リズムをとる歯
おどる舌
口びる震えて
言葉は無くて

リズムのうちに
はさむ休止符
打って休んで
消えゆくうた

眠らぬ夜は
すでに過ぎ
覚醒のまま
深みに落ちてく ...
墓場に集まった猫達が
ズージャ語で聞かせてくれる
フォークロア

酒場に集まった犬達は
薄いビールを呑み込んで
叙情的なぬるい息を
メランコリックに吐き散らす

魂をなくした千鳥足ど ...
キライって
言われた記憶は灰色で
無かったことにし、太陽を浴びる



世界よりやさしい頽廃はないままに
刻む愛なら
純だと言い張る



膨らんだ胸の魔法の恨み節
...
時雨の後退り
窓が泣くような音がする

時雨の後退り
窓が泣くような音がする

時雨

後退り


泣く
ような


する

時雨の後退り窓が泣くような音が ...
永遠はダイヤモンド
じゃないよ

ポケットの中の
白いハンカチが
背筋を伸ばして
指先に当たる

アイロンをかけて
くれたあなたに
出会えたような
手触りを感じ

地図がある ...
あなたのなみだのわけを
いまも思っている
たくさんの傷をかかえて
くもりゆく心に光をあてたから
てらされた街灯の二人の影が
どこにいたってついてくるように、あなたとわたしのま
んなかには
...
九十歳になった
築五十年の家にしがみついて
まだ生きている
妻はもういない 
子もいないからもちろん独居老人だ 
介護施設には入らない 煙草が吸えないから
死ぬまでこの家にいる
死に方は ...
流れていく
灰色の雲
ゆらゆら揺れる電線の向こう、
流れていく
また灰色の雲
ゆっくりたしかに
流れていく

そうして着実に時は過ぎ
百万年が過ぎていき
私も君も彼も彼女も
居な ...
車のガラス越し
斜めに深く射し込む夕陽で
季節と時を感じる
昨日の記憶と共に

彼女の部屋の窓辺に
君は今も座って
ビル越しに夕陽を見ているのか
言葉なんかいらない瞳で

街灯に灯 ...
遠い故郷の潮騒の音は望郷のかなた。
神無月の夜の寝苦しさと汗のにおいは、真夏のあこがれの産みの苦しみ。
カモメは港に群れていたが、今では残像さえない。
ゆらゆらの揺れ
新緑、風にざわめいて
ゆるりと季節は移り変わる

未だ生かされて在る
このわたくしは
鬱な心はそのままに
只管打坐、只管打坐
ただ一心に此処に座す

幼年の己、
...
疲労困憊
満身創痍

バナナを一本くれないか

無我夢中
我を忘れて夢のなか

疲れた
アンパンをくれないか

疲労困憊
創意工夫
元気溌剌
オロナミンC

今夜は自惚 ...
ギィ 流されるままに間違った舟
白い半紙を行く
長い髪に 長い髪が絡まる
黒い魚がぷかぷか浮かぶ

白色の部屋 隅に果物とか花 窓の外に桜
なまっ白いカーテンの隙間から
はみ出すどす黒い ...
それでいい それがいいんだ そこがいい いつのまに
こんなとおくまで
行っちまってたんだな

すげーよ
わかんねー
なにがなんだか

どんだけ
やりっまくったんだ
逃げるにも
にげらんなくなっちまったのか

や ...
この部屋に
彼女が来るから
二年も前から
ごみ捨てをやめたんだ
壊れたレンジを
山程集めて
一つ壁を作る

ゴミの中に手を突っ込んで
目をつむる
ゆっくりと指を開く
神様に祈 ...
ホーム | 詩投稿掲示板 | コラム | 発起人紹介 | 発起人バトル | 月間優良作品 | 年間各賞 | フォーラム | ブログ | ?
文学極道 フォーラム一覧
文学極道
― 新たなる世界 ...
わたしは易しく
書いているつもりなのだが
彼女にどうしても
あなたの詩は難しい
といわれてしまう

そうかも知れない
わたしは詩を
川から拾いあげた
ごみの散乱した川辺の
つめ ...
正しい箸の持ち方を知らないままに育ってしまった
正しい箸の持ち方なんてあることさえ知らなかった
その認識皆無だった

正しい箸の持ち方を知らないままに人の親になってしまった
正しい箸の持ち方 ...
○「お泊まり愛」
近所のキン肉マンのにいちゃんが
彼女を実家に連れてきた
一週間ほど仲良く泊まっていた
僕たちの若い頃は
泊まりに来るということは
すべてを許すということだったようだったが ...
 
 
クラフトテープが剥がれかけている

湿気のせいだ

製品の梱包をやり直さねばならない

午前十時半までに

濡れないようにポリ袋に入れて持っていこう

崖沿いの道を雨の ...
ゆっくりと廊下を
ドアノブに手をかけ
引くその瞬間
肩から指先にかけて
集束されるもう一本の腕を感じる
外からか内からか
激しい束縛を感じる

ベッドに寝転び
天井を見上げていると
...
 
 午後がすきです

 土曜日の午後が好きです

 明日は日曜日と思うと余裕ができるから

 季節が変わっていくように

 土曜の午後は自分次第です

 時間の流れを思うままに ...
人格は復讐する
鏡の裏側から

一つの物体に
複数の影
お前は一体何者?
いったいいくつの光があるのか?

答は
そこにある


(30代後半制作?)
狂気こそが真実を知る、あらゆるものが散乱したテーブルの上には、デフラグされた混沌の形跡がある、指先が本当に触れたいのはキーボードではない、その先にある脳味噌の最深部だ、聞け、正常にこだわるのは愚か ... 雨が降れば
春の名残が溶け
流れていくだろう
待ちわびる私の手が
他人じみて震えている
道すがら一人、光を浴びて
とりどりの色を集め
何事もなかったかのように
詩のことを考えた
停留所で涙を拭きながら
バスを待っていたのは平浩二で
バスに乗った後
発車まで涙を堪えていたのが
中島みゆきだ
俺としては
泣かれた方が楽な気がするが
それは人其々
どちらが良いかなん ...
そんなことあるわけないと
昔は気にもしなかったけど

21 mg だけは
計算が合わないという話
それ
今、聞かせてくれ
大丈夫だよと言う
君の言葉に僕は泣いた。
ありがとう
ありがとう
ありがとう
少しでも、不安が取り除かれた
春の暖かい日
哀しみよさようなら
一条の光、
緑の木立に射し込む
それは静かな正午過ぎ
私は独り、イートインで
アイスコーヒーを啜っている

)ゆっくりゆっくり流れる時間が
)いつしかゆるゆる止まり始め
)魂はまたうっ ...
日付順文書リスト
タイトル投稿者カテゴリPoint日付
消えるうたシホ.N自由詩119/4/25 0:19
愚か者達の春Sisi自由詩019/4/25 0:19
花の乱の愛秋葉竹短歌119/4/24 23:36
僕らのワルキューレ中原 那由多自由詩219/4/24 22:31
ホームスイートホームミナト 螢自由詩119/4/24 19:42
ラブソング高林 光自由詩019/4/24 18:21
朝の日記 2042夏たま自由詩619/4/24 17:20
流れていく(改訂)ひだかたけし自由詩219/4/24 16:38
夕陽高林 光自由詩019/4/24 16:11
かもめあおいみつる自由詩319/4/24 15:16
walk・on 17ひだかたけし自由詩319/4/24 14:55
この頃あおいみつる自由詩119/4/24 14:49
君の名前はまぼろしになったふじりゅう自由詩019/4/24 14:36
無題菅井亮俳句019/4/24 12:53
あんたになんかまかせられない竜門勇気自由詩019/4/24 12:24
正しい週末の過ごし方自由詩019/4/24 11:57
文学極道のアレ01 Cer...散文(批評...019/4/24 10:52
水曜日(詩について)田中恭平自由詩319/4/24 9:14
正しい箸の持ち方こたきひろし自由詩319/4/24 7:11
独り言112集ホカチャン自由詩019/4/24 6:19
but or btw,墨晶自由詩019/4/24 5:21
既視感ぱーちゃん自由詩019/4/24 2:40
土曜日の午後佐白光自由詩119/4/24 1:05
人格マサヒロK自由詩019/4/23 23:16
欲望は漆黒のような深紅ホロウ・シカ...自由詩3*19/4/23 22:42
供物明樹水底自由詩119/4/23 22:05
バスは止まらない花形新次自由詩019/4/23 19:54
質量保存仲程自由詩219/4/23 19:18
断片渡辺亘自由詩019/4/23 14:31
独り、イートインでひだかたけし自由詩6*19/4/23 14:30

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 
0.07sec.