題名だけのスレ12(724) エリオットしとりあそび(18)(612) システム関連スレ3(730) ながしそうめん9軒目(866) ことことひとこと。その2。(885) 【petit企画の館】/蝶としゃぼん玉(814) 雑談スレッド7軒目(510) 実は・・・こんな夢を持っています。(357) 食べているかい?(473) 詩集・詩誌のスレッド(364) 批評しましょ(649) 映画館ポエム座(522) 一行詩スレ2(60) 連座 萬草庵 参軒目(121) 「そんなこんなでいい一日でした」スレッド2(128) 現代詩を書くのにどれぐらい時間をかけますか。(28) これは否定したい!6(541) お酒スレ(921) これはめでたい!(259) ロックって何ですかね(788) [分類別リスト] [過去ログ倉庫] [すべてのスレッドを表示] Home

詩ヌマデアイ詩テ (雑談系)スレッドオペレーター:たこすけ
ここは詩の公園
大きな池があってひとつの川、たくさんの大きな木。
滑り台、砂場、ぶらんこもご用意しました。
みんなで鬼ごっこやかくれんぼができます。
野球やスケボーもできる大きな公園。
朗読している少女がみえます。
夏にはカラオケ大会だって演説や選挙もあるかもしれません。
ひとり川をながめてため息つくのも公園

もし詩や詞を構成する成分表があるとしたら人ひとり、もしくは大勢の人が絡んでいる無限の成分表なのかもしれません。
詩の多様性は人の生き方やり方の多様性を映しているのでしょう。


君が書きたいと思ったことはなに?
Twitterみたいにぼやくこと?
昨日見た映画のブログみたいに感動を分かち合いたい?
詩のことで別の人間の視点がほしかったのかい
もしかして、それは行き場のない言葉かしら

答えはなくたっていい。
ただ、聞いてほしかったのならそういってね。
もう少しそばにいるからね。

書きたいことを書いてみて
描けないことを描いてもいいんだよ。

ルールは公園らしく後からみんなで増やしていこう。
これ以上書けません。

[978]田中修子[2016 07/27 20:49]ハァモニィベル
まっくろで苦くてこんがりなコーヒー
喉をひんやりすべって
詩も男もできないときはできないさ
それってダメなんかなぁ
 

[977]ハァモニィベル[2016 07/27 16:52]

******************
次の詩の一節を、あなたの詩に翻訳してください。
******************


 黒い珈琲
 一口すするうちに
 かけぬ詩のこと 女のこと……
 冒涜の思想の一閃

 しかし画家のするやうに
 じつとみつめるコップのおもてには
 ふと青々とした野がうつる 
 〔・・・〕
 さてまたうつるは
 陶器の竃 熱い火の室内

 〔・・・〕 
 生はどこまで喘ぎ
 〔・・・〕
 わたしの詩作の汗は
 いつも何の幸福をもたらす?

  (川路柳虹「珈琲茶碗」より)


*気が向いたらどうぞ*
 

[974]るるりら[2016 07/26 09:48]
おはようございます。

るるりらは、明日の早朝から とある山陰にある無人島に旅立ちます。
すくなくとも土曜日までは 貴重なスマホの電池は、緊急連絡のために使いますので、こちらにはアクセス不可能となります。

それで、勝手ではありますが、渚鳥さんに ずっと以前からお伝えしたくて
言いたくて言いたくてたまらなかったけれど、タイミングを失って言えずにいたことを言います。
それは、
渚鳥presents・プチ企画ver.2への いまさらではありますが、お礼です。


≫514 

渚鳥presents・プチ企画ver.2
[m:831]お題「次の5つの単語から連想する詩を書いてください。」
・ベンチ ・リエゾン・オレンジ色の路・マグネシウム
・エジプト(私ならエジプトの水汲みとかにすると思う)

このお題で、なにかを創造しようとした行為は、私にとって 得難い経験でした。
というのは、思春期に 見た夢から描いた絵のことを、思い出せたことです。
ピラミッドの中に少女がいて、その少女が 私だというリアル体験のような夢を
絵として残していたのです。時間を経ても 鮮明なイメージというものが
人間は しばしば体験します。
渚鳥さんに、その絵をお見せたいしたいと 約束したことがあります。
わたしにとって、その絵は
言葉は、人間の自由で悠久な心の窓を開くことがあることの証拠でした。

たぶん、渚鳥さんは そんな約束なんてお忘れでしょうが、その絵がでてきました。
なんどもなんども 自分のブログにアップすることも思いましたが、
下手すぎて お見せできない。

けれど、人間は 言葉を超えて強いイメージだけを 理由は 知りませんが、持つことがあります。
わたしにとって、 渚鳥presents・プチ企画ver.2という企画は、悠久の時空への心の窓を開くことが確実にあるという実感させていただけた企画でした。
 渚鳥さんって、また ふらりと また現代詩フォーラムに参加されなくなるか分かんないところもあるし、私は確実に数日は アクセス不可なので、みなさんのお話の腰を折って、(しかも、私のことも考えてくださっているというのに)すみませんが、このスレッドにとって 大昔の出来事のお礼を書かせていただきました。まじ ありがとう!



≫961 蛾兆ボルカさんへ

『だからああして両論あれば、作品に対してフェア。
気にしないでいいんじゃないですか(^-^)』と、言ってくださって ありがとうございます。

とっても安心しました。人間、素直が 大事。明日の早朝から無人島です。
とはいえ 過去の経験から たとえ 無人島に行こうが接続しないと誓おうが、
頭の片隅で ネットのよくない感情をもったまま体験したことが過去にあるのですが、
今回は、蛾兆さんの言葉のおかげで わたしは自由になれました。ありがとうございます。
 
●みなさまへ

わたしは、石村さんの「地球の上でうたふ歌」という現代のストーンヘンジみたいに立っている詩とともに、地球に立ってみます。
 

[973]ハァモニィベル[2016 07/26 04:33]
なるほどね。>>971 の感じでは、

軽々といい気になって書いてる印象の人の巧い作品
     ∨.S
コツコツと血と汗が滲じんだ印象の人の平凡な作品

といった構図の偏見を
何となく感じました。
「反発」の起源については納得です。



当たり前だけれど、
 耳を切るような奴だからゴッポの絵はダメだ、ということはないし、
 絵がいいから、耳を切ってもいい、ということにはならないでしょ。


血と汗が本物であるなら、その作品は良いものになるし、
いい気になってる奴が、血と汗のフリをして書いたものが見抜けないようでは
どうなんでしょうね。

血と汗の染み込んだ痕を見えないように隠しながら明るく楽しそうにしている男を
お気楽でしわせな奴だと、誤読・曲解する人も一万人はいるわけでしょうから、
大変だなぁ、と蛾兆さんや石村さんが一万人ずつ居なかったら、間違いなく絶望です。


以上

>>970 加筆したので参照してね)
#972の所は校正時に削除しましたが未送信でした。訂正済みです。
 

[970]ハァモニィベル[2016 07/26 02:54]
>>969
うーん、「嘘」って、どう捉えてるんです?(そこが不明)
ニュアンスを区別してほしいな。

>作品になっていれば、嘘だろうと本当だろうと、いいのか

これは、かなり粗雑な思考じゃないの?

まず、「作品になっている」という点が、すでに高度に曖昧だしね
そして「嘘」「本当」ね。

----------------------------
虚構でも、その方が真実が描かれていれば、―→本当の意味で「本当」では。
事実を扱っていても偏見で切り取ったものは、捏造にもなるのでは。

とかとか、色々疑問が出てくるんですけど、大丈夫??


昔の「私小説」の「精神」を肯定してるからそもそも、「嘘」って評言を使うのか、
わたしにはよく解らない話ですね、その感想は。



昔、「一杯のかけそば」なるお話があったけど知ってるかな。
当初、実話ということで話題になった。ところが、作り話だと露顕して叩かれた。

あれなんかは、感動実話として騒がれたときに、一読して作り話だと私は感じたけど、
世間では話(作品)を鑑賞しただけでは見抜けなかったわけでしょ。

私から見たら、作品になってないレベルだけど、
世間には、(実話なら感動的だ)と、(恰も新仮名ならよいみたいな感覚でもって)通用してたわけだけれど、一体全体

そういうのはどうなの?

鑑識力、鑑定眼 という話になっちゃうんだけど、

渚鳥さんの話だと、その辺りが抜け落ちてるんじゃない???

----------------------------



ともかく、最も重要だと思う点を最後に補足しておきます。

  詩情の「嘘」はダメ

ってことです。作品世界は虚構でも事実でもいいと思いますが、

〈詩情〉は、その作者の本物でないとダメだと思います。


(まあ、詩情不要論者という人達もいるんでしょうから、その立場だと
 コトバを捏ねてそれらしき詩情を誂えるわけだろうから、もしそうなら
私のように、自分の詩情を伝えるために言葉を紡ぎ出すのとは正反対ですね)


渚さんの感想だと、
詩情の「嘘」(パクったり誂えた詩情ね)も作品になってりゃいいってことに聞こえちゃいますが、まさか、どう考えてるのか、心配になりました。


まあ、そんなところです。(これ以上論じません)

 

[967]ハァモニィベル[2016 07/25 22:14]
蛾兆さん

座布団ありがとう御座います。私が地の文でする話は虚構じゃないので
アンデルセンの話は典拠のある事実です(笑)。
近所で本を借りていた人へのお礼に書いた話だったらしいので、作家になるずっと前のものみたいです。

「形だけのゲージュツ・・・」という言葉、さすがキャッチボールの名手。


芸術はマグレでも生まれるが、娯楽は人生経験がないと書けないといいます。
そんなわけで、非力な者は、ゲージツに奔りがちなのかもしれませんね。

娯楽と云えるほどの芸術、芸術と云えるほどの娯楽

そういうものを目指す次元も多分、きっとあるでしょう。


 

[965]ハァモニィベル[2016 07/25 19:34]

つまりね、

>>960 に私が書いた作中の彼女のように、
MAIN STONEを描き伝えようとするところに
作品の価値が生まれるのに、

ありもしないMAIN STONEを、いかにもあるように書いた
詩が多いんだよね。
(難解を解きほぐすとタワイモナイものも含めて)

そういう贋せ物を書いてる人というのは、
詩を読む側にまわっても読めないんだよね。

ただ、そういうことだと、私は思っています。


 

[963]ハァモニィベル[2016 07/25 19:00]
眠気マナコの渚さんへ

>仰天する以外にないような、驚愕の学歴

まあ私の場合、そう表現されてもいい経歴かもしれないけれど(笑)
美術学校の話はフィクションですよ。詩とか小説の場合は作品世界です。
漱石が猫じゃないのと同じです。
僕の思い出には、痛みが伴いすぎてて、なかなか書けないんだ。
それでも、稀にですが
ツイッターとか、エッセイの場合は、事実を回想して書いています。

この現象は、蛾兆さんなら「勝利」なのかな。やっぱり「敗北」かな。(笑)



 

[960]ハァモニィベル[2016 07/25 18:21]


『MAIN STONE 』

 ストラスブルグ美術学校で出会った彼女は、変わったものを描いていた。A3の画用紙49枚を使った大きなブリティッシュ・プディングの絵で、そこに描かれた何かに、いや、そこに彼女が描こうとしている何かに、きっと、誰にも解らない何らかの何かに、こそ、彼女が強いコダワリをもって伝えたい何かがあるんだと僕は思った。彼女がその絵を描いている間中ずっと番犬のビリーは爆睡中で、僕もやることがないから、彼女のアパルトマンをチェックアウトし、その頃暮らしていた屋根裏部屋にもどって数日寝転んで過ごしていた。ブリティッシュ・プディングのどの辺りにまで差し掛かった頃だったのだろう、突然、彼女から電話がかかって来た。


 

[959]ハァモニィベル[2016 07/25 18:14]


アンデルセンは、きっと、
マッチ売りの少女の物語を、読みながら見殺しにした人たちが、
現実にいるマッチ売りの少女から、燐寸を一本でも買うように
なったら喜れしかったでしょう。
(現実の中で「マッチ売り」を見つけ出せるほどの感性の持ち主は少なくて、
  逆に感受性のある者は感受性の乏しい者の乏しさを想定できない、という
  皮肉な所がありますが)

アンデルセンの処女童話が発見されたという記事を以前どこかで読みました。

 主人公の蝋燭は、自分の存在の意味がわからずに悩んでいる。それが、灯りを点されてはじめて
 周囲を照らしだす自分の価値に気がつく、という話だったように記憶しています。

価値あるものほど、自分を知り得ず、自分を探し出すために、それを教えてくれる人に出逢うまで旅をしなければならない。
もし多くの人に会っても、燐寸が一つも売れなければ、天に登るより無い。
そんな事を考えます。



渚鳥さんの>>948の作品
へ私からの返歌を次に書きます。
 

[949]st[2016 07/25 14:39]
>>940
>>944
川とは、去っていく恋人
鴨とは残された自分の事で、ひきもどす
手段を考えても、月並みなものしか思い浮かばない---
と感じましたが、ダメでしょうね(笑)。
 

[946]るるりら[2016 07/25 12:25]
渚鳥さん、じつはね。
わたしも、お二人の作品が、むずかしい。

説明できない魅力。渚鳥さんのは、ぁあいいなあ。って思います。
 

[945]るるりら[2016 07/25 12:03]
蛾兆さん、おはようございます。
文学極道さんでのわたしの人格は、
もはや絶賛、土下座ナウ!
ゼロとなりました。わたしのなけなしの人格を
付与してあげたい方が、います。
幸おおかれって、おもう。

ただ、そのかたは 私によって、人格がきずつけられたそうです。人格は、本人がきめるんじやあないと、おもいます。

あたかも、傷つけられたと感じている人ほど、
周囲に愛されるもんだとおもう。強いナイナス感情は、強いプラスを 呼ぶ。そんなきがします。
 

[942]るるりら[2016 07/25 04:10]ハァモニィベル
こんばんわ石村さん、
わたしは、石村さんの詩に たすけられました。
「地球の上でうたふ歌」を、ある詩の掲示板で、最悪の気分になっていたに、嘘のように気分が晴れました。ありがたかったです。暗唱したいです。

ベルさん、こんばんわ。すごく、いい詩だなあ。って思いました。関係ないことを、いうようだけど まえに教えていただいたケストナーの人生処方詩集を買いました。照会していただいた「絶望第一号」を思いだし、今 買いたての本を開いています。うまく言えないけど、ベルさん、ありがとう。

うわあ、参加者増えてきましたね。
元号も、増えてる。いい作品が、いつぱい!。
テンションあがる。たかっぱしから、いいたいけど、寝たほうがよさそう。嬉しいな。ではおやすみなさい。
 

[940]ハァモニィベル[2016 07/24 20:53]


燃えて消えていく
遠ざかる川の
遠い後姿の原景に
1羽の鴨が泳いでゐる
昨日にそつと
おいて行かれて

ただ1羽の

何を犠牲にしたら
追ひつけるだらう

散亂した
觸れられるはずのない

意味のない貨幣のやうな
狂つた正常の手が伸びてくる


 

[939]ハァモニィベル[2016 07/24 20:30]
コレのことですね。
http://bungoku.jp/ebbs/log.cgi?file=473;uniqid=20160601_125_8858p#20160601_125_8858p

こんな折でもないと、私は彼処をクリックすらしないので、
何のことか知りませんでしたが。見ればなかなか痛快な読物でしたね。
「空つぽ」に気づかない場所というのがあるというのが一つの惨劇かもしれません。




蛾兆ボルカさんの言いたいことは、クドクド言わなくてもよく解りました。


 

[933]ハァモニィベル[2016 07/24 13:21]
渚さんは、ピエロ役をやってくれようと気を使ってるんだろうと
そう見えていますが、その場合はプライドがあると成立しない。
プライドがある人がそうすると、卑屈にしてる印象を与えます。

いらぬ気を使うと、みんなに気を使わせることになっちゃうから、
率直でいいんですよ。僕がそれを嫌うことはありませんし、此処に来る人は
やっぱり嫌ったりしない人たちじゃないかな、と思っています。

僕の言葉が体調に響いたらごめんね。

 

[931]ハァモニィベル[2016 07/24 13:10]
(補足) 日記を見せたいときは、「これは私の日記なんですが」
 と断りを入れて書けば、それを無闇に傷つけたりはしないし、
 傷つける人の方がオカシイでしょう。

でも、無前提に、此処でする言葉の交換が、日記の交換と同じだという
暗黙のルールがあるのなら、蛾兆さんの川柳のようなことになるんでしょうね。


 

[929]ハァモニィベル[2016 07/24 12:53]
カイトの表題と表紙を読めば、

ここは、空気を一色にする処じゃないでしょ。

一方で、軽妙・ほのぼの 。他方で、堅く、険しい。
又、
一方で、知的。他方で、愚劣。 

それでいいわけだけど、日記を見せ合うだけの場所にしたいならともかく、
他人に書いたものを読んでもらおうとする場所なんだったら、

 説得力のある言葉を使いたいかな、と僕は思う。

まあ、それだけです。(だから、変だな、と思ったら変じゃない?、って言うだけ)

此処の人たちが、みな、僕の方を変だと思うなら、僕が消えます。

ま、僕はこう書きながら、常に心穏やかですよ。
此処に書きに来てくれる人が皆、親切なのがわかってるから。


 

[927]ハァモニィベル[2016 07/24 12:39]
渚鳥さんの「凄い」って言葉が一番空気を壊してるのがスゴイね。
 

[925]ハァモニィベル[2016 07/24 12:33]
>>922
「頓狂」とんきょう
「軽骨」きょうこつ
みたいな年じゃなきゃいいんじゃない。

>>921
>みんな同じ書き方になったらつまらない~
ツマラナイ書き方もつまらないんだけどね。

のほほんといこうね。

 

[922]田中修子[2016 07/24 10:47]ハァモニィベル
「静笑」せいしょう
「穏淡」おんたん
「譲命」じょうめい
「聴声」ちょうせい
「座待」ざ、ざたい?
のほほんといこうよのほほんと
怒っても泣いてもはじまらないよー
みたいな年になったらいいなぁと思うます。
 

[921]田中修子[2016 07/24 10:43]
>>880
みんな同じ書き方になったらつまらない~
批評する前に自分が書けるか確かめる
そして私はイシムラさんのは書けない!!
だからすごいと思う!!(単細胞
 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 
 
スレッドを新規に作成したり、コメントを書き込むにはログインが必要です。
Home
0.22sec. ver 050714.4.0
スレッドニュース

現代詩,詩,poem,comic,掲示板,投稿,本,詩集,CD,DVD,出版,音楽,短歌,俳句,印刷,芸術,漫画,アート