バカな僕 それでも今日も メルシーボク 月に行く夢に沈んで死の予感

漆黒に光る波間に浮かぶ声

枯れ葉舞う夏曇りの空の下
だるまさんが転んだと
遊びながら目を開けると
いつの間にか姿を消して

誰もいなくなった公園のススキが
半ズボンの膝を撫でていくのを
見とれているから置いて行かれた

皆どこに隠れてる ...
宇宙の武勇伝に気をとられて
鰻と共に忘れる何か
稲穂を渡り行く風
極暑が緩んだ夕暮れ
遠花火の記憶の重なり
ジミーでも思い出せない
ルーチンワーク
差の女がつい視界に入る
レジは半ズボ ...
いつなんどきこの世界が崩れ落ちるかなんて
誰もわからないよね
もしかしたら世界は永遠にこのまま続くかもしれないし
だとしても
個人としては誰一人そこまでついて行けないわけで

コンビニの深 ...
うつる
ゆめみたいな空に
かわいたお皿
ながれおちる今日と今日と今日
耳たぶのかたさのパン

うそをついてやり過ごした
好きなくつ下をはいても
気持は汚れていて
みあげてもみさげ ...
緑の地平に宮殿は白く
赤い苺の夢が空を覆っている
線路の音が ぽつんぽつん と聞こえ
そのエンジンは東の甘さを運んでくる

愛してる
愛してる
と 風は言う

僕の身体は痛んでいる
...
女神は約束をしないし
願いも叶えない
女神は怒る
約束を破ったと
鬼の形相の女神を
性懲りもなく
あなたは
愛してしまうだろう
優しさと厳しさを
眼鏡のレンズに入れて
見える世界は

教え合って渡り合って
釣り合うようになるから
ぼやけた視界で
諦めずに探した

遅くはない未来を
待つよりも一緒に
掴まえ ...
過ぎ去っていくものは
二度と落ちてこない
それだけがやけに寂しく
心に突き刺さって朝になる

二度と開かない扉を叩き
目を閉じて三秒数える
それからその場で一回転し
まっすぐ家に帰る
...
   午後3時

   ファストフードでドラマティック

   豚汁1つで

   「領収書ください」
どうにも詩が書けないので散歩に行くことにした。

外は、晴れ晴れとしていて、言葉を忘れるくらいに平穏だ。
雑草の生き生きとした緑。空のまっさらな青。そういったものに見惚れる。
風景は言葉のいら ...
寝たと思ったら もう朝だ
雪が積もっている
足を組んで 爪を切る
そして、
君は自販機との距離を正確に保ち
鬼と河童と天狗は密談していた
Mermaidを誘うかどうか ――革命に
あゆの跳ぶ川が
海へ流れる

傷つく命の木々の切れ端は
その運命を知らされず

煌めく朝の赤い水しぶきは
暗闇を怖れた少女の流した血

さみ ...
○「住職」
住職に会ったので
忙しいですか?
と尋ねたら
今日は三件あります
という返事が返ってきた
やっぱり猛暑だからですからですか?
とさらに尋ねたら
いや、やはり季節の変わり目が ...
わたしを壊してとお願いすると
あなたはもうとっくに壊れている、と耳を噛むのね

ひもじくてひざこぞうのカサブタを
食べた記憶をくちづけたら
眉をしかめて吐き出さないで
わたしそのものを
...
 もとは華美だったとわかるうつくしい布切れを纏い、にぶく輝く金の鎖をつけた骸骨が、足を引きずりながら、ま白い日の照りつける、荒涼とした砂漠をよろめき歩いております。
 透きとおるような薄青い空に、白 ...
修行中の我が身、
我が心、我が魂
ギリギリの魂の叫び声をあげろ
祈れ。
未熟な己から眼を逸らすな
駄目なら駄目で墜ちてゆけばいい
抗いながら、
諦めに呑み込まれながらも
心の奥の種火の ...
ゆるい風が吹き込む午さがりの窓辺に
詩がものうげにもたれかかって
遠い目をしている
 (私のところにあらわれる詩はいつも
  遠い目をしているが
  この時期はとりわけ遠い目をしている)
...
苦みが味覚でもっとも
秀でたものだと知ったとき
ひとは少し大人になれる

そして気がつく
生に於いても
それは同じではないかと

例えば
苦難 苦労 苦悩などが
それにあてはまると ...
寝たと思ったら もう朝だ
雪が積もっている

欲望が行き交う
横断歩道が眩しい

なにはともあれ
日々の暮らしがあるだけ

鬼と河童と天狗は相談していた
Mermaidを誘うかどう ...
都会のスピードに慣れようとして
おもりを外した身体で生きる

良く見えない星に掴まるよりも
ネオンの明かりが無個性に光り
次から次へと流れていくから
タクシーを止めるのが下手だった

...
草木が揺れる
涼やかな風吹いて
自転車が通り過ぎる
艶やかな髪なびかせて
行進、行進、夏から秋へ
透明になって浮かんでいる、
己の四肢を遠く見る
スーパーボランティアのおじいちゃん行方不明に

【続きを読む】
ホリエモン(堀江貴文)が「獄中ではもっぱら本を読んでいました」と語ると、記者が「何を読んでいたのです?」とたずねた。
「小説ですね。山崎豊子の『沈まぬ太陽』とか。あれは面白かった」

わたしはこ ...
息の根が 萎れかけている
卒寿をすぎて 腐りかけている

色艶を なくして しまったし
弾力も 喪失してしまった
だから
もう いつ塵箱に すてられても
おかしくはないのだ

覚悟を ...
しつけを
丁寧に言うとおしつけ

おしつけられたら
丁寧に従って
かしつけにするか
丁寧に反発して
かしつけられるか

かしつけを
丁寧にのしつけて
かえす時が来る
更年期だからもう卒業させて、と嫁さんに言われた。摩擦で粘膜が痛くなって耐えられないの。
それがセックスを拒む理由だった。
突然の卒業宣言に私は戸惑った。
男の性欲は簡単には終了日を迎えられない。 ...
雑木林の奥の崖まで行く癖がある
そんな時に偶然見つけたのがこの教会だった
天井近くには鳥の巣まであるほど廃れていて
キリストは取り外されたのか
薄汚れた大きな十字架があるだけだった

軋む ...
コの字の形をした控室に
ルームロッカーが並んでて
中身だけ抜き取られたように
ハンガーが各自一本ずつ整列している

その服を着て出たのか
それとも初めっから
誰もいなかったの ...
日付順文書リスト
タイトル投稿者カテゴリPoint日付
菅井亮俳句018/8/20 11:01
夢現ひだかたけし俳句418/8/20 10:36
未来ミナト 螢自由詩118/8/20 9:41
いっぱいだった間村長自由詩718/8/20 9:35
この世界がこたきひろし自由詩418/8/20 5:34
青い塗料はるな自由詩618/8/19 22:04
フレーク状の雪由比良 倖自由詩218/8/19 21:16
あなたの女神腰国改修自由詩2*18/8/19 21:08
友達ミナト 螢自由詩218/8/19 20:41
二度目ネン自由詩218/8/19 20:05
ドラマティックさがらみずは短歌0*18/8/19 19:08
緑と青水宮うみ散文(批評...2*18/8/19 17:54
その朝 (未題 TAKE2)空丸ゆらぎ・...自由詩418/8/19 17:14
朝日に走る水しぶき秋葉竹自由詩318/8/19 17:09
独り言68集      ホカチャン自由詩218/8/19 13:36
火ぶくれのハクチョウ田中修子自由詩518/8/19 13:26
透明なナメクジと金の飾りに、骸骨のお姫さま散文(批評...318/8/19 13:11
叫び八木ヒロマサ自由詩218/8/19 13:03
残 夏塔野夏子自由詩1*18/8/19 12:11
苦みHAL自由詩418/8/19 12:03
未題 TAKE1空丸ゆらぎ・...自由詩918/8/19 11:34
東京ミナト 螢自由詩4*18/8/19 10:58
推移ひだかたけし自由詩418/8/19 10:40
ネットニュース1花形新次自由詩318/8/19 10:25
ホリエモン、文学を語る一輪車散文(批評...118/8/19 9:29
息の根が信天翁自由詩318/8/19 9:28
おしつけイオン自由詩318/8/19 8:39
更年期だからこたきひろし自由詩618/8/19 8:03
「祈りの残骸」桐ヶ谷忍自由詩418/8/19 7:21
Air唐草フウ自由詩218/8/19 5:03

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 
加筆訂正:
透明なナメクジと金の飾りに、骸骨のお姫さま/田中修子[18/8/20 6:41]
重複している分を削除しました。一輪車さん、ご指摘をありがとうございました!
0.07sec.