時間が経てば成長している
付き合いが続けば深まる関係

あなたに出逢えた日
決まっていたかのような出逢い
リアルに想い出している

直ぐに意気投合して
あっと言う間に付き合いが始まった ....
冷たい雨が降る
十月のはじめ

肌寒くて
理由もなく悲しくなる

今年初めて
ヒーターのスイッチを押して

人生は幻だと思った
パスワード無しで
誰でも見られる

それは
疲れた日々に優しい

手書きのメモ
遠くに見える鉄橋
電車が夜の川を渡る

橋の向こうに
工場の煙突があって
紫色の煙を吐いていた

光が川面に映って
水の上を滑っていく

それは
寓話の挿絵のように見えた

 ....
いずれ遠くなっていくこの一日に
ちょこんと座り瞑目する君は
未だ見ぬ異郷の光景が
大地をカッと割り姿現わすのを
静かに一途に待っている

)風の匂い 大気の感触
)あゝ既に遠い一日よ
 ....
ただ
暖房をつくった人はえらい
それだけです

強くもなく弱くもない聖者は
やはり
強くもあり弱くもあり
寒い日には
ストーブの前です

ぬくぬくとしないとぬくぬくを忘れるし
 ....
たよりなく点滅する街灯
いつかここはけものすら通らない
道だったものになって
雑に置かれた石のひとつひとつ
大いなる妄想を抱かれるのだろう
そのときぼくは
薄く伸ばしたセンチメンタルに
 ....
音程が合ってないよ (知ってる)
社会の常識にそぐわないよ (知ってる)
地上から見える太陽は赤くないよ (知ってる)

知ってるわ死ねーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!
踊れパレードを



皆した身だしなみ



良い宵。酔うよ、いよいよ。



う~思い出せない。
なぜだい もおーぅ!
 
そいつの

寂しいから寂しいと言って
なにが悪いんだ、ばかやろおと
ほざいた横顔が
頰を固めていて
柔らかな肉が突っ張っていて
なにかをこらえていた


夜に

 ....
  

あけぼのも
 やぶんの
  しろしのたまいも
   うんじゅがなさきどぅたぬまりる
    こうとなく
     そのこえそのこえこそ
      ものの
       のぞ ....
昏倒のような深夜、ブロック塀に書き殴られたイルーガルな単語のいくつかは綴りを間違えていた、まだ十月も終わっていないというのに不自然なほど冷えていて、俺はふらふらと歩き出した最初の目的をすっかり忘れ .... 暗い空が降下して来る
無数の星が唸っている

月は冷たく満ちていき
海はぬるく淀んでいて

大きな法則が壊れていく
音を私は聴いている

(土の匂いと大気の匂い
そして不断のザワメ ....
{引用=


ひな鳥が水を払いながら
ペタペタ(なんて音はしないけれど)
昨日も今日も
ちがう道を歩んでいた


二重虹がかかっていた
眩むような光が差して


恋人の胸に逃 ....
フルカラーで発火した
みずみずしい決意を
まなうらに思い浮かべ、
テトリスの要領で
ふりかえらず、
言葉と和解しろ


ふりしきる利他行為の中で
比喩に住まわせる
あなたのひと ....
ときおり夕焼けが逃げていくように
あの子が駆け出し
「明日、また遊ぼう」と笑顔で手をバイバイさせる
「おう、絶対な」って即答し
公園と夕暮れが終わるはず

シーソー、ブランコ、すべり台
 ....
手紙が晴れない

雨もふらない

雲ばかりながれて

地球に暮らす

花は育ててみたい

うす紅色の小さな花

だれかと一緒でも

出掛けても

どっちともなく青と海
 ....
三本の樹と暗い野球場
何もかも本当にあったこととは思えない
記憶の扉が開いて
暗い、影のような光景が
逆光のオルゴールの音色のように

そこに新聞紙ははためいて
何もかもが思ったより早く ....
我々の最高傑作は過去には無く、いつだって未来に在るという事。
過去の栄光など、未来の栄光に比べれば、単なる佳作に過ぎぬ事。
行き交う人
転がる石

吹く風

風花

○「マイロード」
みな必然を生きている
自分の道しか歩けない
しぶしぶ自分の道を歩いているか
積極的に歩いているかのちがいだけである

○「携帯料金」
毎月一人7,8千円払っている人たち ....
齢九十四の祖母は
早朝仏間にて
おきあがりこぼし
をつつくのが日課だそうだ
親しかった誰かや
猫やに
ゆっくりと話し掛けながら
トン と

すると
おきあがりこぼしが
カラン ....
セックス

セックスするためにヒトは生きるのだ

人間関係、社会問題、このような4字熟語はすべてこの文字で置き換える

「セクロス」

そうだセクロスだ!

けしからん

聞き ....
西陽を受けてひとり歩きながら高架下で飲むUCCの缶入りミルクコーヒーは美味しい 風呂上がりにひとりビジネスホテルの自販機で飲むアンバサは美味しい 雨風に家が鳴いているから
壁の写真を剥がして日焼けを数えて太陽を
探しています、乾いた唇が忘れた温度は

カップの欠けた縁みたいに痛覚を撫でる

破いて散らした写真の風吹は夏の嵐を
さら ....
夜の入口にて
誰かと誰かが話している 

太陽が無限に没した後
地球という宝石箱はぶちまけられ

夜の入口にて
誰かと誰かが話している

蠢く闇に包まれて
密やかに、密やかに

 ....
こころ
穏やかに
すっきりして
かつ
内に
黄昏を
孕んでいそう

こんな良い日は
そうそうない
いちにちを
ふりかえってみれば
気になることの
塵(ちり)、もない

や ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
深まる二人夏川ゆう020/10/31 4:56
神無月ガト020/10/31 3:33
いとしい字020/10/31 3:32
神崎橋020/10/31 3:28
異郷ひだかたけし120/10/30 23:06
暖房還俗ななし020/10/30 22:04
彗星と空想の際カマキリ120/10/30 21:59
崩壊しよう印あかり120/10/30 21:26
転回文章水宮うみ1*20/10/30 21:08
heavenエレン020/10/30 17:15
誕生日ヨロシク020/10/30 16:58
挽歌秋葉竹220/10/30 2:27
此処乍らAB020/10/29 23:04
ダイスを転がそうと棒を倒してみようと、それで行く道が決まるわ ...ホロウ・シカ...120/10/29 22:59
ララバイひだかたけし120/10/29 22:49
ひとしさいしだけいた320/10/29 22:43
パトス星 ゆり120/10/29 21:55
老い老い秋也020/10/29 21:30
秋の風景画ななし120/10/29 18:02
夜の隙間由比良 倖320/10/29 13:42
最高傑作クーヘン120/10/29 12:08
残秋ヨロシク020/10/29 8:14
独り言310集ホカチャン2*20/10/29 6:29
おきあがりこぼしななし2*20/10/29 6:20
なぜヒトは生きるのかフッカーチャ...120/10/29 2:46
飲み物シリーズ#2 『UCCの缶入りミルクコーヒー』奥畑 梨奈枝120/10/29 0:10
飲み物シリーズ#1 『アンバサ』020/10/29 0:05
あらしのよる帆場蔵人420/10/28 22:18
夜の入口にてひだかたけし320/10/28 20:45
(こころ 穏やかに)田中恭平320/10/28 20:31

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.4sec.