青から降るその風船を追いかけた


夢に落ち夢から落ちる夢をみる


再生ボタン 更生と甦り


パンゲアのように大きなパンケーキ


iPodだけ夕暮れを思い出す
天才の禁煙中止理由なし

藁がふり売り出し中の赤ん坊

剃刀で翼の手入れする天使

滴りが天へと還る村に居る

嘘つきが本気の涙ながす部屋

ドーパミンシャワーを前に失語して
 ....
川柳の流れのように十七音


五七五 VS.五七五七七


先生が我流で書いた千川柳


七七と五七五で何作ろう
正しさを正しく書いた五本指


手のひらを返して手の甲に替える
老兵の語らぬ姿 石となり ささやかな光を拾いあつめた日


暗闇の無音の風に触れている


桜吹雪の中で無数に生きて
謎は謎のまま使命に燃えている


話す日々花火を離し花燃やす


行間に透明な少年がいる


理科室の炎みたいに青い空
飲めないと痛し悲しで日が暮れて

場が荒れてつべこべ言われる筋もない

イライラも家で完結してるから

エンタメを盗みしスパイカメラかな

我が心、皮膚一枚で守りしを
鼓動ごと異なった言葉になった


夏休み飽き飽きしても来ない秋


七色の七味かけると虹味に


太陽の賜物の場所の湯をバシャー


陽気にも容易に傷の場所にいる


ぐ ....
待ち遠しい時間がゆっくりと眠る


夢をみる君が物質だった頃


体温を太陽の代用とした


文字という固体が溶けて声になる
ころなころな
そこにひかりをみる人と
やみをみる人
いてならびをり
一日が日傘に落ちていく季節


今見てる景色が夢のなかにある


一度だけちゃんと笑った大掃除


四次元の方向へだけ移動する


明星を妙な少女は見送った


夜を起こ ....
たんぽぽがぽぽんと田んぼで生まれてた


印象のいい一色の印度象


気絶したあなたが数多傷つけた


一瞬だけ微笑んだ光の永遠


ダジャレの向こう側にある雪景色


 ....
しっかりと実感を待つ時間持つ


蛇足から生まれた場所を歩いてる


ことばを飛び越えて人が生きている


都合のいい夕焼けが咲く涼しさに


目を閉じること 目印の夢の前
快晴の世界 正解急かす風


あるかいなかの歩かない田舎道


プラシーボ効果でプラス素晴らしい


結果的にはドアノブが光ってる


ひとりごと色とりどりにひとりきり

 ....
あまりにも花粉が綺麗で泣いてしまう


誤解とか蚊とか都会を溶かした目


{ルビ半月=はんつき}は{ルビ半月=はんげつ}よりも月っぽい
文字を書く唯一無二の無数の手


回転と逆回転は巡り会う


夜に存在した灯りが温かい


球面の全部逆さにして眠る
ファンたちの不安ふわっと飛んでった


信者がいれば儲かると人が言う


ファンたちのファンタジーにアンタがいる
雪のなか春を見ていた機械音


冗談を冗談抜きで語ってる


その珍味に魑魅魍魎も魅了され


晴れとなる魔法となえる春隣


色彩に揺れた遥かな歌謡曲
服を着た福が来たんだ福袋


間奏が無味乾燥だという感想


サーチしてさっき察知した幸が咲き


踊り振る舞って雨が降るの待った


晴れやかな人工的な穏やかさ


あ ....
退屈は体育座り訪ねてる


銅像も想像力をもっている


街灯のような居場所だった記憶


風の中でふいに生まれる 星明かり


ひらがなでかいたてがみがさわがしい
曖昧な目のはしっこに雨が降る


もういいぜ 色の呪いにノイローゼ


手に入れてからっぽを忘れてしまう


童話読む 瞳に埋めた古里で
失った春の言葉を集めてる


日本語でしか草原を見ていない


語らない人と暮らしたひとりごと


落とし物 すいめんの樹が揺れる音
生まれ変わる海辺にうめていた羽毛


単調な短調のうた 誕生す


自由意志 いっぱいしっぱいしたいしね


どこまでもドローにならず泥試合
ぼんやりとした空ぼんやり見て歩く


くらやみに星が浮かんで温かい


遺伝子の奴隷にはならないねずみ


風のない場所で雪のようにねむる
今回は、この程度でとON弥勒 暖かい色の青空息をする


詳細は潮騒の中 塩触る


足先に一足先に咲いた花


久しぶり 日差しの丘に日々が降る
風のなか口がなにかを発してる


降る雪を見ている人の心の火


自ずから渾然と輝く自然


歩道橋 昨日の星は木の匂い
キ チ ガ イ と 真 剣 に 碁 を 打 っ て 春

近 場 で 不 倫 済 ま せ 墓 の 雪 は き

怒 っ て は 後 悔。 そ れ し か 言 わ ぬ 木 田

彼 と 俺  ....
無意識の中で意識が鳴っている


君が文学だと思ってやったこと


僕たちの選民思想を捨てる場所


野蛮な手のひらに夜空を並べた


無謀にも魔法を見本に模倣する
川柳
タイトル 投稿者 Point 日付
カラフルアメ水宮うみ2*22/5/22 19:09
川柳 2022.05.21(土)田中恭平 n...322/5/21 21:31
川柳水宮うみ022/5/21 17:06
お手1*22/5/20 19:49
チョコ喰っか足立らどみ222/5/18 7:47
瞬いた音水宮うみ1*22/5/17 20:50
火々022/5/10 19:19
被膜の間りゅうさん4*22/5/7 6:00
夏雲水宮うみ1*22/5/4 13:55
2*22/4/30 17:39
ころなwc022/4/18 23:46
起きた星水宮うみ3*22/4/18 8:31
書いていた022/4/13 15:32
帰り道022/4/12 11:25
猫あるかない2*22/4/8 20:35
目と月の先3*22/4/6 20:50
羊の可換群3*22/3/30 19:43
ふあん1*22/3/25 20:35
魅力2*22/3/24 15:37
小さき幸4*22/3/16 21:45
たてがみにさわる5*22/3/15 14:22
忘れた空4*22/3/10 19:20
窓の心3*22/3/5 18:58
船を漕ぐ1*22/2/26 6:29
2*22/2/23 10:41
新宿センタービルのあるでん亭は美味しかつたよ。次はミラノでね ...足立らどみ222/2/20 19:28
春色の雨水宮うみ3*22/2/18 17:57
歩道1*22/2/17 16:31
チョコレート平和kawa022/2/12 20:05
未明水宮うみ1*22/2/11 21:04

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 

【川柳】17音律「5.7.5」を基本とした川柳作品のみ受け付けます。川柳批評は散文のカテゴリへ。
0.46sec.