1

(朝は、パン♪パン、パ♪パン♪)(昼も、パン♪パン、パ、パン♪)(夜は、うどん♪うどん♪うどん!♪)巨大な一斤の食パンの被り物を頭に被った白いコックコートを着た小太りの男が、「やきたて ....
 昔々
 その昔
 あなたのもとに集い
 昔々
 その昔
 あなたの指先追いかけた
 いつしか
 あなたに弾かれて
 いつしか
 あなたに打ち出され
 散り散りになった
 かけら ....
静物たちは沈黙し続けながら俺たちの詩を見届けようとしている、きっとやつらにとっては一番興味深い現象なのだろう、そしてそれは余程の例外を除いては滅多にお目にかかれるものじゃない、当人の俺たちにしたっ .... nowhere
15年飼っていた猫が死んだ。
5月8日、18時50分頃。
もうどこにもいない。冷蔵庫の上にも、出窓にも、いない。
nowhere

no here
最後の ....
石ころを拾う。
できると決めていたことをすること。

こどもを神輿にかつがせてはいけない。それ物凄い大事。大事なんだから。
私よほど自身がないんだね。
夫と盆栽市に行った

姿かたちの良い盆栽を三鉢買い
恒例の名付けの儀式で
マコト、パク、コナツ、と名付けた

松が欲しかったのだが
松は枝ぶりの良くないものが
高額で取り引きされていた ....
ぼくのこいびとはあたまがいい

と思うと
自分のことのようで嬉しい

家族に自慢できる

正直手に余る道具を振るっている気がする
僕が小さすぎる

何が良かったのか?
ひとつ ....
時は
過ぎる
何がどうあろうと
魂は
共に在る
今 一生のことは
分からない
次の瞬間か
十年後か だから
今を大事にしたいな
レズビアンで
スキゾフレニアで
引きこもりで
市民税非課税世帯で
不細工で
年増で
虐待児で
生命保険に入れなくて
おまけに

字が読める

私達はここに隠れて
殺されること ....
  
(短歌八首)

夜に泣く
ただ一匹の虫のうた
眠れないときスマホのうえで


嫌われる
覚悟と諦めだけは持ち
白い嘘つくひとりは楽しい


ただ黒い
シミ ....
うあ、日の丸だや
なんでや、日の丸だや
そして日本語だ、アニソンだや
スマホの向こうにテント暮らしの一家
壁に血色悪いマル・マル・ヒノマル飾られ
くるくるくせ毛の子どもたちが水玉のスカートを ....
生まれた事が嫌だった
父はギャンブル狂で
女にもだらしなかった
雨漏りと床が抜けたあばら家に住み
幼稚園にも行けず
ろくに食べることもできなくて
何時も腹を空かせていた
学校では給食費も ....
いたいけな こ を
いだくなら
いたみなど ない

いだくなら
いだかれてしまうから
いだいな なにかに
鼾がやたら五月蠅くて
ふと目が覚めたが、
身体はまだ眠っていた
どうやら幽体離脱したようだ
真夜中の瓦屋根はよく冷えていた

窓から自分の鼾が聞こえる
空をボクの同類たちが飛んでいた
 ....
ネオンの滲む街角で
ウオッカを飲み干し
潰れた夜

ぼくは路上の水溜まりで朝を迎えた

ネットの噂では
きみはいまでもピアノを弾いているらしい

解ろうとして解らなかったあの日
手 ....
呼吸に追い縋る過密な肺胞の群れ。我先にと急ぐのは浸潤水が震えるミトコンドリアの楽園。ここはエデンの園さ。
「あなた」や「私」という神の肉体。

肉じゃがを作らないと干上がってしまう。何も欲しくな ....
これもみんなのおかげ。
私が無くても
みんなは存在しているが、
みんなが無ければ
私は存在出来ないからね



無事に年を重ねられました。
すこしは
私の力もあるでしょうが、
 ....
この世のすべての生き物は
みな いずれ食べられる
食べられることなく死んだとしても
屍体は大地に食べられ
また なにかの食べ物へと姿をかえる
もし 食べることをこばんでも
おのれがおのれを ....
体重は五キロ、性別はオス、黒い猫です。
もし見かけたらこちらまで
どうか連絡してください。名前は
「うに」お願いします

雨はふらないよ
うにお願いします
ご飯に困らないよ
うにお願い ....
生存のしやすさに直結する能力は知力、身体能力、コミュ力だろう。

だから普通に考えれば、賢さ、肉体の強さ、コミュ力の高さを重視して相手を選び繁殖すべきだと思う。

しかし今日モテる、つまり繁殖 ....
ズンチャ ズズンチャ
 
  ズンチャ ズズンチャ




   ハナノイロハ

     ウツリニケリナ

      イタズラニ

   ワガミヨニフル

      ....
ゆるゆるとながれている
今もながれつづけている時間を
ふいにとめた とある春の庭がふたつ
となりあっている
ひとつは住人によってよく手入れされていて
赤いチューリップが笑い
黄色のパンジー ....
太陽丼!
丼ぶりのうえに、
ただ目玉焼きをのせただけの、
とてもシンプルな、
たべもの、
熱々の、
透明なうすい膜を二本の箸でつきやぶって、
まるで黄いろい溶岩のように流れでてくる、
 ....
昨夜、昔存在したシングルチャートを保存していたサイトがあったので見ていると、ぼんやりと、当時のことが思い出されて懐かしい気持ちになっていた。親の運転する車の中で聴いていたことのある色々な音楽。僕は、祖 .... 過去のバカは
実際知能が高くて
でも今の僕からすると
知能高い行為なバカで
だからと今の自分は
なおさらバカで

執着から離れての
また違う執着になったことに対してもバカで

なら ....
たぶん、文字に本当に重さがあって、わたしのなかにあるのだ。
文字が体のなかにないとき、軽くて、食べる必要がある。
あんまり文字が多すぎるとき、ものを食べられない。

人参を刻んで、夜な ....
使われないアパートの1階には四畳半を占める仏壇と、
、後は母屋から引っ越してきた古い荷物が置いてある部屋が二つ
普段やり過ごしているベランダのある畳の部屋、
、久しぶりに掃除しようと窓を開け ....
 ダイニングテーブルに突っ伏して眠っていたわたしを起こしたのは、携帯の着信音だった。積まれた本、レポート用紙、ボールペンたちにipadをざっと左手で、もがく様にどかして、携帯の液晶画面に触れる。布 .... これは独白ですよ。たぶん。嘘は混じり込んでいるとも。もちろん。想像してみたくなる。いや、自分の死なんて想像してもつまらないものですね。幾ら考えたところで当たるわけないもの。なあんて、しかし捨ておけない ....
足立らどみさんのおすすめリスト(1292)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
小麦の薫る男(サンドイッチマン)- 本田憲嵩自由詩724-5-20
高嶋先生への手紙- 北村 守 ...自由詩424-5-19
散らばった骨はひとつところに集めておけばいい- ホロウ・ ...自由詩424-5-19
(n((o),(w)),)(h)ere)詩人はきっといつか詩 ...- 竜門勇気散文(批評 ...3+24-5-19
自分に言い聞かせる。- 白書易散文(批評 ...224-5-19
盆栽市- 自由詩6+*24-5-19
ラブソング- 303.com自由詩524-5-18
※五行歌_「時は_過ぎる_何がどうあろうと」- こしごえ自由詩5*24-5-17
※五行歌_「今_一生のことは_分からない」- こしごえ自由詩3+*24-5-17
マネーロンダリング- 303.com自由詩6*24-5-16
寒いのはこころであってからだじゃないとかいいながら布団に潜る- 秋葉竹短歌524-5-15
TikTok20240514- 松岡宮自由詩3*24-5-14
半生- レタス自由詩13*24-5-13
いだく- るるりら自由詩724-5-12
真夜中の丸太切り- atsuchan69自由詩12*24-5-10
五月の雨- レタス自由詩9*24-5-6
上等なお粥- 由木名緒 ...自由詩524-5-5
※五行歌_三首「光る風の_誕生日を」- こしごえ自由詩5*24-5-3
大地- 瀬戸さん ...自由詩2+*24-5-2
うにお願いします- 巣本趣味自由詩924-5-1
なぜ美男美女がモテるのか?- 巣本趣味散文(批評 ...124-4-30
Komachi- レタス自由詩10*24-4-29
にわくらべ- そらの珊 ...自由詩15*24-4-29
太陽丼- 本田憲嵩自由詩11*24-4-28
子供の頃の音楽体験- 番田 散文(批評 ...124-4-28
なお白痴- 陽向(2 ...自由詩5*24-4-11
メモ- はるな散文(批評 ...424-4-5
物干し竿バウムクーヘン- アラガイ ...自由詩7*24-3-24
violet- パンジー ...散文(批評 ...224-3-20
仮定/ひとつの言い訳(死を下見して)- アラガイ ...自由詩6*24-3-11

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44