昂ってた筈の
青かった筈の
夜更けまで眠れなかった
あの感情が
置手紙を開いたら
一編の詩

あら、懐かしいや詩とメルヘン
欧州の古城の裏庭で
子らは真面目に呪文を誦えている

起きて起きて、ピンクの血に染まる妖精よ
遠い東の国からやってきた永い眠 ...
ふんどし姿で登山し
山頂で自撮りすることで知られる
自称詩人でふんどし登山家の
HNサクソン大魔王(37)が
滑落して崖の途中の木に
ふんどしが引っ掛かって
宙吊りになっているところを
...
マルクスはロンドンで
トヨタのこうきゅうしゃの夢なんてみやしなかっただろう

意味なく渋谷に異星人がいるわけでもないのだが
ぼくたちは余裕なく金をつかいつづけ愛をつかいはたし

それは誰か ...
悲しみに胸が張り裂けそうになる
高橋しょう子のように

そう言えば
高橋しょう子って
高崎聖子という名で
グラビアアイドルやってたわね
着エロからAVへ掛け上がることは
そんなに容 ...
季節がページを
めくろうとしている

たくさん笑ったり
たくさん間違えた
日々のあと

何をしていたかなど
誰にもわかるはずがない

星だって
知らないうちに
夜に星座を描いて ...
「会うってどういうことだろう
どこいったって変わらないなら
会えただけで幸せじゃないか

「幸せじゃない

「けれども人はいつでも果たされなさに生きている

「本当に会うって何だろう
...
  罪

言葉でくっきり
踏み固められる足跡の罪

配慮は尽くされて…転倒

まちがえた
いってきのぼくじゅう

どこに行く日々
死なないのに続く日々

圧縮しなくち ...
羽が水が糸くずが
身体の外を巡りつづける
拍手は砕け
曇空を覆う


枯れ葉の手が
枯れ葉を掴む
夜の階段をゆく
ひとしずく


青空のけだもの
降り ...
肩を並べて歩きたいだけで
綺麗になろうとは思わなかった

見た目で得する人の分まで
損してやってる安い運命は
少し苦くて喉に引っかかる

思い出みたいな時代の鏡を
右手で割って左手で守 ...
建ち往かなくなった価値観を光る汗で作り煥え、
生き残ったる、´て焼付けるよに刻んで、
ポエジーはポエジーを目指さない、
サンデーアーティストは類型化されない、
生き方の構造に属しもせず属さずも ...
懐かしい小道を
日傘を差して 誰かと歩いている。

路上に面した
トタン屋根の材木置き場があり、
その精悍でキレの良い匂いが 膨よかで
通りを縁取る 柳も
まだ、若い

あなたは 向 ...
テレビのドキュメンタリーでやっていましたが、猫の島というのがあちこちにあるらしい。
【宮城】田代島
【愛媛】青島
【香川】佐柳島
【滋賀】沖島
【香川】男木島
【福岡】藍島
...
良いニュース増えて欲しいとよく思う悪いニュースを告げるキャスター

雨音で目が覚めた朝まだ眠い悪夢のせいで眠れなかった

山奥に続く県道ひた走る峠越えても目的地はまだ

浅い川綺麗な水が流 ...
聴こえるかい? プーチン、

 /////(ノイズ)。

私は詩人たちの口をとおして
今も尚、歴史を変えることが出来る‥‥

ウラジーミルは一九二四年一月二十一日に死んだ、
旧い日本式 ...
庭を散髪しつづけていると
そこはかとない
体力がついて
陽だって手中に収められる
(嘘だよ
 ただ体力がつくと大仰になる。

あたらしい細胞が芽吹いて
とてもここちよくなっていると
...
夕暮の美しい街に居て
かるい目まいと茫洋

健やかに汚れた指
埃くさい夢
磨かれて 傷だらけの

幸福は紙の羽
完璧に白く優しくて
風が吹くほど良く燃える
血液ハ、作レナイモノナノデス
人ノ血ハ人ノ手デハ、作レナイモノナノデス

めまいのする空を
ミカヅキの匂いのする方向へ
光の視線が突き進むなら
かまわないけれど幻想は死に絶えるのです

...
子供時代を振り返ると相手のことをオタクと呼ぶのは、普通だつた。

大田区で生まれ育ったローティーンのころに、自転車で20分
ほどにある流通センターでの古本市や今のフリマみたいな催し物に
集まる ...
今夜は満月 天に貼り付き 
煌々と現の恍惚を照らし出し
巨大なものに呑まれいく恐怖
束の間刹那だけ麻痺させて
街行く人の顔、
白くくっきりと浮き上がらせる
ひとひらの葉に穴を透かして
虫は陽をあおぐ
表皮を緑に染めるため、
いいえ
葉を愛するゆえに、彼はひとひらを枯らすのです

あなたは私を幼いと言う
一足一足がまるで驚愕だと言う
あなた ...
えんぷてぃ
これいいな
これほしい
もっとほしい
ちょーだいちょーだい

えんぷてぃ
あれもいいな
あれもほしい
もっともーっと
ちょーだいちょーだい

もうないよって
いわ ...
月曜のポエムは短い
これは発見だ

理由は言わずもがな

文字数にもポエムがあって
時に言葉より言葉してる

伝わる
私はだれあなたは彼
果てしない道
名もない駅
虚構
シリウス見た
手が届かない
息苦しいよ
呪文
虹色すべて虹色
騒々しいより
騒がしい
笑顔
好きだよ
あの絵の何処かには
...
張りぼてのような人が
蜃気楼の街で
救いがたい罪人を待っている
死刑執行は近く
人々は広場に集まり
思い思いに話し込んでいる

罪人には天使の翼が生え
今にも飛び立つかという風体で
...
「世は虚し」嗤う貴方の温い肌私も厭世主義が良いです この花
名前のイメージほどは
華やかではないけれど
一番好きなものさ
白系も桃色系もどれも
鮮やかではないけれど
僕の美しさの象徴さ
そうだよ君と同じだよ
何てね…テヘペロ
照れない ...
命には重さあり
されどその重さには違いあり
1グラムの者も居れば、1トンの者も居る
されど双方の命尽きた跡に残るは骨のみ
1トンの者は金塊に変わるわけでなく、只の骨となる
人の生は儚し
自称詩人に
詩の才能はもちろん
作詞の才能も
作曲の才能も
ダンスの才能も
ありゃしない
あったら
自称詩人である訳がない

例え一時の流行だったとしても
世の中を席巻するには
...
たいへんわかりやすい卑近な例をいいますと日本のポルノはすべてモザイクがかかっていますこれはほんとうをいうと「わいせつ物」を隠すのが目的ではないのです「わいせつ物」はオープンにするともはや「わいせつ物」 ...
日付順文書リスト
タイトル投稿者カテゴリPoint日付
鳴らない砂漠枯自由詩019/1/22 22:39
田中修子さんの作品、置手紙への返詩としてらどみ自由詩319/1/22 21:47
ふんどし登山家花形新次自由詩119/1/22 20:39
逃亡者梅昆布茶自由詩419/1/22 20:16
アフターザラヴイズゴーン花形新次自由詩119/1/22 20:10
自画像やまうちあつ...自由詩3*19/1/22 18:36
えんばー 2若ン乱散文(批評...119/1/22 18:34
えんばー自由詩119/1/22 17:53
ひかり けだもの木立 悟自由詩219/1/22 17:20
醜態ミナト 螢自由詩2*19/1/22 16:50
2045年善最ぴっきゐ自由詩119/1/22 16:50
夢路より闇道ナツ自由詩10*19/1/22 16:41
どうして好きになるの?一輪車散文(批評...2+19/1/22 13:28
都会化夏川ゆう短歌119/1/22 12:04
シベリアン・スイートハート atsuch...自由詩1*19/1/22 9:56
日記に一枚田中恭平自由詩219/1/22 8:38
紙の羽はるな自由詩519/1/22 4:07
ミカヅキ秋葉竹自由詩619/1/22 0:56
● 大田区からオタクがいなくなった日 ●らどみ自由詩319/1/22 0:36
今夜は満月ひだかたけし自由詩819/1/22 0:04
地殻の節理由木名緒美自由詩7*19/1/21 23:20
えんぷてぃ世界世紀自由詩419/1/21 23:19
月曜のポエムは短いぽりせつ自由詩119/1/21 23:09
こんばんは腰国改修自由詩1*19/1/21 22:52
処刑ネン自由詩219/1/21 22:49
腐れ縁短歌119/1/21 21:36
聖夜の名の花しょだまさし自由詩4*19/1/21 20:58
無題自由詩119/1/21 20:16
米酢元気花形新次自由詩319/1/21 20:14
モザイクの王国一輪車自由詩219/1/21 16:58

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 
0.08sec.