三月のある日のことだった。
(オー・ヘンリー『献立表の春』大津栄一郎訳)

死んだばかりの小鳥が一羽、
樫の木の枝の下に落ちていた。
ひろい上げると、わたしの手のひらの上に
その鳥の破けた ....
宵闇に吸い込まれてゆく花花火


秋雨のしのしのと耐えるばかり


にぎわいを求めて集う秋の雲


小ぬか雨痛みを閉じてひたに降る


宵闇に問いを重ねる神無月
ほらみてごらん
まだ
マスクをしているよ
いつになったら
あの識別信号を外すのだろう
きっと死んでも

死んだらもう他人の視線はないか

ほらみてごらん
まだ
テレビを観ている ....
硝子の金魚の
ペーパーウェイト
福島のお城で求めた。
福島のMお兄ちゃんたちは
元気にしているとのこと





※ーーーーーーーー
震災後うちの家族で福島に行きました。
そし ....
八月の誕生祝ふ老いふたり

新しきレンズで初秋のワンショット

秋の蚊を払いつ客はいとませり

仏花もて墓参に供ふ帰国の子
良い旅がしたくて調べまくる日々長い連休仕事で埋まる

大通り車の音が絶え間なく落ち着きのない雰囲気嫌い

街角で道を聞かれる三回目昨日は五回もっと多い日も

南国のリゾート地には人ばかり裕 ....
              じっとしていろ
子供のころはよく言われた
      じっとしているのが苦手で手脚が     鶏
                        僕  みたい
 ....
人は人、
自分は自分。
いろいろな意味でその人へ
感謝をするが情けは人の為ならず。
認めれば楽になる
でも言ってましたよ~
病院で息子さんを亡くされた異国のお母さんが
まるで中世ですって

そこがジャ〇プの怖いところで
人権意識がないからな
人としてこんなのはいけないという一線を
平気で ....
真夜中の、それも特に舗装もされていない道には気をつけることがある
これは僕の中にあるよくない傾向なのです
たとえばお金を拾うことは先ずないし(暗いからね)
本物の幽霊をみることもない(きみは ....
いないいない ばあ

いない いない
そこにはいないよ

いない いない
ここにもいません

私がいるのは太陽
いつもさんさんかがやいている

私がいるのは月
ひとりぼっちの ....
部屋が分断されて
惚けた人
惚けた人を見てる人
惚けてる自分に気付かない自分が
この手で新しい分断をつくる

鬼の声が
誰彼の幻を増幅させて
あちらを見てもこちらを見ても
牙 ....
 

五反田へは品川まわりの方が早いけど、君を
思いだすために、久しぶりの家並みを見なが
ら。今の僕には、池上線がちょうどいい速度
で。君と出かけた日、洗足池で降りだした雨
は五反田で本降 ....
あやとりのはじめ。そらへとんでいくともしび。たいようのまわりに。さいているわが。まじわるときは、いっしゅんのまたたき。 良い旅がしたくて調べまくる日々長い連休仕事で埋まる

大通り車の音が絶え間なく落ち着きのない雰囲気嫌い

街角で道を聞かれる三回目昨日は五回もっと多い日も

南国のリゾート地には人ばかり裕 ....
わたしがきたのは、義人を招くためではなく、罪人を招いて悔い改めさせるためである。
(ルカによる福音書五・三二)



目がさめると、アトリエの前に立っていた。

──子よ。    ....
蝉の殻いましたたる
日付変更点がここだとしたら
日曜日というやつは
木の幹に刻まれるより
撤去された砂場に埋もれたままどこへ行った

真ん中のあなぼこ
その、まわりばかりを見ている
掘 ....
眩しくて瞼を不満げに閉じて


末梢を抹消するのを待つとしよう


それ故に故郷の音が即響く


明暗のみえない日々に月の音
あの日の夜空はまったくの偶然なのでしょうか
生きられないと思っていた
希望とかそんな簡単に声にできないなにか

立っている
電柱から
(かすかなノイズを)

点が結ぶ線を
つまさきで ....
氷の季節には回虫も動きを止めていた
突然太陽が暴れだしたのでリンコ/僕は逆らうことを諦めた

ゆるせないのは涼しい顔をして腹の虫を肥らせていること
弱虫と見せかけて強い者には抵抗し、さらに ....
僕らはもっと怒っていいとあった
そうだよね
死者数半端ないもんね

ところが怒った先が
ファミレスの姉さんだったりする
なぜなのか

当たり前でしょ!
強い相手に怒れる?
とのこと ....
荒れていた問題ありの中学校今は落ち着き勉強熱心

近所には長年続く食堂が継ぐ人がいてみんな安心

百年も続く近所の魚屋さんレストランにも力を入れる

十年も時間が経てば様変わり公園も家もな ....
いつから、

あそこにゐるんだらう。

日溜まりの向かふに、

声がする。

日溜まりの向かふに、

声がする。

わたしの声だ。

それは、
 ....
力なく銃を取り落とした右手
ひとつしか置けない椅子
空にも海にも嫌われたぼくらの青い瞳
その頬に伸ばして撃ち落とされた左手

羽ばたく魚 溺れる鳥
黄色い旗 黒い丘
愛そのものだった内臓 ....
iPhoneに入っている
お気に入りの曲をかけ
Bluetoothで飛ばして
天井のスピーカーから
流れ落ちるメロディー

これは夢の中

街路樹の並ぶ道を
誰かと歩いている
枯れ ....
酷暑になってしまった
平成最後の夏
平成を締めくくる

平成最後の夏と聞くと
何だか複雑な心模様

特にいつもと変わらない
夏を過ごしている
ただ違うのは酷暑

最高気温の更新
 ....
いまからおれは
ナスのことを話す

乳白色のレジ袋の中
群れをなすナス
おれはナスに仇なす者

包丁の鈍い光
ナスのヘタ切り離す
輪切り
乱切り
半月切り
水にさらす
もはや ....
月の子を愛づる罪から
爪と{ルビ愛=まな} {ルビ海祇=わたつみ}失くす
嘆く声 {ルビ天地=あめつち}融かし
{ルビ神代=かみよ}{ルビ黄昏=たそが}る


インインと{ルビ頻=しき}り啼く蝉の声、
夏の樹が蝉の声を啼かせている。

頁の端から覗く一枚の古い写真、
少年の頬笑みに指が触れる。

本は閉じられたまま読まれていった……
 ....
※映画「君たちはどう生きるか」のネタバレがあります。また、映画を見ている前提で話を進めますので、見ていない人には意味がわからないかもしれません。


〇「君たちはどう生きるか」のわかりにくさ
 ....
足立らどみさんのおすすめリスト(1274)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
陽の埋葬- 田中宏輔自由詩9*23-9-11
つれづれと俳句- 朧月夜俳句5+*23-9-8
日本人のバカ- 室町自由詩423-9-8
※五行歌「硝子の金魚の_ペーパーウェイト」- こしごえ自由詩5*23-9-7
八月の某日- けいこ俳句5*23-9-4
南国- 夏川ゆう短歌523-9-4
やじろべえ- アラガイ ...自由詩15*23-9-4
※五行歌「人は人、自分は自分。」- こしごえ自由詩2*23-9-4
精神医療は- りゅうさ ...自由詩2*23-9-3
快便な生活(応答風に)- アラガイ ...自由詩7*23-9-3
君のこころは- 由木名緒 ...自由詩11*23-9-2
隠れんぼ- 由木名緒 ...自由詩4*23-9-2
帰る_(散文詩にしてみました_4)- AB(な ...自由詩7*23-9-1
軌道上で世界は移り変わり、かえしたのは。(更新中)- 武下愛自由詩4*23-8-30
雰囲気- 夏川ゆう短歌323-8-28
陽の埋葬- 田中宏輔自由詩8*23-8-28
晩夏- wc自由詩523-8-23
日々響くビビビビ- 水宮うみ川柳4*23-8-23
ほしをみていた- wc自由詩523-8-20
イカリンコのうた- アラガイ ...自由詩10+*23-8-18
怒っていい- りゅうさ ...自由詩2+*23-8-16
食堂- 夏川ゆう短歌623-8-14
陽の埋葬- 田中宏輔自由詩11*23-8-14
テスト投稿- 印あかり自由詩3*23-8-12
雪の華- 銀薔薇自由詩223-8-11
平成最後の夏- 夏川ゆう自由詩323-8-11
ナス- 大覚アキ ...自由詩823-8-9
恋ふる海祇の長歌- 松嶋豊弐伝統定型各 ...223-8-9
陽の埋葬- 田中宏輔自由詩15*23-8-7
「君たちはどう生きるか」を自分はどう見るか- 木屋 亞 ...散文(批評 ...3*23-8-4

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43