建て売りは買わず家族で設計し理想の家を形にしたい

居座った秋雨前線消えた後一気に秋が進んで寒い

本屋行き一冊の本光って見え今すぐ買えと言われてる気分

笑い合い家族みんなで過ごす時間夫 ...
静寂のなか温められた器から
咲いたジャスミンの香りが

夜の輪をまわしていく

ぼくらは天球儀のなかにいて
ジャスミンが咲き誇り、てまねく
月よ、おいで、星よ、おいで
憂いに喉を腫らし ...
聞き取りにくい小さな呟きだったが、それは明らかに残り少ないわたしの寿命を確信させるには充分な囁きだった。
娘の笑い声に眼を覚ました。今日という日が何年の何日なのか、わたしの記憶のなかでは平成の ...
 
 
愛せ 手紙 を

愛せ 物語 を

気が利く電話 を

具体的なジャングル を

現実の衣服 を

公式の跡地 を

汁棒 を

成人児童 を

設置芸術  ...
爆弾で
3人の子供が死んだ
6人の貧しい家族が
3人の寂しい家族になった
娘は
飛行機の音を怖がる
私は枕もとに
銃を置いて寝るようになった・・・

何十年も
戦争が続いている
...
同じ響きの
異なる名前
酷い雨の日に
空を見上げ
犬の様に鳴く

それは無から現れ
現実に身をやつし
やがて結実して
虚空に帰っていく

眠れない夜に
積み重ねた文庫本
乾い ...
生涯休暇中の自称詩人にとっては
長期連休など関係ない
普段通り
17時以降半額になる
スーパーの弁当を買い込んで
明日の三食に充てる
飯食ったら後は
なーんもやることないので
クソ自称 ...
ここは題名のみで成立する詩を極めるスレ。一行詩は禁止です(「題名だけの詩」と「一行詩」の違いも考えさせられるスレ)。
一見して「詩」の題名らしくある必要は勿論ないので、論文の題名風でもよし、小説の題 ...
この灰色の朝に
雨滴の落ちる
葉から葉へ
落ちた雨滴
つーぅと滑り
拡散して消える

繰り返し繰り返し

靄の中へ
手を振り
消える
君の姿
一瞬見え
はっとして
ベンチ ...
自分は日本語を話すこの地で生まれた。
この地で生きている人は生まれた
時代の《元号》を覚えている。
ただ単に誕生日を覚えるのに便利
ぐらいのことで知っている、自分
にとってはそんなもんで ...
もうすぐ死ぬから

ごちゃごちゃしたくない

ぐちゃぐちゃになりたい

夢なんて寝て見る

スーパースターの引退会見

翳りがそれでひかり出す

誰だって死んだすぐあとくらい
...
ほらほら
さいたかたった
タンポポ ぽぽぽ

おとさん おかさん
こどもらみんな

そのうち綿毛の白髪になっちゃって
ふぅーとひといき

ぽぽぽぽぽ
ぽぽぽぽ

のこった ...
ゆたのたんとん

うさぎがはねる

しらなみおどる

まるで、蝶の羽ばたき

次々ぶつかってるようで

上手にそよいでいるのです


さぱさぱ、

...
ふとしたTubuyakiが
手紙となって
不死身の伝書鳩
悪い噂は光よりはやく
世界へ羽ばたく


正義の言葉は羊の群れ
同じところで
同じ様な集団に広がる
丘をくだる鳴き ...
意味なんてありません
快楽奉仕、シーチョー重視
言い値など放置したらどうです
思いのたけをブランコに
22hzの誰かが言った
昔のお前を思い出したら
解雇、お蚕、考え足らず
能田 ...
         --S.T.へ

ここが君の生まれた町で、ここに君の悲しみは埋まっている。太陽の季節、君は夜の闇の中をさまよい、漆黒の季節、君はより深い黒を求めてさらに奥へと下って行った。引 ...
携帯みたいに
一日中ヴーヴー鳴っていたら
あなたは気付くのかな
自分の伝えたい気持ち

どうでもいいと思うけれど
蝶々みたいになりたい
花の蜜ばかり追いかけて
何も傷付けない体でいたい ...
○「実家」
帰りたい時にいつでも帰れる家が
実家である
実家のある人は幸せなり

○「親」
反抗しても見捨てずに保護してくれる
親は有り難きものなり

○「心」
どこへ行こうと
...
  *


 銃後には雨が似合うといい洩らす少女のうなじ白く光りぬ


 ぬばたまのひとみのなかをちりぢりになっていつしか亡命者のような雨降る


 意味のないなみだが流れな ...
わたしが持っているもの
それは貴重な時間だけ
力はない
認めてしまった方が楽さ
皆さん方が楽しんでいる間
わたしはクリエイティブ・ライティングの
練習をする
信仰に寄ったこともあ ...
夜の蒼のなか 点滅する灯
赤と白と 碧の建物
鉄のかたちが 
径に横たわる


夜のなかの夜を見すぎて
暗い泡が浮かんでは消えない
目を閉じたまま何を視 ...
その椅子はどこにあるのですか?

木製のベンチに根ざしたみたいな
ひょろ長い老人にたずねると
そら、にとぽつり言葉を置いて
眼球をぐるり、と回して黙りこむ

そら、空、いや宇宙だろうか
...
らんぱろらんぱら
 
通り雨 ぽつりぽつり
スライド硝子にコロラド
雲の切れ目 らんぱ
ブラス らっぱらっぱ
通り雨 ぱらぱらぱら
水草と金魚 あぶく ぷくぷく
ロケット発射 えんき
...
砂漠に住んでいる
高曇りの砂漠に
暑くもなく寒くもなく
居心地のいい処だ
余計なお喋りもなく
余計な関わりもなく
足元は絶えず崩れながら
孤独に寛ぎ待つことができる

俺はいったい何 ...
続ける
同じようで
根本的に違う継続の方舟を


無我夢中の宇宙で
もう一度
確かめるように出逢う
親愛なる孤独と


書きまくれライター
書けなくても
感じるままに

...
結末は常に
突如出現した一輪の花を以って
表わされる
誰も
帰ってくる者はいない
あなたが去った分だけ
森や谷が深くなった

一輪の
花が
咲いている


(制作年代不明)
二三枚重なりて散る桜かな

{ルビ五月雨=さみだれ}のドアの向うに{ルビ鷗=かもめ}かな

{ルビ兜虫=かぶとむし}にらみ合ひけり蜜の{ルビ左右=さう} 🐞

知らぬ間に{ルビ内緒=ないし ...
夢をさく現実が
私の前に現れて

あなたをさらおうと
するなら
私も一緒にさらって

こんな日々に
辟易している
生意気な私が嘲笑う

違うだろう
あなたがさらわれなくとも ...
何処か遠く彼方から
子供たちの声響く夕暮れに
缶カラからから転がっていく

風もない 人もいない のに
からからからから転がって
グシャリひしゃげる 銀の乱反射
無数の記憶の断片が
ぱ ...
いつか、きっと忘れていく。
雨雲がときどき、力をかしてくれたこと。
窓の向こうに広がる夕焼けが、美しかったこと。
きみがぼくの心を、やわらかい色に染めてくれたこと。
思い出さなくなっていって、 ...
日付順文書リスト
タイトル投稿者カテゴリPoint日付
理想夏川ゆう短歌119/4/30 5:07
天球儀帆場蔵人自由詩619/4/30 1:39
環天頂アークの下でアラガイ自由詩12*19/4/30 1:26
虚構術墨晶自由詩019/4/30 0:21
戦地からニュースですマサヒロK自由詩219/4/29 23:13
力尽きぬネン自由詩019/4/29 23:12
ストップ、スーサイド花形新次自由詩019/4/29 22:29
題名だけのスレ12会議室19/4/29 22:01
雨滴(改訂)ひだかたけし自由詩419/4/29 21:59
幽玄な神性についてレタレタ19散文(批評...3*19/4/29 21:38
スーパースターペペロ自由詩119/4/29 21:36
さいたかたったたこすけ自由詩6*19/4/29 18:37
天文潮自由詩6*19/4/29 18:29
Tubuyaki自由詩3*19/4/29 18:16
ベィビィ(ズ)・オン・ファイア砂漠枯自由詩119/4/29 17:38
挽歌葉leaf自由詩019/4/29 17:27
夢より遠くネン自由詩319/4/29 12:21
独り言114集ホカチャン自由詩1*19/4/29 11:41
東京(今月の歌篇)中田満帆短歌3+19/4/29 10:41
文章とあなたへ田中恭平自由詩419/4/29 10:40
降り来る言葉 LXIX木立 悟自由詩319/4/29 9:11
そらの椅子帆場蔵人自由詩5*19/4/29 2:27
らんぱろらんぱら/2000/02/12 (土) じょうじ ...らどみ自由詩219/4/29 0:35
記憶の奥に(改訂)ひだかたけし自由詩8*19/4/28 21:52
継続の方舟に持続の揺り籠 ~ Repetition Insp ...komase...自由詩2*19/4/28 21:45
マサヒロK自由詩119/4/28 21:29
アルプスの少女 俳人森田拓也俳句10*19/4/28 18:25
さらって自由詩119/4/28 18:02
缶カラ、からからひだかたけし自由詩619/4/28 17:43
とけていく水宮うみ自由詩1*19/4/28 16:54

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 
加筆訂正:
らんぱろらんぱら/2000/02/12 (土) じょうじ /+過去の3作品/らどみ[19/4/29 8:55]
泥風呂にでも入ってリラックスしたい気分//
らんぱろらんぱら/2000/02/12 (土) じょうじ /+過去の3作品/らどみ[19/4/29 8:16]
友達からのこんなの見つけたよ作品をupしてみて、自分に温故知新
0.1sec.