噴石のように降る豆の包み

福がこんなにこわいなんて

やはりこれは鬼なのだろう

頭に当たらぬよう手を上げ

時々福が手にぶつかっては

跳ね返って他人の手に渡る

そ ...
冷たい風が窓を叩く
ため息は白く浮かぶ
毛布に包まったまま
凍える身体を温める

外はスノードームの世界
直にこの家を覆い尽くす
少しだけ眠くなってきた
あとは只身を委ねるのみ

...
そのころ
あなたは在って
あなたは無く
茫漠と
靄につつまれて
あなたは


生への渇望と死への誘いが拮抗する最中
やわらかな被膜すらまだなく
渦巻く闇の限りない張力と
己が中心 ...
風が吹く

カーテンが膨らむ

紅茶を飲む

ミトコンドリアが寄生する

夢を見る

白くて普通な生活が

遠いエネルギーでうごきだす


車に乗るまえ木々がざわめく
...
虎がくすくす笑って居るので
児童に英語をうまく教えられない
私の心は二兎を追って
天空へと翔けて行く
鳩が中々飛び立たないので
やはり英語をうまく教えられない
私は仕事の面接を二本予約して ...
それであんたはどうなのよ
私も生まれたとき そうだった
おれもそうだったよ
なんだみんなそうだったのか

    ○

ようやく順番が回ってきた
死神と対面する
長い間お疲れ様でした ...
〇 信心もまつさかさまに雪まろげ

〇 豆撒きに髭もがたがた單氣筒

〇 {ルビ僑胞=けうはう}も萬歳をせし紀元節

〇 ペムペルとユリアを{ルビ託=かこ}ち靑木の實

〇 平成を無爲 ...
契約を結んでいく人々の群れに
時計の針は刻々と告げる
その日一日歩いていく泥濘の深さを
法は空を舞う繊細な鳥のよう
大地に降り立つことなく空想を奏でている
この日本という原始的な帝国 ...
簡単に呟けるくらいがいい
指先一つで誰でも気軽に

考え過ぎないくらいがいい
直接話すのと同じ感覚で

盛ってしまうくらいがいい
大袈裟な方が盛り上がれる

責任を取るのは自分なんだ ...
今年68歳だ
もうベテラン無職と言っていい

小学2年生のときに
初めて自称詩を書いて
ママンに誉められた
「ジュク夫ちゃん、あなたの自称詩は
何というか、こう・・・とても
勢いがある ...
旦那の居ない夜 酒を酌み交わす
相手は自分の頭脳と心と身体と精神

五人に誤認 両手に華を携えて走る
へべれけの道

その先に 千鳥足でしか渡れぬ橋がある
踏み出してみるかい?
渡 ...
成功したいではなく
失敗したくない世の中だと
学者が語っている

勝つためではなく
失敗しないために努力したと
勝者が語っている

練習したくないが
失敗したくないと
ヤンキーが語 ...
林間学校の最後に
キャンプファイアーをした
それは「親睦の火」とか
「儀式の火」とか言われるらしい

炎の周りで大勢で輪になって手を繋ぎ
近づいたり離れたりして踊ったり
歌を唄ったりする ...
ヘビを見ると
どうしてこんなに
怖いのだろうか
僕の心の深淵に
ヘビを怖がるなにかがある
逃げるヘビは
まだいいが
トグロをまいて向かってくるヘビは
大恐怖だ!
ヘビは
生きていて ...
君に誘われて
始めることにした交換日記

続ける自信はないけれど

何を書けばいいのかな
悩んでしまいすらすら書けない

君は好きみたいで
楽しんで書いている
その勢いに飲み込まれ ...
娘はまだちいさい
ちかごろ茶柱というものをしって
家族のため、お茶をよく淹れるようになった
茶柱はなかなか立たない
というより、一度もみたことがない

ときには夢中になって
湯呑みと急須 ...
浜崎あゆみのコンサートは三千円くらいだそうだ

小室哲哉の曲はいま聴いたら歌詞いがいなんか陳腐だ

織田裕二は菅田将暉みたいな感じだった

中島美嘉はもっとつるっとしていたっけ


...
パプアニューギニア人になりたい

パプアニューギニア人になりたい

節分も忘れてた

いとしいからね

また渡すからね

パプアニューギニア人になりたい

パプアニューギニア人 ...
戸走りに冬越飛蝗 奥間の灯


{引用=冬越し

この頃 冬といっても
僕の国や
何も知らない人達の国では
ギリシャ世界のアネクメーネのように
どんなに寒くても
明日への蓄えがなく ...
籠目の指の隙間は這って
悲しい図形を縫う

母の口を突いて静けさを破った眠り際の歌は
影を洗う影のために
何かが違うと叫んでる

その扉は意図もたやすく開いて

あの時みたいに誰か

一瞬叫んだ

瞬きすれば消えてしまうくらいの一瞬だった


力づくで痛みは消された

無味に生き ...
歩き煙草に咳き込んだ
不機嫌そうな顔こちらを見る
目を逸らした自分が間違っているのか

転んだ痛みに呟いた
それはただの独り言
差し伸べてくれる手を伸ばす
期待はいつも裏切られる

...
お読みいただき
誠にありがとうございます。
以下についてお願い申し上げます。



(1)賞味期限のない詩
    消費期限のないポエム
    となっておりますので
     ...
陽に照らされた幽霊は
決して嘘をつかなかった
見透かしたように
見定めたように
椅子に坐ったままだった

堪らず
睨み返したら
解りましたと嗤ってから
本当のことしか
云わなかった ...
森が丘高校廃校のお知らせだった
でもいったい誰がその場所を覚えているだろう
同級生の半分はもとから知らないし
さらに半分は名前だけしか知らない
ロミオロミオ!と叫んだまま固まったクラスの美少 ...
第七章

 ガテン系という言葉は都合がいい。なんとなく、その言葉一つで全てが眼に浮かんだきになれる。

 ガテンには接客業も掲載されているのだから、ファミレスで働いている連中もガテン系ではある ...
なにー あの花咲爺が羽を付けて空を飛んでいた うそだろー

神の大學 天使選抜科に合格したのかー 信じられんー

それがあのー
汚水槽で溺死して黄泉の国にゆく途中らしいです

...
AO入試で大学に受かって
その後中退した
26歳のあんちゃんが社長だと知ってて
その会社に大金預けていたとしたら
そいつはかなりの冒険野郎だ

要は
損した方も損させた方も
とんでもな ...
〇 鬼遣らひ紙の具足の濡れそぼつ

〇 {ルビ垢舐=あかなめ}のオリムピツクや雪しまく

〇 {ルビ冬暜請=ふゆぶしん}無心{ルビ乞食=こつじき}見榮と慾

〇 身内にはつくづく甘き{ルビ ...
凍えるような夜の空気に包まれていたかった
満月はそれでも道を照らそうとするから

僕はまた歩き出そうとしてしまうだろう
本当の気持ちと向き合うこともなく

ただ何も決まらないまま考えていた ...
日付順文書リスト
タイトル投稿者カテゴリPoint日付
節分でこちゃん自由詩618/2/3 20:21
メーデー1486 1...自由詩418/2/3 19:39
うつろな姫ただのみきや自由詩5*18/2/3 18:12
ミトコンドリアが夢を見る吉岡ペペロ自由詩418/2/3 17:50
山に逃避間村長自由詩918/2/3 16:44
生まれたときと死ぬとき空丸ゆらぎ・...自由詩1018/2/3 12:40
勤行要典孤蓬俳句1+18/2/3 12:09
労働の闇葉leaf自由詩418/2/3 11:42
いいね!1486 1...自由詩518/2/3 11:10
水虫ジュク夫「キンタマ王子清輔」花形新次自由詩2*18/2/3 10:18
エーデルワイス藤鈴呼自由詩3*18/2/3 9:59
燃えない失敗イオン自由詩5*18/2/3 9:58
淋しい沢田健一自由詩1118/2/3 9:57
ヘビーな話ホカチャン自由詩118/2/3 8:07
交換日記夏川ゆう自由詩418/2/3 5:04
茶柱宮内緑自由詩6*18/2/3 3:21
平成のころ吉岡ペペロ自由詩418/2/3 2:47
パプアニューギニア人になりたい自由詩418/2/3 2:32
雪どけ と(一)仲程自由詩418/2/3 1:36
untitledkatori自由詩2*18/2/3 1:06
げすぼいすdesert...自由詩2*18/2/3 0:56
夕闇1486 1...自由詩1218/2/3 0:54
詩の ポエムの 読者様へkomase...自由詩2*18/2/3 0:07
トランキライザーじおんぐ自由詩318/2/2 23:19
森ヶ丘高校ふるる自由詩818/2/2 21:34
草稿⑦よーかん自由詩218/2/2 21:18
なにー あの花咲爺が羽を付けて空を飛んでいた うそだろー水鳥 魚夫自由詩1+18/2/2 21:14
AO入試花形新次自由詩118/2/2 21:11
煩惱卽菩提孤蓬俳句0+18/2/2 19:02
明けない夜1486 1...自由詩518/2/2 18:30

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 
0.1sec.