トランプが払った所得税は2年で約7万9千円

トランプがその髪型にかけているお金は約70万円

ヘアスタイルに年間約70万円 タックスは約7万9千円

ルックスはハゲ回避 セックスはい ...
ふりかけのようにしてフリスクをほっかほかのごはんにかけて

何粒 50粒ぐらい

それぐらいのっけて食べようというのはあまりにも危険だ

フリスクとごはん 禁断の組み合わせ

一言 ...
暗くなる写真 笑顔のまま揺れた


きみが鳴らしたその一音のことを想う


空が青くてあなたが笑っている


忘れても この目を閉じても残る風
デートの時に
よく行く喫茶店がある
両親も若い頃来ていたらしい

コーヒーが一番人気で美味しい
いつもホットコーヒーを頼む

如何にも喫茶店という感じの外観
コーヒーの香りが染みついた ...
寒いはずの冬の夜
寒くない

買い替えたエアコンと足元のヒーターで
文明の利器は偉大だぜ

それも電気があったればこそ
電気なんてこなくなったら、どうしよう

痴呆老人のように
母 ...
死にたいと一曲流れる頭脳にて
揺れるこの想いは偽物でもどうでも良くて
ただ、お前の「死にたい」に聞き飽きたから
お手本を見せてあげることにした

本当はただ安心が欲しいだけ
その安心は簡単 ...
いつか死んでほしい人のための家路ほど
悲しいものもない雪夜でした
窓のあかりとうなるボイラ
湯をあびるひとの気配
耳なりのむこうのやわこい声
わたしは悪党だったから
全身が指先みたいにかじ ...
 この文学全集でこんな短編を読めたらなあ、という夢想。『筑摩世界文学大系』は言わずと知れた高名な文学全集だが、その素晴らしさは歳月を経ても色褪せることは無い。そんな『筑摩世界文学大系』の続きに、もしこ ... ***

【petit企画の館】

当館へようこそ!いらっしゃいました。
お気軽に中へどうぞ。

この館の【趣旨・目的】は、あくまでも「創作を促進すること」です。

 ------- ...
夜明け前、くすんだ窓ガラスは、まだ覚めやらぬ俺を映し、見覚えのない拳の傷、戯れに噛んで夢の名残を押しやる、退屈だけがいつも、上質に仕上がっていく、こんな朝にもう一度目を閉じたら、多分すべてがお終いに走 ... 腹底から
ヒンヤリと突き上げて来るモノを
ナイフの刃先に乗せる
熱く紅い血の滾り

)際の際に時を遡行すれば

緑と湧水の大地に到達する
沢登りの記憶の壁突き抜け
唐突にプスップスッ ...
ステイホームというスローガンを
ホームステイと間違えて
ウーハンから大量の留学生が
「君の名は。」の聖地巡りを兼ねて
岐阜にやってきてしまった
というのは
ウソを投稿して
そのウソがどれ ...
 
 遠くから見ているだけの恋だけど
 たぶん気付かれてると思うの


 遠くから見ているだけの恋だけど
 夢の中ではおしゃべりしてる


 遠くから見ているだけの恋だけど
 毎日 ...
 
 忘れ物マスクの次はエコバッグ
 
何もない
仄昏さだけが立ちこめている

空たちがおとずれてくる
幾枚もおとずれてくる
それぞれの世界を覆うのに
疲れてしまった空たちだ
日や月や星を宿し
雲を抱き雨や雪を降らせることに ...
灰色が溜まっていく
灰色が溜まっていく
時は矢のように飛び去り
灰色が溜まっていく

憂鬱な快楽
(憂鬱は澱のように沈み)
空は高曇り
舗装されたばかりのアスファルトを
五歳の自分が ...
なんで
だから
それで

…ったく
「墓石」

それはいつからかはじまり気が付くと終わる
そのようなものをさがしたら
じつにそのようなものしか無く
それはすべての核部へ到り
かつぬけてゆく風やうたであった
なので却って太陽 ...
○「ワイフの癖」
考えすぎるワイフ
考えなくてもよいことまで
考えてしまう
主語を抜かして話すワイフ
近所の伯母さんの話かと思っていたら
亡くなった叔母さんのことだった
先走るワイフ
...
眼の底で、美しい欠片が散って
誰もここには入ってこない
夕やけに焦がれるのも、今日でおしまい
昨日、すべての朝は終わった

とろとろと私の皮膚に空をくべて
誰もいない土地に巡り来た
―― ...
暗い部屋の中に閉じこもる事で安らぎを覚える事も少なからずあった
眩しい光の方が痛く感じてしまう自分がいたりした

人はどう生きるべきか
人はどうあるべきか
なんて教科書いっぱいに学生鞄に詰め ...
妻が妊娠6か月に突入した。妊婦らしく下腹部がせり出してきて、最近は胎動も感じられるようだ。私は毎晩胎児に声をかけながら妊娠線ケアクリームを妻の腹に塗る。妻はつわりも終わり妊娠を楽しんでおり、子供が ... ぼやけていくような気のする夜。CDプレーヤーの売り手もついて、安堵していた部屋。部屋の中でさっきまでキャベツを買ってくる僕の姿を、でも、僕は思い描いていたようだった。古い友人から、そして、ずいぶん昔の ... 目をつぶっていても、雨音だけで寂しくなれるようになった
ああ、こんなことなら あくび混じりで感情捨てるんじゃなかったな
こんなのいらねぇよって こんなのなんの役に立つんだよって
捨てるんじゃ ...
ねじられた
きざはし月へ架かり
時をもぐ手の
{ルビ海豚=いるか}らしさ

黎明さざなみ
{ルビ遁走曲=フーガ}の乱舞
もろ手に火の神
イフリート

銀河零時の
鐘のおと
時計 ...
★☆★ 法律大魔王から18度目の最初のお達し ★☆★

●自作のショートギャグを楽しむスレッドです。誰でも参加OK。過去ログや、
まとめサイトのパターンを参考に、面白いネタを考えてここに発言して ...
ラップを指で押して
破けないように保つ
世界が終わるような
リズムが聞こえるから

誰かがライムで越えたのか
隣りの世界まで

こちらはただの台所
どうしようもなく
ラップの上から ...
いかなる形をとったとしてもそれはその通り
そのものの道をゆくだけだろう

レプリカの矢じりの銘板には
そう刻まれていた


球体の表面だから
安心してしまう
とても古くて
そして大 ...
今日の日は私の居た場所
静かな時間 騒がしい動き
君が居た場所には 誰かの影がかすみ
日々の流れをつむぐ 力が生まれて

どんなに 壊れた音がしたとしても
どんなに 涙の痛みが ...
現の日常の表層が
呆気なく転覆される
その瞬間、
異界の地に
熱風吹き荒れ
在るものすべて
銀の粒子となり
交わり躍り離反する
(広がる広がる光の海!
降って来る降って来る死者の群れ ...
日付順文書リスト
タイトル投稿者カテゴリPoint日付
The money's story死紺亭柳竹自由詩021/1/16 8:01
フリスクごはん自由詩021/1/16 7:44
浅瀬に残った水宮うみ川柳021/1/16 6:39
ホットコーヒー夏川ゆう自由詩021/1/16 5:40
豊かさ、格差りゅうさん自由詩021/1/16 4:19
唐突に死んでみることにした月夜乃海花自由詩021/1/16 2:31
雪と阿片平井容子自由詩221/1/16 0:39
Sci-Fi anthology 筑摩世界文学大系編道草次郎散文(批評...021/1/15 23:32
【petit企画の館】/蝶としゃぼん玉会議室21/1/15 22:48
月世界の旅行者ホロウ・シカ...自由詩221/1/15 22:29
遡行ひだかたけし自由詩421/1/15 19:36
ホームステイ、ホーム花形新次自由詩021/1/15 19:18
遠くから見ているだけの恋だけど私の方からおはよう言えた!花邑吠ゆる短歌121/1/15 15:26
店先でマスク忘れて引き返し。俳句021/1/15 15:25
空の憩う処塔野夏子自由詩221/1/15 13:31
高曇りの空の下にひだかたけし自由詩321/1/15 13:17
ツンヨロシク自由詩121/1/15 9:50
夜の夢の分裂、他三編道草次郎自由詩5*21/1/15 8:38
独り言339集 ホカチャン自由詩1*21/1/15 7:40
私の朝由比良 倖自由詩221/1/15 6:12
もう一つあればこたきひろし自由詩321/1/15 5:46
寒い渦葉leaf自由詩0+21/1/15 3:54
ラインの通知番田 散文(批評...121/1/15 1:19
ずるいね自由詩221/1/15 0:40
夜来の神話道草次郎自由詩1*21/1/14 23:50
エリオットしとりあそび(18)会議室21/1/14 23:39
ラップ木葉 揺自由詩1+21/1/14 22:59
展示館にて道草次郎自由詩3*21/1/14 22:57
私の住み処かとう自由詩321/1/14 20:48
異界ひだかたけし自由詩221/1/14 19:46

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 
0.08sec.