方形の中に立ち或いは座り
ゆっくりと口から出るがらくたを置く
いくつか向こうの方形にも人がいて
horizontalには向こうだが
verticalにはずっとずっと離れてる
見える限りに見れ ....
僕は半年ぶりぐらいに そして
しかし テレビのサッカー中継に海を思いながら
飲み屋で 僕は でも yに会い 目を 閉じていた
前と同じ食べ物を そんな 隣で注文されていた 僕は飲み屋で

 ....
新しい歌を聴いて、ぞっとした。

いずれこの歌も、思い出になる

現在進行形の、この恋の全てを当てはめて

失った先も、聴くんだ。
無理しない
ほんのちょっとも
無理しない

毎日つづける
毎日がんばる
楽しい範囲で

はしゃがない
調子に乗らない
やりすぎない

少しずつやる
いろいろなことを
いろい ....
あなたは炎の匂いを嗅ぐ狐のような表情で
ふっと短い息を吐き、蝋燭の灯りを消した
春薔薇の咲く庭にて風を見送る
風鈴の青に恋こがれ 思い出せない悲しみが増えてほしくない
はっきりと苦しんできっぱ ....
時を越えた所からやって来た旅人は
コンビニでアルプスの天然水を買い
透明シリーズが好きだと話してくれた

流行っているよねと相槌を打つと
手提げ袋から色んなお茶を取り出し
飲んでいいよと言 ....
漆に触れれば痒くなる



深い祈りを

見せておくれ

ときめく姿

見開かれたこころ

静かに

ぼうっと低い音で奔る

燃えるような白馬

たてがみにな ....
苦しくなると
あたしの中の
自称詩人が甦る

耐えられないと
自称詩人が顔を出す

自称詩人なんて
嘘なのに
どこにも存在しないのに

つい自称詩に
頼ってしまう

あたし ....
命はいつも燃えたフリをして
シャツの襟に黒い灰を残す

戦ったばかりの今日でさえも
明日から見れば練習の日だろう

夕陽とゴールが重なるまでに
どれだけの汗を流して来たのか
果てなき夢 ....
食器棚にお皿とお茶碗を片付けるまえ
年になんどか悪意なく手を滑らせて
割ってしまう

箸を筮竹(ぜいちく)に見立てて
自分の今日の運勢を占ってみる
五人分をまとめて持って
黄 ....
マイロードを参ろう
マイロードを参ろう
だれになんと言われようとも

マイロードを参ろう
マイロードを参ろう
だれになんと思われようとも

そしてマイロードは
前ロード
果てしのな ....
おはようございます
おはようございます

いい天気ですね
いい天気です

空が綺麗ですね
本当ですね

風が気持ちいいですね
すがすがしいですね

日差しも綺麗ですね
朝の気 ....
明日晴れたらいいのに
明日晴れたらいいのに
明日は君の誕生日

明日会えたらいいのに
明日会えたらいいのに
明日は君の誕生日

おいおい夕焼け
気が早いな
明日は君の誕生日
俺ならできる
俺ならやれる
俺ならいける
俺なら笑える
俺が俺なら
本当は それぞれが 輝く筈の
星空を 見上げれば 一等星が
眼に映る 確率が 大きいから
何時だって 嫉妬 されるのね

個々に 良い瞬き方を 知って
実践している 星たちの 中で
 ....
あなたの感情のの中に
1つの欠片でも私があるのなら

それを1つの種子にして
私はあなたの中に蔓延りたかった

過ぎてしまった歳月の中に
ふとよみがえった記憶には
切ないあなたへの恋心 ....
朝から無闇に鼻がむずむずして
{ルビ嚔=くしやみ}がひつきりなしに出てゐる
三日月を{ルビ紙縒=こより}に縒つて
つツ突いてみてはどうかと云ふ者もあるが
あんなに綺麗なものは
かうやつて眺め ....
つむじまがりのへそまがり
ろくろっくびのしんせきか

すっぴんびじんはどこにいる
夜盗のはびこるこのまちで

つけまとフェイクでまどわして
やっぱりあなたはいいおんな

ついでといっ ....
歩き慣れた
薄暗い路地で
三角と丸に
補助線をひき
その中心点から
正弦となる
球を描いた
その陰の接線に
並行に交わる点と
最初の中心点に
関わる三角柱
その理を
支点として ....
遠すぎて不安になった心が
ポケットの外で鈴を鳴らした

助けてという言葉の代わりに
瞬きの音を残してゆくよ
りんりんりんと見つめる夜空に
リンリンリンと電話を掛けたい

あの人の番号を ....
雨のにおいがする
一年ぶりの青紫を滲ませて
水たまりは歌う



いいな
そうだ きいてよ




わたし

ほんとうはクラゲに生まれて
不老不死の体で漂っていたかった ....
自己紹介で特技をきかれた
特になし
そう答えたならもう
終わりだと思った。

ようやく気がついた
あの子より私の方が絵がうまかったかもしれない
あいつより私の方が難しい曲が弾けたかもしれ ....
言葉が尽きたら
裸になりましょ
凍てつく夜に
凍えないために
もう、
幸せなんてどこにもないと気づいたから、
ありときりぎりすのきりぎりすのように
歌を歌って生きていこうと決めたのだ。
せめて、歌を歌って楽しいふりして
生きて行こうと決めたのだ ....
何でも持っているし
何でも知っている
解けない問いは一つもなく
言葉に窮したこともない君

花を摘んであげた
童謡を歌って聞かせた
ブルーベリーマフィンを焼き
休日は一緒に ....
耳たぶが痛い
イヤリングのネジを巻きすぎた

気取って慣れないおしゃれをする
乙女心は大人になったはずなのに。
あなたは目を閉じる
すると見えてくる
哀しみ

逃げるのではなく
拒むのでもない
内側にある哀しみと
向き合う

泣いている人が
本当に悲しいのかは
外側からはわからない
笑っ ....
ひとつの楽曲が
獣のように現れては去って往く
そんな境界で白いけむりを手繰ること

倒木の洞
爛熟の火照りから上ってくる
固く閉ざした{ルビ鞘翅=さやばね}の囁くような反射

メモ書き ....
ジイチャンは群れない
ひとりコップ酒
愛犬の尻尾フリフリで
癒される

ジイチャンは無口
ひとりコップ酒
演歌を聴きながら
己れを鼓舞する

ジイチャンは仕事が命
ひとりコップ酒 ....
君は僕
ぼくは君

君は僕を見て
ぼくは君をみて

君も僕も
この宇宙の宇宙

僕は君
きみは僕

地球の欠片
宇宙のかけら

青い大宇宙の中で
出会った僕ら

細 ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
宝石腰国改修018/6/24 21:47
6月の海を行く番田 018/6/24 21:24
歌と思い出巳 砂018/6/24 20:59
日々是精進カズくん018/6/24 20:08
薔薇の庭朝井小々波018/6/24 18:57
時に旅人[group]ネン018/6/24 18:56
再来朝井小々波018/6/24 18:53
自称詩人よ、目を覚ませ花形新次118/6/24 18:20
ホイッスルミナト 螢118/6/24 17:34
解消秋葉竹118/6/24 15:01
マイロード菅井亮118/6/24 13:06
同意見で積み上げたい休日の朝カズくん1*18/6/24 13:06
誕生日菅井亮018/6/24 13:00
オーレイ018/6/24 12:58
白い夜藤鈴呼018/6/24 11:16
あなたの感情の中にこたきひろし418/6/24 10:08
鼴鼠(もぐらもち)孤蓬2+18/6/24 9:58
へそまがり梅昆布茶518/6/24 9:57
夜明けカズくん018/6/24 9:29
aloneミナト 螢2*18/6/24 9:22
6月のぬりえtidepo...518/6/24 1:03
自己紹介もろい3*18/6/24 0:22
冬の夜に宵闇118/6/23 23:46
きりぎりす秋葉竹318/6/23 21:31
ネン018/6/23 19:58
オシャレノイタミ巳 砂118/6/23 19:36
ジョルジュ・ルオー 「ピエロ」Lucy6*18/6/23 19:23
覚悟して往きましょうただのみきや5*18/6/23 18:57
ジイチャンエレジーホカチャン118/6/23 17:17
きみとカズくん018/6/23 16:57

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.39sec.