絵本スレッド(174) ながしそうめん9軒目(926) エリオットしとりあそび(18)(630) 食べているかい?(477) 映画館ポエム座(542) 題名だけのスレ12(734) 現代詩って何?(13) 一字が万事(9) 雑談スレッド7軒目(621) 続『新・国語辞典』(3) 嘘専用スレッド2(441) 「そんなこんなでいい一日でした」スレッド2(133) 震災の日、何をしてましたか? 何をしましたか?(26) 【petit企画の館】/蝶としゃぼん玉(817) システム関連スレ3(730) ことことひとこと。その2。(885) 実は・・・こんな夢を持っています。(357) 詩集・詩誌のスレッド(364) 批評しましょ(649) 一行詩スレ2(60) [分類別リスト] [過去ログ倉庫] [すべてのスレッドを表示] Home

レコ☆ポエ2 (創作系)スレッドオペレーター:深水遊脚
 「PLEASE RECOMMEND POETRY!」

フォーラムにはたっくさんの詩があります。ぶっちゃけ、読みきれない!だけど、もっといろんな詩に出会いたい!誰か、推薦してくれー!というわけで、とにかく詩をオススメしてください。以下ルール。

○必ず、作品のURL貼ってください。
★作品の下にあるカメラのアイコンをクリックするとURLが表示されます★URLを貼るときに使ってください。

●自分の作品のURLを貼られて困った人は、その旨、ここに書き込んでください。記事を書いた人はそれを見たら無条件で削除してください。
長らく削除されない場合はスレオペが削除します。「困ったです」の書きこみをした人は削除されたのを確認したら、「困ったです」の書き込みを削除してください。

○付記は、批評は無しにして、オススメ文だけにしてください。付記文は、無し、も可です。うまく言えなくてもとにかくオススメしてください。
○自薦他薦問いません。
ただし、ここではフォーラム内の「自由詩」「短歌」「俳句」「川柳」「散文」「伝統定型各種」「携帯写真+詩」に投稿されたもの、あるいは各種会議室にて発表されて、上記に属する性質のもののみオススメしてください。
○このスレの記事はオススメ記事のみとして、オススメされた詩の感想、批評は別の場所でお願いします。ここでヤリトリしないでください。
○オススメされた詩を読んだ人は、「オススメありがとう」の意味を込めて、オススメ記事に積極的に☆をつけてください。
 
過去ログ:レコ☆ポエ(初代スレオペ・Ohatuさん、2代目スレオペ・とうどうせいらさん、3代目スレオペ・縫ミチヨさん : 4代目スレオペ・奥主榮さん
http://po-m.com/forum/threadshow.php?did=15390

[491]石畑由紀子[2009 02/10 21:18]望月 ゆき川村 透あおば
たまには散文をレコ。2月投稿分です。

 落下少女さん 「俺、この戦争が終わったら結婚するんだ」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=177504

以前、別名義で発表されていたかもしれません。読んだ記憶があるような。
特に3と4に大きく頷きつつ、内容も文章も好みで、よかったです。
 

[490][2009 02/09 23:34]
最近のおすすめ。違和感とか。

「Davidへの伝言」いとうさん
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=177636

「カンナ」結城 森士さん
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=177033

「世界らしき違和感」 苺蝶 梓さん
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=170429

#いとうさんのは過去の「David〜」2作も是非。習作、とのことですが。
 

[489]あ。[2009 02/03 18:32]あおば
初レコです。どうぞよろしくお願いいたします。

深千夜さん「春の雨」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=176759

言葉がすごく綺麗なのです。季節を優しくふわっとした言葉で表現されてるのが、いいなあ、と。
この方の言葉の選び方が好きです。
 

[487]石畑由紀子[2009 02/01 01:23]小川 葉佐藤伊織仲本いすら
不定期・ポイント一桁もったいないレコです。

ゆるこさん「私に手を掛ける三分前」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=176748

境目の、あちらとこちら。
そのちいさな、ちいさな一点を針で貫こうとするときの、全意識、震え、その張りつめたさま。
とても惹かれました。
 

[485]石川和広[2009 01/22 09:43]健佐藤伊織
?最近?でよかったものをいくつか

みなさんベテランというと怒られるかもしれませんが
密度が濃く、さらに非常に訴えてくる気がしました。
おススメです。
PULL.さん「ぼくらの冷たい亡命都市」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=151795
蒼木りんさん「泣いている」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=176108
クロエさん「知事室」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=171558

?Tommyさんの作品。
この方の作は見つけてびっくりしました。頑ななようで
しかし純粋なやわらかさがあって素敵。おススメです。
「嫌われ者」http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=77927
「追憶」http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=73047

※久々に詩投稿しました。自薦します。
「ささくれがしおれるまで」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=176052
「さがしつづけてしまう」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=176083

では失礼いたしました。
 

[484][2009 01/19 07:13]あおば未有花かんな
流川透明さん 「六角の箱庭」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=175475
 

[483]石畑由紀子[2009 01/15 00:26]かんな佐藤伊織
不定期・ポイント一桁もったいない、のレコ初め。遅ればせながら今年もどうぞよろしくです。

一見、なんてことなさそうなのだけど。
この哀愁と愛情はもうすこし読まれていいとおもう。

滝沢勇一さん「ミートショップタケウチ」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=175082
 

[482]小川 葉[2009 01/12 14:22]かんなrabbitfighter山中 烏流kawaとうどうせいら
熊谷祐子さん「詩人の彼氏」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=105864
読後感がとても好きなのです。
(他の作品も好きなのですが、迷った末にこの作品を)
最近忙しいのかな?また読める日を心待ちにしてます。
 

[481]川村 透[2009 01/03 01:56]れつら露崎石畑由紀子佐藤伊織とうどうせいら
眠れない。
祈るように、息をすると
胸の中の森から
ひとしずくの

フィトンチッド。




テーマ【祈るように、フィトンチッド】
で、セレクト。


『ハロー、ハル』川村 透
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=113655

『ANOTHER GREEN WORLD』カワグチタケシ
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=20645

『バグダッド・カフェラッテ』川村 透
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=17083

『いるかのすいとう』海賊
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=24102

『真空フラスコとティンカー・ベル』umineko
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=19880


【BGMは】TO U
http://jp.youtube.com/watch?v=yahdFpuznbo&feature=related
 

[479]佐藤伊織[2008 12/25 00:55]川村 透

[475]かんな[2008 12/09 00:21]そらの とこ佐野権太
初めて、自薦というものをしてみようと思うのです。
初回投稿の際、アドバイスを頂き、推敲した、改稿になります。

「眠れない朝に」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=172771

今までのわたしの作品の中で、一番上手く日常のひとこまを、
切り抜いて書くことが出来たのではないかと思っています。
 

[471]かんな[2008 11/30 17:41]小川 葉
何と呼べば良いんだろう。
駅のかたすみで、輝きを放つ言葉たちを。

左京さん「駅のかたすみで」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=172101
 

[469]佐野権太[2008 11/29 20:26]かんな青色銀河団
読み返したい、と思う詩に出会えた。

八柳李花さん「カゲロウ」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=169945
 

[468]かんな[2008 11/29 09:36]
題名で検索「冬」で検索して作品を読んでみました。
今の季節に合ったものをレコしてみようと思います。

望月ゆきさん「秋冬」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=23234

ベンジャミンさん「それが冬のはじまりでした」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=53138

まほしさん「秋から冬へ」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=92536

秋と冬の狭間で揺れ動く思いと、散りゆく枯れ葉と。
 

[467][2008 11/29 00:26]かんな
まとめ読みしたのでレコ。

カンチェルスキスさん
「永遠ブランコ」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=164982
「ハードボイルドエッグ2&シャワー1」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=6643
「ちるどしつ」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=13840

ヒリヒリする、存在感。
もうなんかいろいろ圧倒的に凄い。


#URL末尾の作品番号の桁の違いに時の流れを感じる…
 

[464]小川 葉[2008 11/24 01:41]白井明大mizu Kたりぽん(大理 奔)健
kauzakさん「大手資本から見捨てられたハンバーガーショップの話」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=150398

一人の人間が、実はとても曖昧でありながら、実に多彩な側面を持ち兼ねて生きていることを、この詩を読んで、はっと思い出された気がした。
大手資本から見捨てられたという、もはや規格外のハンバーガーショップだけれども、その味は規格外どころか、懐かしさあるいはあるべき正しささえ思い出され、そうした作者の発見とともに、意外さというものは、きっと自分もそうであるように、当然と思ってる(誤解してる)だけの日常でしかなかったりするのだ。
この詩に描かれている女性の姿とは、わたしたち自身であり、しかしそんなわたしたち自身から脱出しようとして、けれども結局またそんなかつてのわたしたちに戻るしかないというか、戻りたいと考えているのが、現代の社会なのではないかと、これからもまだまだ考えさせられる余地の多い作品であると思います。
kauzakさんの作品で、もっとも好きで、大切にしていきたい詩です。
 

[463]石畑由紀子[2008 11/22 20:58]たりぽん(大理 奔)そらの とこ小川 葉kawa白井明大mizu Kかんな川村 透
不定期・ポイント一桁もったいないレコ。11月前半のステキ詩。

ma-ya さん「夜を噛む」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=170228

全体をおおう静けさが、その直前の激しい炎をおもわせます。
私たちは家なしでは暮らせないから、またあたらしい家をささやかに建て、
キャラメルもまた蓄えるでしょう。いつか、犬歯は燃えかすではなく誰かの腕を。
燃えて、失って、何度ひとりになっても、そうおもっていたい。

詩のなかに、花のように可憐ないのちが咲いてます。とても好き。
 

[462]小川 葉[2008 11/21 01:28]白井明大kawaかんな
カトリさん「すな」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=161216
こういうのが好きだなぁ。
これからも少しずつ、気に入ったの貼ってこうと思う。
 

[461]白井明大[2008 11/20 00:41]そらの とこ小川 葉かんな
一行詩になるところまで切り詰められたことばに、あるこぼれおちる一言が含まれるとき、それがきらめきになるのだと教えてくれるのは、たとえばこんな詩だと思う。

捨て去ったあとの所作として浮かびあがる<顔を洗う>の営みが生きるでなくてなんだろう。

「だれでもよかった」といった類のことばと対照的だと感じる、この詩のように<どうでも良くなりたい>地点を越えて<顔を洗う>ということは。

樹膿「洗顔」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=171421
 

[460]たりぽん(大理 奔)[2008 11/19 00:40]健白井明大そらの とこ
すぎもとようこさん「二十八個のメモ」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=171299

私もメモをとろうかと思います。
 

[457]白井明大[2008 11/15 04:14]あおば夏野雨小川 葉mizu Kたりぽん(大理 奔)佐藤伊織
短い詩にできることのひとつは、祈ることかもしれません。

木葉 揺(このは ゆり)「とどくまで」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=170553
 

[456]白井明大[2008 11/12 09:53]
いまの世の中って・・・と思ってしまいますが、そうした「・・・」の思いをことばにすること、そこへまなざしを向けることに意義を感じてなりません。

K.SATO「(無題)」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=170724
 

[455]大覚アキラ[2008 11/12 03:58]白井明大
テムジンさん(名前変えちゃったんですね・・・)の、今現在投稿されている全作品をレコ。
これら一連の作品群は「今泳いでいる海と帰るべき川」というタイトルの詩集の体裁をとっており、
“序”に始まり、続いて“目次”、さらにはその目次の順番どおりの題名の作品が続くというもの。
個人的には“目次”(下記URL)が非常に興味深く、また面白い。想像力を刺激される。
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=169268

もちろん、個々の作品も独特の味がある。是非。
文書グループとしてまとめられているのははこちらから↓
http://po-m.com/forum/grpframe.php?gid=1170&did=169268
 

[454][2008 11/11 18:15]kawa白井明大mizu K
中村香音さんの作品を2つ。

「僕の妹」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=120371
「少女の願い」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=131148

影のある童話、のような。他の作品もぜひ。
 

[453]白井明大[2008 11/09 01:23]夏野雨
弟切草「花」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=66804

なんでもないことに目を向けて、差し出すようにことばを綴っていく、連ねていく、とそうしたありようの詩に惹かれます。つよいことばも、インパクトをもとめたフレーズもなくした、野の草のようなことばの、その背景に、ひしと生きるなにかの息づかいを感じもするような。


*age進行でうれしいな。。
 

[452]石畑由紀子[2008 11/09 00:21]白井明大ピクルスkawa
不定期・ポイント一桁もったいないレコです。10月に読んだステキ短歌。
たしかにここは詩のフォーラムだ、けどこれが一桁だなんて。

本木はじめさん「今日ここから出て行ったものがやがてデッドエンドの果てからふたたび戻ってくることがないように」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=169320
 

[451]白井明大[2008 11/08 23:53]
ヨキ「じじっじ」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=170555

ことばがふしぎな書かれ方をしています。そのふしぎさの出所は、ことば、ポエジーに対する、密着するほどの誠実さだと感じました。

この詩もおすすめなのですが、ヨキさんが「おすすめ」に挙げてらっしゃる厳選7作が、これまた読み応えのあるものでした。併せましておすすめです。


*縫ミチヨさん ageてくださり感謝です。
 

[450]白井明大[2008 11/07 12:21]佐藤伊織
いかいか「書簡―祝日―」にはじまり、
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=170229
石黒「書簡―私たち―」と受けて、
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=170235
お二人が次々と受けては書いていくシリーズがたまりません。

以下のサイトでまとまって読めるようになっていて、つながり感がまたいいです。
http://www.interpoet.net/sere-moni/
 

[449]白井明大[2008 11/03 11:28]佐藤伊織夏野雨
読んでいてすっと気づいていなかった気持ちをひらいてくれる表現の意外性(そして発見)が、書き手の感情と寄り添うときにうまれる詩のおもしろさをじーんと味わわせてくれます。

あすくれかおす「fellowships」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=165181
 

[445][2008 11/01 18:49]あおば
せっかくなのでアピ☆ポエ参加。

「日々を焼く日々」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=113697

縦からも横からも読めます。
最近これを超える長さのを書こうと
試行錯誤してますがなかなかできません…
 

[444]そらの とこ[2008 11/01 17:39]あおば
いつもこのスレ楽しみに見ています。そらのとこです。
アピ☆ポエに参加させてください。
何をアピろうかすごく悩んだんですけど。
ポイントもなかなかの力作を。

「失くしためがねが粉々になって捨てられていた」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=169130

病んでる部分を出してみたら、ちょっと怖い感じがします。
でも、最後の方、お面の行お気に入りです。
一番最近投稿した平熱も好きなんですけど、票が入らないのでだめかなあって思いまして。
ポイントの入っている方を選びました。
最近また詩に浸れるようになったのでとても楽しいです。
 

[443]石畑由紀子[2008 11/01 16:33]あおば
こんにちはーアピポエさせてくださいませ。スレオペ縫さん面白い企画をありがとう。
前回はなにアピしようかわくわく考えてるうちに日付が変わってしまったの。。

「肉体を」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=138464

自作の短歌のなかでは、書けてよかった度が比較的高かったものを。
 

[442]たりぽん(大理 奔)[2008 11/01 08:52]
アピ☆ポエっす

「いつわりの夜空に」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=53779

2005年の今日投稿。自分では結構お気に入りです。
 

[441]かんな[2008 11/01 08:43]あおば
アピ☆ポエ、初参加です。お願いします。

「ささぐ」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=165234

タイトルが動詞であるシリーズ第一作目を選んでみました。
わたしの中で勝手に「動詩」と呼んでいます。
日常のひとこまを上手く切り抜けたらと思い、書いています。
 

[440]ゆうと[2008 11/01 02:05]rabbitfighterかんなそらの とこ
いつも見てますが、書き込みははじめてです!
アピ☆ポエ、参加させてくださいー。

「それでもたしかにぼくがいたんだ、あいまいなひかりつつまれながら」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=169760
普段、写真を撮ったりしているのですが、詩も写真も、生きている証だな、この世界にいた証だな、と思うのです。
 

[439]あおば[2008 11/01 01:41]そらの とこ
アピ☆ポエです。
昔、電車の中で書きました。大声で朗読可能です。


http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=169937
 

[438]rabbitfighter[2008 11/01 01:11]
アッピール☆ポエム
ちょっと変則的になってしまいますがスレの宣伝もかねて。
約30分くらいで書き上げました。
1、即興というには時間がかかっている。
2、最後の一行がぐだぐだ
3、殴る、という表現をもっと多様に表現できたらなぁ

以上三点が個人的な反省点。

http://po-m.com/forum/thres.php?did=142021&did2=14
 

[436]mizu K[2008 11/01 00:11]そらの とこ
「緩慢する海の響鏡にして」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=169927
アピ☆ポエに参加したいがためにひっさしぶりに投稿してみました!
ネコ温度計も通常に戻りつつ空気も乾燥してまいりました(ナニイッテンダカ)。
#ぷしゅー…
 

[434]白井明大[2008 10/27 22:41]そらの とこかんなmizu K夏野雨
展開のゆるさ、なにというほどのことでもない、ところにあるふくらみ。ひとめでひかれた詩です。

青木そうすけ「うすらぺったい」
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=168550
 

[433]佐藤伊織[2008 10/26 02:23]あおば
うそだったよ/イシダユーリ
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=65994
 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 
 
スレッドを新規に作成したり、コメントを書き込むにはログインが必要です。
Home
0.14sec. ver 050714.4.0
スレッドニュース

現代詩,詩,poem,comic,掲示板,投稿,本,詩集,CD,DVD,出版,音楽,短歌,俳句,印刷,芸術,漫画,アート