温もりでとろける
絡まりあった指と指
暗い部屋に響くのは
ノクターンの寝息

人はこれを幸福と呼ぶのでしょう

欲しているのはここにはない指で
せめて夢の中ではと
瞼を閉じる
見え ...
いいね!と褒められて
全世界に私をお披露目

四角で切り取られた私
うさぎのおみみにねこのひげ
光のない目でこちらを見据え
SNSの濁流に飲み込まれた

意味のない賛美に慌てても
加 ...
年をとったら
なんでも
そのうち
そのうち
私のキャシュカード知らない?
知らない!
私の携帯知らない?
知らない!
あの人なんという人だっけ?
知らない!
年をとったら
なんで ...
心臓に焼きついたあんたの残像に
生かされるのも殺されるのも
もういい加減うんざりさ
二度と会えないのが定めだってんなら
せめて一緒に死んでおくれよ
夢にぐらい顔出しておくれよ
I'm st ...
電灯の下にいる

善でも
悪でもなく

ただ
音楽を聞いている

愛しも
愛されもしないで

電灯のはるか上方に
木星がある
死ななくてもよかったたましいに向けて
打ち鳴らされる打ち鳴らされる鉱と金属
棄てられては増す つばさ けだもの


重なる紙のはざまの光
紙の上に浮かぶ珠
ひとつ持ち ...
今まで出会った物語が、僕の心に残っている。
たとえ頭が忘れてしまっても、心のなかには残るのだ。
物語は荷物にならない。
だから僕は、君たちと一緒にどこまでも行ける。
たくさんの物語と一緒に、僕 ...
風がアパートの外でやたら騒いでる
ジェット機の爆音が入り雑じって心穏やかじゃない
夜に
寂しさが鐘を鳴らしながら土足で入ってきた
テレビを消せない
見てもいないのにさ
ボリュームは低く落と ...
鍵が合わない
鍵を合わせる
洞窟の通路を進んで
行き止まりにある扉の
ノブは錆びていて
左手に抱えた鍵の中から
その一本を探し当てる
早くしないと一つ目の
巨人が此処にやって来る
擦 ...
けちんぼホタル

灯せや光

けちんぼホタル

灯せや命

なんの因果かじぶんばっか

なんの因果かしゃれこうべ

なんの因果かあたしゃ切実

けちんぼホタル

灯せや ...
大変です小汚いキツネがサイトにウィルスをまき散らしています
また か あーのキツネ

よし 急ぎ日本政府に一報を入れよ
アメリカのケンタッキ(ー)フライドチキンおじさんと
中国の海賊見習いお ...
あなたの秘密を知りたいです

ええっ
私の好物ですって
はしたない お腹にいえれる食べもの
を他人に言えません

あなたの秘密を知りたいです

ええっ
デートに誘いたいですって
...
君の行く道は果てしなく遠い

君の行く道は果てしなく遠い なのになぜ......

いい歌ですね
 
そうです 高度成 ...
誤報だと決め付けている
取れそうで取れない
鼻くそ
深追いしてる
僕は長いあいだ彼の傷口の赤や黒を見ていた
僕は長いあいだその傷口のやるせなさを憎んだ
傷ついている彼に云ったのだ
その傷が癒えるまで君は苦しみを愛せない、けれど癒えた頃には苦しみは感じられない、 ...
広瀬すずを見ていると
彼女の限界はそこにある
という気がする
かつて石原さとみに抱いた感じと
同質のものだ
ちんちくりんでも
何とか通用するのは10代
譲歩して20代前半までか

3 ...
当たり障りのない
柔らかな言葉を置き
希望を突き刺して
それぞれに点火する

有り難う私の人生
失うばかりでも
残せることがあった
笑い話ばかりだ

膝ぐらいまでの高さの
睡魔の海に足を浸し
まどろみ ...
 ●月×日、彼女らと会った日だった。まったくひどい日だった。
俺のあらゆることすべて拒否されたような、日だった。
従食の食事は特にまずく感じられ、異質な物体がただ喉を通るだけだった。
古びたスキ ...
夢の中だったのかもしれない
いつでもおかえり、と
声だけ聴こえた
或いは現実だったのかもしれない
耳の底の小部屋にそれは
棲みついた
文字にすれば水彩
いつでもおかえり

いつ帰って ...
風の使者が運ぶ言霊
万能の極彩色
骨を啄む嘴は箸
白磁の欠片が罅割れた
その隙間から覗く髪

(骨は灰の中から産まれたのだ)

小声で囁く参列者の中で
鬼は女の顔で骨壷を見下ろした
...
ありがとうとか

おめでとうって

なにに対して言っているのだろう

存在に?
いのちに?
存在はいのちによって存在する?
こころに?
存在が放ついくつものこころに?
精神に?
...
戦争に売春婦を連れていったりするのはどうなんだろう

執事を学校に連れていく御嬢様とは意味がちがう

日本人に従軍させられたというのがしゃくにさわるのだろう

強制連行があったのかどうかで ...
その生は一度しかない、と何度となく問いかけた人生である。

一方的なおはようございますの錯乱する現場では、指示を全うすることをよしとして。ただ人生のガイドラインについては与えられないので、作業が終 ...
年をとると
「ありがとう!」
と言われるよりも
「ありがとう!」
と言うほうが増える
「ありがとう!」
と言えない年寄りは
放っておかれる

「淋しさと寒さに耐えかねて
今夜もスマ ...
私は貝殻を覗いている
貝殻の中には真夜中への階段があって
私はゆっくりと進み始める

あなたは展示室の椅子に座って
加密列茶の入ったマグカップを傾けている

硝子の靴
と、あなたが呼ぶ ...
ラジオから良い音楽が流れ出る耳に残って幸せが咲く

海を見て汚れていない透明感心の揺れがなくなり安定

ピアノひき溜まるストレス消えていく綺麗な心を乗せた旋律

暖冬を剥ぎ取る寒い風が吹く ...
黒い蟻のように
地面の裂け目を這っていた
自らも細かくちぎれ
大地とともに腐敗していった
雨はいつも激しく
風は常に厳しく
黒い蟻の死骸の上には
醜い花を咲かせよう
人を捕えて食う ...
あぁ満月が雲に飲み込まれた夜
北風(よかぜ)に抱かれ君は震えていた
丘の上は少し狭そうだから
ここから想いの星でも待ってるよ...

澄ませば 心の 空までよく見える
意地を張ってる 2人 ...
僕はテレビだ。
ただし、家庭用のテレビと違って、自己意識機能が標準装備されている。
そのため、自分がどんな映像を流しているかが分かるようになっている。
この機能を使いこなせば、「これは面白い」と ...
 廻る廻る回転木馬じゃないんだ

 今日は調子悪いんだよ

 後ろから近ずくな

 蹴るぞ

 右を見ても 左を見ても

 みな同じ顔してるぞ

 とりつかれたように見てい ...
日付順文書リスト
タイトル投稿者カテゴリPoint日付
充足感と破壊衝動木村きむ自由詩018/1/17 15:18
ナルシシズム自由詩018/1/17 14:27
そのうちホカチャン自由詩018/1/17 14:07
Stuck on youfaik自由詩118/1/17 11:54
小市民やまうちあつ...自由詩018/1/17 9:34
ひとつ みちびき木立 悟自由詩118/1/17 9:10
物語水宮うみ自由詩1*18/1/17 7:54
風が騒ぐ夜にこたきひろし自由詩118/1/17 0:55
すんでのところ坂本瞳子自由詩018/1/16 23:37
けちんぼホタル吉岡ペペロ自由詩018/1/16 22:54
大変です小汚いキツネがサイトにウィルスをまき散らしています水鳥 魚夫自由詩0+18/1/16 22:14
あなたの秘密を知りたいです自由詩0+18/1/16 22:05
君の行く道は果てしなく遠い自由詩0+18/1/16 22:01
鼻くそノージュ短歌018/1/16 21:55
相沢才永自由詩018/1/16 21:43
ちんちくりん花形新次自由詩118/1/16 20:14
明日のことは分からないネン自由詩018/1/16 16:55
●月〇日山人散文(批評...018/1/16 12:26
いつでもおかえりそらの珊瑚自由詩1018/1/16 12:11
床の間にストレリチア黒崎 水華自由詩018/1/16 8:26
ありがとう/おめでとう吉岡ペペロ自由詩218/1/16 8:03
まずやるべきこと自由詩1+18/1/16 8:00
手なり遼旅自由詩018/1/16 7:31
ありがとう!ホカチャン自由詩018/1/16 6:54
硝子の靴雨の粥自由詩218/1/16 6:03
旋律夏川ゆう短歌018/1/16 5:34
悲歌葉leaf自由詩018/1/16 4:56
Winter's Tale颯太@自由詩1*18/1/16 0:45
僕はテレビ(自己意識機能を標準装備、オプションで自由意志機能 ...片根伊六自由詩018/1/16 0:01
パドック佐白光自由詩018/1/15 23:47

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 
0.06sec.