宿題や{ルビ夜長=よなが}消しゴム転がす子 🎲

小鳥来て本のページに影よぎる 🐦

瞬時{ルビ翔=た}つ{ルビ白鷺=しらさぎ}{ルビ魚=うを}を{ルビ瞳=め}に{ルビ宿=やど}し

野良 ....
背後にひとり立つ木の葉群から 
夏の終わりの蝉の鳴き声…ふりしきる
路面を歩いていると
ふいに 涼しくなった

見知らぬ誰かが
水をまいた道だった

私は、気づいていたろうか
いつの ....
時は令和元年9月23日月曜日  
神宮球場ナイトゲーム

8回の表 
試合は佳境にさしかかり
引退を心に決めた阿部選手の同点ホームランで
(球場内はどっ、と湧き)
続く若手・大城選手の勝 ....
菊散りぬ咲きてし頃の絵の横に

とんぼ追ひ児が思ひ出の夢に消ゆ

うたゝ寝に消えて聞こえて虫の声

閉ぢし窓{ルビ秋風=あきかぜ}ひとつ逃げ遅れ

飛ぶ鳥の{ルビ羽=はね}赤く染め秋夕 ....
季節は流れ詩は座礁して
はるか太平洋の真ん中の島に流れ着くだろう

いきることが何かの証明ならば
返す言葉がつまづいたままでいきてゆこう

あるいは人生に返す言葉を紡ぎながら

座興だ ....
今からおよそ千年前の一夜
俺は童貞を喪った

男にも純潔はあるんだ
女性だけのものではない

男だって
一途に思う人の為に
男の操を守るのは
称賛されなくてはならない

ただその ....
(こども を
 産みます
 か ?
 産みましょう
 いいえ、 いいえ……)

枝葉の陰ひそか、

 戦っていたことをおもいだしてしまうから
 平易なことばに紐解いてください ....
夜が深まっていく
連絡がつかない、繋がらない
隣室ではコツコツと壁を打つ音、間欠的に
遠くの森を手を繋ぎ歩いた愛娘は
青春を謳歌しているだろうか、今頃

夜が深まっていく
オレンジジュー ....
光溢れる
今日という日を
歩いていく、人人人
何の目的もなく
何の行先もなく
ただ新しい出逢いを求めて
一回限りの生を燃焼させて

そうだったらいいのになあ
そうだったら素敵なのにな ....
僕達の関係なんて、
たかだか青い春でしかなくって、
赤い糸なんて微塵も感じなかった。

ただそれだけだ。

花が咲いて、風に吹かれて、ただ枯れゆくように、
希薄な儚いものでしかなかった。 ....
耳を塞いで
音楽を聴いている

心をいっぱいに開かないと
聞こえてこないメロディ

やさしさ
とか
愛しさ
とか
切なさ
とか
刹那さとかが
入り交じって
この胸の奥底から ....
持ちきれないほどの
暖かい気持ちが
なんどもなんども老いたミュージシャンの胸を
叩き割ろうとしたから
とても遠いむかしのような
白い霧の朝のニュースを止めてでも
真空管ラジオに乗せ ....
海に潜り
息を全部吐き切って
胚を空にすると
体は砂底まで沈む

水が冷たくなって
辺りが暗くなって
とても怖いんだけど

そこで仰向けになって
見上げる海面の
美しさと言ったら ....
ひとつ舞ふ{ルビ秋蝶=あきてふ}にふと立ち止まる

{ルビ児=こ}の紙の飛行機濡れて{ルビ秋雨=あきさめ}に

虫の{ルビ音=ね}や深夜の窓の{ルビ隙間=すきま}より

独り鳴くツクツク{ ....
蕩けてしまった君の体温を
両手でかき集めようと、
必死にもがいたって、こぼれ落ちる。

そんなものを僕はもう、
忘れてしまったのかもしれないね。

記憶なんて、きっとそんなもの。

 ....
互いから目を反らすため見るテレビテープを貼った風船に針

見開いて水に倒れた金魚の目土葬にした日の絵日記帳

酒が止み雨に酔ったら{ルビ螻蛄=ケラ}の声死ぬまで愚直に夢を掘り

四十万にも ....
今日の地球は輝雲の塊り
夥しい雲を集めては流し込み
遠去かっていく、巨大な星の地平線

)僕は今日という日に何を求めていただろう?
)今となってはすっかり忘れちまった

ただただ絶えず吹 ....
詩の言葉を置くことは
一つの救い
わたしがあなたが
不安に恐怖に脅えていても
詩はわたしをあなたを守ってくれる
その細やかな細やかな律動で
二度と反復され得ない
真新しいビートを刻んで
 ....
どんどん
ときを重ねるごとに
きれいになってゆく
心であると
信じたい

源泉より
大いなる
水を
掬い
飲み
おのれと
とりまく世界を
救う

激しい雨がふる
わ ....
          révisé et posté encore


 極夜の{ルビ惑星=ほし}

 地を這う花々

 争う蝶たち



 眠る海

 砂丘の{ルビ焚書=たき ....
命、光輝く
命を生け贄として
幸せ、花開く
不幸せを養いとして

どんなに喜びの深い海にも
一粒の涙が
溶けていないということはない










*谷川俊太 ....
青空が映り裏向く{ルビ蟬=せみ}の目に

蹴る前に空き缶倒れ秋の風

底深き花瓶に{ルビ挿=さ}せり菊一輪

{ルビ覚=さ}むるまで父が握る手{ルビ大文字=だいもんじ}

帰り道{ルビ ....
街角を曲がる影濃し夏の蝶

{ルビ深夜=みよ}の風{ルビ眠=ねむ}る{ルビ風鈴=ふうりん}避けて落つ

泳ぐ{ルビ彼=かれ}少年の日の我に似て

たまにあふ仔犬や夏の小公園

{ルビ波 ....
インクが撫でた光の乾きの
震えた手つきを、密かに分断して直線の
幾何学性を拒んで、横たわる音階を
戻して唇を開き、浮かべた張力は
眠った雀、そことここで
それ(ら)は私(たち)

半径で ....
こころ
清らかである為に
物を書いている
努力も
先天的に
こころ
清らかであるひとに
笑われる
かも
知れない

つい最近まで
わたしは
生きているのか
死んでいるのか
 ....
山の斜面の墓地を巡り抜けて
今朝 風は女を装う
澄んだ襦袢が電線に棚引いて
蝶たちは編むように縫うように

ぎこちなく鉈を振るう
季節の塑像が息を吹き返す前に
キジバトの影が落ちた
泣 ....
いのちの虜
ただ
生かされている
というだけで
そのことに
夢中に
なっている

書いては消し
書いては消し

くりかえし
こころ
透明になるまで
彫りすすめるように ....
朝の紅茶はダージリンと決まっている。夜の網膜に色を乗せた絵筆を洗うとちょうどこんな色になるのだろう、ミルクを垂らすと渦を巻いて濁ってゆくその錆びた鉄の色は、ひと欠片の躊躇いも示さずに透明を手放し、トク .... 静けさが鼓膜に当たる
しとん。と打ちつけるひとりの音
風に耳をつけるたびに聴く
傍らに佇むような誰かの鼓動

暗やみを角膜が吸い込む
ひたん。と拡がるひとりの気配
窓辺に佇むと街灯が眩し ....
赤ちゃんは
ありったけの
激しさで泣いて
海から生まれる

きっとありったけの
感謝の言葉を忘れないうちに
はき出している
ずっと海の底で思っていたことを

暖かな海に抱かれて ....
由木名緒美さんのおすすめリスト(2783)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
無くしたものを探して- 森田拓也俳句11+*19-9-26
蝉の声- 服部 剛自由詩519-9-25
神宮球場の夜- 服部 剛自由詩119-9-25
夢は夢のままで- 森田拓也俳句10+*19-9-14
オニヤンマ- 梅昆布茶自由詩1219-9-12
今からおよそ千年前に- こたきひ ...自由詩419-9-11
雨待つ木霊- 来世の自由詩219-9-10
記憶- ひだかた ...自由詩1119-9-10
光溢れる人人人- ひだかた ...自由詩5*19-9-9
感情の極彩- 都築あか ...自由詩219-9-4
耳を塞いで- こたきひ ...自由詩7+19-9-4
ブルーな歌がブルースというわけではない- 秋葉竹自由詩1019-9-4
光の窓- ガト自由詩8*19-9-3
異界の果ての少年- 森田拓也俳句12+*19-9-2
明るい夜- 都築あか ...自由詩519-8-31
まねごと――悲哀のもどかしさ- ただのみ ...短歌4+*19-8-31
今日の地球- ひだかた ...自由詩619-8-31
詩を書くということ(改訂)- ひだかた ...自由詩919-8-30
激しい雨がふる- 田中恭平自由詩1019-8-30
旅行紀- 墨晶自由詩5*19-8-26
命、輝いて*- ひだかた ...自由詩10+*19-8-26
空が青いとき- 森田拓也俳句10+*19-8-20
夏の終わりに- 森田拓也俳句17+*19-8-4
うたたね- survof自由詩11*19-7-31
こころ- 田中恭平自由詩219-7-30
水源地- ただのみ ...自由詩4*19-7-28
いのちの虜- 田中恭平自由詩319-7-26
うつつ- survof自由詩9*19-7-25
ことばだけが夏に欠ける- かんな自由詩819-7-24
海に生まれて- 丘白月自由詩219-7-23

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「無くしたものを探して」から「海に生まれて」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。