何となく過ごしている
何となく仕事している

鏡に映った顔が
元気なオーラではなく
少し濁った感じ

ストレスが消えれば
元気な色に変わる
見た目も変わる

鏡に何でも映り込む
...
        歩いている    
        ヤツが
        通りを歩いている
        誰もが指を指している
        誰も ...
何も死ぬことはなかった
あなたも
あなたもあなたもあなたも

何を待っているのか分からぬまま
もうずっと
砂をかけ続けている
 
 追いかけては払い 戻され
       血の渦が逆流する
 沼地に咲く菫 六月の花瓶
   雑草をなめる一匹の小羊よ
睡る白い乳房の傍らに
  ときに割れた皿で心臓をえぐり
手相が ...
天国よりも綺麗な世界を見つけた

生きること、すべてに夢中で気づかなかった
わたしの帽子を拾ってくれたのは
他でもないあなただった
定年を理由に整理解雇されてから失業者になった
無職という存在になってから
十ヶ月近く無為に過ごしてしまった


その間社会から必要とされない人間になってしまったという思いに苛まれた

月 ...
どうせ死ぬんだからさ
生きている間は楽しまなくちゃね

そんなの誰だって思うことだけどさ
現実は
この世の中楽しめる事より
楽しめない事の方が断然多くてさ

たとえば
セックスなんて ...
耐えきれないことを冷蔵庫に押し込んで
明日の朝になれば食べごろになったりして
そうやって生きていくそうやって目を覚ます

多くの間違いのたったひとつだよ
また増えても大丈夫


消 ...
この温もりを
凍らせて保存できる冷凍庫

それがあなただった
 
 今夜の、月は、何処へ、行ったろう。

  もう、見えても、いい頃、なのに、

 星も、ある、飛行機だって、飛んでる、それなのに、月は、
最後ハ僕ガ星屑ニナル
邪魔スル重力
全テノ言葉ヲ捨テタ
体ハ透明ナ換気扇
皆ガ眺メル夜空ヲ
唄ニシテ残セル人ヲ求ム
此ノ宇宙ニハ使エル
魔法ガ何モ無イカラ
 
 小さな、子どもの、ように、甘えて、泣きじゃくりたい、夜、

  そんな時、私は、月を、見上げます。

 ああ、もっと、強く、ありたい、ただ、ただ、そう、思います。
あらゆる
感情を捨て
詩の
ふりくるのを待っていると
寝室は
こんなに広かったっけか

考えている

星巡りの歌

想い出しつつ
窓の外
雪に
恋焦がれる
この郊 ...
ひっ算を宙に書き、あの子は何やら計算中。
恋の公式を利用して、成就の確率を計算中。
人生はなんて豊かなんだろう。

昨日は、あんなにもいい日だった。

記憶を引きずることなく過去を全てしる者。

君が笑えば、私も笑う。

大いなる全体となった私は、

宝石を花の上 ...
使い捨てカイロを落としていく
それは伝えられなかった言葉
それは多く貰い過ぎた釣り銭
行き場のないものを踏み締めるのが
過去だと思って歩いて来たから
足跡はやがて発火するだろう
古いかさぶ ...
おばあちゃんの知恵は生きていて
呼吸をしていて
役に立つ

おばあちゃんが死んで
知恵は知識になった

ある日
知識が空から落ちてきて
若者が拾い上げた

若者は
知識を手に入 ...
 

のぞみは
聖なるともし火ともるリビングで
敬虔な祈りを捧げたいのです
祈りの声は
さらさらさらと、
あの教会へ流れていきます


海のいろがあおく
空のいろもあおく
どち ...
遊べや遊べ わらしべ一本
わらしべ一本 遊べや遊べ
遊びをせむとや生まれけむ

誰もが一本のわらしべ握り
明日は長者か乞食ぼうずか

種もみの実りを待たずさり
中洲で噛みあう ...
はいずりをするきみのお仕事は
周りの人を笑顔にすること。

口の端っこをぎゅっと上げて
上と下に二本ずつ生えた白い歯を見せながら
声を出して笑っていよう。

「そこにいるだけでいいんだよ ...
手をついて立ち上がれば
ママの顔がいつもより近くで見える。

「偉い・偉い。よく頑張ったね。」

きみを褒めるママの隣では
随分前に亡くなったおじいちゃんが
くしゃり。と目元や額や口の端 ...
はいずりをする甥っ子が
何かを目指している。

上半身を起こしつつ
片方の後ろ足を蹴り上げ
前へ・前へと
何かに向かって。

生えたばかりの白い歯を見せながら
「うーっ。うーっ。」と ...
真夜中に目覚めた
砂糖菓子の人形
父親、母親、祖父母、子ども
母親だけが目覚めて
毒薬を飲む

父親の人形に
ナイフを当てると
首は簡単にもげた

祖父の首を落とし
祖母の首を落 ...
日の下の世界はままごと、すべては形式
内容を尋ねども、渇望を知るばかり
徒労の夜をなだめる杯に
仮初めの真理と陶酔が満ちる

いったい、渇きと慰めのほかに
あるいは、地上に注がれた商品群と ...
きみの発する言葉ひとつひとつから
ぼくの体温を感じ取って、
それは甘ったるくて
しつこくて粘ついていて、
どうもぼくの世界には
合わなかった

それだけだったのに
今は無性に味気ない
...
波を押し返そうとするみたいに冷たい風がひっきりなしに吹き付ける二月の海岸には僕ら以外人っ子ひとり居なくて、そのせいで僕たちは足跡ひとつついていない砂の上を多少の引け目を感じながらずっと、アイロニカ ... 楓は老いることで色づくのだと知り

見事だと思った


去年の事



もののあわれといとおかし


桜より梅がいいなと思う

今日この頃






桜が咲 ...
あきまへん
そんなおっきいちんちんでは入りしまへん
あっあっ
痛い、痛い
うちのアソコが
壊れてしまいます
「止めろ!僕のお母さんに何をするんだ!」
「うるせえ、ガキはすっこんでろ!」
...
マスクが欲しい
鼻から口もとまでやさしくおおい
耳にかけても痛くならない
その
マスクがないと
息が苦しい

白くなくても良い
柔らかくなくても良い
耳にかからなくたっていい
穴が ...
 
 月明かり物の怪たちが野球する
  鬼の子どものゲッツー崩し


 毒親を瓶詰めにして海へ還す
  母という字は塩漬けの味


 家族という弁当箱に石を詰め
  崖から突き落と ...
日付順文書リスト
タイトル投稿者カテゴリPoint日付
夏川ゆう自由詩320/2/15 5:34
P CHOMOD自由詩2*20/2/15 4:47
age8いまり自由詩420/2/15 4:15
母の死アラガイ自由詩7*20/2/15 3:41
天国よりも印あかり自由詩220/2/15 2:36
ハローワークにてこたきひろし自由詩320/2/15 1:18
どうせ死ぬんだからさ自由詩420/2/14 23:59
私の間の大きな骨カマキリ自由詩120/2/14 23:42
温もり冷凍庫イオン自由詩020/2/14 21:58
満月。中村遠吠自由詩020/2/14 20:25
星屑のバラードミナト 螢自由詩120/2/14 19:39
満月。中村遠吠自由詩120/2/14 18:08
そらのした田中恭平自由詩620/2/14 17:36
ひっ算クーヘン自由詩1*20/2/14 12:41
黄昏の接吻の走馬灯viraj自由詩120/2/14 11:46
ミナト 螢自由詩120/2/14 9:38
おばあちゃんの知恵パン☆どら自由詩2*20/2/14 8:22
太陽のしずかな雫秋葉竹自由詩220/2/14 4:24
わらしべ帆場蔵人自由詩3*20/2/14 4:21
よちよち梓ゆい自由詩120/2/14 4:17
たっち自由詩020/2/14 2:55
すすめ・すすめ自由詩020/2/14 1:55
砂糖菓子の夜ひかわゆきお自由詩3*20/2/14 0:29
空杯matiri...自由詩020/2/13 23:25
ハッピーチョコレート都築あかり自由詩120/2/13 22:33
あの娘は灰色の中に消えたホロウ・シカ...自由詩3*20/2/13 22:32
春一番が吹いたそうですかば自由詩320/2/13 21:31
お母さんが壊れます花形新次自由詩020/2/13 19:23
マスクわたなべ2自由詩220/2/13 15:40
満月。中村遠吠短歌120/2/13 13:34

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
0.07sec.