うつくしいこころとは
こどくといったいかしたこころです
じぶんとともだちになったこころです
じぶんとこいびとになったこころです
せかいにゆるしのたよりをいただかないまま
せかいをゆるすことの ...
絵を描くことが芸術行為であるように
詩を書くことも芸術行為だ

リンゴの絵を描くとき、リンゴは芸術行為の対象であるという意味でオブジェクトだ
しかし、描きあがるのが『リンゴの絵』ならリンゴはそ ...
目を瞑る

温もり揺らぐ

頬の優しさ
父の骨減り続けてゆく骨骨骨胸のロケット重たいままに

ころおん
こるろおん
くるうくるう
くるうおん
肩越しに
LEDがにじんでた

それはやがて
朝焼けに溶けてった

いつの間にか
さよならだった








(即興ゴルコンダより)
台所の窓辺に
葱だけが青々と伸びている
ほかの葉っぱたちは項垂れて
もう死にますと言わんばかり
葱だけが青く真っすぐ伸びて
葱好きではないけれど
すこし 
刻んでみたくなり 
ぱらりと ...
滴れば淡く溶ける指先

笑え緩む口許溢れだした

赤い水槽浮かぶ遠い夢

髪を触る足先の冷たさを

温める心の強さと弱さに

酔いながら抱きしめて

覚えのある口に絆をつけ ...
死に真似の遊び似合いし部屋の春 ○○君の好みのタイプを
くわしく教えてよ

いいよ、瞳はアイドル
みたいにパッチリまん丸

そう、だったんだ…

で、肌は透き通るような
真っ白でスラッとした子

え~私なんて浅 ...
朝露に濡れた薔薇のつぼみよ

蕾の持つ美しさ

それは未来(あした)という一瞬の輝き

過去(きのう)は蓄積され

そして、沈澱してゆく

現在(いま)は消費され

そして、過 ...
    卒寿をすぎて
      ふと想う
    痩せっぽちの
      俺さまが
  よくも いまでも
 生かされている と
  「時」が真っ赤な
「塑像」になっている
  「空 ...
トーストにチョコを溶かして春の湯気 古い約束 新しい約束 未来の約束について

古い約束は古いだけでない
ちょっと変です
羊を遠慮無く殺し血を抜き
祭壇に捧げる
天幕を作りこれを囲い
神聖な場所となす
ちょっと変です
...
看護師たちが患者に
「だいじょうぶですかあ?」
と口癖のように声かけしている
あるおじいちゃんがたまりかねて
言った!
「だいじょうぶじゃないから
入院しているんでしょうが」
患者の立場 ...
きのうの猫のぬくもりや
おとついの雨のつめたさや

ずっと前
ぼくができたてだったころ
たくさんの小さな人が
かわるがわる座ってゆく
にぎやかさや

お腹の大きな女の人のついた
深 ...
 部屋は水で満ちている。下から湧き上がるそれはいつしかベッドに横たわる私の背に冷たく触れ、静かに押し上げる。浮遊感が恐ろしく何かに触れようとして、少しも自分の思い通りにならないことを知る。天井は突き抜 ... VXガスで
自称詩人を殲滅しようと考えたものの
自称詩人のために、あんな高価なガス使うなよな~
という非難の声が上がったので
そんなら名張ぶどう酒事件を見習って
ぶどう酒に農薬混ぜて飲まして ...
朝が来る前になにをしよう
朝が来るまでにもう一度寝てみようか
朝は酷い
すべてモノを明るみに照らし
秘密はすべて失せてしまう

朝にとって
朝はなんだろう
自分の思考なのか
はてまた ...
見ながら
美しさとは何だろうと考えた

聴きながら
美しさとは何だろうと考えた

 寝て 起きて
 うまく力の入らない 右手を見た
 たたとと たたとと
 窓越しに 雨の音を聴いた
...
拙い詩

春風拐わぬ

片想い
届かぬと

噛み砕いた

濡れ手紙

雨音塞いだ

渡せぬ思い切り
湯船の脇にある布団の上で換気扇から聞こえる雨音を数えて眠る
眠たい色の空が笑う
イソジンの後に飲み込むサイダーみたいな色の空だろう
アライグマが桶で手を回す
換気扇の向こうの雨音と解け合ってい ...
空は麻製のかなしばり
日に焼けたバイオリンが
言葉なく波にゆすれ
苦い翡翠かガラスになる

 風はもう金属質で手遅れ
 呼吸が鉄の中へ凍えながら
 光のように白ずみ
 とめどなく泡の粒 ...
あたらしいのに懐かしい
うららかな春のもと、
わたしに添う目と
わたしに添う声

なつかしいのに新しい
穏やかな春のなか、
わたしを迎う目と
わたしを迎う声

めまぐるしく ...
守宮



貴族
Needless cigarette

けだるい朝日の元

進まない仕事

変わらないカレンダー

赤丸のついた給料日まで

It blows smoke

まだまだ迫るストレ ...
急に強い風が吹いて体がよろけた
そんな単純な事で自信を無くしたり

急に強い雨が降って体が濡れた
そんな些細な事で悲しくなったり

どこまでも弱くなれそうな自分を
偽るために力を込めて言 ...
一列のチューリップは
とりどりの春の音符である

そのメロディーと
昏い心臓を嵌めて歩いている私のリズムとは
どうしても
とめどなくすれ違ってしまうのである
この世が
オルゴール
だとしたら

わたしも
あなたも
みんな

時に突き刺さって
空を巡って
いつか
美しい音が出る「何か」に
弾かれるのを待っている

一本のピン

...
それはひとつの水だった
ある日流れるようにわたしに注ぎ込んだ
それはひとつの風だった
吹き過ぎてなお心を揺さぶるのは


少女は春の花を摘む
長い髪を肩に垂らし何にも乱されることもなく
...
日付順文書リスト
タイトル投稿者カテゴリPoint日付
うつくしいこころ霜田明自由詩017/4/26 20:49
タンポポ蛾兆ボルカ自由詩017/4/26 20:38
幸色勇姫俳句017/4/26 20:33
骨歌もっぷ短歌017/4/26 20:30
ひだり肩越しに見る夜仲程自由詩017/4/26 20:11
ただのみきや自由詩017/4/26 20:04
瞑れた果実勇姫自由詩017/4/26 19:44
部屋にてもっぷ俳句0*17/4/26 19:19
好みのタイプしょだまさし自由詩017/4/26 17:07
薔薇の蕾……とある蛙自由詩117/4/26 16:30
大根の里を訪ねて信天翁自由詩017/4/26 15:59
トースト水城歩俳句017/4/26 12:28
古い約束 新しい約束 未来の約束草原 恋歌自由詩017/4/26 10:24
声かけホカチャン自由詩017/4/26 8:53
さいはて公園のベンチそらの珊瑚自由詩517/4/26 8:18
再生する魚(4)さとこ散文(批評...017/4/26 8:06
面倒くさい花形新次自由詩017/4/26 7:06
山人自由詩217/4/26 7:05
ねぼけと雨の音霜田明自由詩2*17/4/26 6:17
果実勇姫俳句017/4/26 6:08
ラブレター短歌017/4/26 6:01
綺麗に片方だけ虹村 凌自由詩017/4/26 2:47
曇天霜田明自由詩117/4/26 2:31
悲しい頁千波 一也自由詩217/4/26 1:38
平成29年4月26日(水)みじんこ自由詩017/4/26 0:26
Dazzle in sidestream smokeるむ自由詩217/4/25 23:28
1486 1...自由詩017/4/25 22:52
春と異和塔野夏子自由詩2*17/4/25 22:29
オルゴールまい子プラズ...自由詩417/4/25 20:37
水中花もしくはオフィーリア石瀬琳々自由詩3*17/4/25 20:24

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 
加筆訂正:
さいはて公園のベンチ/そらの珊瑚[17/4/26 9:11]
少し修正しました。
0.08sec.