少年が絶望を知るには早すぎた

下駄箱の中のパン屑 やせ細った体
一人ぼっちの登下校 あざだらけの顔

踏みつけられて突っ伏した地面から見上げた林間学校の夜空 ネオンライトのない
その自ら ...
  わたしらは
  わたしらをゆるすことが出来る
  こおりの夜や
  ぬれる草花
  しずかな別れや
  なつかしい手のひら 
  それらすべてが わたしらなんだ


   ひとは ...
神さまは忘れてる
僕にキーホルダーをつけたこと
いじけちゃうよ、まったく
こんなに大きくなりました
魚は骨ごと食べました
そして神さまは忘れてる
僕をひざの上に乗っけたこと
どうしたもん ...
大事なことを
言わずに別れる
そんな癖が付く
消える変化球

指に挟むのが
指なら良かった

言葉の画鋲で
心を留める

動かないように
風は遠慮しろ
午後五時を報せる
市営放送の
鐘が鳴る
鐘が鳴る

電線が揺れて
たぶん燕、

飛び立つ

操られている
という
病気の名残りに
わたしはわたしの顔を見る

さっぱ ...
  
  
  
  
  子供は
  
  煙草を吸って
  
  大人になった気になって。
  
  
  
  男は
  
  乳首を吸って
  
  偉くなった ...
あおぞら
シーツが風に舞っている


ひとり
取り残された午後
しろい夢は
触れても何も感じえない


ただ繰り返す呼吸


紋白蝶がふわりと
青に透けて
ひらりひらり舞 ...
ぼけた雲がニヤニヤしながら見下ろしている
2~3時間の命しかないロウソクが
辛うじて火柱を存命させているような
静かな私たち
線香花火の真ん中で
大海を泳いでいる

誰も助言なんかしちゃ ...
【さかくだり】
     
あの懐かしい橋を渡れば
蛙のひしめく道がある
いきものを ころさないように
体が傾むく川下にむかって
足をゆっくりと あるく 

あの懐かしい橋を見下ろせば ...
かかりつけの歯医者が
病気療養のために休診となっている
友人の話だと心の病らしい
腕がよくて人柄もよくて
評判の良かった歯医者だっただけに
とても残念だ
「あんな人にも人に言えないような悩 ...
三日ぶりに入ったその部屋であなたは
やはり窓のそばに座っていて
あなたの世界は四階の窓から見える
この建物の北側のビル群と
真下を通る車の音
時折近づいてくる救急車まで

首だけをこちら ...
この静かな倉庫に

書き溜めておいて

オイラの今の言葉が

過去の言葉にのり

また他の場所で開花してゆく

誤字脱字、語尾外し、

オイラの毎日をまた彩り

他の場所で ...
君が言葉に詰まった、数秒間。
その時間を、僕はきっと死ぬまで忘れないと思う。
僕にとってあの瞬間は、人に心があることの証明だ。
世界が美しいことの証明だ。

悲しみとは未だに仲良くできない。 ...
辺鄙な山あいを川が流れていた
普段は大人しい川。水嵩は少なかった。

その辺りは地図の上では町と村の境目。
上流が村で下流が町だった。県道が一本中央を貫いていて町と村を繋いでいた。
もしその ...
あなたのはなす言葉一つで僕は苦しんでしまう。あなたの苦しみを感じると、どうすることもできないっていう無力感に苛まれる。あなたが笑って生きられるなら僕は死んでも良いよ。僕はあなたの隣に居れない。あなたの ... 世界の終わりみたいに酒のんで寝てます
いつでも電話してください
長い休みをもらったのでありとあらゆる友人に
メッセージを送った
もう少しでセミが地べたから湧いて出る

君らはなにか勘違いを ...
精神の滅形が
赤そして黄色
青へ
そして赤へ
また黄色へ
幅5メートルの横断歩道に
100万人の腕が

そして左
また右へ
風が吹いてやんで
また吹いて
何度目かの誕生日を数 ...
連続殺人鬼を殺したら
連続記録が引き継げるとしたら
連続殺人鬼を地下通路に追い込んで
殺ってしまえばいいのだけれど

あいにく俺は
別のギネス記録に挑戦中だから

運が良かったと思え、 ...
アタシが死んでしまったら
天国なのかな地獄かな
それとも生きてる時みたく
中途半端に彷徨うのかな

朝の光に追い立てられて
真昼の街を漂って
夕暮れ時の原っぱで
血塗れの空を見るのかな ...
きみの心臓
サテンの雫
パールのマチ針で
小刻みにタックを寄せて

ずらさないようミシンで縫えば
ほら丸い

きみの吐息

ぬめりとして手によく馴染む
暗いところで静かに光る ...
「トンデモ科学」と言われる向きもあるかもしれませんが、おもしろい理論と思ったので、載せます。
最近ネット上でおもしろいと思った記事は、「重力は引っぱる力ではなく、押す力」というものです。これはどうい ...
病室が
まあるくしかくく転がって
赤子と死者が廻ります
消えない汚れは
ないけれど
拭えど
壁は白いから

窓を描きます
朝には消えてしまうけど

指に天体を絡めたら
柔しい繭 ...
点と点を線で結んだ
点と点の距離は彼方
いつの間にか近づいて
星座が浮かび上がったように
君がそこに立っていた

(二回の手拍子)

感電したかのように痙攣
静まり返った0.5秒、そ ...
何も言いたくなかったのに
つい答えてしまった
次から次へと嘘は寄せて
やがて影のように長く伸びた

選ばれなかった事が
生きるにも死ぬにも足りない
何も備えずに生まれ
育まれる環境にも ...
はりぼてだよ なにもかも

手垢まみれの美しさと使い古した幸福で
どこへ行こうというの、何になれるというの

ほしいのは、
わたしが知っている
わたしのほしいものではなくて
わたしも ...
優しくなりたいとは思わない。優しくなくても、構わないと思う。
人生で人に与えられる優しさには、きっと限りがある。
無理に優しくしようとしても、限度を越えると押し付けになるように感じる。
僕の優し ...
無数の交通機関が錯綜する喧騒の西成から
市営バスしか走っていない大正へゆくには
まず
運河を越えなければならない
虹の鉄橋を越えるか
渡し船を使うか
ふたつしか手立てがないのだ

アー ...
むさぼるれもん
むさぼる夢間
むさぼるまんこ
こんなに澄んでいる
君の告白はねずみ色
街のまなこに虹の橋
僕と同じ真っ赤なチューブ
桜の花を消した緑の炎
丘の上で震える
5月
雲は海に溶けて
この青空にはない

良い匂いのする風

僕を動かしている
レモン
レモン
また一枚
シャツが脱がされていく
5 ...
暗闇に蒼白い河原の
小石夥しく静まり返り
流れ動き澄む川は無音
黒く光る水面の異様
恐るべき氾濫を孕み
奥まった沈黙を保つ

決して終わらない不安は
この沈黙という深い謎に
剥き出し ...
日付順文書リスト
タイトル投稿者カテゴリPoint日付
少年橘 紫苑自由詩219/5/8 21:14
野原丘 光平自由詩1119/5/8 20:34
キーホルダー至る自由詩1*19/5/8 20:14
キャッチボールミナト 螢自由詩119/5/8 19:14
初夏の夕方田中恭平自由詩319/5/8 17:18
【 吸い切る 】ゆうぞう自由詩2*19/5/8 16:38
青空あおいみつる自由詩13+*19/5/8 13:41
初化粧#2ふじりゅう自由詩019/5/8 12:09
くだるるるりら自由詩16*19/5/8 10:08
心の病ホカチャン自由詩1*19/5/8 9:57
だから高林 光自由詩319/5/8 9:17
運営さんに感謝よーかん自由詩319/5/8 8:19
水宮うみ自由詩1*19/5/8 7:44
川が蛇になってこたきひろし自由詩319/5/8 7:13
名前のない感情みちなり自由詩119/5/8 5:47
魅了の手順竜門勇気自由詩219/5/8 2:37
精神次代作吾自由詩019/5/7 23:55
地下通路にいるチカチーロ花形新次自由詩119/5/7 23:25
OFFもとこ自由詩419/5/7 23:04
きみの心臓三月雨自由詩4*19/5/7 22:59
重力に関する妄想マサヒロK散文(批評...319/5/7 22:40
海原を編む秋良自由詩719/5/7 22:18
点と線と君と中原 那由多自由詩419/5/7 21:32
バースデーネン自由詩219/5/7 21:23
ライ麦畑で黒は映えるq自由詩219/5/7 20:16
水宮うみ自由詩2*19/5/7 20:09
大正グラフィティ一輪車散文(批評...3*19/5/7 18:54
無題4ぱーちゃん自由詩119/5/7 18:37
5月いきり自由詩4*19/5/7 17:55
界の未知(改訂)ひだかたけし自由詩519/5/7 11:22

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 
0.08sec.