すべては
身体感覚による

憂鬱でさえ
殺意でさえ
身体感覚

自我さえ
発語さえ
身体感覚

それらを
司るかにみえる
脳神経こそも
身体だ

つねに
身体 ...
階段を上る足音。携帯が鳴る。いや、呼び鈴なのか。テレビをつけたまま眠っていた。そろそろ肩の芯まで冷えてきて、夜は不安をつれて深くなる。生きているうちはいい。不可解な死に方だけはしたくないものだ。と ... 手に取るようにしてわかった 店員のひどい作り笑い
一人で海賊版を探して歩いていたあの頃
ストラトキャスターの音色に狂っていた 僕が
好きだったフレーズを試奏した店


毛皮のコートを脱 ...
 初めて手をつないだあの日

 怖がる仕草が可愛くて

 ぎゅっと握ってしまう

 応えるように握り返してくる

 君の顔が微笑む

 暗闇のなかでもそれがわかる

 出口 ...
「ママー! これ買ってー!」
「ダメよ」
「えー! どーしてー? ボクこれほしいー!」
「だってあなたはもう四十才じゃない。自分で働いて買うのよ」
{画像=190326234533.jpg}


{引用=
詩とかわいいイラストを融合できないかな~と考えていました。
詩の説明のためのイラストではなく、
イラストの説明のための詩でもなく。 ...
二つ年下のよっちゃんに家に見せたい物があるから遊びに来ないと誘われた。 きれいごとを
あらってたべた
きれいなのに
あらってたべた
そしたら
しょくあたりになって
げーげーはいた
わたしはよわいにんげんなので
きれいごとは
きれいごとのまま
たべていこ ...
長方形の焼跡は億年の時を経て
掘れば首長竜の化石が眠っていて
あなたの声も眠っているだろう

倦んだ日々に
燃え尽きていった
古い絵葉書
切り抜きの地図
杭州西湖へと
引かれた
...
右手で毒を掬い上げ
左手、熱を掬い上げ
両手で愛を掬い上げ
零れる詭弁
滴る幻


葉緑体がひしめき合いその隙間から染み出すモザイクは朝の訪れであるかのようにゆっくりと
髑髏を
浮上 ...
指先
ユニゾンの青い刃先
厚い長い爪
肉をえぐる感触
私は
飛び上がるために
カルシュウムを食らう
体液が
皮質を溶かす
首は
開けられていて
私は口を動かす
アとオの音
別 ...
  
金曜の夜
彼女が出てった
理由なんか知りたくもない
土曜の午後から彼女のものを片付けてると
冷蔵庫の奥から何重にもラップされたくさや
彼女が嫌いと言ったもんだから

島の親にはわ ...
頭の上に
王冠を乗せる
例えそれが
幻だとしても

春の日向を
掴めるだけでもう
靴紐の長さが
短くなる

旅人の靴が
動き出すまで
たくさんの爪が
剥がれるように

桜 ...
牛のゲップが原因だと
聞いたことがあるが
実は自称詩人の吐き出す臭い息が
真の原因らしい
クソ自称詩を朗読でもしようものなら
その周囲は草木一本残らない
ヒロシマ・モナムールだ

それ ...
つきせぬ思い出に
背中が揺れる

まだ月が
まじかに感じられていたのに

真っ白な
あまりにも真っ白な

終焉が訪れた
もうあれから半年

生を与えられた者が
受けざるを ...
雪国の季節はふたつしかない。
朝、雨戸を開ける行事が
こんなにもわたしにとって大切なことだと
のっけからパンチを食らった。
これからまた
多くのことを思い出すだろう、次の冬まで。
それでも ...
物語はないんだよ
もうすっかり何もかも
失ってしまったのだからね
ただ生きて在ること、それだけが
残され〃うっとり〃桜を見上げ
もう何一つ
始まりゃしないのに
両手広げる、大きく大きく
...
私は、しがない詩またはポエム。いつも、作者の勘違いで私は詩またはポエムと呼ばれてきた。でも、私は本当に、詩やポエムと呼ばれるにあたいする何かなんだろうか?いつも、いつも、作者は勝手に色々決めて色々決 ... 匂いの無いうたから
花は聞こえ来る
雨の針 雨の針
ひとつひとつに
霧を閉じた粒


さくさくと喰む曇の
ゆるやかな揺れゆるやかな揺れ
水が到く前の
手のひらの静け ...
無料のホームページ作成スペースを提供してきたジオシティーズが今月いっぱい(2019年3月31日)でサービス終了します。そこで私が保存しておこうと思ったサイトがこれなんですが、おすすめもしておこうと思っ ... 電子レンジ壊れた
楽しくお皿回っていたのに
冷たい惑星のような
ヤキイモ温めて
ホクホク
食べようと思っていたのに

電子レンジ買った
お皿のないのを
近くの電気屋で
コーヒー ...
今日高曇りの空の下、
肉を引き摺り歩いている
春という大切を
明るみながら覚えていく
妙に浮わついた魂を
押し留めながら、押し留めながら

離れていかないように
剥がれていかないように ...
刹那
ここを起点としてカンザスシティに熱い風が吹く。
推敲はしない。わけがない。
渦巻くウシュアイアのバルコン。
汗だくで田植えを終えたら
トゥクトゥクに乗ってどこまでも行こう。
封筒豆腐 ...
知れ!

表現せよ!

明らかにせよ!

破壊せよ!

復活せよ!


知識人は第一レヴェル、表現者は生きることにおいて第二レヴェルに過ぎない。

明晰な人は第三レヴェル、反 ...
たゆたうなかに
律した
たましいは在り
それは以前の勝利で
手中におさめたものだ

血の争い
なくてあるもの
よぼよぼだもの
精神
でも精神は小さな自分だ
関係ない
今は土埃の ...
{引用=あめとあめがであって
はるがくる
はれたひをあるこう
いっしょに
あおぞらになる}
そっと、やりすごす

3月に降る雪のように
待ち焦がれた春のぬくもりを
追いやってしまっても

身の置き所もない苦しみも
雲間から射す刹那の空想も
砂浜に打ち寄せる静かな波が
押して ...
やはりやりきれないな
やはりやりきれない心がある
わたしは無罪を主張する
見栄を切っているのはお互い様だ

やはりやりきれないな
凍った豆腐のような心がある
右脚はどうもこうもならない
...
○「受け入れる心」
老いを受け入れて生きていく
病を受け入れて生きていく
死を受け入れて生きていく

○「終活」
老いを生ききる

○「学ぶ心」
学ぶ心があれば
人生は楽しい

...
カヌーに乗り川に映り込む自分自身風は友達勢いをくれる

虹を見てロマンチックな想像し空想の世界拡大させる

足湯でも身体の芯まで温まる元気が漲り楽しい一日

連休はバイクに乗って遠出する身 ...
日付順文書リスト
タイトル投稿者カテゴリPoint日付
身体シホ.N自由詩019/3/27 2:59
ドアーツノル自由詩019/3/27 1:24
新宿駅から歩く番田 自由詩019/3/27 0:11
お化け屋敷にて佐白光自由詩019/3/26 23:54
駄々っ子あまでうす自由詩019/3/26 23:50
三月 はすむかい ベクターレイヤーふるる自由詩019/3/26 23:46
芽が覚める頃こたきひろし自由詩019/3/26 23:39
_小原あき自由詩019/3/26 22:40
壁の焼跡帆場蔵人自由詩119/3/26 22:27
緑の地獄中原 那由多自由詩019/3/26 22:01
食感マサヒロK自由詩019/3/26 21:52
ないてたのかもしれない仲程自由詩119/3/26 21:36
開花ミナト 螢自由詩219/3/26 20:24
地球温暖化花形新次自由詩019/3/26 20:20
うさぎの貯金箱レタレタ19自由詩119/3/26 18:56
雪国の季節はふたつしかない。ぽりせつ自由詩119/3/26 17:52
ハルの空、ハレの空(改訂)ひだかたけし自由詩119/3/26 17:39
詩は負けないからポエムを虐待する01 Cer...散文(批評...019/3/26 16:12
ひかり ふるえ木立 悟自由詩119/3/26 15:19
「あちあしてい」と「謎の小説」nemaruおすすめリ...019/3/26 14:58
電子レンジレタレタ19自由詩219/3/26 13:37
今日高曇りの空の下ひだかたけし自由詩3*19/3/26 12:40
婚活詩篇春日線香自由詩3*19/3/26 11:34
狂気のカーニヴァルviraj自由詩019/3/26 11:30
ショートトリップ田中恭平自由詩219/3/26 10:47
はるもりのりす自由詩119/3/26 9:56
やがて空に星と月高林 光自由詩319/3/26 9:36
こころ #02 田中恭平自由詩219/3/26 9:18
独り言107集ホカチャン自由詩019/3/26 6:58
連休夏川ゆう短歌119/3/26 5:18

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 
0.07sec.