もうあざやかさにそめあげられた青空が
海に落とされ
凍りつく落下速度の門を
美しく破る波の牙

切り立つ崖の上に立って私の
半生を眼下の海に沈めたい

秋も終わり

歌う虫もいず
 ....
加工されていない人間なんて青い雲が描けない。それは月が悪いわけでも土が悪いわけでもない、ただ星の巡り方が良くなかった。そういう時期の収穫物だった。それだけの事だ。そう言ってほしかった。ただ青い雲が描け .... 石ころになりたかったんです
道のはしっこで
誰の目にもとまらないように
ときどき蹴飛ばされても
誰のことも恨まないような
ちいさな石ころになりたかったんです

たいせつな物は思い出の中に ....
にいにいよんよん
にいよんよん

猫がにいと鳴いてよんと応えるのはハンモックあるいは立て付けの悪い扉にいにいと錆びたノコギリよんよん

時間にばかり目がゆくのはニィ書けないからだと知っている ....
知らない人だらけの教室の中で
周りの会話に耳を傾けていた

誰か話し掛けてこないかな
友達ができたらいいな

一人きりで弁当を食べながら
周りの会話に耳を傾けていた

誰か話し掛けて ....
アラームばかりが鳴る世の中だ
ポットや洗濯機のあなた
キッチンタイマーや高級車のあなた
人間全体休め!
何億年に一度世界全人口が夢を見る
悲劇であるが喜劇というらしい
今夜は肌寒く風が吹い ....
切りとる
世界を
見せて
おくれよ
写真じゃ
ダメさ
詩じゃなきゃ
見えない


心という
見えないもの
おもいという
不自由なもの
楽しげな
笑いなら
楽しげに
見 ....
見とれていたんだろう
月に
いいんだよ、急に猫に戻らなくても

猫は「え?」って顔をして
猫ですけど?って言いたいみたい

邪魔はしないよそれじゃ。また

子育て大変かな
長いこと ....
あなたはどうして
広げた腕に光と闇を
交互に見せるの

優しい顔で
厳しい事を言う

大縄跳びのジャンプに
飛び込むタイミングが
まるで解らないように

私たちずっと
迷ってい ....
夜の闇はとろんとした、優しい液体のようだ。
それはスープを眺めている時の感情と似ている。
それは静かな湖をひとりで眺めている時の感情と似ている。
ただ、ぼくを包み込む。
その中にとっぷりと浸か ....
着衣のマハ、裸のマハを描いたゴヤに
魅了されて牢固(ろうこ)ちゃんは
うちで戦っている
引退宣言もあまり伝わって居ないようで
性懲りもなく再び詩作を始めるが
連絡帳には「ガーデン」の単語が
 ....
巨大スクリーン天空の
奥へ奥へ流れていく
鰯雲を背景に
右へ左へと
歩き去る
人人人
確かに属していた
あの世とこの世の境界の
フルサトを捨てて何処までも
つまらないんだよ
なにを言うつもり?
言い訳しないのね
つまらないんだよ

悪魔が作ったみたいな
ラビリンスに迷い込んで
心の外側から削り取られてゆき
私にはなにも残らないんだよ
 ....
毎日をスマホで撮影する
それをSNSに掲載するから
ボクは日刊写メラマン

だけど、SNSに掲載すると
あとで、その日の出来事や写真を
思い出せなくなるんだよね

カッコよく言うと
 ....
線路の隣で揺れるコスモスが
うなだれた首を守りきれずに
飛ばされていく自分のように

シャツのアイロンを忘れたくらいで
家に戻るのが面倒になって

朝は行列に並ぶことなく
好きな映画を ....
久々の実家に泊まり
ふと手をみれば
爪はのび
父と母はよたよた、歩く
○「仮面人間」
「おとなしく真面目」という
仮面をつけておれば
親や先生は安心する

○「人の本質」
人の本質は
何に苦しんでいるか
何を楽しんでいるかに
現れる

○「絶対の言 ....
この目に見えないもの
たとえて言うなら
この世界の片隅

何処だよそれ
漠然とし過ぎだろ
地球は文字通り球形なんだから

この世界の端とか
真ん中とか
有るとしても
どこを指すの ....
青白む空に星が燃やされていく
ささやかな虫の声と
なめらかな雲の影が葬列を成して
焚きつける東の空は間違いなく翠の色をしているのに
遥かの路上を引き裂くタイヤが全てを置き去っていく

心で ....
お気に入りの場所バラ園
何十種類もあり
魅力的な香りに酔いしれる

広いバラ園は長くこの場所にある
カフェなどもありちょっとした観光地

若者たちよりも
初老の夫婦をよく見かける
バ ....
死ぬ時は死ぬ時の
風が吹くのではないですか
内側の草むらが騒ぎ
いくつかの虫が飛び上がるのでしょうか
あれは何? 毛布?
黒い毛布を吊るしてカーテンにしてください
瞼の上から光が眩しすぎる ....
一通りのものを失った朝

指を組みながら浮かんでいる

青の洞窟が何重にも存在し

私とあの人はその間で点となって

孤絶と愛の半直線を結ぶ

波が静かな真夜中だけ

洞窟の中 ....
なのに
たゆたうように月は光りつづけ
あきもせず夜空を見上げる
あなたの横顔が冷たい

聴こえるはずのない
化鳥の鳴きごえがした

なにかを奪い去る甲高い意志
その悲しみを ....
蒼く透き通った
ワインボトルは空で
すこし前まで
愛しあっていた
気持ちが血の色に染まって
ドクンドクンと
恥ずかしいほど大きな音が
たっぷり入れられた液体のなかで
聴こえて ....
あゝ、なんという草原

弱いものを食べてはいけないから

新しい雨が詩のように降るよ

ゆるやかに吹く風は

甘いジャムの香りがするよ

そしてあなたは死んだのだ ....
歩いてきた道を引っ張ったら一本のロープ
あなたの道はからまって寒い夜の吐息
手を離せばロープはひらひらと花びらに変わり
あなたは残された花芯
それから間もなく雪が降り積もるから
真っ白な世界 ....
霧と緑が
空に到くほど昇り
その反対側は
水平線を覆い尽くしてのびている


夜と鴉は無言で争い
少しずつ異なる記憶が
水たまりの底に並ぶ
小さな波に歪みなが ....
8憶光年離れた所から
昼寝中の僕の所へ
死んだ母親がやってきた

わざわざ
「もう、あなたのことを守れない。」

言いに来たのだ
天井に映る暗い顔

約束が違うな
思いつつ
 ....
あなたはもう
帰る場所を決めて

私が乗り込む事の
できない飛行機の
偉い座席に座り

遠い国から国へと
渡って

記憶の中に
新しい砂を撒いて

私の姿を消して
いくでし ....
曇天の下
風が吹き続けて
いる
海を渡り山を渡り
街に届き
今 君の乳房を
掠めて
いく

白い肌 白い街並み

すべて すべてが
スキトオル
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
どうすればよいのかが、わからない秋葉竹018/10/21 0:05
人間描こう万願寺りり018/10/20 23:40
未詩・秋のはじまりに西山周018/10/20 23:09
東の国の眠らない夜/即興ゴルコンダ(仮)投稿こうだたけみ0*18/10/20 21:16
風使い1486 1...118/10/20 19:40
アラーム腰国改修018/10/20 18:40
詩のうた犬絵318/10/20 18:17
白月腰国改修3*18/10/20 17:51
ミナト 螢218/10/20 17:14
夜と雨音言狐018/10/20 14:54
牢固ちゃん間村長3+18/10/20 14:16
ガラス越しひだかたけし418/10/20 13:07
あっちの別れかたがのぞみよ立見春香418/10/20 11:37
日刊写メラマンイオン118/10/20 11:28
偶然ミナト 螢218/10/20 9:26
実家にて服部 剛118/10/20 8:32
独り言76集       ホカチャン118/10/20 8:11
この目に見えないものはこたきひろし518/10/20 6:43
あさやけ久野本 暁218/10/20 5:30
天国のようなバラ園夏川ゆう318/10/20 5:18
Ktの死春日線香318/10/20 1:54
青の洞窟渡邉 由于2*18/10/20 0:53
月の舟秋葉竹618/10/19 22:23
蒼い瓶218/10/19 22:19
な、なんという雨218/10/19 22:18
新しい道腰国改修3*18/10/19 21:09
ふたつの色木立 悟418/10/19 19:40
約束いきり518/10/19 16:52
異国ミナト 螢218/10/19 15:13
風の行方ひだかたけし418/10/19 14:04

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.41sec.