大吉は
大凶を連れて来る
だから油断してはならない
大凶は
大吉を連れて来る
だから絶望してはならない
今朝のラジオ、エフエムつやまのテーマは探しものでした。
僕はパーソナリティのうめだって人が好きなので、うめださんがしゃべってるとこを聞くべく番組表を探していました。
夜勤明けに皆様御存知インタ ...
 すっかりと暗く寝静まった曇り空の下、地の果てまで広がっていそうな、おうとつにうねった都会の街が過ぎゆく景観の中に、透けた自分の姿を電車の窓ガラスが鏡のように映しこんでいる。
 最後尾の車両に乗 ...
暑い夏がすぎた
ころ、
スーパーでは
松茸や
梨、
ぶどう、
秋刀魚が売られている

家では
百均かどこかで買った
ステンレスの型抜きを使って
たくさんの紅葉のかたちの人参を作る ...
(10(テン)月4(シ)日は、てんしの日だって?ふーん)


天使の日


闇の清廉さを
剥がされつつある
このゴミだめの街に
夜明け前
タワーマンションに灯る明かりへ
...
薔薇の下から
少女の唄声が聴こえる


庭の片隅に植えられている
その深紅の薔薇の下から聴こえる少女の唄声は
私にしか届かない
それが惜しいほどに、華麗に、時に遣る瀬なく
...
夜の街に赤い糸が絡みついている。ガソリンスタンドから交番へ、団地へ、駅へ、ことさら明るい信号の数々へ。死も生も絡め取るこの無尽の描線を爪弾いて、絶叫するものがある。絶叫するものがある。絶叫するものがあ ... 針女について語らなければならないだろうか。そんなことができるわけがない。私が言えるのは彼女の舌、真っ青なその上に無数の針が針山のように刺さっていることだけであって、他の何一つも許されてはいない。自分で ... われただたるをしる だれも傷つけたくない
傷つきたくない
底にあるものをつきつめない
ふんわりでいい
うおーっていうのは、なくていい
ひとりのいいねで満たされる

新鋭的な、斬新な
研ぎ澄まされた感覚 ...
愛なんて言葉にしたら軽くなる声にしないとただ重くなり

この世界あの世界へと掛かる橋その欄干に一人佇み

立っている人間だからその分の病の種が蒔かれているよ

結婚は契約だから印押した愛は ...
人は誰でも神からの余命宣告を持って生まれて来たに違いなかった

医者が
例えば治癒の見込みを断たれた末期の癌患者にするみたいに
相手のダメージを推し測り、計算を加えながら
絶望の暗闇に僅 ...
春を待っている

桜道に太陽の光があたり

私はその景色に飲み込まれる

桜は天界の木

深い愛の後の花

春は美しい

神聖な女性性が空間を泳ぎ

安らぎに包みこまれる
...
オプジーボって教科書に載ってないですね

読まなくてもいいんだよ

ノーベル賞なんて台風みたいなもんさ

過ぎ去れば新聞の記事なんか誰も読まないさ
好きだった

北の富士が負けると咽び泣いた
親父の貴の花が
北の湖に勝つと感動で泣いた
二人が私のお気に入りだった

しかし時は流れ
気がつくと
弟子の千代の富士も
息子の貴乃花も ...
キリッとした
秋の空気に溶ける
甘い香りが
鼻を抜けていく

黄色信号のように
足を止めても

子供の頃から
知っている名前
惑星のような
不思議な響きが

美しいものを
...
それは偶然ではない

幾年もの月日を私は棒に振り
自分の事に精一杯でもない日常は
惰性や言い訳にまみれ
耳を澄ますことすらしなかった、
その結果です

おば ...
ここ は
未だに見た事が無い場所 で
す。歩道の ちょっとだ け外側で
はそ
れはそれ は ブンブン
とペーパーが 掻き鳴らして いますの で
掻き鳴らしてますんので
でぼ くはか ん ...
夜の時間
優しくなれる時間
甘い時間
ひとりきりで
拷問みたいに
美しい時間

私たちにはそれぞれ
それぞれ
それぞれ、
同じ部分がある
手を繋げば
寄生虫みたいに
静か
...
昨日の真夜中に

久しぶりに ゴキブリに出あった

コオロギかと思ったら

ゴキブリだった


我が家からゴキブリがほぼ消えて

かれこれ15年

この10年はまったく見てい ...
遠くで鐘が鳴っている
ひんやり切ない秋の日に
何処までも高い青空に
追いかけても追いかけても
決して追いつけないあの場所で
(金木犀の花が軌道を舞い
秋の大気が生まれるところ)

遠く ...
何かどうでもいいことを
左の手のひらに一つ
何かどうでもいいものを
右手の人差指の上に少し

噛みすぎたガムを耳の中に一つ
冷たすぎる水をまぶたの中に少し

はみ出した友達の
後 ...
もし君が死んだ母の世界に行くのなら
貧乏でいつも一輪差しだった
大好きなトルコ桔梗をたくさん渡してくれないか

もし君が死んだ父の世界に行くのなら
カラヤン、ベルリンフィルのような華や ...
濁流に足滑らせ飲み込まれ死んだ子供はダムに流され

怖いもの見たい心で近づいた川の土手から覗いた地獄

そう言えばあの子は同じ教室で私を虐めた天罰だよね

幼さの心に巣くう残酷は親の愛でも ...
大金を持てば
盗まれないかと心配になる
美人のカミサンを持てば
浮気しないかと心配になる
偉くなれば
責任も重くなる
有名人になれば
人の目が気になる
普通が一番気楽で安心だ

おはようございます
と挨拶をして
おはようございます

返さない人は
おはようの嫌いな人なんだろう

馬鹿馬鹿しいから
そんな人は
素っ気なく通りすぎる
馬鹿馬鹿しいから
...
昨夜は夢の中で
ヤクザ集団にしつこくつきまとわれる
夢をみた
ワイフが
昨夜はうなされていた!という
夢の中であっても
苦しさは現実とちっとも変わらない
うそみたいな
ねいきを立てて
みるく色の
おひさまのはーぷに
なでられて

しずかなおとが
きこえます
とおい とおい
そらの つまさきまで

「こんにちは」

...
嘘みたいに、雨が降って
天気予報は、当たったのに
それだから、だれも喜ばない
嘘みたいに、雨が降ったから

嘘みたいに降った
雨を
傘で防げきれないように
嘘みたいな彼にもらった
希 ...
 いつの間にか見ている

 声に鼓膜が引き寄せられる

 胸に広がる霞

 どうしてこんなに気になる

 すれ違うだけで ドキドキ

 気がついた

 今日が「好き」の誕生 ...
日付順文書リスト
タイトル投稿者カテゴリPoint日付
吉凶ホカチャン自由詩018/10/4 14:18
トゥデイの竜門勇気散文(批評...1*18/10/4 12:43
車両kajits...散文(批評...018/10/4 12:00
秋刀魚のパエリアatsuch...自由詩10*18/10/4 9:49
天使の日秋葉竹自由詩1118/10/4 7:24
「薔薇の下」桐ヶ谷忍自由詩518/10/4 7:22
春日線香自由詩018/10/4 0:56
針女自由詩318/10/4 0:50
ぼくわたなべさん自由詩218/10/4 0:42
ひとりごと佐野ごんた自由詩518/10/4 0:34
愛などとこたきひろし短歌218/10/3 23:22
爪がのびて自由詩118/10/3 22:56
春の景色陽向.自由詩018/10/3 22:04
トッポジージョの歯ぎしり宗像現象自由詩3*18/10/3 21:47
相撲嫌い花形新次自由詩118/10/3 19:37
金木犀ミナト 螢自由詩318/10/3 17:21
おばあちゃんはもういない中山 マキ自由詩418/10/3 16:48
灰の様なこころ、灰のようなこころふじりゅう自由詩118/10/3 15:38
回転寿司のプリンみたいに由比良 倖自由詩1*18/10/3 13:51
10年ぶりのゴキブリst自由詩218/10/3 13:18
憧れ・続ひだかたけし自由詩14*18/10/3 13:09
good!竜門勇気自由詩3*18/10/3 12:08
もし君が羽根自由詩2118/10/3 10:52
無題こたきひろし短歌318/10/3 9:36
普通が一番ホカチャン自由詩118/10/3 9:12
鋭利な刃物で切り裂いてこたきひろし自由詩418/10/3 9:02
悪夢ホカチャン自由詩118/10/3 8:09
あさに おわる唐草フウ自由詩12*18/10/3 6:33
立見春香自由詩318/10/3 3:38
「好き」の誕生日佐白光自由詩3*18/10/3 0:37

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
0.08sec.