ひんやりと肌刺す冷気に我保つ

何故だろう独り静かに此処に居る

ゴォとまた街の彼方が唸っている
〇 {ルビ短毛=みぢかげ}の{ルビ柔毛=にこげ}の駱駝枇杷ふゝむ

〇 鬼の目の{ルビ數多=あまた}睨めて{ルビ吐切豆=ときりまめ}

〇 雲居なる皇帝ダリヤ霞む空

〇 山芋の葉の{ルビ ....
独房の窓から数へ冬の鳥

粉雪と語り待ちびと{ルビ来=きた}るまで

結晶を雪の言葉と解釈す

粉雪が待ちびとの{ルビ来=こ}ぬ{ルビ我=われ}つゝむ

道迷ふ仔犬にぽつり冬の雨

 ....
 火柱を跨ぐ少女や秋白し



 夜ぴって書き終わらないト書きあ ....
{ルビ頬=ほゝ}なづる風に夢{ルビ覚=さ}め冬の朝

火付くれば紙の{ルビ凍鶴=いてづる}溶けにけり

ハロウィンに味噌汁の具と{ルビ南瓜=かぼちや}化す

路地裏や{ルビ儚=はかな}く消 ....
平成にいま二人で見る冬茜 時すこし戻せば香り秋の風

{ルビ廃園=はいゑん}の石の天使に枯葉散る

{ルビ木漏=こも}れ{ルビ日=び}が舞ふ冬蝶の影つくる

放せども{ルビ膝=ひざ}に戻れりかじけ猫

風に揺れ ....
羽釜洗う少し向こう蜘蛛の子跳ねた みかんむく 指はあかぎれ 息白く

いつまでも 柿も熟さず 窓の外

仮装して 子らはゆくゆく 火葬場へ

日本一 野球は知らず 球は○

長き本 永き秋の夜 まだ序文
ピヨピヨと盲人歩く秋空のした 松の枝昇り竜に似て曲がっている ちらほらと柿の葉柿色に染まっている 拾ひたる秋の落葉は{ルビ悲歌=ひか}に似て

{ルビ銀杏=いちやう}散る{ルビ己=おの}が作りし影の上

行く秋の{ルビ名残=なごり}に{ルビ描=ゑが}き今日の空

{ルビ銀杏=いちやう} ....
〇 忍び入る秋の{ルビ守宮=やもり}や{ルビ紙燭=しそく}搖る

〇 半年の留守に詫び無く{ルビ尉鶲=じようびたき}

〇 五つ六つ{ルビ藥袋=くすりぶくろ}に{ルビ零餘子=むかご}摘む

 ....
カマキリが威風堂々道渡る

秋晴れの天に避雷針突き刺さる

蒼穹に風船一つ放たれて
〇 秋の虹入日に照らひ濃く{ルビ著=しる}く

〇 {ルビ山路=やまぢ}暮れとをゝに{ルビ點=とも}る柿あかり

〇 {ルビ暮亙=くれわた}る山の刈田に人の影
鯵/秋刀魚 海鰻/甘鯛 団扇海老

沖潤目 鱓/石鯛 尾長黒

鯒/細魚 鮋/島鯵 目近鮪

夕陽焼 鼻福/眼福 鱈腹途
 本質を語るにはわずかな言葉でいい。
  それを実現するにはあらゆる言葉が必要だ。

              ──ポール・エリュアール







銃声し分からぬ秋の死の理 ....
ひざ曲げて 肉まん食べてる かわいいな ひざ曲げて おにぎり食べてる かわいいな 新妻は義母に会いたし秋高し 故郷の見えなくなりて雁来たり 秋晴れや雲なき空の青深し

汝が静か深まる青に吐息つく

秋深まり君なき夜の銀河濃し
 思い出は振り返る時の
  微笑みでなければいけないのだから

          ──寺山修司






{ルビ何気=なにげ}なく{ルビ木犀=もくせい}の{ルビ香=か}が日々を ....
ヨーグルト 4つ持ってる かわいいな 鈴木さん花野に一つ椅子がある 悪の塵日常のなか世故に舞う 月{ルビ掠=かす}め死角に消ゆる{ルビ夕鴉=ゆふからす}

紅一色わが血で染むる{ルビ紅葉=もみぢ}の絵

蠅が来て昼寝も出来ぬ秋の蝶

虫の{ルビ音=ね}で世が昼忘れ{ルビ夕刻=ゆふ ....
不安のぶん それはやがて ファンレター! 不安のぶん それはやがて ファンファーレ!
俳句
タイトル 投稿者 Point 日付
夜陰の傍でひだかたけし218/11/17 23:24
皇帝ダリヤ孤蓬118/11/16 18:00
新世界より森田拓也7+*18/11/15 17:40
サービスエリアにて発見中田満帆2*18/11/13 10:41
冬を聴くひと森田拓也17+*18/11/12 17:08
ジャングルモックもっぷ118/11/7 22:19
らくがき森田拓也9*18/11/7 11:22
蜘蛛腰国改修2*18/11/3 12:13
俳句もどき宗像現象3*18/10/31 21:56
ピヨピヨと腰国改修018/10/29 12:05
松の枝2*18/10/29 12:03
柿の葉018/10/29 12:00
自閉の症候学、あるいは落下する風景森田拓也11+*18/10/27 22:12
臭梧桐孤蓬418/10/25 21:01
蒼穹ひだかたけし3*18/10/21 14:34
人の影孤蓬518/10/21 7:31
漁港仲程2*18/10/18 23:21
静かな秋の埋葬森田拓也8+*18/10/18 20:40
肉まん菅井亮018/10/15 0:20
おにぎり018/10/15 0:16
すみれ日記 10.15もっぷ118/10/14 21:54
まなうらに1+18/10/14 20:32
秋空ひだかたけし14+*18/10/13 14:08
掠れたきれぎれの詩森田拓也9*18/10/10 16:19
ヨーグルト菅井亮018/10/7 16:31
いたるもっぷ118/10/7 8:28
世故park2*18/10/2 16:14
晩秋森田拓也6+*18/10/1 20:45
不安 part2菅井亮118/9/29 21:04
不安118/9/29 21:03

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 

【俳句】季語を含む17音律「5.7.5」の俳句と、その形式を崩した自由律俳句、無季俳句などの俳句作品のみ受け付けます。俳句批評は散文のカテゴリへ。
0.25sec.