み込んでるよ! だれよりも。
あの詩はね、作者が自分の主張どおりに登場人物をロボットみたく動かしていて、内部に自立的な動きがない
とちゃんと指摘しているよ! だから詩なんかじゃないと。
だれかさんが言った様に、一種の台本だあね。おたくや山田と同じ意見だったらかえって困ります。
 

[179]一番絞り[2004 08/20 21:58]
>僕は、有井さんのコメントに☆をつけた人の面々を忘れない。
>彼らが何をもって詩とし、詩としないか、今後の作品や発言を
>注意深く、多少の恨意をもって見ていくつもりです。(Ohatu)

こんなねちこい脅迫なんかしないで、有井本人に正面から挑めよ!
もっともおたくの今のような批評の技術、批評の視点では相手にされないだろうが。
だからといって、星を入れた人を脅迫するなんて、
まったく気がしれねえよ。

>繰り返しになりますが、僕にとって詩人とは「詩を書ける人」ではなく
>「詩を見つけることができる人」のことです。

よくわからん。それこそトンチンカンだ。同じことを別の言葉でいってるだけじゃないの。
こういう誤魔化しはあまり感心しないな。
 

[178]一番絞り[2004 08/20 21:50]
>結局、詩が嫌いなんじゃないの? なんか書いてることトンチンカンですよ。


その文脈を使うと、
結局、おれが嫌いなんじゃないの? なんか書いてることがトンチンカンだ。
てことになるが。
あーた、大丈夫?
 

[177]一番絞り[2004 08/20 21:43]
>172
塚本いちごさんのコメント、はじめてこの掲示板でまともな意見を読んだ気がした。
これまでは、あまりに凄惨すぎる。あまりにどろどろすぎる。
また、そのことに本人たちが気づいてないことが、あまりにひどすぎる。
有井さん、つまんねえ発言にコメントすることはないすよ。(ま、わたしの発言も含めてだが)

にしても、いちいち星印を入れた理由を開陳しなければならんような、そういう雰囲気をつくる
そういう輩たちによる掲示板のあり方ってどうかと思うよ。
暗黙の脅迫に屈しないで、星印を入れた理由なんか開陳することないよ。
 

[174]佐々宝砂[2004 08/20 19:34]
簡潔に書きます。

私が有井さんの意見に☆を入れたのは、それが「面白かった」からです。ためいきさんが指摘した部分には、正直「激しく同意」しかねるものを感じました。でも有井さんのあの文章、芸として面白いんだからいいのではないか、と考える程度に私はろくでなしなので、Ohatuさんの恨意は受けておきますね。
 

[171]いとう[2004 08/20 19:09]ボッコ木葉 揺(このは ゆり)
>>170

さてさて。
ポイント入れましたが、別に、有井さんの言うところの「詩」に、
全面的に賛同しているわけではありません。んー、違うか?

んと、上手く言えないな、
有井さんの発言は、ある面から見て正論であると思っています。
少なくとも自分の詩作スタンスの“ひとつ”として、
できているかどうかはともかく、念頭にあるものです。

で、ダブルスタンダードなんですよ。結局。
他の人の詩を読む場合に、それをあてはめてどうこうしているわけではありません。
そして、有井さんの発言も、誤解を受けやすい言い方をしているとは思いますが、
これが詩でこれが詩じゃないと区分して非難するのが発言の本意ではなく、
詩の言葉、というものをもっと大切に扱いましょうという、提言であると、
俺自身は把握してます。だからこそポイントを入れました。
そのへん、わかっていただければ幸いです。

ちなみに、俺は、「足」、好きです。
そして、この詩は、批評すべきものではない、あるいは批評しても意味のない作品だと思っています。
そういう部類に属する作品も、あると思ってる。
 

[169]片野晃司[2004 08/20 17:59]石川和広
>>168 うーん、ツッコむか、放っておくか。。。
結局、詩が嫌いなんじゃないの?なんか書いてることトンチンカンですよ。
 

[168]一番絞り[2004 08/20 17:49]
>みなさん、わたしたちもっとお勉強がたいせつだわね。

それはそうだけど、どういう勉強をするかが大事だと思う。
大学でチシキとして教えているような批評理論を、いくらチシキとして学んでもザルみたいなもんだ。
網の目から大事な、小さなものが、ことごとくもれていく。
あなたがいうように、稚拙な、日記のような詩らしきものにはまるで使えない。
それは象牙の塔で教えているさまざまな批評理論が悪いのであって、稚拙な詩や批評が悪いのではない。
詩人として通っている谷川俊太郎の詩でも、おしなべて、鉄腕アトムみたいな作詞と同じレベルじゃないか。
現代詩といっても劇画チックなものばかりだ。
象牙の塔ではぐくまれた批評理論を
勉強することによってますます権威や権力の構造に組み込まれていくことになり、結果、少々の異和や異変を
許せなくなる。ここがいい例だ。
フェミニズム批評だってそれをぎゃーぎゃー言ってる女ってのが東大という権威のなかで言ってちゃね。
戯画だ。
そんなことなら、勉強しても意味がない。むしろ、勉強の仕方から始めるべきざんしょ。

それよりあなたの詩、三連目あたりで、読み込むのにとても日数がかかってる。
ヒントが欲しいんだけど、「水尾のしぶく..千切れ方云々」って、ひよっとしておしっこのときの、しずくの切れ方のこと?
 

[167]山内緋呂子[08/20 17:45]
休むって言ったけど頑張る!

>Ohathさん
全くだ。そこを説明するには、自分が女であるんだけど、性を出すことの書いてるときの暗さ、ポップさ、同じく出来て発表することのそれ。考えると非情に重く、自らこれ、この先私が書くことの死亡、のようになって疲れ。これをまとめてからこのスレッドで言えばよかったのです。雑談スレッドから、突っ走ってしまいすみません。どうもありがとう。ちょっと待ってもらえるとありがたいです。

有井さん有井さん
本当にどうもありがとう。
自分はまだまだいろいろと足りず、批評とかそんなの言う時に、こうだ!と確定することの恐れ、とか「まだわかんないんですけど」と言うことが許されていると言うか、もっとちゃんとした方ならきっと、こうだ!と確定しなければならなくなるのでしょうね。
日記ノーサンキュー。加えて言えば、出来れば言いたくないが、私は自分のサイトの日記も、人様向けに面白くしているつもりです。最近出来てないんですが。
ありがとうございました。

安藤そらさん
携帯からだとポイント入れられないですが、そういう読みもあるのですね。共感はしませんけども。
皆様ありがとうございました。
 

[166]一番絞り[2004 08/20 17:38]
>私はこう思いますが石畑さんはどうお考えで書いているのですか?と聞きたかったのです。

いや、あの聞き方は、すでにしてひとつの暗黙の非難、圧力になってますよ。
白く塗った墓みたいな言い方は感心しません。
 

[165]一番絞り[2004 08/20 17:28]
>極端にレベルの低い意見にはツッコミ入れておかないと、この場所全体まで同レベルに見られちゃうので書いたまでデ〜ス

だからずっとそうなのだよ。
いつも世間体や体裁を気にしている。
それなら、気心の知れた仲間でやれよ、会員制で。
そりゃ極端にレベルの低い詩から批評、感想いろいろあるよ。
色々あるのが世の中だよ。
どうしてそう「みんな」(=世間)と少しでも違う異見や姿勢を嫌うのだい?
どうして少々の異和を許容できないんだ?
掲示板には何かしら呪いがかけられているんだよ、そんなもの相手にするな、といって慰めてくれたひとがいたが、
ひょっとしてモラリストの最後の逃げ込み場所になってるのかい? ここは。
そうだとすれば、もはやここで言われている「現代詩」なんてものは絶滅すべきものだよ。
 

[163]有井いずみ[2004 08/20 16:05]佐々宝砂いとう一番絞り片野晃司ボッコ木葉 揺(このは ゆり)
大きなお世話で言うと、
詩の最終行に「と思う今日この頃であった」という一行を付加すれば、石畑さんのも、ほかの方々のも、単なる感情吐露、事実や風景の過剰描写なのだから、日記の1ページよね。
川元さんが言うように、世界と当たって、新たな発見や認識をコトバにしたものや展開にしたものではないものね。コトバも立たない。発見も展開もない。
詩だと思ってまことしやかに、しかも偉そうに評論とか批評をしてるって、息巻いてるのおかしいね。わたしもこれをどういうつもりで書いたのか、聞いてみたかったわ。もう聞くつもりはないけど。
詩の最終行に「と思う今日この頃でった」という一行を付加して、成り立つものは、詩ではありません。と言っているのは、わたしだけが言っているのではありません。入沢さんも言っているわけ。明治大学の講義やユリイカ投稿欄や、いろんなことで言ってらっしゃるの。。反論があったら、どうぞ真正面からお受けしますけど。それほどわたしもヒマじゃないので、まともな方としかお話するつもりはありませんけど。
批評っ?てゆうか、詩を読みこめない方が偉そうに言わないでほしいのよねぇ。あんたたち、それぞれの自閉の地平で、世界と当たって、触ってみて、コトバにならないものをコトバにしてゆく格闘や思考を続ける姿勢がみられないわ。その姿勢がない限り詩人とは言いません。あんたたち詩を書く行為においても批評する上においても凡そ社会の隔絶したところの世界で、地に足がつかないままね。ウラサビシイ話だわ。また、もう一つしつこく、踏み込んで言うと、
歌うことと、詩のコトバを書く行為は根本的に異なります。敢えてどれも詩だといってかまいませんが、既視感のある退屈なコトバ、世俗に塗れたコトバ、韻律に支配されたコトバ、よね。わたしたちは、もっとわたしたちの言語を解放しなければならないはずです。それが近代以降の詩の歴史でもあったはずでは?そういった意味では、
一番搾りさんの言ってらっしゃる「権威とか権力」というのは、コトバが既存の規範の体系から解放されない不自由なものであることを言いたいのでしょうね。その自由を獲得するためには、ちょっと、あんたたち、命がけなのよ。ま、言っても、多分、認識できないわね。コピーライターのコピーみたいな詩だと称する詩や、オバカなタレントが余技に書いたような歌詞のような詩を詩と称するのを、まともな詩論や比較文学的手法で批評できるわけないじゃん。それらは文学の対象ではなく社会学の対象ね。
みなさん、わたしたちもっとお勉強がたいせつだわね。
 

[160]山内緋呂子[08/20 15:00]有井いずみ石川和広
確かに石畑さんがどんな性的な言葉を書こうが、一番絞りさんの言うように余計なお世話かもしれませんがそれではそこで終わってしまいます。展開がなく、やはりお互い書いてる訳ですから、私はこう思いますが石畑さんはどうお考えで書いているのですか?と聞きたかったのです。
石畑さんにその書き方やめろ、とは言ってません。
多くの方、意見きけたら嬉しいです
 

[159]佐々宝砂[2004 08/20 14:59]
>>157につけくわえ
山田せばさんもね。
 

[158]片野晃司[08/20 14:56]
>>153
「思う」で終わってる文章が「好み」の表明に見えてしまうというのはどこかまずいんじゃないかと思いますが^^;
極端にレベルの低い意見にはツッコミ入れておかないと、この場所全体まで同レベルに見られちゃうので書いたまでデ〜ス
 

[157]佐々宝砂[2004 08/20 14:38]
>>一番絞りさん
もうすこし、読者の気分がよくなる文章を書いてくださいませんか。
罵詈雑言は面白けりゃいいと思うけど(そう思わない人もおりますが)
最近の一番絞りさんの文章は、読んでて面白くないしスカッとしません。
これは一読者としての希望であって、ひひょーや佐々の言葉ではありません。
 

[156]石川和広[2004 08/20 13:29]佐伯
<<154

川元さんの言うのは、モラリズムではなく、女性における表現上の難しさだと思います。別に、かばってるんじゃないよ、あなたとちがう読み方の存在もあるよってことです。
 

[155]石川和広[2004 08/20 13:23]
>>142
別に、落としてはないよ、山田さん。ただ、連と連との関係が、想像力を掻きたてるよりも、もうひとつ、ひとつひとつの行のつながりと、断絶と連なりが、詩的な光景を、浮かび上がらせるのが、少し、光景の連なりと著者の地声が、凸凹が多いもんで、さらに僕は男なので、感情移入しては読みきれない。
 気持ちが先にたちすぎでは?一見、丁寧な叙景、実感だし、彼と歩こうという発語もしたいのだだろうけど、かなり、読み手側に補わせるし、だなと。
 読み手の補い方は自由であるから、僕のような読みも出てくる危険性は、ないとはいえんだろうと。
 しかし、川元さんが、他の作も出してきたので、少しずつ読んでみるのも、本人が嫌じゃなかったら、可能だと感じます。
 

[154]一番絞り[2004 08/20 13:16]
>不毛。
川元緋呂子さん、
不毛といっちゃえば不毛になるんですよ、なんでも。
つまり、まずあなたの場合、不毛があるんです。

ことばをもっと大事に使ってください。

それから石畑さんが性的なことばを頻発しようが大きなお世話だと思いますよ。
そういうモラリズムを振りまく御仁がたくさんいるけど、詩のなかの言語でしょ。
ちょっとは考えてくださいよ、余計なお世話ですよ。

 「視姦」された女性が、その「文字」そのままを見た場合に、
思い出して傷ついたり、もう読まなくなったりするのでは?と。
それで、逆に、「文字そのまま」を出すのは、逆に女性を辱める
危険がないですか?なんておききしたかったです。

冗談じゃないよ、ったく。詩表現への弾圧だよ、これは。
 
 

[153]一番絞り[2004 08/20 13:03]
>ある作品を評価するにあたって一番レベルの低い(つまり他者に通用しない)意見は
>「俺の好みじゃない」という意見だと僕は思う。

だからね、この意見も「思う」に終わっているわけでしょう?
てめえの好み、主観をまず表明している。
「俺の好みじゃない」ということを最初に表明することが、どうして一番レベルの低い意見になるのか、
論理的に説明もしないでね。
天に唾をするようなものだ。
わたしゃね、こう見えても佐々さんに宣言したとおり、いやなやつの退屈な詩でも
いま、一生懸命読み込み中なんだ。
あまりに短絡じゃねーの?
しかし、余計なチャチャが好きだね、おたくも。
せっかく「自由」さを感じさせてくれるスレッドがあったので気に入っていたら
早速やってきて、当人がいうところの一番レベルの低い意見を吐く。
困ったものだ。
 

[152]一番絞り[2004 08/20 12:57]ボッコ
>いんや、そういう「地に足をつける」風なリアリティならいらない。

この「足」という作品の場合、どこかにリアリティを求めなければ、男は
「足を洗うロボット」ということになってしまいますよ。「愛を証す」ロボット。
つまり、わざわざ詩の形式を借りなくても、形式論理でいいことになる。
恋人が相手の「足を洗う」シーンが登場すれば「愛の証」と読み込んでくれる人たちが
いるのだから。つまり、

 女Aと男B、二ヶ月ぶりのセックスをする。
 女Aと男B、セックスのあと休息する。
 女Aと男B、休息のあとお風呂に入る。
 男B、女の足を洗う。
 女Aと男B、お風呂のあと軽い夕食をとる。
 女Aと男B、無言で微笑む。
[スローガン]
 この先を
 私はあなたと歩いてゆく
 この足で

これでいいことになる。
登場人物に「哲学的ゾンビ」を使っているからとうぜん「飛躍」はない。
しかし、ここまで徹底的に形式論理的に書けばかえって面白かったかもしれない。
 

[151]山内緋呂子[2004 08/20 12:40]
>140静謐や抑制を見せるにしても、作者独特のものを書かれる方の詩はあるので

どういうのがそれなのか、わかりにくいですよね。今、浮かぶ例として、そういったものですごいなあと思うのは、
horohoroさん「夏の水族館」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=16648

sekitaさん、「車窓」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=9263

あまり的確な引用ではないかもしれませんが、淡々と描写でも、オリジナリティがあるというか。あまりここでも言うと、こちらの作品の批評になってしまい、何と申したらよいかわからなくてすみません。

石畑さんの他の作品
「上海された」http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=11699
これはすばらしいと思いますよ。「上海される」という即ゴルさんからの意味つけにくいお題だから、というわけではなく、ありえない設定だからそこに「言葉の跳躍」がある、と言ってるのでもなく、5連、別々のお話なのに、つながっているよう。
ちょっと今会社の昼休みで書いていて、つたなくてすみません。で、考えすぎて、家に帰ってからだと携帯からになるので、多分疲れて寝ます。ちょっとおやすみ。2日ぐらい。もう脳みそのアッパーカット。部位によるカットアップ。おいしいのはどこだ?

ちょっともう体こわしたりとか、いえなくなるかもしれないので、今言っておきますが、石畑さんは、よく作品の中に「セックス」「自慰行為」「視姦」「ヤッタヤラナイ」とかかれますが、私も性的なことを、自分の文章で書いていて、それを、ふくらませたりとか、笑いに変えたりとか、で、性的なことはありふれていて、もっとふくらますことで、楽しいことだったり、残酷だったり、そういうように読めれば、なんて考えていました。最初にかいた、「もっとたくさんおききしたい」という中の一番おききしたかったのはここであって、例えば「視姦」された女性が、その「文字」そのままを見た場合に、思い出して傷ついたり、もう考えるのをやめたりするのでは?と。それで、逆に、「文字そのまま」を出すのは、逆に女性を辱める危険がないですか?なんておききしたかったです。
 

[150]片野晃司[2004 08/20 12:12]石川和広
ぼーっとしている間にずいぶん進んでしまったけれど、
>>130 の件。
ある作品を評価するにあたって一番レベルの低い(つまり他者に通用しない)意見は「俺の好みじゃない」という意見だと僕は思う。
>>130 の意見はまさにそれで、意見として終わっているし、詩の評価としてはなんの価値もない。
 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 
 
スレッドを新規に作成したり、コメントを書き込むにはログインが必要です。
Home
0.3sec. ver 050714.4.0
スレッドニュース

現代詩,詩,poem,comic,掲示板,投稿,本,詩集,CD,DVD,出版,音楽,短歌,俳句,印刷,芸術,漫画,アート