すべてのおすすめ
意味する処のゼロ地点に身を置き
自分を肉身としてだけ意識する
に、何か異和を覚えるのなら

アナタの勝ちだ、哀しみすり抜け

ゼロ地点より一歩と取り敢えず
銀河の岸で
小鬼が一人
青い小花を摘んでいる
小鬼は気付き
私に手をふる
夢ん中でバスを待っている
夢ん中でバスを待ってるよ
きみの街に行くバスを待ってるよ

夢中でバスを待ってるよ
夢中でバスを待っている
きみの街に行く道の上で

なんの努力もしないで ....
今日は寒いね 温かいものでも作ろう

手作りだからきっと美味しいよ

暑かった昨日のかき氷みたいに

あなたのためだけに使うこの時間が

どこかの偽物にはない価値を生む


過去 ....
古い家だった
古くて大きな家だった
子どもの目には
それはとても怖いものだった

しかし、大人になったぼくの目には
それは、それほど大きくはなくって
子どもの頃に描か ....
尿道に管を出し入れすると
キモチいいことを知った私は
尿道オナニーに夢中だ
皮膚を通しての刺激など
もはや何のカ・イ・カ・ンも
得られない
これは男女に関わらず
ではないだろうか
ほら ....
駅で人気のふたつの穴
乗客がものを入れては去ってゆく
あなたがさっきまで手に持っていたものを
押し込んで 
ぽんと去る
人波は押し寄せ駅員はくるくる廻る
また次の列車がやってくる
人波は ....
きみに死んだ弟をあげるよ。
もうじき死ぬんだ。

そしたら{ルビ暴=ほたえ}たりしないからね。
もう駄々をこねたりなんかしないからね。

手間のかかんない
とってもいい子になるんだ。
 ....
きょう、ここで詩を書くつもりはありません。
というか、もう書かない。書けないです。


びっくりして、そしてずっとつらい。

集団が、国が、たくさんのひとを殺すのがあたりまえになってし ....
水色は、不思議だね
黄色い花にとまる
蝶の翅の模様のように
夕暮れが
電信柱を揺らしている
美しく輝く
掌の中のガラス玉
大理石の床に叩きつけたら
この星に息づく命と
同じだけの数の破片となって
飛び散った

思い出で繕った柔らかい屍衣に
心地よくくるまっていたら
裏地から ....
○「話し合い」
何事も喧嘩腰に話したら
まとまるものもまとまらない
冷静に
お願いするような
相談するような
提案するような感じで
話し合いをすべきである
責めるような
決めつけるよ ....
ウププププ。
「あなた、サツマイモのにおいがするわ。
 それも生のね。
 けっして焼きイモじゃないわ。」
恋人のドリーム・スネークが
どもりながら反論する。
「き、きみだって。」
「 ....
腹に溜まった
自称詩人のウンコを
ひねり出すことに
人生を賭けなさい
でないと、あなた
もう身体中の穴という穴から
自称詩人のウンコ臭が
滲み出て来ていて
周りの人はたまらんざんす
 ....
恋の情熱も
悲しみの涙も
もう枯れてしまった
御三家もじいちゃんになった
アイドルもばあちゃんになった
しかし思い出は消えない
思い出は
昭和歌謡とともにある
歌に励まされ
歌に涙し ....
 コリコリの農家の子として生まれたカタコランは、
九才の時に神の声を耳にし、全知全能の神カタコリの
前ではみな平等であると説いた。布教は、カタコラン
の生誕地コリコリではじめられ、農家で働く ....
もはや零戦、
向いにたなびく羽根

とおりの母屋
の棚
そっと舞い降り

  終着地

辿りついたのは
       平屋の
     墓地

 置き忘れたもの
    戸 ....
登場人物  夫──壮年のサラリーマン。
      妻──夫より三歳下。専業主婦。
      娘──短大出たてのOL。

舞台    東京都世田谷区の一戸建て住宅。


(平成二年、八 ....
生活を切り刻み、静寂をサルベージする、洗練された怠惰を身に纏うものたちのそこここで見かける言葉、段階を踏んで、手順よく並べるだけの…そうさ、実はそれは君じゃなくたって構わない、僕は神様の唾みたいに .... ちょっと努力しないと
あなたの詩なんて書けないんだ

女にとって言葉はノロイ
縛り付けるもの、檻するもの、封じ込めるもの、繋ぎとめるもの、

男の未来をぶち壊せる
憎しみを知る僕はあなた ....
○「なんで生きる」
死にたくないから生きる
死ぬのが怖いから生きる
やりたいことがあるから生きる
これからも
人生の山を登り続けたい
行けるところまで行くつもりだ

○「大事小事」
 ....
 大根 里芋 金時人参 南瓜 蓮根
 厚揚げを 塩加減に悩みながら
 白く煮て
 干し椎茸 牛蒡 蒟蒻
 は しょうゆ味で黒く煮る

 重箱のおせち料理は作らないけれど
 昔 家族で過ご ....
いままでどれだけ花が散るのを観てきただろう
いままでどれだけ雲の移ろいを観てきただろう

ぼくはいまだ彷徨い 戸惑い {ルビ躓=つまづ}きながら歩いているよ
いまはどんな辛い事も嬉しい事も楽し ....
吾ここに
大きくゆったり
生きている

考えみれば
すべて皆

小さい吾
小さい街
小さい国

けれどここには
あるんだよ

しかと暮らしが
しかと命が

猶更ちいさ ....
オレは世の中の99.9999%以上の事象を知らない
バカで バカで どうしようもないバカなのだ
酒を飲んではくだを巻き
夜の闇に溶けるだけ

たったそれだけの存在を
月だけが優しく頬笑んで ....
1、

たおれたままの若い病身に 全身全霊をかたむけて
詩神の秒針がかさなるとき もはや時刻は総毛だつ
純白の牡牛に身をかえて 四つ足のステップで誘惑し
美貌のエウロペをさらっていった 伝説 ....
木目に沿って歩いて行く
輪を描き運に従い
静かさの波打ち奥まり
暗闇の上層にぽっかり穴開き
水色の空、白雲の流れ うっすら
青い光帯び ひろがりいく

年輪を重ねリズミカルに木目刻まれ
 ....
ハイビスカスの花開き
水の面掠め飛ぶ原色の鳥、
燃える太陽の無限に向かい立ち
天空の濃密な青、人を貫き染め抜く。



私の内にすべては込められ
私は、
次々と浮き上がる
意識の光 ....
(だれが呼んでも
(きこえないよ
(きみが、いちばん!
羽根のない子どもは月に擬態する
集団下校の輪の中に居たはずなのに
だれも名まえを思い出せない
古い友だちの口笛は
(風が散ったから ....
 もやぐ朝 

夜が朽ちて
朝が生まれる
霧に覆われた街は
港へと変わる
赤い太陽は
無音の出港の合図

けれど想い出は
いつでも切ない
胸に
錨をおろしたまま


 さ ....
足立らどみさんの自由詩おすすめリスト(1063)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
五行歌、自分というもの- ひだかた ...自由詩724-2-25
※五行歌_「銀河の岸で_小鬼が一人」- こしごえ自由詩10*24-2-25
まっている- 竜門勇気自由詩4*24-2-25
独り言6- 短角牛自由詩424-2-25
- 田中宏輔自由詩9*24-2-25
尿道オナニー- 花形新次自由詩224-2-23
駅で人気のふたつの穴- 松岡宮自由詩424-2-18
絵日記。- 田中宏輔自由詩12*24-2-18
みなさんへ・ガザを見殺しにしないでください- タオル自由詩3*24-2-12
ゆう- トビラ自由詩3*24-2-12
愛と殺意- まーつん自由詩324-2-12
独り言2.12- ホカチャ ...自由詩3*24-2-12
小さなエイ、ポーラが笑う。- 田中宏輔自由詩8*24-2-12
ひねり出す- 花形新次自由詩224-2-10
昭和歌謡- ホカチャ ...自由詩4*24-2-10
カタコラン教の発生とその発展- 田中宏輔自由詩12*24-2-5
破調- ryinx自由詩8+*24-1-1
燃える!- 田中宏輔自由詩11*24-1-1
ポエジーの茨- ホロウ・ ...自由詩1*23-12-31
ステップ- 羊飼い自由詩423-12-31
独り言12.31- ホカチャ ...自由詩3*23-12-31
大みそか- リリー自由詩7*23-12-31
葬送- レタス自由詩6*23-12-30
小さな国の小さな町の小さな暮し- けいこ自由詩10*23-12-30
ナメクジの唄- レタス自由詩9*23-12-30
肌で生きるエウロペ- 菊西 夕 ...自由詩4*23-12-29
意識の光景20- ひだかた ...自由詩1023-12-29
詩想10(改訂)- ひだかた ...自由詩823-12-29
古い光- ちぇりこ ...自由詩14*23-12-29
この世に錨をおろしたまま- そらの珊 ...自由詩16*23-12-29

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36