あなたの面影をください
あなたの抜け殻があれば
わたしは生きて行ける
鶴見川を渡る

川とは
あの世とこの世の境
すべからく
夕陽の名の元に照らし出される

鶴見川を渡る

私はあなたの所に行けない
瞬き一つ分の命で
体という体が軋んでいるのに
...
 

灰色の瞳のひとに
なりたいな
ひとの純白な夜のかたすみの
憎しみはほんとうのところ
涙が綺麗だと勘違いしている愚かさに似る
炎上する胸の奥から飛び散る汗と
同じ色しかしていない命 ...
宙にむかい
腕を伸ばし
体から跳び立とうとする
ちいさなあなた

さいわいよ
むらさき色のあざが
胸のあちこちにあって
それが昨夜夢でみた絶望の傷だと
朝起きて震えながら気づくことはないか?

咲かないちいさな希望の花が
そっとふわりと揺れる風は吹き

...
金平糖みたいな夜が降ってきたら

ココアにラムをいれて

バウムクーヘン

ぐるぐるまわーるよ


あうろー

って


なぜか今日は


うれしくなって

かな ...
 {ルビ廣松=ひろまつ}{ルビ渉=わたる}の哲学書のことを考えていた。
 認識論についても 現象学についても僕はなにも知らないものだから 放り出してしまったあの哲学書。
 僕がはじめて読んだ哲学書 ...
哀しくも

ぼくは詩人ではなかった

虚実を織り交ぜ

誰よりも大切な人を深く傷つけた

詩人ならば歓びを与えられたはずなのに
暗渠の遊歩道で
綺麗なタチアオイを見つけ
立ち止まる

>今日が見頃みたいだよね

シャッターにかけた指が止まる

驚いて振り返ると
柔らかな眼差しの老人が立っていた

>実 ...
弱々しい夢ならば褪めないで
どこか踏み鳴らしたあとに生まれゆくから
回路図をくすぐる意思は
その星回りの爪痕を遺した光景に準じて
影はあしらわれ、付き従うことで

また覚醒めなさい、その木 ...
青々鮮やか
色付くアジサイ
 見入る 、
見入られ見入り
弾け飛ぶ 対




自ら進んで
商品消費物へと
技を磨く人、只それだけ?

 漆黒に塗り潰された聖書の現

人 ...
月は天に在るのと同じ位
確かな物事は
生(せい)だ
私は生きている
今ここに
山登りを愛する山人が言うように
登っていくより頂上から
下っていく方が難しい

人生も一緒だよ
若い衆










※ピカソは頂点を目指して
登り続けたままこ ...
 ふわふわ 浮いてる、どこまでも 浮いてる
 私は海の中、どこまでも透明に拡がっていく、

 私は今、肯定している、否定している、うちが外を包む、
 はい、は、いいえを肯定しているし、いいえ、 ...
  
たんぽぽの
綿毛で耳をくすぐられ
てる気になるね君の囁き


夜が愛
しあう心を深めても
光ってしまうわたしの瞳


ひとはひと
だけを考え生きている
蛇もひと ...
ときはしらぬい
ほのおはかげる
さやかにひえる
いつつとおぼえ

そらよりとおく
さきにしいのち
するどきみなも
へだてたまぶた

とくこよとよび
かけるうたごえ
はやてすぎさ ...
その日暮らしの日射しを避けない
あ、あたらし、な、な、
死のう、一緒にな、詞無くなって
海が見えるか
何も見えないか
私と君と君と、多分君が
どこにも居ないでいられる楽園が
何も見えない ...
今使っている自転車をいつ買ったのかを思い出すと、それはかなり昔の話だった。当時は、神奈川に住んでいた。駅の向こうにある、自転車屋でそれを確か、僕は買ったのだった。オレンジのつなぎを着た人の売ってくれた ... 森を下る

雨粒は
木々の隙から落ち
葉を伝い
流れ集い
地をじっと濁す

私は抗いたい
貪り尽くしたい

見上げても
どうともならない
午後五時に
叛心は
裂かれた潮の ...
悲しいですね

人は誰でも独りで生まれ

独り死んでゆく

後ろ姿を追いかけても届かず

想い人が亡くなっても日々は変わらない


      ☆


楽しいですね

...
願わくば

五月の空に浮かぶ

羊雲になりたい

ぽかり ふわり

風に吹かれて


    ☆


強がりな若葉に誘われて

渓谷の流れに身をまかせ

透明な水に ...
  

Eカードしてる利根川先生のように狡めな恋がしたいな


Eカードしてる利根川先生の蛇の冷笑いにそっとみ惚れた


命とは金で買えるといい放つ利根川さんのホントに痺れた


...
他の人を見たくない
あなただけを見ていたいと思う

だからあなたが僕を見ていられないことは
よく分かっている

僕を信じれば信じる程
あなたは僕から遠ざかっていくだろう

他の人に笑 ...
手先の器用な人が作る 
天の川銀河なんて
ちょうちょになったり 
おふねになったりして

天を見上げるだけの僕とは
まるで不釣り合いな


 今や昔も、単なる朝
 荷馬車に揺れて、 ...
どんなに私が
世界を
愛しても
世界は変わらない
ならば己が変わる
雨降りの日に
部屋に篭もり
ひとり積み木を
積んでいく子に

 涼やかな風、
  すーっと一筋
 網戸から

まばたき
二度、三度
見開かれた眼、
積まれゆく積み木
色とりど ...
雷が天から降ってくる
或いは温度が暴走し自然発火して
自らを消失する
森が焼けている
世界の森林喪失は深刻だ
風のささやきに誘われて
釣り人は初夏の{ルビ渓=たに}に分け入った
モスグリーンのいで立ちの彼は五月の若葉に溶けて
神経質な魚たちの警戒心を得ることはなかった
川面に近づくには音を立ててはいけ ...
甘い匂いに誘われて、YESと頷く サイト内の作品やひとことダイヤリーで詩とは何か感じたことを書くスレッドで
ピッタリするものが無かったので新規にスレッド立ち上げてみました。
このスレッドはこのサイト内の作品やひとことダイヤリーを通 ...
日付順文書リスト
タイトル投稿者カテゴリPoint日付
亡骸リィ自由詩024/5/30 8:04
鶴見川303.co...自由詩124/5/30 6:10
この雨の降りつづく夜の世界のかたすみで秋葉竹自由詩224/5/30 4:26
五行詩 あなたGiovan...自由詩424/5/30 4:15
傷のうた秋葉竹自由詩224/5/29 23:25
オマージュうし自由詩124/5/29 22:56
清らかな猫の唄巣本趣味自由詩224/5/29 22:25
五行歌 詩人モドキレタス自由詩3*24/5/29 21:49
夏井椋也自由詩324/5/29 21:26
風切羽あらい自由詩124/5/29 17:59
五行歌、対ひだかたけし自由詩324/5/29 17:34
※五行歌「月は天に在るのと同じ位 確かな物事は」こしごえ自由詩3*24/5/29 15:37
登り下りHAL自由詩024/5/29 13:44
その位置: ゼロ由比良 倖自由詩424/5/29 8:43
夜のうた秋葉竹短歌024/5/29 8:22
御名303.co...自由詩3*24/5/29 7:43
ゆめものがたり日々野いずる自由詩324/5/29 2:00
自転車のことなど番田 散文(批評...024/5/29 1:34
雨降りGiovan...自由詩424/5/29 1:06
五行歌 二首 レタス自由詩6*24/5/28 23:47
五行歌 三首 初夏自由詩5*24/5/28 22:28
利根川讃歌秋葉竹短歌024/5/28 21:33
LOVE,LOVE,LOVE.303.co...自由詩124/5/28 18:37
自愛あらい自由詩124/5/28 17:29
※五行歌 「ならば己が変わる」こしごえ自由詩3*24/5/28 17:11
雨降る街の子のうたひだかたけし自由詩5*24/5/28 17:02
五行歌 「焼ける」自由詩4*24/5/28 16:03
初夏の釣り人レタス自由詩6*24/5/28 15:56
結婚俳句024/5/28 15:15
サイト内の作品やひとことダイヤリーで詩とは何か感じたこと会議室24/5/28 8:40

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 
加筆訂正:
あの虫がいるのは窓ガラスの内側か外側か/ただのみきや[24/5/29 8:56]
修正
0.05sec.