駅の、白いホームに
ひとつの別れがあって
あなたのわらい声が
おだやかなかなしみをよぶ

目を合わせられない
愚かしい私のことを
あなたはいつもより優しく
慰めてくれている

...
秋の
夕べ
芝生

虫の
ねいろ
隠す

笑い
声の
渦に

とまる
赤蜻蛉に
かぜ

虹の
噴水
ながめ

公園の ...
人生は
一日一日を
いかに大切に
生きていくかに
尽きるようだ

自分が
一日一日
何を
どう考え
生きていくかだ

入ってくる情報に振り回されてはいけない
人まねではなく人 ...
 「これでいいのだ」って思うか?
   それとも「これでいいのか?」って疑うか?

               ──大槻ケンジ








月を消しまた月{ルビ描=ゑ ...
あゝ、神になってしまった。
いや、オレが自分で言っているのではないんだ。
《データ》ってぇのがあって、そこの

秋葉竹さんのデータ

他人の詩は・・・ 究極読詩神 [100%] ...
ふたりの娘へと私と妻の遺伝子が繋がって
親と子供の絆が結ばれた

それは命の鎖
けして切れたりはしない筈だ

その関係は
偶然か
必然だったのかは解らないけれど
一つの家族になれた
...
少しずつ暑さは何処かに消えて
秋めく気候が顔を出す

薄い季節から
濃い紅葉の季節に
移り変わっていく

秋の空が広がって
気温が徐々に下がって
山々が賑やかになる

秋めいてい ...
がおがおやって居ると
先生のビンタが飛んで来る
ここは深い森で
獣の香りが匂って来て
辺りには静寂が漂う
探検隊の隊員は気を引き締めるために
がおがおするをの止めた
先生と呼ばれて居る
...
自覚がないというのは空恐ろしく
左の足を引き摺っていることも
左の目から流血していることも
認識していないと声高に謳う君の
声がボクに届くことはない
その右の小指は後もう少しで
天の縁に届 ...
雲の声を聴こう
生誕40分の
白さしか知らない真っ平らな愛情のような
幼なさをかたちにした

雲の声が聴こえる
はずもないのに
いつのまにか助けてくださいと言いたかった
約束の時間 ...
なぜ君が笑うのか
分からないから僕は切ない
君と見た夕日を思い出せない僕には
君を見つめる資格は無いのかもしれない
だから僕は架空の夕日をつくり
架空の許しを高利で借りる

朝日が昇る交 ...
〇 {ルビ雨粒=あまつぶ}を身に凝らしめて{ルビ群舟=むらふね}の{ルビ羅摩=かゞみ}の舟の{ルビ吊舟=つりふね}搖るも

〇 {ルビ蝸牛=まひまひ}の角も{ルビ軟=やは}らに伸び縮み右に左に{ル ...
まだ暑い初秋の風は
それでも違っていて
待ちわびた涼風が吹き
酷暑が去ったことを知る

なのに微かに夏を
惜しむのはなぜだろう

幼き頃好きだと
毎日言う女の子を
私は無視し続けた ...
ねぇ、インターネット。君がそんなに悪いだけのやつじゃないことを、僕は知っているよ。
君がみせてくれた優しさや楽しさを、僕は忘れちゃいない。忘れるもんか。
君がいなかったら、僕は今とは全然違う僕にな ...
海にしずむ夕日が見たいと
思いつくままの終着
さびれた干潟の防波堤に
ぶら下がった
 足と あし

 秋の薄い日なたに
 両手をついたコンクリートは温む

(私のつま先は冷たく)
...
何か表情を造れと頭の中で壁を掘る音がする。明日は、
無防備にも開けっ放しだ。ネッカーの立方体を宙に浮かべ、立場性、二重性
というよりも立方体があるそのままを。その頃、
バス停では男女が夜を待って ...
あんなに輝いてたあなたの笑顔が

徐々にぼやけていく

あんなに心地よかったあなたの声が

段々小さくなる

あんなに締め付けられたあなたの言葉が

遠ざかっていく


それ ...
自転車で二人乗り
映画みたいには
うまくいかなくて

悔しそうに降りた
男の子の肩を
女の子が押さえる
数秒間の

無造作な仕草が
優しく見えて

きっと人は
寄りかかりたく ...
ラーメン

ソーメン


風信子(ヒヤシンス)
漆黒の羽を広げ
詳しく私の望まれない欲を
聞かせてよ

『バサバサ』と
言いたかったのでしょう?
曇りの空からは
希望のひとかけらも作られないから

誰にも抱きしめられず ...
心を研ぎ澄まし
硬く
固く
堅い
爆弾のような石 / 意思 を
ここに置いてみよう
少し離れて見ていると
バンッと
爆発しないかな

丸い石
角張った石
欠けた石
...
夜闇に目覚めて迫る闇の奥

闇蠢く無の充溢に襞重ね

襞を折る無名の漆黒生動し
○「男と女」
男は未来志向
これもしたい!
あれもしたい!
女は思い出志向
これもあった!
あれもあった!

○「国会議員の先生方へ」
人柄が信頼できない人に
国の舵取りを任せられ ...
紅い服

グレーのスカート

緑の荒野

社会的なこととセックス

腕立て伏せの回数だけ距離をおく

首にまわした手

したいのにさせてくれない

運転中くちにふくんでくれ ...
私は聴衆の前で演説をしていた。党の偉大さについて語ると聴衆は喝采を送って来た。党の綱領に従順であれと説くと聴衆は感激した。だが私の言いたいことはそれだけではない。私はもっと人間の本質について語 ... 春は花で彩られ

夏は太陽で焼けつき

秋が九月の雨ではじまる


酷暑で疲れた体に

適度な気温と湿り気が

気持ちよい


夏の暑さで狂った自律神経が

正常に戻っ ...
へんなんだ砂漠ネズミが小さな村でなんでヤモリを笑えず笛吹く




いま、ここのうたは、ほとんど目を通してるんじゃないかなぁ。
だから、このオレ様は、こんなことをしてもいい筈。
うそ ...
ファーラウェイ

とおい窓

ゆくりなく手を

のばしてみても

わきあがらない


とまどいやあこがれ

ゆくえも知らない

ここはほんとうに

大海原なのかな
...
光の音がする
水辺には
妹/弟の骨片
だらしがないけだもの
半分になった影の
ともだち

神様が
水滴の様な世界を
たなごころに乗せ
笑いながら
右に左に転がす
時折眠たそうに ...
もはや何のための投薬かも分からず
もはや若返ることも老いることもなく
薄っぺらい岩の航海日誌に日々刻む
もはや何光年先で何光年来たかも分からぬ
次には何に生まれ変わりたいとか
憂鬱が晴れたら ...
日付順文書リスト
タイトル投稿者カテゴリPoint日付
えいえんのつみ立見春香自由詩218/9/22 10:13
白蛇犬絵自由詩418/9/22 7:54
生きるホカチャン自由詩218/9/22 7:43
秋に聞いた話森田拓也俳句5*18/9/22 6:50
えっ?神?そうか、かみだったのかぁ。秋葉竹散文(批評...918/9/22 6:34
娘からこたきひろし自由詩418/9/22 6:09
秋めく夏川ゆう自由詩118/9/22 5:11
月と気分間村長自由詩7*18/9/22 0:35
まだ見ぬキミよ坂本瞳子自由詩3*18/9/22 0:11
にんげんよ秋葉竹自由詩518/9/21 22:35
僕の地点から福ちゃん自由詩218/9/21 21:47
蝸牛の角も軟らに孤蓬短歌118/9/21 21:46
初秋の風はしょだまさし自由詩318/9/21 21:27
さよならインターネット水宮うみ自由詩4*18/9/21 21:24
象潟で吉兆夢自由詩418/9/21 20:57
郵便ポストの真意空丸ゆらぎ・...自由詩718/9/21 19:56
時が過ぎても文字綴り屋 ...自由詩2*18/9/21 19:56
優しい温度ミナト 螢自由詩318/9/21 19:25
冷や麦柔刃自由詩318/9/21 18:21
闇のさかのうえ秋葉竹自由詩1118/9/21 17:04
爆弾を置く / きっと爆発するbeebee自由詩11*18/9/21 14:51
ひだかたけし俳句618/9/21 13:25
独り言72集      ホカチャン自由詩118/9/21 9:50
或るランナーペペロ自由詩218/9/21 3:49
尊厳葉leaf自由詩118/9/21 2:20
これからの秋st自由詩718/9/21 2:12
へんなんだ砂漠ネズミが小さな村でなんでヤモリを笑えず笛吹く秋葉竹散文(批評...318/9/21 1:44
ファーラウェイペペロ自由詩418/9/21 1:06
それは水の中を流れていたネン自由詩2*18/9/20 23:14
腰国改修自由詩1*18/9/20 21:17

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 
加筆訂正:
約束/葉山美玖[18/9/21 19:50]
2018.9.21 改稿
0.08sec.