好きですという声が
しみこむのは、

だれも
かれも嫌いだと
苦さがあふれた、小さなこころだから?

友となのるものが
あすのためにきょうを
やさしげに接する、小雨に ...
立て続けに何杯も
水を飲んだ 若い頃は
いつも
だがもう
そうはいかない
コーヒーを入れる時間が わたしの
呼吸の長さである
いつもの あなたのように
コーヒーメーカーは たどたどしく ...
家では子どもにキラキラネームをつけて
人と違った個性になって欲しいと
プレッシャーをかける

学校は子どもの個性に注文をつけて
人と違ったことをしないで欲しいと
プレッシャーをかける

...
君はジタンを{ルビ喫=の}んでいる
象牙色した指が佳い
くちびると髭の剃り跡で
わたしの視線をからめとる

君はわたしに火を点けて
ハイにしながら 微笑する
君はもひとつ紙巻き咥え
灰 ...
耳にあてた小さなスピーカー

三半規管で広がり

流れるメロディ


耳にあてた小さなスピーカー

蝸牛神経を通って

脳を揺らすリズム


日常を隔たり一本線 ...
朝焼けが夏の色になってきた、ひとり、

やけに身体がかるくて、もう勝手にいきるよ。

とおくの公園で、日常の抜け殻が燃やされ、

僕は昨夜の流星のロマンチックを友として、 ...
君が落とした命の代わりに
星が美しく見える夜だった

まだ若かったのにという声を
うまく飲み込めずに私達は
胸ポケットのハンカチを湿らせ
君の唇に紅を塗ったよ

初めての化粧はどんなも ...
〇 {ルビ嘴=はし}赤き鳥珍しと見返せば{ルビ櫻桃=ゆすらうめ}食む雀なりけり

〇 {ルビ燕=つばくろ}の{ルビ這飛=はひと}ぶ山は夕さりて竹{ルビ倒=さかしま}に折れてぞ埀るゝ

〇 雨上 ...
電動歯ブラシ
ごしごしやっては
いけません
浴室のカビ落とし
ごしごしやっては
いけません
掃除機
ごしごしやっては
いけません
でも昭和生まれは
ごしごしやらないと
やった気が ...
 美を描くノートは未だ白く、
 夜と朝の狭間でゆらゆらと揺れている。
 美の中に優しさを忍ばせて、じっと待つひと時。
 窓から望む街路灯が不規則に消えてゆく。

 淡い夢のような微睡が訪 ...
今宵は満月。
海は闇と月明かりが入り交じっていた。

人か魚か、判断の難しい女が裸を晒していた。
下半身が魚で上半身は人間。
それが反対だったら不気味だったに違いない。
髪は長くて背中まで ...
六月と聞けば
梅雨がすぐ頭に浮かぶ

梅雨と聞けば
少しだけ控え目な
紫陽花が頭に浮かぶ

雨で薄暗い梅雨
外出はせずに
窓から庭の紫陽花を眺める

雨は止んでもまた降り始める
...
ここには恋文(恋愛の詩)のみを書いてください。みなさんのすてきな恋心、お待ちいたしております。長く一 ... 誰にもわからないだろう
聞き取れない世界
誰にも理解して貰えない領域
雑音混じりで聞き取れないとか
どんなに格好良い音楽でも
僕には全然音楽じゃない
電話、本当は大嫌い
聞き取れないから ...
青い少年が
指をもって
噴水をみている

歌おうとして
泣いたり
描こうとして
折れたり
飛ぼうとして 揺れたり しながら

わたしたちは
このまちの
記憶として
忘れら ...
父親の肩にしがみつく幼子の瞳に 
映る、黄金の御神輿

何台もの金の神輿が練り歩く 
この街の酒気を帯びた
荒くれ者の若い衆によって 持ち上げられる
「エンチキドッコイショー」

かけ ...
あらゆる隣人と
わかりあい
信頼しあい
助け合う
そんな日を

あらゆる隣人と
明日を語り
夢を語り
理想をつくろうと
手を携える

あらゆる隣人と
何気なく
うなずき合い ...
精神病院にてⅡ

何歳ですか?
何歳ですか?
何歳ですか?

私?六十

この六十のじじいは
タバコ一箱を持ち
一本取り出す
そして火を点け一口吸ったら捨てる
二本目から二十本 ...
どん、どん、ふぁんふぁん
どん、ふぁん、ふぁん

ドンファンと聞いて思い出すのは
ほらっ、あいつ
インチキみたいな日韓共催W杯で
活躍したことになっているあいつ
何つったっけ?
えーっ ...
理性を司る能力がなくても
素敵な感性があれば詩は産まれる

でもね
心が現実のことで一杯の時は詠めないよ

この世からあの世の橋みたいな
非現実への橋を渡ってそこで出合うものなんだ

...
僕に関係の無い人が笑っている
僕に関係の無い人が泣いている
僕に関係の無い人が風に揺れている
僕も少し風に揺れながら口を開けて
あの日のことを思い出そうとしている
あの日、が何のことなの ...
霧と緑と
夜に立つ巨樹
空と地を埋め
ひとり高く


低い曇の下
平原を
草より低い影がくぐり
最初の雨を引き寄せている


夕暮れのかけら
まとわりつく糸
...
縄にX
白は固形だ滑稽だ
背いたもののための中庭に
誰も赦さぬ喝采だ


短く切った
ばらまいた
どこへ落ちても
ひとりやわらか


死から遠いものほど
...
顔を見るだけで
こりゃ病気だなって人がいっぱい
なぜか睨まれたよ
タバコ吸いながら歩いてると
警備員が来て
止まって吸って危ないからって言われる
お前こっちは精神病患者だぞ
もっと優しく ...
クウキスイホウダイ
クウキスイホウダイ
ウマイクウキヲスイニイコウ

クウキクイホウダイ
クウキクイホウダイ
ウマイクウキヲクイニイコウ

ココノクウキハマズイゾ
アッチノクウキハウ ...
この不安を
ファンレターにして
ちゃんと送ったら
この不安はもうすぐ
ファンファーレになるだろう
鳴り響くだろう

この不安を
ファンレターにして
ちゃんと届けたら
この不安はもう ...
PCが銀髪を拒否した
僕らのHTML+CSSは言語で出来ている
一昨日君のHTMLが僕のHTMLに感染し
一部一部が自分でも分からない単語で
埋め尽くされている

太字にしても届かない声
...
灯りが消えた薄化粧の町に
虫の音が凛々と聴こえてくる
寝返りを打つ度にそれは消えて
いつしか枕を床に落とした

朝の気配に喉を枯らしながら
公園の蛇口を回して飲むと
次に誰が使うかも分か ...
死の静寂
永遠の夜
その常闇に灯した篝火を
生と呼ぶのなら

教えてください
その炎と番う
死を知らないこの風が
生まれゆく場所を
消えてゆく場所を
べつに長くなくてもいいんです。

でも、ほら。
そんな名前の、メイドインチャイナの詩が、
あったり、
したでしょう?

だから、です。

べつにそんなに、
恨んでなんかも、ない ...
日付順文書リスト
タイトル投稿者カテゴリPoint日付
あの白い空に、帰るもの秋葉竹自由詩818/6/9 14:52
コーヒーオイタル自由詩318/6/9 14:43
ギラギラネームイオン自由詩3*18/6/9 14:40
けぶりぐさ自由詩4*18/6/9 13:56
イヤフォン暁い夕日自由詩7*18/6/9 13:51
流星のロマンチック秋葉竹自由詩218/6/9 10:24
14歳の詩ミナト 螢自由詩118/6/9 9:28
ひとみつらむか孤蓬短歌318/6/9 7:56
ごしごしホカチャン自由詩2*18/6/9 7:05
欲望~詩作ヒヤシンス自由詩4*18/6/9 6:55
Rock こたきひろし自由詩118/6/9 6:37
紫陽花の色夏川ゆう自由詩218/6/9 5:00
恋文会議室18/6/9 3:15
僕の世界征服宣言TASKE自由詩118/6/9 2:38
噴水2はるな自由詩318/6/8 23:04
春祭り為平 澪自由詩218/6/8 22:05
隣人カズくん自由詩2*18/6/8 20:27
精神病院にてⅡ陽向.自由詩218/6/8 20:22
ドンファン節花形新次自由詩118/6/8 20:07
詩の世界笹峰霧子自由詩13*18/6/8 19:37
さよならたもつ自由詩1718/6/8 18:16
風と水木立 悟自由詩318/6/8 17:50
ノート(副読本)自由詩118/6/8 17:48
精神病院にてⅠ陽向.自由詩118/6/8 17:37
デリシャス クウキ菅井亮自由詩018/6/8 16:16
ファンファーレ自由詩018/6/8 16:12
PCが銀髪を拒否した陽向.自由詩018/6/8 14:48
田園ミナト 螢自由詩2*18/6/8 10:09
黙する人へ宵闇自由詩318/6/8 0:14
長恨歌(ちょうごんか、「こ」が濁ってるとところ、要注意、です ...秋葉竹自由詩118/6/8 0:02

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 
0.09sec.