バス停で中一ぐらいの可愛い顔の女の子が
足の指には派手なマニュキュアを塗り
パンツ丸見えの姿勢のまま
スマホをいじっていた
近くのオジサンが目のやり場に困った顔をしていた
こういう光景は田舎 ...
これからは
病死よりも災害死だ
何百年何千年に一度の
経験したことのない大災害が
次次と起きるような気がしてならない
猛暑で年寄りや子どもが
バタバタ死んでいく
大洪水や山崩れで年寄りや ...
いずれ遠くなっていくこの一日に
ちょこんと座り瞑目する君は
未だ見ぬ異郷の光景が
大地をカッと割り姿現すのを
静かに一途に待っている

 熱風の匂い 大気の感触
 ああ既に遠い今日よ
...
てっぺんの
北極星の流す血を
掬ってあげてたひしゃくが泣いてた

くちびるが
はにわのような顔をして
眠れよあなたにかるめに甘噛み

サイダーの
王冠のギザてのひらに
押 ...
子どもには夢を描く道具が必要
買い与えるか拾ってくるか
いやいや地面に
自分の指先で描けると言う
子どももいる

できれば描き直せる
鉛筆がいいのだけれど
ちょっと凝りだして
消えな ...
明日という
だれにもわからない
プレゼント

その中身は、
だれにもわからない

だから楽しみ
ガッカリするような
中身だったとしても

となりで嬉しそうに
笑ってるひとの
...
大空を眺める
ぼんやり眺めて
無になっていく

思考を止めて静かになる
大空に浮かんでいる気分

白い雲を見て
心にある黒いものが
消されていく

白い雲の様々な形が
見ている ...
 芸術とは、最も美しい嘘のことである。

          ──クロード・アシル・ドビュッシー



{ルビ眠=ねむ}りから{ルビ目覚=めざ}めば{ルビ墜=お}ちむ夏の雲

遠ざかる ...
なないろ

あめいろ

悲しみの

死への旅立ち

異国のつどい

2階から

手ふって

笑ってた


ピオーネ

むらさき

ぼろりと

涙ぐまし
...
ぐらあと、
ふらあと

ただ私はへこたれず

美人を、他人と争いました


鏡の私が左から

勢いよく右へ

鏡は後ろ側へ回り込んでいました

鏡から出てきた私は

そ ...
とっぷり更級柚子の皮
宇宙覗いた汁の上
効いたエアコン極楽と
今一服のこの時間
漆紺の美しさに頬寄せて
乙女手を見る涙一滴
気持ち揺らいで
心震えてひとり
今日もひとり明日も
蕎麦屋 ...
テレビニュースは
ほぼ ほぼ
悲しい事件ばっかりで埋まるが

きょうの夕暮は
オシロイバナに染まった指先を
落ちてゆく太陽に透かしたよな
かがやく
むらさき色で
たくさんの人を乗せた ...
透明な墓標のようなクリスタル
気がつくと
シャープペンシルの
芯の入ったケースを立てていた

マグノリア、ネロリ、ジャスミン
混ざりあった線香の入った紙箱
あの地震の後中で何本も折れてい ...
そんな夜も眠ったほうがいい
旅立ったあの女の部屋は荒れはてて
酔っぱらいの方言で
意味不明な尊い言葉が
炙り出されて
真っ黒に縮こまっていたあとが
ゴミ箱に投げ込まれている
...
ゴッホの描いた
向日葵よりも、
モネの睡蓮よりも、
葛飾北斎の
富岳三十六景よりも、
レオナルド・ダ・ヴィンチの
最後の晩餐
どの歴史的な名画も
素晴らしいが
俺の最高傑作は
三才 ...
どうせ
あたしを殺すなら
一回目にして欲しかった

一回目が終わったってこと
嫌でも耳に入るのだから
二回目ももうじきだって
なるじゃない

その間生きた心地がしなかった

怖か ...
〇 山{ルビ崩=く}えて靑き{ルビ全=まつた}き檸檬の實

〇 大雨に蜘蛛の長屋も流れけり

〇 榎の實澁抜くれども干からびぬ

〇 向日葵の{ルビ鬼=もの}と化してぞ{ルビ項埀=うなだ} ...
蝉が告げる

夏を告げる

お医者さまが

わたしに癌を告げる

命の汗を飛び散らし

祈るように

こころから叫ぶような

真夏の青空を生きる。
誰だって苦しみに心が歪む時はある
心無い言葉に挫けて死にたい夜も沢山ある
それは僕だけじゃない あなたもそう
だからひとつ願わくば 願わくば
あなたにひとつ言えることは 生きることを諦めない ...
諦めるには早過ぎていけない
降り注ぐのは星の光
夜の中を目覚め
北へと向かう

幾度の別れを告げただろう
伸び過ぎた髪を切り
遠退く未来に向かって
今もまだ生きている

何かを言い ...
  私のどこが猫に似ているか
汗だくの窓に依って
  君のどこが猫に似ているか
ふくらんだ色を数える
ふるい恋人に会った ガス工場のそばで
古い運河のそばで 夢を見た
キスをした 工場の塀のそば
もう すたれてしまったこのまちで

雲が月を横切っていく
猫が裸足で歩いていく
春の夜の通り ...
船橋で降りると、そこは、大きな交差点で、ほぼ同じ大きさの,新京成津田沼と少し違い、東京も千葉も埼玉も、羽田も、成田も、船橋を通って行く場所だったから、ある意味で、象徴的な始まりの場所でもあった。いや、 ... 一晩泣き明かした女の瞳のように
周囲を滲ませる茜
いずれ世界を黒い血で染め上げようと
少しずつ茜を吸い込んでいく宵闇に
抗おうとして激しく魂を燃やす


だからおまえの朱色はそんなにも
...
雲が行く
夏空雄大に
雲が行く

時は刻々と移り進み
季節は淡々と入れ代わり
命は生まれ育ち輝き枯れて
人は何かに導かれつつ自らを更新し

雲がいく
大空悠久に
雲がいく
蝉は
土の中で七年過ごし
地表では一週間しか生きられない
人間の寿命は
七、八十年ぐらいだが
前世は三万年ぐらいあるのかもしれない
気流は常に
僕等を見降ろして
空の間を漂う旅人
指先から
聴こえる鼓動を
撒き散らしながら
運命を捨てる
鳥たちの声よ

トランプのカードで
窓を作れば
みんながダイヤの前に
...
台風が近づいている
のに
今日は昨日と変わらず晴天で猛暑だとテレビで予報を伝えていた

何だよそれ
連日太陽に焼き殺されかねない暑さ、というより熱さにすっかり参っているのに明日は台風が上陸か ...


「今日ですべてが変わるさ、
 今日ですベてが、変わる。今日ですべてがむくわれる、
 今日で全てが始まるさ。」

と、よく歌っていた時期があった。

イズミヤシゲルの唄の中でとか言 ...
カフェラテでいい?

うなずいて

禁煙席を探す君


手を振らなくても

だいたい分かるよ

少し静かな

ここが好き。


片方ずつでつながって
 
一緒に頬杖 ...
日付順文書リスト
タイトル投稿者カテゴリPoint日付
パンツホカチャン自由詩118/7/28 15:11
災害死自由詩018/7/28 14:19
ひだかたけし自由詩618/7/28 10:38
北斗七星ひしゃくの約束秋葉竹短歌518/7/28 9:55
描き損じラブイオン自由詩1*18/7/28 9:20
プレゼント八木ヒロマサ自由詩118/7/28 7:20
白い雲夏川ゆう自由詩218/7/28 5:19
少し感傷的な情景森田拓也俳句6*18/7/28 2:26
異国のつどいペペロ自由詩218/7/28 1:34
ピルエットふじりゅう自由詩118/7/27 23:14
蕎麦屋の客腰国改修自由詩1*18/7/27 23:02
むつかしいこと田中修子自由詩418/7/27 22:52
熔けろ腰国改修自由詩018/7/27 22:44
微笑みの部屋秋葉竹自由詩518/7/27 22:26
最高傑作!八木ヒロマサ自由詩018/7/27 20:25
二回目花形新次自由詩118/7/27 19:42
玄牝の計孤蓬俳句218/7/27 18:35
夏を告げる八木ヒロマサ自由詩018/7/27 16:24
Power 生きる力橘 紫苑自由詩118/7/27 13:48
調べネン自由詩1*18/7/27 13:41
ふくらんだ色五十嵐線自由詩218/7/27 13:30
Dirty Old Town自由詩2*18/7/27 13:14
③自己洗脳を解くにはまず自己嫌悪を受け入れる必要があるのかも ...よーかん自由詩118/7/27 12:34
抗う寒雪自由詩118/7/27 11:10
涼風ひだかたけし自由詩518/7/27 10:34
蝉の一生ホカチャン自由詩118/7/27 10:00
残業ミナト 螢自由詩218/7/27 7:39
鏡がこたきひろし自由詩218/7/27 6:16
②自己開発とはいったい何を開発することなんだろうか。夏と冬に ...よーかん自由詩018/7/26 23:54
カフェラテビター朔 水自由詩118/7/26 23:25

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 
加筆訂正:
跳ねるさかな/田中修子[18/7/27 12:35]
タイトルを「こころ」から変更しました。
0.08sec.