「ヒスフェル聖国でも、エインスベル様は戦犯なのだな?」
エイミノアが囁いた。ヨランはゆっくりとうなづく。
「それで、お前はいったい何をしようとしているのか?」
「それは、時が来れば分かります。エ ...
エイミノアとヨランとは、オスファハン邸の壁を昇って行った。
時折、窓から中の様子が見える。そこでは、
侍従たちが始終忙しそうに立ち働いていた。
それもそのはず。オスファハンはヒスフェル聖国の筆頭 ...
はっすることをおそれずにいてほしい

くりかえされたことがみのるとしたら
ときをのがさずにいてほしい

やすむたびにおそれはついてまわるけれど
おそれさえもじつにしてほしい

わがまま ...
 
 私は影響されやすい性格である。
 そう、自覚できたことで、随分気が楽になったような気がする。
 前十年間の日記を読みかえし、考えたのは些細な現実の影響で、どれだけ心が騒ぎ、右往左往していた ...
○「短文」
あなたの詩は
短いからいいのよ!
とおほめの言葉をいただいた
長文の苦手な僕には
とても有難い言葉だ

○「医者通い」
今日は今から視野検査です
車で一時間かけて行きます ...
この時期になると
雑草がぐんぐん伸びてきて
家庭菜園の野菜を覆い隠してしまう
野菜が育つ時期には雑草も負けじと育つ
肥やしをやらなくても手入れをしなくても
ひとりでぐんぐん育つ
草取りや草 ...
 
 妻はけさパン食べずに踊る

 妻曰く幸せの舞妻踊る

 怒れないわたくしがゴミ出しにゆく

 ふりそうでふらない東より日出て

 ぜんぶが夏草の夏草です

 くすり服すこと ...
人間は一人立つ余地があればいきてゆけるものだ
人間は愛するものをうしないつづけてつよくなれる

だれもふりむかない路地裏の暗闇のなかに人生があったり
戦場を迎える兵士は誰に誕生日を祝ってもらえ ...
 

たにんを信じる、お茶碗の中に髪一本


テーブルを力を入れて拭く、また濡れる

 
気晴らしに歩くためのジャージの色に悩む


雨の朝、散歩を悩む。


重々しい声で ...
土曜日は海に行ってきた。借り直していたDVDの吸い出し作業がままならないままだったが、僕はでかけた。千葉の某所にあるそのビーチは初めてで、駅前はサーフボードで所々が装飾されたデザインだったので、少 ... 二〇二〇年十三月一日 「学園紛争」


 ぼくは同志社大学の1980年度生だ。1980年度に入学したって話だけど、ぼくの大学一回生の後期の授業は、学園封鎖で潰れた。後期テストはレポート試験だった ...
俺はお前の血を受け、とある海の近くの工業地帯を流れる小さな河川で身を清めた、それでお前は溶け入って闇のものとなり、姿のないものとなった、それでも俺がお前を見失うことなどなかったし、お前もそのことは ... 私たちは同じ
深く澄み孤独
私たちは同じ
繋がり求め

燃えて、激しく燃えて

どうか、どうか 
この反転する闇と光のなか
共にたましいを燃やして
求め合う、繋がり合う
孤独に澄 ...
パチ屋に行って7K突っ込んで負けた(´;ω;`) 静けさ 揺らす
にわかな雨、
光の空から
降り注ぎ

宇宙を回遊する言ノ葉たち
凝集しては散開し
思考の流れをこの界へ
屈曲しながら艶やかに
在る物、在る物、造形する

静けさ  ...
ある朝
ちょっといくら何でも暑すぎやしないか
と思いながらカーテンを開けると
全天がアルミホイルで覆われていた
六月二十五日 日曜
天氣 雨
起床 六時二分
就床 十一時二分

朝遅く起きた
お勅語を書いたがなか〳〵うまくかけない
とう〳〵かけず終ひになつた
篠塚さんと一緒に行つて裁縫をする
...

揺らめいて元通り、ツキの全部は月より日なたに、
勲章を燃やすとミニカーみたいに離れ離れ、
どこかの遠ゐ旅団が、めかし込んで返って來るんだ.
(心配しなくても、誰しも誰とも同じやふにはやれな ...
 いつも穏やかな様子で

 廻りを落ち着かせるあなたは

 驚かない人でしたね

 私がころんで膝を血だらけにしても

 42度の高熱を出しても

 他に好きな人が出来たと言っ ...
意識が躍動する朝に
子供たちが踊る

鮮やかに心臓が脈を打ち
光の街が浮き上がる

歓びに充ちた朝、
自分の存在の輪郭が
世界に溶け込み
深い深い息を繰り返す

わたしは生きるの ...
○「自己責任」
昔は
全体責任といわれたが
今は自己責任といわれる
どちらが生きやすいのだろうか

○「努力」
「努力にまさる天才なし」
昔は頑張ればなんとかなる時代だったが
今はど ...
網を這ふ新種胡瓜や北の窓

涼風や朝餉忘れて詩を詠みぬ
その人の思い通りに
ならないからって、
私が気に病むことはない。
遠雷
今日も私を生きる



いろいろと会話したら、
他の存在のために七割位
自分のために三割位の
力などを注ご ...
心には鉄の扉が閉まっている、だれにもみせない牢獄である




人生のさいごに悔いがあってもなお正々堂々死ねればしあわせ




すごいのは愛の言葉に照れた夜に世界を ...
とんとん階段を上ってゆくと
たんたんと生きてゆく
ことが大切なんだと想えた
天使が空からおりてきてくれているのは、夢

背中に翼がある、って歌に
泣いてしまった後悔を
し ...
この世は重大なものなのだと思うと
憂鬱になる

この世はどうでもいいものなのだと思うと
躁のようになる

鬱になるのもいけない
躁になるのもいけない

この世は重大なものでも
どう ...
一週間かけて部屋を片付けてからは
重力が光学的にはかられる

寝て起きて猫の暮らしみたいな
小さな論争が引き続いている

私には歴史がないのに
世界には歴史があるのがおもしろい

荷 ...
 雲の自由さうつくしさ夏草

 昨日は騒がしくけさは静かな、静かな

 皿洗いして一日をはじめます

 アイスコーヒーとってけさの夢を忘れる

 落ち着いてひとひを大切にして

...
寝そべれば ただ、砂の城の住人になれた
ビーチボールから空気が漏れ出すような、
答えの見えない穴の空いた口先だけが
時と場所を超え、私に還ってくる。
亡き砂の浜はわだつみに近づいていく
水際 ...
盗賊ヨランと傭兵エイミノアは、
オスファハンの邸宅の前に佇んでいた。
「おい、ヨラン。オスファハンへの取次はもう済んでいるのであろうな?」
「取次ですか? そんなものが必要でしょうか?」

...
日付順文書リスト
タイトル投稿者カテゴリPoint日付
オスファハンと盗賊ヨラン(三)おぼろん自由詩022/7/4 13:32
オスファハンと盗賊ヨラン(二)自由詩022/7/4 13:31
それぞれにしんぞうへ武下愛自由詩022/7/4 13:18
それでも私は詠みつづける。田中恭平 n...散文(批評...022/7/4 8:49
独り言7.4ホカチャン自由詩122/7/4 8:38
雑草パワー自由詩122/7/4 8:25
自由律俳句 2022.07.04(月)田中恭平 n...俳句022/7/4 6:58
猫の世話をするきみにマークアーモ...自由詩222/7/4 6:15
午前四時半秋葉竹自由詩022/7/4 4:52
海に暑いので出かけた番田 散文(批評...122/7/4 0:53
詩の日めくり 二〇二〇年十三月一日─三十一日田中宏輔自由詩522/7/4 0:01
神は悪魔であり、その逆も然り。ホロウ・シカ...自由詩022/7/3 21:45
どうか、どうかひだかたけし自由詩222/7/3 19:58
ある晴れた日に自由詩122/7/3 18:41
造形流ひだかたけし自由詩222/7/3 18:35
暑さ六井 象自由詩122/7/3 18:06
女學生日記 二十三TAT散文(批評...022/7/3 16:17
〈あなたはあるの?〉を横目に神誕(うま)れてみりゃれ?大゜揮∞ ₎...自由詩022/7/3 12:48
驚いて欲しくって佐白光自由詩022/7/3 12:34
光の街ひだかたけし自由詩422/7/3 11:16
独り言7.3ホカチャン自由詩2*22/7/3 11:02
涼風松 けい子俳句2*22/7/3 9:50
※五行歌 三首「宙の月」こしごえ自由詩222/7/3 9:47
くちびる秋葉竹短歌022/7/3 9:13
翼。自由詩022/7/3 9:03
L'Organisteゆず紅茶自由詩122/7/3 8:40
光度自由詩022/7/3 7:26
自由律俳句 2022.07.03(日)田中恭平 n...俳句322/7/3 6:19
オブジェの令嬢あらい自由詩022/7/3 4:38
オスファハンと盗賊ヨラン(一)おぼろん自由詩1*22/7/3 3:14

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 
加筆訂正:
究極の自己犠牲というテーマ/足立らどみ[22/7/3 17:07]
「低低レベルの小物の詐欺師」を変更しておいてあげるから、ごめんね
0.07sec.