こうしていることを景色に
僕はいつも見ているのだ
その
始まりを感じない
ベンチの上で 今日も


暑すぎた日差しの差していた道は
もう 何の変哲もない時間
冬のある日 僕は
この ....
そんそんと そそり立つ巨木たちが
おんおんと 響きあう静寂の中で
ぼくは何を探しているのだろう
ひと際太い老樹に聞いてみた

わしらは千年以上の時を過ごしてきた
人間の来る処ではない
わ ....
希望の春なんて
縁遠いことだと
思っていた幾歳月

春は愁いの季節なの
自分に聞かせた青春

共に学んだ彼らは
希望に胸を膨らませ
巣立って行った

遠い遠い
むかしの思い出が ....
酔いたい自己肯定感が居て、雨後、腰痛いよ。
よいたいじここうていかんがいて うご こしいたいよ


イルカ愛す存在。酸素吸い明るい。
いるかあいすそんざい さんそすいあかるい


寝た ....
自転車に乗る少年は

何者かに切り刻まれる

助けてと泣き叫ぶ

黄色い空気に血が溶け滲む

しかしそれは身体を切られたわけではない

魂をちぎり切られたのだ

自立の痛みだ
 ....
繰り返す円環は

螺旋になる

それは僕らが数という

概念を持つからだ




ふと思った


ので書いてみる
柔らか純白の歪な形に輝き響かせ
ふっくらふんわりふらりふゆうし
あるもの在るものと頷かせ白雲よ、

火球の燃える天空を遊泳しながら
こんなに色づき薫り漂う梅の香と
重なり連なり大地の営みと ....
 午前0時も半ばを過ぎて ヨット・ハーバーの周りには 黒い潮風と引き揚げられた古ボートが眠っている 白くぼやりと浮かぶのは 疲れ切って萎えた帆

 その白さに小指ほどの言葉を当てはめながら ....
大切な悲しみ
という名の鉛筆で
書く
希望を忘れ去らない




目を
ひらいて
気付いた
空の青さは
魂の悲しみだ



いのちの
遠さを
近く
感じる
 ....
ごーなな、ごーと指折って
なな、なな、を数えるうちに
バカバカしくもなり眠りにつく

次の夜
字余り字足らず能足らず
腹立ってきて「全破調!」と書く

野垂れ死にするかもしれぬと
黒 ....
夢の橋を渡ると、
ショートボブの君がいた
 会えて嬉しい
と、可愛い仕草で笑う

それからふたりは、
君の村まで歩いて行き、
南国風の立派な家で
沢山のキスを
揚げたての天ぷらで食べ ....
食べてすぐ横になると
牛になって
川まで来ていた
晴れたら洗濯をして
布団を干そうと思っていたけれど
雨も降り出して
残っているものもない
これからの人生どうなるのだろう
いや ....
ごめんなさい

ずいぶんと久しぶりにもかかわらず、あるいは
そうだからこそ?
マナー違反の連続張り、やりまくっています。

ま、これ一回だけなので、許してやってくださいね。

いーや、 ....
  

そうやってあたしたちは
その歌が聴こえてくるのを
信じて待っていた


今夜こそありがとうと云えるという
溶け始めたグラスの氷みたいな嘘を
溶かさないよう ....
 

イヤホンが外せない深夜3時に
けっこう珍しい白黒の夢を二度みた

なにも起こらなかった昨日今日の
彼の真っ黒な慟哭を聴いた気がするよ

すべてを棄てたって云ってたよな
なに ....
はなびら、
すいへいせん、
タイムリミットのある、
うんめい、
あのひ、
うちぐつ、と、そとぐつ、
は、きわめてらんざつに、
はきかえられて、
つりあわない握力で
掴んでしまった、
 ....
透明なままで
色付いた景色は白くて
その真っ白を追うほどに
静けさは遠のいていった
喧騒の騒ぎは常に内側にあって
内側に探し求めれば外側にあって
そうする度ごとに
鳴り止まない邪に錯乱さ ....
お前が不幸ってか
辛いとかけ
ならよ
そこでやれよ理論や
上の人間の闇を
えてしてないで
上だって辛いんぞボケ
5年、6年、8年しないでここくるんやろ?
クソが
遥かな道?だけどよそ ....
言葉の聖者やど
漢字検定準1級や
なめんなよ
お前ごときが詩人歴12年+漢字検定準1級所持(合格率8%)に勝てるわけねーだろ
お前詩人歴何年やねん
俺はもう30近い29やけど詩人歴12年だか ....
何度も捨てようとして
捨てられなかったガラクタを
長々と引き摺りながら
早咲きの桜の下を歩く

まだ冷たさを宿した風に
背中を押されるままに
歩道に散らばった花弁を
踏みにじりなが ....
穏やかな温かみの奥底から

静かすぅと姿を現すもの

深い 深い
海の底にいながら

うねりノ無音

無音の瞬間



 生と死の狭間に立たされ、



未だ肉の生命 ....
人が飛び込めば湖も革命の単位になった
手紙に張り付いた幽霊の筆跡を
植物を魔女に見立てた寓話と取引し
子供はそれが対等ではないことがうれしかった
飛び出し、逃げ、貴方を棚上げにした人。
とびだし にげ あなたをたなあげにしたひと


似るは誰。置き去り、咲き折れた春に。
にるはだれ おきざり さきおれたはるに


書かれた手紙。 ....
○「大谷選手のプレッシャー」
大谷選手にプレッシャーはないのか
と時々思う
あれだけの報酬と期待がかかる中で
眠れぬ夜はないのだろうか
器も特大だ!
ワイフの一言に寝付きの悪い夜を過ごすと ....
おまえは知っているか
あの列車に
何人の人が乗っているか
何人の人が笑っているか
何人の人が泣いているか

おまえは知っているか
あの列車が
どこで曲がるか
どこで闇に入るか
どこ ....
Minimal musicの傑作といってもいい
エストニアの現代作曲家アルヴォ・ペルトの「鏡の中の鏡」は
多分、誰もが一度はしたことがあるだらう合はせ鏡に映る
永劫の尻尾を見るやうな蜿蜒と続く鏡 ....
あー久しぶりに
マスがかきたくなった
昔みたいに
想像力を働かすだけで
何も見ないですると
不思議なことに
頭に浮かぶのは
中学生の頃の
あの娘のことばかりで
だからといって
俺が ....
一か八かからさしせまってきたから
そこに数字をまるくおとしました
おとしましたをおとしましたがおとしま33333333

この考え方になり人生変わりました

誰がバカがただしい くて
こ ....
肉の輪郭崩れる前に
泣く、哀しみ湛え、笑う
降り積もる雪の純白の帽子被り
泣く笑う 静かさに佇み

 次第どろどろろ崩れ

死して新生する、

己ではない誰かの為に
光の矢、無数無数次々と

暮れなずむ空に打ち上げられ

聳え立つ漆黒、
コニーデの山塊を

光の帯、ぐるり輪を描き輝き放ち取り囲む
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
2月の公園で番田 024/2/29 1:54
宮沢賢治のオマージュレタス024/2/28 22:59
rarely happy springけいこ224/2/28 21:29
酔いたい夜水宮うみ024/2/28 21:06
地獄の子 地へ移行陽向(2躯-...324/2/28 20:55
めもうし024/2/28 20:13
A DAY IN THE LIFE(改訂)ひだかたけし4*24/2/28 17:43
海(2006)中田満帆324/2/28 14:02
※五行歌 六首「大切な悲しみ という名の鉛筆で」こしごえ2*24/2/28 9:12
 もう、歌を歌うしかなかった室町424/2/28 8:45
夢の橋atsuch...524/2/28 7:30
波紋たもつ424/2/28 7:05
まだ無題秋葉竹2+24/2/27 23:49
くれないの風のうた224/2/27 23:37
くれないの風が吹く224/2/27 23:35
融雪本田憲嵩524/2/27 22:59
あの日の追憶陽向(2躯-...4*24/2/27 21:29
遥かな道?だけどよそこでやれよ理論3+*24/2/27 21:00
言葉の聖者なめんなバカ224/2/27 20:42
ガラクタ夏井椋也524/2/27 18:39
本性*ひだかたけし424/2/27 17:10
ぼくらのダニケ224/2/27 13:45
飛び立った人水宮うみ024/2/27 12:01
独り言を2.27ホカチャン2*24/2/27 9:28
無錫縦貫快速白吐線室町4*24/2/27 8:15
鏡の中の鏡――アルヴォ・ペルトに寄せて積 緋露雪0...224/2/27 4:45
横須賀の一夜花形新次124/2/26 21:45
セメントメントそのメントらの教義陽向(2躯-...3*24/2/26 19:57
悲劇の道化師ひだかたけし5*24/2/26 18:33
意識の光景、五行歌借り324/2/26 16:52

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.08sec.