エリオットしとりあそび(18)(547) ながしそうめん9軒目(854) 食べているかい?(470) 詩集・詩誌のスレッド(364) 批評しましょ(649) 雑談スレッド7軒目(497) システム関連スレ3(717) 【petit企画の館】/蝶としゃぼん玉(806) 映画館ポエム座(522) 一行詩スレ2(60) 連座 萬草庵 参軒目(121) 「そんなこんなでいい一日でした」スレッド2(128) 現代詩を書くのにどれぐらい時間をかけますか。(28) これは否定したい!6(541) お酒スレ(921) これはめでたい!(259) ロックって何ですかね(788) 集まれ!!,山梨県民・甲信越地方の人。(7) 実は・・・こんな夢を持っています。(355) 題名だけのスレ12(681) [分類別リスト] [過去ログ倉庫] [すべてのスレッドを表示] Home

論戦スレ。 (雑談系)スレッドオペレーター:PULL.
基本ルール。

ここ(このスレ)で起きた論争はすべてここ(このスレ)で終わらせること。
このスレで論争している問題について散文等を書いてもいいが、
どんなに腹が立っても憎くても決して、
このスレで発生した遺恨や因縁を他のスレにまで持ち込んで喧嘩をしないで欲しいということ。
私信や個人情報を相手の同意なく公開しないこと。
もしやむを得ず告発する場合でも被害者の同意を得た上で告発すること。
(このスレはあくまで「論戦スレ」であって「疑問解消スレ」ではないということ。)

そしてこれは一番重要です。
相手にも自分にも「やりすぎない!。」こと「言いすぎない!。」こと、
「相手にダメージを与えることイコール論戦(の勝利)ではない!。」ということ。
どんなに憎ったらしい相手にも生活や感情があります。
もちろん「あなた自身」にもあります。
自分自身の生活や感情にあまり負荷をかけすぎないように、
気を付けながらやり合ってください。

いざという時のために、
どうしても自分が何かを言いたい伝えたい際の「発言権を確保」するため、
あまり相手に対して感情的に言いすぎないことも、
最後の最後で自分自身の「こころ」や「ことば」を守ることになるのかもしれません。
まず日々の「生活」があっての「論争」ですから。

『一三五七九十一月は「論争(論戦)」スレに二四六八十十二月は「議論」スレに。』
上(↑)の文言はスレオペの独断で有名無実になっています。
このスレの性質としてどんなに「議論」をしたくても、
結果として「戦い」「争い」になってしまう可能性があることを承知した上で、
参加してください。


混雑を避けるため今こちらで話し合われていることから少し外れた議題を話すための臨時スレを立てました。
個別(個人的な疑問など)の案件についてはそちらのスレで、
相手の方もお誘い合わせの上お話し合いください。
どうかご理解のほどよろしくお願いします。
「よろず臨時話し合いのスレ(↓)。」
http://po-m.com/forum/threadshow.php?did=181381
(↑)復活しました。
他のスレでは書き込めない、
つぶやきぽつり愚痴等はこちらへどうぞ♪。
これ以上書けません。

[255]白井明大[2009 03/27 00:58]北村 守通ツ渡邉建志
私の知る類型には、次のものがあります。

1 詩のイベントの後、二次会と称して飲み会があることがあります(二次会はよくあります)。
  そのとき、女性のからだに触れる等をする人がいます。
  やめて、と言ってもなかなかやめません。
  そのせいで、詩のイベントの主催者で、二次会を開かないことに決めた人もいます。

2 おなじく二次会で、女性をしつこく口説く人がいます。
  からだに触れることはしなくても、しつこく口説かれていやな思いをします。
  女性が、あまりにいやがって、二次会を途中で抜けて、先に帰ることがありました。
  つまり、詩を楽しもうとして、それを邪魔された、ということです。

3 二次会が終わり、解散となったとき、女性のあとをつけて、
  帰りの女性の下車駅まで一緒に行こうとする人がいました。
  途中でふりきって、事なきをえましたが、とんでもないストーカー行為です。

以上の三類型が、私の遭遇したできごとです。
 

[254]白井明大[2009 03/27 00:30]北村 守通露草色
こんばんは。

今日一日、あらためて考えておりましたが、やはりこの公開の場で、だれの名であれ、した人(加害者という言い方も避けます)の名まえを出すべきではない、と思っております。
(ただ、された人(被害者という言い方も以後いたしません)は、別です。した人を名指しする権利があると、私は思います。そうした糾弾をなさりたい時、それをなさるべきだと思うものです)

なぜ、名まえを出すべきではないのか。
なぜなら、問題は、した人が特定されれば良し、ということではないからです。
おなじことが、べつな誰かによって、また起きるかもしれない。ということです。
その「起きるかも」をなくしたいのです。

男はあほです。人間じたいがあほかもしれません(卑近な物言いにて失礼いたします。過度な不安をあおる文章は、やめようと思ってのことです。ご了承ください)。

では、具体的に何を知っているかを、もしここで申し述べるとしたら、それは、何のためだろうか、と考えました。

それは、された人がいやな思いを抱えるような性的いやがらせ等をなくすためです。
詩を楽しもうとしている人が、詩を楽しめる場をつくり、それを保っていくためです。そう考えます。

した人の名まえを、いっそこの場で挙げてしまおう、とお考えのかたもいらっしゃるかもしれません。

ですが、思いとどまるべきだと、私は思います。

だって、
した人は誰か知ったとして、
それが知り合いだったとして、

そのあと、どうするんだろう、どうするつもりだろう、と考えたら、ふと止まりました。
ここでの議論は、どうなるんだろう、とも思いました。

たぶん、私が知らないことも、たくさんありそうです。
それを知らされたら、ショックを受けるかもしれません。

それでも、
詩は、法律じゃない。

詩の場での解決の道が、かならずしも法的アプローチと同じであるべきとは言いたくない。

ただ、あほなやつが、ダメなことしたら、やめて、と言いたい。
もうすんな、とも言いたい。

でも、そいつとの関係性を断つような、そんなのは、したくない。

支離滅裂ですみません。

まず、この前提に立って、以後発言していきたいです。
 

[252]しろう[2009 03/27 00:17]白糸雅樹北村 守通白井明大ツ露草色
私は何一つ事実は知らないし、そういった噂についても耳にしたことがない現代詩フォーラム会員の一人ですが、ひとつ横から申し上げたいことがあります。

仮にそうしたレイプ・セクハラの事実があり、被害者がいるとするならば、その人が、現代詩フォーラムの会員であるかまたは過去に会員であったかサイトの外から眺めているかのいずれに於いても、その被害者がこのスレを目にした場合、恐怖または驚異を覚えるのではないかと想像します。
(それを少しばかり見過ごしていらっしゃいませんか?)

被害者として挙げられる恐怖(これは皆さん回避なさることを表明されていますがその可能性自体は被害者にとってはぬぐえない恐怖ではないでしょうか?)、加害者が明らかにされることによって被害者である可能性の人の範囲が半ば限定されて被害者にとって自分がその被害者であるということを推定されかねない恐怖、たとえ「ひとつの事例」として挙げられるにあたっても、被害者が「これは自分のことである」と認識することも、これまた想像しがたい恐怖であると推測されます。

ここは裁判所でも警視庁でもありません。
過去の被害、今現在起こっている被害は、ここでは論ずるべきではないと私は思います。
それを存じている方、またさらに改善・解消しようと思っている方は、(公開されている)ここではなく、水面下で動くことを明言すべきだと私は思います。
でなければ、自分が被害者であることを知られる可能性に被害者は恐怖を覚え続けることになるからです(実際は誰にも事実をを知られていない被害者を含めて)。

ここで論ぜられるべきことは、今後いかにしてそういったレイプやハラスメントを未然に防ぐか、また事件が起きた場合にどのような対処方法があるかについてだけである、と私は考えます。

たとえば、「匿名の複数人のケースワーカーを配置して、匿名で相談することが出来る非公開の相談所を置く」などが、今の私に思いつく案のひとつです。これにはもちろん法的にも道徳的にも長じている人でなければ務まらず、浅学な私などには到底務められないもので、「自分ができないことを言うな」と言われれば私は恐縮するしかないのですが、案のひとつとして挙げることはできます。

とにかく私が申し上げたいことをまとめれば、ここで事実について言及する(またその可能性をほのめかす)のは被害者の恐怖を無為に高めることになるばかりで、公開の場としては不適切なのではないだろうか、という事です。
 

[251]虹村 凌[2009 03/26 23:53]伊藤透雪渡邉建志氷水蒸流白井明大ツ露草色RTПогэ / POGE / ぽげイダヅカマコト
悪ふざけでもするなよそんな事。
と思うのは俺だけか?
 

[250]rabbitfighter[2009 03/26 23:41]白井明大渡邉建志
それから管理人様へ。

SNSと名乗った以上、オフ会などにおける注意文は載せるべきだと思います。
「あぶないからきをつけて」と言う趣旨の警告文には、注意を促す働きと、俺はちゃんと注意したから責任無いぜ、という自己防衛の働きの二面があります。自己防衛は大事。
 

[249]rabbitfighter[2009 03/26 23:36]白井明大ツよだかいちぞう(1+1)/4イダヅカマコト
こんばんは。いつもこのスレをドキドキしながら拝見している、rabbitfighterと申します。

以前から気になっていたのですが、白井さんや大村さんなど、「加害者を特定している」と表明されている人たちは、その人物とおそらく面識があり連絡手段も持っているのでしょう。それならば、直接何らかのアクションをとるべきではないでしょうか。こんなところでうだうだやっていても、まったく何も解決しないように思います。
このスレの情報を元に考えると、当の本人がまったく問題を認識していない可能性だって十分ありえます。
自分も、オフ会などで、女性に下ネタをふったりおっぱいをつついたりいきなりチューをしたりいろいろしてますが、もし相手の女性が大変迷惑をしているとほかの誰かに相談しても、僕の耳にそれが入ってこなければ僕にはただの悪ふざけで終わってしまい、反省も謝罪も後悔もすることが出来ないまま同じことをくりかえしてしまいます。
或いはもう直接注意をしているのだとすれば、問題の人物がそのあと何を言ったか、何をしたか教えていただきたい。十分反省し、謝罪しているならば僕たちに出来ることはもう何も無いように思えます。

また、問題の人物がとった行動についても、セクハラからレイプまで実に幅広い情報が錯綜していて、あやふやなままです。白井さんがこのスレ、またはこのサイトでやろうとしているのが、問題提起と、提起された問題を皆で考えると言うことならば、このままではずっとまとまりの無い意見の応酬に終始されるばかりです。白井さんの丁寧さと気遣いは十分に伝わりますが、箇条書きでも良いので、順を追っての経緯と、あるならば事のてん末を教えていただければありがたい。
 

[248]石川和広[2009 03/26 17:23]白井明大茜井ことは
>白井さん

「被害者のケア」っていうのは、わかりにくかったですね。ケアっていうのは配慮であったり、お世話であったり、手を差し伸べたり尊重したりってことでした。
わからない中でついつい発言したのはちょっと申し訳なかったんですけど、ただ、僕はそのいやがらせやハラスメントをしておる人間もされている人間もわからないですから、実際被害を受けている方がいても見守りというか話を聞くってのもできないわけです。

だからまずはそれに気づいた人が、そして心ある人が、困っている方や被害を受けた方を気にかけておくとか、動向を見守るってのは初動では大事ですよね。

で、ケアってのは英語なんでわかりにくかったんですが、ケアにはふつうにお世話する、注意して見守るみたいな意味が大きいんですね。(わが国では介護とか看護みたいな意味でつかわれますが。)
だからまずはその事柄を知りうる人が被害にあった人が自棄にならないように注意しておく。これは例えば交通事故を発見した人の対応でも同じです。まずは、その人のソバにいて見守るとか救急車を呼ぶ。そっから専門の医師や様々な関係機関につなぐと。

そういう意味です。
つまり気になったのは私は直接はお助けできないかもしれないけど、ここで話されていることがあるとするなら、それはどういうふうに対処されているかが気になったのです。で、その対処はもちろんひどいことする奴のことも大事だ。けど今傷ついた人に医療的なケアはできないけれど、見守る、あるいは連絡はとれるようにしておくみたいにして、その人が孤独ではなく安全を確保できるようにするというケアです。

いや緊急度がどのくらいかもわからないからあれだけれど。
でも被害を受けた人がいたなら、苦しんでいるはずで、同じサイトにいるものとして大丈夫かなと心配しているのです。それがいいたかったことです。

どうであれ、その人がいち早く少しでも辛さが減じることが大切なんだと思います。いやもちろん加害者のこともあるわけですけれど。
私も慌てています。でも苦しんでいる人のそばに誰かはいてほしいと私は願っています。たぶん私は(関係的にも距離的にも)じかに深く関与をするのはむずかしいから、こうして間接的に関わるということになるだろうと思います。すいません。こんなことしかいえなくて。様々なお友達が被害を受けた方のそばにいるなら、もちろんその尽力に敬意をもっています。

つまり不安なんです。いったい私たちがいるサイトで何事があったのだろうって。知りたいというよりもなんか心配なのです。
 

[247]たもつ[2009 03/26 17:08]石川和広白井明大
>>245
白井さん、すいません、答えてくださってありがとうございます。
ごめんなさい、このような問題は被害にあって方だけではなく、その周りの
方も苦しむことなんだ、という視点が抜けて、暴走しかけました。
すいません、暴走しかけたついでに言わせていただければ、だからこそ悪質
で許されるべきことではない、という思いを強くしました。
加害者、と言われる方の名だけが一人歩きし、実際何があったのか明らかで
ない、ということに危うさを感じます。いたずらに話が大きくなってるん
じゃないか、とか、いや、そう自分が思いたいだけじゃないのか、とか。
このセクハラおやじ!なんて言って冗談を言ってやりたいだけなんじゃない
か、とか。ごめんなさい、不謹慎でした。でも察してよ。あんた、なにやっ
てんだよ。
被害者の方の名は知りません。きちんと周りの人がブロックしてくれてる、
と信じてます。
白井さんにご負担かけてすいません。本当にごめんなさい。
僕のお願いについては、これからの話の流れの中で必要だと判断したときに
ふれてくだされば結構です。
 

[246]白井明大[2009 03/26 14:32]白糸雅樹
白糸さん
>>243のご質問にお返事いたします。

>>>141で、白井さんがセクハラについて書いておられる文章からも、白井さんご自身がセクハラを目撃したわけではなく、伝聞によるものと理解しておりました。
>
> その後の展開で、なんらかの情報が入ったのが、いまだ具体例は公表されていない、と判断してよろしいでしょうか? >>210を読むとそのように読めるのですが。

>>141で私が挙げましたのは、あくまで一例です。その場に居合わせた経験もまたあるということは、>>241に述べましたとおりです。
私の耳にさえこれまで届いてきた具体的なできごとは、ほぼこの場では申しておりません。

また、>>210をはじめとして、非常に要を得ない、わかりにくい文章を書いておりますが、どこまで書いてよいか、書くべきか、とためらい迷いがあるゆえのことです。。まったく至らないかぎりですが、すこしお時間をいただけたらと存じております。
 

[245]白井明大[2009 03/26 14:05]北村 守通
たもつさん
初めまして。
>>242拝読いたしました。私の知る事情にかんしまして、すこし考えさせていただけますか。
真摯な問いに対して、猶予をいただくのは心苦しいのですが、何卒ご容赦下さい。


白糸さん
>>243拝読いたしました。
このような場で、もっとも気をつけるべきことの一つは、案じている身同士が衝突してしまうことと思っているにもかかわらず、ぶしつけに発言いたしました。
それは白糸さんだけでなく、
じぶんには直接かかわりのないことであるのに、事態を看過できず発言なさった石川さん、北村さんに対してもそうです。

ただ、
誰かひとりが主張しているだけ、
という誤解は、加害者を擁護する言説へとたやすく転換するおそれがありました。。ですので看過できませんでした。

>さもさもこのフォーラムが問題だらけの、問題人物容認しているかのような発言が並ぶのは嫌だなぁ。

という白糸さんの本意に異を唱えるものでは、決してありません。


北村さん
>>244拝読いたしました。

>ネット内の世界で発生するトラブルと現実世界において発生するトラブルということを、場合わけして考えなくてはいけないのではないだろうか、という視点から区分わけした、ということ

とのことですが、そのお考えは当初>>240でのご発言を拝読した折に、私にも了解されるところでした。

その上でなぜ、私が>>241であのように申したかと言いますと、
<フォーラム内>と<フォーラム外>とで問題を切り分けよう、という善意の単なる分析が、
<フォーラム外>の問題にかんしては関知すべきことではない、とするスタンスに利用されやすいことを危惧したためです。

北村さんは明らかに前者です。そして私は、こうした問題が(フォーラムに限らず、ネット一般において)持ち上がるたびに後者のスタンスが幅をきかせてきて、責任の所在も解決の糸口もうやむやにしてしまう流れをこれまで見て参りました(重ねて申しますが,北村さんに、うやむやにしようという意図が微塵もないことは明白です)。

ですので、もしおっしゃる1)と2)を切り分けるのであれば、その前に、オンラインのできごとが、オフラインのできごとと補完の関係にあることから生じる問題を把握することが不可欠だと思うものです。

この補完関係が、現在述べているこの問題の、根の一つではと私は捉えております。

そしてこの補完関係に向ける視点が失われないのであれば、

>発生の大本が同じであってもその場所場所によって別々のものとして考えなくてはいけないのではないかな、と思ってあのような分類をした

という点、賛成するものです。
 

[244]北村 守通[2009 03/26 11:31]白井明大
>>241

 白井さん。ご意見拝読させて頂きました。

 その上で自分自身の発言に対する補足そのものをしておきたい、と思います。発言>>240において1)と2)の様に分けたのは、ネット内の世界で発生するトラブルと現実世界において発生するトラブルということを、場合わけして考えなくてはいけないのではないだろうか、という視点から区分わけした、ということだと思っていただけるとありがたいです。
 なぜか、と言いますと現実世界で行われている状況ならば、第三者の視覚などによって”今なにかしら問題が発生している”ということを察知できる。つまり止めることができる可能性が多くなる。(これはボクの私見なのですが、未遂で終わった、あるいは防がれた事件というのも現実世界では多くあるのではないだろうか、と思っていたりもするのです。)あくまで、可能性、とするしかないですけれどもね。
 一方、ネットにおける問題においては、そうした第三者による観察が成り立たないわけですし、被害を受けつつある本人の申告によらなければどうすることもできないわけですよね。(それ故、ボクも散文においてもネットにおけるハラスメントに対する提言などはできなかったのですが)
 そういったトラブル発生の状況をとりまく環境の違いによって分類しておかなくてはいけないのかな、と思ったのですよ。
 
 例えば、鼻の中が切れていて大量の鼻血が出て、その血が鼓膜の裏にこびりついて固まってしまったとしたら、鼻の中の治療と鼓膜を破って固まってしまった血液の塊を除去する、という二つの治療法を個別に実施しなくてはいけないでしょう。それと同じで、発生の大本が同じであってもその場所場所によって別々のものとして考えなくてはいけないのではないかな、と思ってあのような分類をした、と補足させていただきます。
 

[243]白糸雅樹[2009 03/26 09:19]白井明大
>>241

 白井さん。おつかれさまです。

>>>レイプなどの犯罪行為があったって主張しているのはぽげさんひとり

>>というのは重大な誤解です。本スレ>>175にある通り、佐々宝砂さんは御存知のはずです。ですが、事が深刻であるため、こうした公の場では触れがたい問題なのであろうと解しております。いずれにせよ、「ぽげさんひとり」という指摘は、軽率な見落としと言わざるをえません。

 「重大な誤解」を公表したことに関して、謝罪いたします。>>175は主張ではないと思いますが、証言とも読めることを見落としておりました。

>>167で、「本当の本当に刑事告訴レベルの人の存在を知りません」と書いておられるので、佐々さんが犯罪行為があったとご存知だったり主張しておられるとは理解しておりませんでした。「(親告罪ならあるかも…くらいは思いますけど」と書いておられるので、なんらかの事件をご存知なのかもしれませんが、「かも」と留保がついている時点で、未確認情報と判断しました。

>>141で、白井さんがセクハラについて書いておられる文章からも、白井さんご自身がセクハラを目撃したわけではなく、伝聞によるものと理解しておりました。

 その後の展開で、なんらかの情報が入ったのが、いまだ具体例は公表されていない、と判断してよろしいでしょうか? >>210を読むとそのように読めるのですが。

 セクハラに関する確認済みの報告としては、>>201の後藤さんの発言がありますね。勇気ある発言だと思います。

 いずれにしても、ぽげさん(と、その代理書き込みの方たち)のみしか、犯罪行為があったと主張している人がいない、という私の理解は、「誤解です」とはっきり白井さんから否定がありましたので、知らないまま軽率な発言をした件に関して、全面的に謝罪いたします。

さもさもこのフォーラムが問題だらけの、問題人物容認しているかのような発言が並ぶのは嫌だなぁ。

 というのが、正直なきもちだったので、この部分に関してだけは撤回できませんが、それ以外の部分に関しましては撤回します。
 
 ご発言の他の部分に関しましては、すぐに考えをまとめてレスできる状態ではないですし、「自分やお互いの生活に負担をかけない範囲内で論考」する為には時間をかけることが必要だと思いますので、今はコメントを控えます。
 

[242]たもつ[2009 03/26 07:13]白井明大れつら
事情を知っている方にお願いがあります。
被害にあわれた方々はまだ苦しんでますか。
それを教えてください。
加害者の方は反省していますか。
既に何らかのペナルティを受けてますか。
被害者の方に謝罪し和解されてますか。
そのことで被害者の方の傷は軽減されていますか。
そのことを教えてください。
もしそういう状況にあるならば、そのことをはっきりとさせ、
前向きに考えていければ、と思います。

もし、加害者の方が具体的に何もアクションを起こさず、ペナルティも受けず、
その地位の上にあぐらをかき枕を高くして寝ているなら、
その厚かましさをここで晒してほしいと思います。

そして何よりも、何があったのか。
そのことをはっきりとさせていただきたいと思います。
被害者の方の名前は当然のことながらいりません。
名誉毀損などに発展することを考えると、加害者の名前もいりません。

ただ、何時、どこで、どのようなことがあったのか
それは教えてほしい、と思っています。
もちろん被害者の方の同意が必要だと思います。
レイプ、というショッキングな言葉が飛び交ってますが、
本当にレイプはあったのでしょうか。
レイプはまだ特定されてない噂の段階、という声も聞きます。

もちろん、レイプだろうがセクハラだろうが被害者の方が深く心に傷をおった
という事実に変わりはありません。
加害者の方には、その心の傷に向き合っていただきたい、と思いますが
自分がやっていないことによって責められる、というのもたまったものではないでしょう。

以上、お願いです。
あくまでお願いです。
無視してくれても構いません。
自分の正義欲を満たしたいだけかもしれません。
 

[241]白井明大[2009 03/26 02:47]深水遊脚石川和広北村 守通白糸雅樹露草色
問題の核心が意外に伝わっていないようですので、端的に問題を指摘します。

>まず先にすることは、その被害者のケアでしょ。

という意見がありましたが、このような公開のサイトで、被害者のケアは困難です。それはむしろ、専門機関にゆだねられるべきことです。
ここで可能なのは、刑事告訴or民事訴訟にはおよばないレベルの(しかし、確実にいやな思いをする人がいる)セクハラが、被害者を変えてたびたび起こっているのを、いいかげんストップさせるために働きかけることだと考えます。

また、

>1)オフ会や朗読イベントなどにおけるフォーラム外の活動での問題
>2)フォーラム内で発生している問題
>
>の二点について話が混在しているかと思います。

とありますが、両者が混在しているのは、両者が補完の関係にあるからです。
フォーラムで高ポイントの詩人がオフ会に参加している場合、その詩人にはおのずと(見ず知らずにもかかわらず)信頼が寄せられます。その信頼を悪用してセクハラにおよぶ、というのが常習者の常套手段です。この1)と2)を切り分けることはできません。

また、期間限定話し合いスレの方にあった意見ですが、

>レイプなどの犯罪行為があったって主張しているのはぽげさんひとり

というのは重大な誤解です。本スレ>>175にある通り、佐々宝砂さんは御存知のはずです。ですが、事が深刻であるため、こうした公の場では触れがたい問題なのであろうと解しております。いずれにせよ、「ぽげさんひとり」という指摘は、軽率な見落としと言わざるをえません。

今回の問題を放置した責任の一端は、かなしいかな、片野さんに全くないとは言い切れません。

北村さんがご指摘のとおり、

>フォーラムの中での私信機能などを用いたトラブル

が性的トラブルにおよぶ場合、それを認識もしくは対処していない管理人は、法に抵触し続けている可能性がきわめて高いと言わざるをえない、ということです。

常習者の名など、奇妙な言い方をすれば、知らない人以外は皆知っているのです。

そして、その名を言えないのは、ここが糾弾の場ではないから、などという理由以上に、名を挙げることにほとんど意味がないからです。

それでも名を挙げろと言われたら、そうしようと思います。そうすべきですか? それを望みますか。

私は、じぶんの主催した詩のイベントに、せっかく来ていただいた参加者の楽しい気持ちを台無しにされました。また、自らが、まだ問題をよくわかっていない数年前の日にセクハラの現場に居合わせていたにもかかわらず適切な処置をとれず(そのときいた女子をかばうことができず)、いまだに苦い思いをしています。

また、他の人だけをせめるわけにはいかないのです。

じぶん自身、しょっちゅう、恋愛でつっぱしっては、相手の女性にやな思いをさせてきた人間です。

ここをおとずれる、単純に詩を楽しもう、詩をつうじて広い世界を知りたい、高みへのぼりたい、同じように詩を好む人とふれあいたいと願っている人が、そのようにあるようにと願うものです。

と同時に、だれのことも責めたくはない。やめて、とは言いたい。そういう葛藤を抱えている者です。

ここが誰にも開かれており、またさまざまなテキストを公開している場であるからこそ、以上のことが問題視されるわけで、この場が、限定された会員による、非公開の場であれば、全く話は異なるのです。

詩を好きな人が、一人でもかなしいセクハラなどの目にあったとしたら、そのとき、ふみにじられた思いをするのは、その人一人ではないのです。
 

[240]北村 守通[2009 03/25 22:35]白糸雅樹Погэ / POGE / ぽげ渡邉建志大村 浩一
再度横からの発言をお許しください。

今回の一連の話を読ませていただきながら、
1)オフ会や朗読イベントなどにおけるフォーラム外の活動での問題
2)フォーラム内で発生している問題

の二点について話が混在しているかと思います。現在、お話の主流となっているのはフォーラム外で発生している問題、でしょうか?これまでに発生していた事故・事件について把握した上で以降の安全対策について考えるもの確かに大切ですが、システムが再構築される前に何をなすべきか、なにができるかを考えるか、ということが大事なのではないでしょうか?

?フォーラム外での活動においてどの様に安全性を構築していくか。
 (主催者の個人レベルとして)
?フォーラム外での活動に参加することにおける危険性等の注意について、フォーラムの中でどの様にアナウンスをかけていくのか(フォーラムとしての公の力に協力をお願いするのか、それとも自治的活動として展開していくのかなど)
?フォーラムの中での私信機能などを用いたトラブルなどについて、どのように対処すべきか。(システムについて考え直すべき点は無いのか、否か。あるいはどの様にすればより安全性を高めることができるのか。また、システムについての要望が反映されるまでの間になにかできることはないかを考えることはできないか、等)

 といったことについて考える時期に来ているようにも思います。あくまでボクの個人的な主観による意見なのですけれども。
 

[239]白糸雅樹[2009 03/25 22:09]渡邉建志北村 守通Погэ / POGE / ぽげ佐々宝砂白井明大よだかいちぞう
>>228

 白井さん、ていねいなコメントをありがとうございました。ポイントで示しましたように、全面的に同意します。

 特に、
>>懸念しておりますのは一つに、立件にはおよばず、でもたしかにいやな思いをする性的ないやがらせというものが、伏せられ、くりかえされることです。どうしたらいいのだろうと、難しく思いながらも、こうしてみんなで話をしていくことが、何か実になることを願っております。

 という部分に、同意します。

 このフォーラムには、明るくて誰が何をやっているかわかる路上と、私信やオフ会など人のうかがいしることのできない夜道と、両方の面があると思うのです。明るい路上に見える投稿室やスレッドも、発言の全部を読みきることは通常人には到底不可能な文書量を思えば、街灯つきの夜道なみの危険があるかもしれません。それに加えて、現代詩フォーラム以外のたとえば2ちゃんねるやmixiなど、現代詩フォーラム以外の場所で、現代詩フォーラムの会員さんが与えた苦痛を、現代詩フォーラムと結びつけて苦痛と感じる方もおられると思います。

 とりあえず、現代詩フォーラム以外のネット上で起きる問題に関してまで、現代詩フォーラムが責任を負うことはできないわけで、せめて、現代詩フォーラムに街灯を増やして、風通しをよくする試みがなされればよいな、と思っています。

 例えば、私信でも、問題のある私信を管理人に通報できるとか、そういうシステムは、この何年かの改善で片野さんが設置なさった街灯だと思っています。

 白井さん大村さんたちがやっていることは、そういう、街灯を増やす試みだと思っているので、私もできる協力はしたいです。

 とりあえず、迷走することなく、問題の解決が図れるよう願っています。
 

[238]石川和広[2009 03/25 20:40]くしゃみ北村 守通虹村 凌Погэ / POGE / ぽげ岡部淳太郎れつらよだかいちぞう石畑由紀子
なんか恐い話してるんだな。いっぱい論点がこんがらがってるぞ。
よくわかんないけど。話がかぶってたらすいません。

奥主さんの発言。

>むしろ詩を書く人がスキルアップの為の切磋琢磨できる場所。その前提として、会員間の対等性の保証された場所。そうした、かつては理念として存在したはずのものが、もしも損なわれているのだとしたら、とてつもなく哀しい。

そのとおりだと思うのですよ。
けど、スキルアップってとこで、そのスキルってなんなのさって話があると思いますよ。

それとスキルって言い方だとなんか目指すべき技術ってのがあるように思わせる力が言葉自体にあると思うのですよ。

僕自身の話をしますと、なんか目指すべきものってなんなのかってよくわかんないですけど、共通のこうすべきってのがあったらしんどい。

それは各人の持てるものが最大限発揮させられたらそれが一番いいわけです。そのために技術もあるよね。でも考え方の部分もあるし。なによりその人が書くことで何かをしようとしている、そういうことが大事なんですよ。セルプヘルプみたいなものかな。で、それはよく「自分語り」とかって嫌われます。
でも、自分を助けるというか自分のもっとも言葉にしがたい部分を言葉にできたら何かが起こるんじゃないかって僕は希望しているのですよ。
そこには、自分を越える何かがあるわけですから。

それが果ては、誰かにつたわってくれれば最高だ!とも思うのですよ。
誤用を指摘する人も、指摘される人も、そういう形で何かを語るとか世界を作るって欲望は等しくあるのではないかと思うのですよ。

多元性とか多様な価値観の肯定っていいますときれいごとに聞えますか?
でもね、それぞれがそれぞれのやり方でまずは困難とむかいあっているのを忘れてはいけない。その上でもうちょっとこうすればよりよく伝わるという感覚がないと。これはある種の愛情です。だから恐がられもします。ニュートラルに指摘していますってのはありえないですよ。

なんか中立であらねばならぬみたいな感覚がある人が多いでしょ。
でも、人の作品に関わるってことは自分の良い部分も醜い部分もでるはずなんですよ。生半可ではいられないから。また作品をだすってことも、魂の一部分をあるいは全部をみんなにみせるってことだから、まあ恥ずかしい部分なんですが、でもまあ弱みも強みも見せているわけですよ。

そういうおそろしいことでもあるからね。そこに中立とかあるいは俺のほうが正しいなんて話があるほうがおかしい。比較的妥当な意見をのべているってのはあるかもしれない。だってその作品の可能性を発掘したり、作者の潜在的な何かに話しかけることだから。それはその人のよさを引き出すことだから苦言を呈することもある。その上で一般的に誤字や誤用は見苦しいねっていう話だったらわかる。でも果たしてそうなっているのか。


私は性犯罪とかいやがらせの件はよく知らないので、コメントしません。でも、昔バトルスレという佐々さんがやってたスレでもいいましたが、誰かをつるし上げてここで叩くいうのはどうなのか。それよりもまず先にすることは、その被害者のケアでしょ。別に真摯に話するのは止めないよ。大いにやってほしい。だけどね、結局そこにはさ、そういう被害者をどう考えるかとかそういうことと話が逸れている感もあるのよ。もちろん加害者は許せねえよ。でも、ちゃんとケアされてその条件が整えば訴えるしかねえよなと思う。こういうぐちゃぐちゃな中で誰かをさらすよりは、被害を受けた人がちゃんと生きていけるようにケアして、で、その上でその加害者が賠償なり刑罰に服するなりして償いをさせる。すごく一般的なことしかいえなくてごめんね。

で、その上でこのサイトでも書ける人はね、どんどんそういう性にまつわる知識や思想、体験のことでもなんでも知恵をシェアしましょうと。むかし書いていた人いたよね。

実際みんな口は達者なんだから、そういう風により情報を共有しそういう不逞な輩が横行しにくいように、文章とかで様々に人間、生命、存在にまつわることを書いていってもよいと思う。それができる最大のことではないの?みんな書く人だから。裁くひとばっかりもやれないでしょ。


だってこれいきなり新しくこのサイトに入ってきた人が読んだらさびっくりするような話しているよ。いや不正は正さないといかんというのはその通りなんです。が、もし性犯罪の被害者の参加者がこのスレ読んだらですね、どう感じるか考えながらみんな書いてくれよと思う俺はね。

その一方でカムアウトして性犯罪被害で苦しんでいる人のために活動している人もいるよね。

でもさこれ限られた人がほとんど書いているじゃないですか。じゅりさんが書いたりしているけれど、もっといろんな人がアクセスしやすいような雰囲気をもっていかないと。じっさい片野さんが運営しておられてそのことには敬意をいだいています。たださ、入会している会員がみんな色んな形で参加して活動していれば、そのサイトはいいサイトだと思えるのに。

僕も古株(入会5年目)なのかもしれないけれど、正直な感想いうとね、このサイトを見るのが最近しんどくてあんまりアクセスしていないのです。僕個人のせいなのかもしれないけど、どうも変だなって。
もちろん片野さんの運営方法の問題もあるかもしれない。ただね、片野さんはもっと前は会議室でも自分の意見を書いていたりしたような記憶がある。でも、そういうことを片野さんがあまりしなくなった。それはなんでかなと思うの。

こういうと片野さんの味方か?と叱る人もいるんだろうな。

でもそういうんじゃなくて、単純に片野さんも含めていろんな人が個性的な動きができなくなっていっているというか。硬直化していると。で、片野さんもそういうふうに柔軟さとかいい意味でのいい加減さみたいなものが減っているような。で、結果その閉塞感のなかにあるというか。こういうのはルールを増やすだけではなかなか動かないだろうと思う。まあ印象なんだけれど。
たださ、まあいろいろ頭がいい人もいるんだから、いい知恵はでんかなとは思うよ。


僕もねいろいろこのサイトで暴れまわっていたこともあり、声高な時期もあったしえらそうにいってはいけないのだけど、でも自分が作品を置いている場所だから気持ちよくいたいなというわがままな気持ちがあるんです。はい。
 

[237]高句麗[2009 03/25 19:18]
「片野さん、また墓穴掘りましたね。そのルールは常にあなたの気分しだいでころころ変えられる恣意的なものであり、さらに複数登録を禁止し始めたのはつい最近です。あははははは、既に複数アカウントでおかしなことをしているひとがたくさんいるからな。俺を追い詰めれば追い詰めるほど馬脚を現すのですよ。あははははははははははははは、犯罪者の皆さん、楽しみにしておいてください。」

以上POGE代理                     んがんぐ
 

[236]片野晃司[2009 03/25 16:01]白糸雅樹Погэ / POGE / ぽげ
>>235
http://po-m.com/forum/help.htm#50
で、「ルール違反に対して行われた投稿制限を回避するための複数登録」は禁止しています。
 

[235]ぽげ[2009 03/25 14:36]
片野さん、何一つ問題を起こしていないアカウントのすべての書き込み制限をすることの意味を教えてください。
俺はその理由を知っている。
告発を恐れるからだ。
卑怯者め。
 

[232]構造[2009 03/24 23:48]
POGE氏曰く
大村さん、自分に矛先が向かないようにがんばっていますね。

ふむ、面白いな、犯罪者を吊るし上げればそれでいいというつもりかね。

その「犯罪」を見逃してきたのは誰でしたっけ?

あなたは相談を受けているはずですよ。

自分さえよければそれで良いというあなたのようなスタンスが場を腐らせるのです。
 

[231]大村 浩一[2009 03/24 22:28]よだかいちぞう
>>228 白井さん
 発言、読んでおります。
 特にセクハラやレイプの件は取り扱いがデリケートな面はあるかと
思います。これは本当に。
 実際にその被害者に対して、奥主さんと対応した経験はあるので。

 でもそれ以外の件はケースバイケースで切り分け可能かと思います。
 名前出しちゃっていいんじゃないですかね。やった人の。
 正直言って勿体つけるような名前かよと思った。それで人生終わりって
話でもあるまいし。身から出た錆なんだから尻拭いぐらい自分でしろって
思った。
 あと以前に片野さんと白井さんが言っていたリンクの件、掲示場所とし
て私のサイトも提供できます。
 

[230]虹村 凌[2009 03/24 14:52]白糸雅樹大村 浩一白井明大
あーいや、何が言いたいってレイピストにも無自覚なのがいるだろう、
と言うただそれだけなんだけどね。すまん。
 

[229]虹村 凌[2009 03/24 14:52]白糸雅樹北村 守通
和姦じゃない姦淫がレイプである、と定義付けると、
無自覚なレイピストも多くいると思う。
例え知り合いの女だろうが男だろうが、合意がなけりゃレイプは成立する。
俺はそう考えている。これが一般的な考えかどうかは知らない。

肉体的レイプにせよ精神的レイプにせよ、自覚があってやるような奴は、
さっさと去勢するべきだと俺は思っている。
しかし、無自覚である場合、それは本当にタチが悪い。
 

[228]白井明大[2009 03/24 11:37]白糸雅樹イダヅカマコト
奥主 榮さん
>>224拝読いたしました。
おっしゃるとおりだと思います。
懸念しておりますのは一つに、立件にはおよばず、でもたしかにいやな思いをする性的ないやがらせというものが、伏せられ、くりかえされることです。どうしたらいいのだろうと、難しく思いながらも、こうしてみんなで話をしていくことが、何か実になることを願っております。そして反面、公の場で、こうしたことが語られるだけでも、心に苦痛を感じる人がいらっしゃるということを、忘れないでいようと、改めて、奥主さんの書き込みを拝読して思いました。

白糸雅樹さん
>>225 >>226拝読いたしました。
犯罪にかんしては、私からこの場で申し上げることはありません。この場は、そうしたことを解決する場でないように私も思っております。奥主さんがおっしゃるように、それは、司法の場で解決されるべきことです。

またハラスメントにかんして、おっしゃいますように、

>「ハラスメント」は、加害者が、それが加害であることを認識していない場合がしばしばあります。そういった無意識の加害者に、「これは加害なんだよ」と問題にすることをとどめているわけではありません。

という問題意識が、私はこの場に必要とされ、またこの場で大事にすべきことではないだろうかと感じております。糾弾するのではなく、くりかえしを防ぎ、だれもが詩を安心して楽しめる場にしていくことが、大事であるように思うものです。

そして、

>被害者には、話す自由も、話さない自由もあります。話さないことで、次の被害がうまれても、それは加害者の責任で、被害者の責任ではありません。

本当にそのとおりだと思います。

「聞き込み」というものはいたしておりません。そんなことをできる権利は、私にはありません。
話したくなければ、話さない自由がある、ということは本当にそのとおりなのです。

ただ、この場での私のことばが過度であり、そうした心配をいだかせるものであることを、もういちど胸におき、考えさせていただきます。

       *

これもまた危惧いたしますが、糾弾の場にならないように、じぶんを戒めておきたく思います。
だれかのことを糾弾して、それで解決する問題ではないだろうと、感じております。こうした場で、「加害者」とされる人を弁護する人が現れることは稀です。それは糾弾ではなく、排斥になりかねません。排斥された人は、どこへも行けなくなります。

>私の場合、そうした噂は主に記録に残らないチャットなどで流されていたため、自分の潔白の主張のしようもなく、ただ噂だけが広がりました。

という奥主さんのことばには、噂を受けた者が、その噂に対処しようがないことを教えられます。
 

[226]白糸雅樹[2009 03/24 05:25](1+1)/4Погэ / POGE / ぽげ白井明大イダヅカマコト
 補足。「レイプ」と違い、「ハラスメント」は、加害者が、それが加害であることを認識していない場合がしばしばあります。そういった無意識の加害者に、「これは加害なんだよ」と問題にすることをとどめているわけではありません。
 

[225]白糸雅樹[2009 03/24 04:54](1+1)/4北村 守通白井明大渡邉建志木屋 亞万イダヅカマコト石畑由紀子
 論戦したいわけではないのですが、ひとつだけ不安になったことがあるので書きます。

 このフォーラムに、加害者となっている方がおられるなら、そして加害を続けておられるなら、私も、許してはおけないと思います。まして、レイプなどの犯罪が行われたなら、加害者との交友は絶ちたいし、その為に、誰であるかあきらかにしてほしいとも思います。

 でも、思うのです。加害者を特定する為の作業が、被害者探しになってしまって、あらたな被害を生まない為の作業の筈が、セカンドレイプになってしまうのではないかと。それが怖いです。不安です。

 私は、ネット上の交友関係ではなく、深夜の路上で見知らぬ男からレイプされたことがあります。そのことを親は知りません。(夫(当時は恋人)には被害を受けたその晩に話しました。) 知らないまま、深夜の路上をうろつくことを、無防備だと非難します。心配のつもりの言葉が、私には痛いです。

 私は、この先も深夜の路上を歩くことをやめないし、それでまた被害を受けるとしたら、加害者を憎むのとは別に、自分自身の傷は覚悟して歩くつもりです。このフォーラムが深夜の路上だとまではいいませんが(もうちょっとましなサイトで街灯くらいはあるし昼の道でもあると信じていますが)、ネットというのはおおかれすくなかれ路上に似ていると思います。

 利用者がより安全に利用できるよう、また、ハラスメントや、万が一レイプなどがここの交友関係で行われたなら、被害者の方が安心して告発できる体制を作ることは必要だと思うのですが、被害者の方を、さらに傷つけるような「聞き込み」だけはやめていただけないでしょうか。

 勿論、被害者の方が、それを打ち明けたいにも関わらず、誰にも言えずに苦しんでおられるなら、それには耳を傾けたいし、また、人に言えないことがあるというのはそれだけで苦しいものですから、信頼して打ち明けられる人がいればいいな、と思うし、私自身も、たとえ、聞くこと自体が重い話であっても聞くつもりはあります。白井さんや大村さんが、そういう意味で、被害者の方の相談に乗ってあげておられるなら、いいな、と思います。

 私の話をすれば、私は結局私をレイプした男を特定することができませんでした。ですので、その犯人はいまものうのうとしている筈です。そのことで、犯人が、「こうすれば深夜の路上で女をものにできる」と思ったのではないかと、次の被害を誘発したのではないかと、今でも罪悪感を持っています。でも、夫が最初から全部相談に乗ってくれていたので、ずいぶんと罪悪感を緩和されました。

 被害者には、話す自由も、話さない自由もあります。話さないことで、次の被害がうまれても、それは加害者の責任で、被害者の責任ではありません。
 

[223]大村 浩一[2009 03/24 00:13]
>>219 じゅりさん
失礼しました。いささか言葉が過ぎました。
話し合いスレにも書きましたが、ご指摘の部分はとり下げさせて頂きます。
お許しください。

それにしても、詩の魅力を伝えていくべき人たちがこんな有様では。
こんな風な反発も買うわけだ。情けない…

私としては、とりあえず3人までは分かった。
名前を伏せたまま事態が進行するのは、相互不信を広げるだけの気がする。
実際聞くまでカン違いしていた人も居たし。
別に模擬裁判をする積もりもないが。
伏せても伏せなくてもここを掻き回したい人の思うツボって気がして、
それがいまいましい。

>>221 構造さん、なんだか重くて画像が開けられないよ。
 

[222]PULL.[2009 03/24 00:09](1+1)/4佐々宝砂
# >>221
# 構造さんPOGEさんへ…。
# 失礼を承知でお願いします。
# 現在こちらで話し合われていることをうやむやにしたくないお気持ちがあるのなら、
# いますこし「戦術」を考えていただけるとありがたいです。
# 変えろと言っているのではありません。
# 考えていただきたいのです。
#
# 身を切って話されている方々の思いを無駄にしたくないんです。
# 何とぞご理解いただけますよう、
# 伏してお願い申し上げます。

 

[221]構造[2009 03/23 22:26]

[220]PULL.[2009 03/23 15:37]白糸雅樹
# >>219
# じゅりさんへ…。
# まことに失礼なお願いなのですが、
# 今はそういった話題は「話し合いスレ(↓)。」でやってはいただけないでしょうか?。
# http://po-m.com/forum/threadshow.php?did=181381
#
# 現在、
# こちらのスレで行われている議論を、
# できるだけ混線混乱させたくないのです。
# 普段のこのスレの状態であればこんな失礼なお願いはもうしません。
# もちろんじゅりさんの話されていることが「今の議論」と関係があるのも承知しています。
# それでもやはり今はこのスレを集中させたいのです。
# 何とぞご理解のほどお願いします。

 

[218]たもつ[2009 03/23 08:57]北村 守通木屋 亞万Погэ / POGE / ぽげ大村 浩一れつら
如何せん具体的な情報がなく戸惑ってます。
被害者の方がおられる、という微妙な問題なのでここで真実を晒すことが憚
れる、というのもわかるし、扇動に乗せられて真実を晒した人間がババを引
く、なんてのも嫌だ。
ただ、もし加害者の人間が僕と親交のある人物なら、そんな下劣な人間と
は、その親交を断たなければいけない、とは思ってます。
僕のような力もない人間と親交を断たれたところで、どうということもな
いのだろうけど。
 

[217]渡邉建志[2009 03/23 07:46]
#>>211
#大村さんへ。おっしゃっている「ハラスメント」以前の「スキルの伝承」の時点で少し違和感を覚えたので、別スレに思うところを書きました。お読みいただけると幸いです。ハラスメントそのものについて語るのではないので、流れを重視して場所を変えてみました。sage
#http://po-m.com/forum/threadshow.php?did=181381

 

[211]大村 浩一[2009 03/22 17:05]
>>210 白井さん
 状況はようやく分かってきました。
 こっちが仮装までして宣伝して歩いてるのに(片野さんにゃ却ってメーワクだろーな)、
銃後ではミョーなコトになってたって訳ですかね。
 今のアタシは別にスタッフでも何でもないですが。ただの平民のバカですが。

 今回の件、放置すればなおさらゲンダイシが世間に曲解されていく要因になりかねない。
 程度にもよりますが。「話せば分かる」程度のモノも多いと願っておるんですが。
 重大な件で身に覚えのある方は、責任を果たす意味で詮議は避けられんでしょう。

#渡邉さん、じゅりさんの指摘で、不適切な1行を削除させて頂きました。
#ご気分を害された皆さん、お詫び申し上げます。
 

[210]白井明大[2009 03/22 01:20]北村 守通渡邉建志Погэ / POGE / ぽげイダヅカマコト
後藤和気比良さん
>>201のご発言、どうもありがとうございます。
つらいことを言葉にするのは、もう一度つらさを味わうにも等しいことです。それをこうして公にしてくださったのは、勇気の要ることでしょう。大事に拝読いたしました。
私信など他の人の目にふれないところで理不尽な目にあわれてきたのですね。とても悲しいことです。

私のほうでも、調べてまいりましたが、問題の所在がいくらか明らかになってきたように感じております。

まず、何らかのセクハラ等の問題が私信やチャットなど現代詩フォーラムサイト内のシステム上で起きた場合、会内に解決する機関/手だてがないことが、いかに泣き寝入りを生んでいるかが、よくわかりました。(無論、ただでさえ負担のかかっているたった一人の管理人さんがその役を担うべきだと言うつもりは毛頭ありません)

次に、後藤和気比良さんは賢明にも相手の名前を伏せていらっしゃいますが、私のほうでも、常習者と思わしき人物がある程度把握できてきております。
今の段階で、個人名を挙げようという考えはありませんが、複数の証言を得ております。

また、私のほうでは、セクハラを越えた、こうして書くのも悲しむべきことですが、レイプ事件に関することは存じません。
他の会員のかたで、御存知のかたがいらっしゃるようです。その件に関しては、私には申し上げることが現時点でできない状況です。

       *

こうして考えますと、外部に注意をよびかけるサイトが設けられた際に、現代詩フォーラムがそのサイトにリンクを張ることが可能だとおっしゃる片野さんの提案は、非常に重要なように思われます。

また、後藤和気比良さんがおっしゃるようなできごとが、今後万が一にも私信やチャット等の会内、あるいはオフ会等において再発した場合、この場でどのような手だてをとることができるか。あるいは、公的な機関に連絡するパイプをどのように設けるか。といったことを、議論・検討しておくこともあながち意義のないことではないように思われます。

自己責任で済むのなら、セクハラは社会問題にならないはずです。

考え得るところから、考えていくべきではないでしょうか。
 

[209]北村 守通[2009 03/21 17:55]
>201

 拝読させて頂きました。
 私信機能によって嫌な想いをされた後藤さんのお気持ちお察ししますし、『私信に対しては口出しできない』という片野さんの立場も理解できるつもりです。
(その例として、嫌がらせ電話に対する対応方法などが挙げられるのではないだろうか、と考えています。電話会社は嫌がらせの電話を掛けてくる相手に対して直接的な処置をとること、およびその権限はないと思いますから。ただし、司法の力等を通じて判断材料とする場合はその情報について開示してくれると思いますが。)

 ただ、私信機能が電話番号と違っているのは電話番号は個人の意思で電話加入権を購入したものではありますが、私信機能はそうではない、ということにあるかと思います。フィルター機能という機能はそうした個人での防御壁だとは思うのですが、私信機能につきましては入会の際にオプションとして希望する、希望しない、という選択があってもよいのかな、と思ったりもします。(まぁ、ここの辺りはシステム関連スレに触れるのかもしれませんが)私信機能をなくすわけではないですよ。個人によって選択できる選択肢を作っておく、ということです。
 

[208]PULL.[2009 03/21 17:48]
蛾兆ボルカさんへ…。

スレオペとしての見解というよりも、
言い訳と謝罪をあちらのスレに書きました。
続きはあちらでお願いできないでしょうか?。
どうかお願いします。
 

[207]片野晃司[2009 03/21 14:10]
>>206 まず中傷である可能性の有無については具体的な事例と前後関係がわからないとなんともいえません。一般的に、相手を貶める用語が含まれることで、中傷の可能性を第三者でも推測できる場合もあれば、本人以外ではよくわからない中傷もあるでしょう。

挑発については、その文章が挑発を意図しているかどうかは僕にはよくわかりません。僕自身、挑発されているのかどうか読めない人間ですし。その文章が挑発を目的としているのかどうかは判断がつきません。ただ挑発、煽りという行為の意味はわかりますので、そういう発言はコミュニケーションひいてはコミュニティ全体にとってマイナスだろうとは思います。だから>>197のとおりになります。
 

[206]山田せばすちゃん[03/21 12:54]
管理人様

管理人様が弁別される「挑発」と「中傷」の相違点は
「俺様は偉い(だからお前はダメ)」と「お前はダメ」だと認識しておりますがそれでよろしいでしょうか?
 

[197]片野晃司[2009 03/21 10:36]
>>196 挑発は禁止項目ではありません。ローカルルールに触れない範囲において、挑発はだれでも自由に現代詩フォーラムに書き込むことができます。

もちろん、挑発、煽りについて、好ましいと思っているわけではありません。可能ならそういう不快な書き込みがないのが望ましいのですが、ルール化できないだけです。
 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 
 
スレッドを新規に作成したり、コメントを書き込むにはログインが必要です。
Home
0.44sec. ver 050714.4.0
スレッドニュース

現代詩,詩,poem,comic,掲示板,投稿,本,詩集,CD,DVD,出版,音楽,短歌,俳句,印刷,芸術,漫画,アート