18
 月曜の朝、エルウッドはいつもより早く起きて、三十分はやく出勤して、所長のアルバートの部屋を訪ねた。
 思い切ってドアをノックすると「どうぞ」と声がしたので、エルウッドが所長室のドアを開けて ....
「千羽鶴」 作詞 横山 鼎 作曲 大島ミチル 

式の終わりに際して地元の少女たちによって合唱される。悲惨で哀しい出来事を表現したこの歌は決して哀しみだけを閉じ込めて表現されてはいない。それが ....
8月9日。国民年金保険料の免除申請の仕方がわからない。それから、雇用保険の手続きに必要な事の一切がもの凄く煩わしい。最近は色々な生活処理能力が目に見えてガクンと低下してきている。大事な郵便物や書類の類 ....  イザベラの瞳は大きくて、最初に会った時から、それがとても印象的で、そこが魅力的だった。その瞳で真っすぐに見つめられると、僕は身体が透明に透けて、精神の奥底まで透けて見えるのではないかと、不安を感 .... 17
 結局、エルウッドとデーゥィは二時間近く、二人ともお爺さんの御伽話を聞く孫みたいにエドが話す日本の話に聞き入っていた。日本の音楽のことはもちろん、日本人の生活のこと習慣のこと、トロ、ウナギ、サ ....
“すとをりゐ”の子細骨子 題未定
4W1H

Who・:・oceanist―フロイトの用語“oceanic feeling”、大洋感覚ゕら、“ocean”+“ist”=oceanist

W ....
16
 シカゴ・エキスプレスに着くと、予想通り、エドとデーウィは昼の忙しい時間帯を終えた後のコーヒー・ブレイク中だった。
「やあ、エド、デーウィ。」とエルウッドが声をかけるとカウンター越しに話をし ....
 新学期が始まる前の部屋替えが始まった直後に、気が付くことになったのだけど、灯台元暗しの言葉どうりで、朝食の時、食堂でいつも会っていたイザベラが、何日も食堂に現れず、ずっと、気を揉んでいた僕だったけど .... 15
 次の日曜日、エルウッドは朝から手紙をしたためていた。ペンギン、キャブ、バスター、そしてバンドのメンバーにも。兄貴やレイの夢の話や、神から使わされたレガシィのことは、とりあえず伏せてはおいたが ....
 イザベラは最初から、僕の外見ではなく内面を見てくれたのだと思う。要領が悪くて損ばかりしている僕の人の良いところや、外見からは分かりにくい、子供じみている傷つきやすい純粋なままの精神とか、他人には伝わ .... 君と二人で卓球室と呼ばれる閉鎖された7組の教室の掃除をした時、君は14歳で、ぼくもたぶん14歳だった。

ぼくは君のことが気になっていたね。すごく可愛かったし、頭がよかった。国語ができていつも満点 ....
 長雨にうんざりしていたが、八月に入るなり酷暑となった。車道の除草は数日前に終わり、今は人の来ない奥地公園の炎天下での除草である。激しい肉体労働ではないが、直射日光にさらされての除草は堪える。とくに昨 ....  イザベラとのお付き合いが始まって、一緒に散歩に行ったり、一緒に食堂でご飯を食べたり、部屋に呼んで料理をふるまったりしてみて、分かったことなのだけど、イザベラは若い日本から来た留学生の女の子たちとはち .... 世の中にはたぶん腐れ縁というものがあって、ぼくにしても、そうした抗することのできない不思議な力の命ずるままにこんにちまで生きてきたと言っても嘘ではない気がする。



ぼくには大学時代からの友 ....
14
 楽しいドライブではあったけど、短い時間の間にいろいろなことがあったせいか、エルウッドは結構、疲れていた。帰途に着くすがら、車が盗難にあうんじゃないかとか、イタズラされても困るなあとか、いろい ....
{引用=或いは小噺『洗顔異譚』}


「顔を洗って出直して来い!」って言われたんで

顔を洗ったら顔がとれちまってね

仕方がないからそのまんま取って返すと
 ....
 現在まで女性から、心無い、哀しい非難を受けても、屈辱的な想いをさせられても、甘んじて受けて、大概の場合は、我慢して耐え忍んできた。
 はっきり言って僕の外見には、魅力は無いと思う。髪が細くなり、そ ....
13
 さて、ジェイクが消えた後も、しばらくのあいだはご機嫌に初夏のシカゴの街を車でとばしていたエルウッドだけど、いつの間にか、制限速度を守って走っている自分に気がついて、思わず「俺も歳とったな」と ....
ぼくらがその時住んでいたアパートは二階建てで、二階のちょうど真ん中の部屋がぼくらの住処だった。

深夜一時半、月が白々と全てを明るく照らし出している夜の中へ、ぼくはひっそりと出ていくことにした。
 ....
{引用=*《明科》

{ルビ山間=やまあい}にある明科という名の小さな駅から、ぼくは下りの電車に乗った。よく知っている場所のよく知らない駅だった。それは梅雨入り前のこと ....
12
 次の瞬間、エルウッドはクラッチを踏んでギアをバックに入れて、アクセルを踏み込んでいた。普通のアメ車ならタイヤが空回りして、白い煙を吐き出してから、後退し始めるところだが、ツイーとスムーズに走 ....
11
「どうだ兄弟。悪くないだろうがレガシィは。」ずれたブルース・ハットを被りなおして、ジェイクは葉巻に火をつけた。エルウッドは思わず、その煙にむせて、咳き込んでしまった。登場したジェイクは背中から ....
10
「うーん、2.0リッターか。」と腕組みをしながらエルウッドは考えこんでいた。彼にとっては、もっと排気量の大きな、そしてトルクの大きなアメリカ車が望みだったのだけど兄貴やレイたちが予言したとおり ....
親しみを覚えるのはノリに乗った文章ではない。

ところどころ覚束無い感じの消しゴムで消した跡が今にも見えてきそうな文章がいい。

ためらいがちで、口下手で、それでいて丹念な性格が見て取れるよう ....
9
 エルウッドはなんだか不思議な気持ちだった。よく知っているつもりのレイが生前、日本人とかかわりがあり、それがまだはっきりとしたわけではないけれど、ブルースと関係があり、自分もそれに首を突っ込むこ ....
近所に打ち放しコンクリのばかでかい博物館がある。
館内はなぜだかいっつも薄ら寒くて
無機質なあいつの心ん中みたいなんだ。
奴はそれこそ、のっぺりした四角四面の「ぬりかべ」だね。

ちょい ....
8
 さて、いつも以上にのんびりと時間をかけて路地を抜けて、シカゴ・エキスプレスの前にたどり着くと、ちょうど九時の開店時間だった。開店するまで仏頂面して待たされるはエルウッドも嫌だったから、機嫌 ....
営農センターの方から多くの桃が北側の倉庫に運ばれて来ていた。
フォークリフトの爪が木製のパレットに引っ掛かかる時に出す苦しげな音が梅雨明けの北信地方に反響し、鉄で出来た{ルビ軌条=レール}のような態 ....
7
 あれっと思って、エルウッドが気がつくと、まだ真夜中で、アパートの窓の外では煌々と月の光が、シカゴの街並みを照らしている。シカゴにしては静かな夜だ。
「まさかね。いくらなんでも、それはないだろ ....
6
 エルウッドかふっと気がついたら、またまた天使の登場だ。ブルース・グラスにブルース・スーツ、ブルース・ハットで、ジェイク、レイ、そして今度は一人増えている。義理の親父のカーティスまで枕元に並ん ....
散文(批評随筆小説等)
タイトル 投稿者 Point 日付
ブルース・ブラザース、日本へゆく第一章 18ジム・プリマ...020/8/11 14:41
長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典アラガイs120/8/11 12:31
未日記ななし3*20/8/10 13:08
イザベラのこと 5ジム・プリマ...3*20/8/9 20:20
ブルース・ブラザース、日本へゆく第一章 171*20/8/9 14:32
kit7田島大゜揮1*20/8/9 9:33
ブルース・ブラザース、日本へゆく第一章 16ジム・プリマ...2*20/8/8 21:56
イザベラのこと 43*20/8/8 13:57
ブルース・ブラザース、日本へゆく第一章 15120/8/7 21:37
イザベラのこと 33*20/8/7 13:55
ラブレターななし220/8/7 10:19
神様との付き合い方山人12*20/8/7 6:25
イザベラのこと 2ジム・プリマ...2*20/8/6 21:28
M君ななし2*20/8/6 12:55
ブルース・ブラザース、日本へゆく第一章 14ジム・プリマ...120/8/6 10:43
眉毛惜しいななし3*20/8/5 13:38
イザベラのこと 1ジム・プリマ...2*20/8/5 9:49
ブルース・ブラザース、日本へゆく第一章 13120/8/5 8:05
ミルキーウェイ~宮沢賢治と夜に捧げるななし4*20/8/5 0:28
山国の車窓より 〜中央線沿線3*20/8/4 11:53
ブルース・ブラザース、日本へゆく第一章 12ジム・プリマ...120/8/4 9:20
ブルース・ブラザース、日本へゆく第一章 112*20/8/4 8:01
ブルース・ブラザース、日本へゆく第一章 102*20/8/2 0:26
文章ななし220/8/1 20:34
ブルース・ブラザース、日本へゆく第一章 9ジム・プリマ...2*20/8/1 0:43
うだる博物館の妙自由美学220/7/31 22:59
ブルース・ブラザース、日本へゆく第一章 8ジム・プリマ...120/7/31 0:44
始業の鐘ななし2*20/7/30 21:26
ブルース・ブラザース、日本へゆく第一章 7ジム・プリマ...120/7/30 0:01
ブルース・ブラザース、日本へゆく第一章 61*20/7/29 0:02

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 

【散文(批評随筆小説等)】散文詩は禁止。散文詩は自由詩のカテゴリへ。
0.25sec.