ぼろぼろになった心を引き摺り
全く青い空を眺めている
恐らくは誰も行方を知らない
孤独なだけのろくでなし

星の光る夜をじっと待って
そこに君がいればいいとか
本当に下らないなと思いなが ...
滲んで光る月の下

背中にある声は優しくて

瞳を閉じて闇の中

あなたの胸に落ちてゆきたい
鉢植かってすぐ枯らす
屋台の金魚すくっては死なせるみたいなりぼん型につくられて売ってある帯の醜さ!
提灯の影のいちばんうすいとこめがけて投げたみずふうせん
いつまでもごむのにおいが掌にのこっ ...
カジノ反対ってさ
嫌なら行かなきゃ良いだけだろ
一週間に一度は行くのが
義務だってんなら
俺も大反対だけどさ

必死に反対すんのが
いまいち分からない
ダービーの日に
府中でデモして ...
後悔したときは、
後悔に苦しむ
自分を許してあげましょう

だれかを憎んで
腹が立つときは、
仲良くなりたいなと願って
許しましょう

自分自身が許せないときは、
自分が自分を愛し ...
立っている
風のないブランコの上で
身体に巻き付けた鎖の鎧

もう抱きしめたり出来なくなった
誰かの抜け殻に熱を上げて
錆びた鎖には映らなかった
思い出の日々を揺らし始める

砂時計 ...
熱風が吹く夏の午後
僕は木陰に座っていた
何一つ考えることなく
ただ予感がヴィジョンを結ぶまで

草木が揺れ
積乱雲が流れ
風景は異郷と化し
一日も百年も等しくなって
裸の少女が夢見 ...
紙に描いた仮定の人物の横顔
その輪郭線は自分の顔だと主張して
パズルのようにピッタリ向かい合う
二つの概念
対義ゆえに二人ひとりの正面画のよう
口付けを交わし続ける恋人たちのよう
その愛は ...
氷が溶けて鳴る
その音に瞼をひらいた
汗をかいたグラスにジンのなごり
君の香りを撹拌する空調
目覚めぬそのまぶたを震わす夢に
嫉妬しながら氷をつかむ
さあ グラスにもう一杯の媚薬
蜥蜴み ...
○「弱肉強食」
強いものが
弱いものを食うのではなく
悪いやつが
やさしいものを食う

○「人間関係」
悪意はすぐ伝わるが
善意はなかなか伝わらない

○「大型店」
広い駐車場に ...
汗が出る、汗の起源を思う。どんなことも潜り抜けてきたその瞬間瞬間に汗は湧き、汗汗汗と濁音は止まらない。
夏は無言だ。夏の喧騒は喧騒の中に吸い込まれ、無色無音という形態を呈する。その中で汗だけが真実を ...
壊れるから注意
壊れたから注意
壊したから注意
壊されたから注意

ワレモノ注意
我のモノ注意

心を壊そうとモノを壊す
壊れた心がモノを壊す

ワレモノ注意
我のモノ注意
...
無意味に星が光ってる
無音の中に光ってる

無意味に地球がぐるぐる回る
特に変わらず回ってる


だから無駄にブルブル言わせて走る
無駄にでかい声でしゃべってる
にいちゃんねえちゃん ...
瓦礫



ぬくぬくの
肌のにおいの子守唄
あきらめにぬるい血が満ちてゆく
とっくに腐ったぬるい血が
ビニール袋に穴開いて
ぴゅーぴゅーこぼれる腐った血

ずっと

ただ、謝 ...
完全にすりつぶせ
火種完全にすりつぶせ
もう燃えたりしないように
全部壊せ
変わらず際限無く水銀が蛇口から出るから





これはもう毒ですらない
ゴミ
臭いだけのゴミ の ...
悩んだとき
季節を感じたいとき
独りになりたいとき

晴れでも雨でも散歩したくなる
心が静かになっていく

周りは騒がしくても
心は静かになっていて
雑音が入ってこない

緑の多 ...
硬い雲達に負けないように
灰色の煙突はまっすぐと立つ
足元でうるさい虫どもの声も気にせず
頭の上を滑る飛行機にも動じない

空がただ高くなるたびに
煙突はぐんぐんのびた
空が夕焼け色にな ...
朝日が眩しくて
日曜なのにこころに突風が吹き
目がさめた
痛むあたまが夜を恋しがる
愛を欲しがらない若者を演じきったのは
ほんものの歌を歌いたいからだ

こころを破った本を棄 ...
(あゝ、それにしても
(夕べは楽しかった

なにもかも
忘れさせてくれる
優しい夜が明けて

目を覚ますと
遠い異国から
わたしを呼ぶ
あなたのこえがするよ

...
両目が泳いで訳のない像を描く
下らないと捨てた夢がゴミ箱で花開き
新しい眼鏡を買いに町へ赴いた

君のこときっとずっと好きだった
タイミングの悪いニュース速報
私が死んでも君は笑い飛ばすん ...
東京オリンピックのときも
この猛暑だったらって
熱中(症)甲子園の朝日やNHKが
如何にも心配している体で
ニュース流してたけどよ
高校生が灼熱地獄の中
タマ投げさせられる
拷問ショーに ...
自分で考えた格言っぽい一言をテキトーにどんどん。
頭のおかしい奴に武器を与えてはいけない
もういいかい
まあだだよ
いつの間にか置いてけぼり
帰りそびれた逢魔が時

夕闇の中を
葬列が進んでいた
さっきまで一緒に遊んでいた子が
その列にまざっていた
声をかけるとわたしに気 ...
           卒寿を 過ぎると
        想いが 拡散されるのか
      暮しの 翳が いつの間にか
             ぼやけてくる
          エヤコンの温 ...
何事も十年せよと言うけれど無駄に過ごして同じ有様

詩から逃げ次は小説同じこと箱を変えても中身は同じ

全てから逃げばかりで自らと戦いもせず物書き気取り

自己批判出来ないやつの書くも ...
すごいですね〜
よくご存知ですね〜
よく気がつきましたね〜
よくがんばりまちたね〜
ヒトは皆、いくつになっても
誰かから褒められたい
アタマナデナデしてもらいたい
ドヤ顔していたい
優 ...
時間のデコボコと空気のデコボコの
大小の合間を埋めるように
音や音楽や香りや気配などの
適切なものが浮かんでいれば
ありがたい
ぼくは退屈しないですむ
困っている人がいたら
助けてあげることが
できないかと考えてみたり
簡単なことなら
考えるより先に
とっさに体が動いたり
悲しい出来事があれば
悲しんで涙を流したり
嬉しいことがあれば ...
家族はバラバラになって
欠けていくもの

家族の歴史は
その過程

時間は駆け足で過ぎて去るから
それに合わせて駆け足で離ればなれになってしまった

がらんとした家の
壁の日捲りの ...
他人の作品を自分風に書き換える連詩です。それを延々と続けます。

例えば

朝日が昇る丘の上で、
京子と昇は夕日を見ながら
手を握り
愛を語っていた
突然背後から
山姥が出てきて
...
日付順文書リスト
タイトル投稿者カテゴリPoint日付
プロポーズネン自由詩1*18/7/21 21:44
月夜巳 砂自由詩118/7/21 21:13
おまつりはるな自由詩318/7/21 21:06
反対しているのはきっとパチンコ屋に違いない花形新次自由詩2+*18/7/21 18:30
許してあげましょう八木ヒロマサ自由詩118/7/21 16:46
ミナト 螢自由詩118/7/21 15:34
贈り物ひだかたけし自由詩6*18/7/21 14:21
アントニムな気持ちただのみきや自由詩5*18/7/21 11:58
夏の夜の夢千代弦自由詩218/7/21 11:12
独り言58集    ホカチャン自由詩118/7/21 10:07
山人自由詩1*18/7/21 8:37
ワレモノ注意イオン自由詩0*18/7/21 8:36
無題しゃぱだぱ自由詩118/7/21 8:02
瓦礫自由詩218/7/21 7:26
瓦礫 2自由詩018/7/21 7:07
独りきりの散歩夏川ゆう自由詩618/7/21 5:35
焼却センター藤山 誠自由詩2*18/7/21 0:27
朝日のあたる部屋秋葉竹自由詩518/7/20 22:31
カーテン自由詩118/7/20 22:30
ブラッドムーンネン自由詩1*18/7/20 21:48
熱中(症)甲子園花形新次自由詩318/7/20 19:27
ことことひとこと。その2。会議室18/7/20 19:14
逢魔が時宵闇自由詩318/7/20 18:04
喪失の唄信天翁自由詩118/7/20 13:40
戦えない詩人に贈る五首Lisaco短歌3+*18/7/20 8:48
手練れカズくん自由詩1*18/7/20 8:24
デコボコ自由詩018/7/20 7:54
尊いこと自由詩1*18/7/20 7:50
家族こたきひろし自由詩218/7/20 6:14
書き換え連詩スレッド会議室18/7/20 2:26

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 
0.09sec.