瓦が白く光っている

烏が一羽とまっている

広がる朝の光の中を

烏と瓦が交わっている

互いの輪郭守りながら

光の海を泳いでいる
美術部の課外授業でフェルメール展に行く

入り口で点呼を取り各々好きに見て回り解散という流れ

一人の学生がとてもゆっくりとした足取りで

丁寧に絵を見て回る

絵画の技法に詳しいわけ ...
あなた、詩人に向いていないと実力のあると評価されている
無冠詩人に真面目に「告白されて」もそりゃ困ってしまうま。

今まで隠していましたが、私は詩人ではありません(笑)

なので、遠い将 ...
煮込んでいるジャガイモを
箸で仕留めて目玉を二つ
描いただけの顔

人参に寄り添い聞く耳と
しゃべる口を与えてあげようか

玉ねぎと仲良しだから
いつも涙を流して空を見上げるよ

...
空から水滴が無数に堕ちてくる
違うか
落ちてくる

あれは地球の涙だなんて
普通に生活してたら思わないだろう

だけど
毎朝
毎日
毎夜
蟻みたいにに詩が湧いてくるから

雨 ...
実は私
48歳の中年男性なんです
昔から女子高生に憧れていて
ブルセラショップで
セーラー服を購入して
着てみたけれど
鏡に映った姿は化け物そのもので
悲しくなって止めちゃったんです
...
 窓辺に石を置いて。

 太陽の銀の腕が頭の上をかすめて、ぼくは聴いている。耳
のないきみもまた、同じように。高速道路を走る軌道トラッ
クが光を遮って闇を目指していた。オーガンジーの彩に……。 ...
骨は良い音がする。
嗚呼、
冬も近いか、
と考える
考えてはくしゃくしゃにして
ゴミ箱に入れる、入った。
淹れられたコーヒーから
生活
の、匂いがする。

私は一日単位として ...
君と食事をしていると
箸がこぼれる
皿がこぼれる
テーブルがこぼれる
椅子がこぼれる
食材だけがこぼれずに
宙に浮いている
立ち上がった僕たちは
手で食材をつかみ取り
お互いの口に放 ...
ぼくの隣に 腰かけて

きみは なぜか 

涙ぐんでいる


話しかけると 消えそうで

涙のわけは聞けない


星空から 落ちてきた

涙のしずくが


月のひかり ...
人恋し神様お願い助けてと言えるうちは癒える内から


ほら、これあげるからとレントゲン写真をプリントアウトしてくれたおじちゃん先生はそうか自分で見つけたの偉かったねと言った。わたし子供みたいだっ ...
大前提として『人に言えたもんじゃないですけどね』と言っておいて、今回の話を書き始める。

自信。自信ってなんでしょう?分かりにくので目盛りにたとえます。たとえばあまり自分には自信ないんですよね、と ...
天井の向こうの
鮮やかになるしかない空に沈殿した
新月をじっと眺めていたら
心臓から水銀がとぷり
流れ落ちた。
とぷりとぷとぷ
とぷとぷぷつつと
畳にしみた。

あの日と似てて
全 ...
初めて手紙を差し上げます。スマホのLINEには書くことのできない私の本音を捧げたくて。“美しい紅葉を照らす月の様になりたい”これが私の願いです私の愛の告白にあなたの頬が赤らみそれを見つめる私の想いはあ ... 箸で摘まんだ骨の欠片。
これは
私の頭を撫でた父の手。
たった今
父は抜け殻となって帰ってきた。

広い部屋に佇む母と娘たち。
炎の熱だけが
冷え切った両手を撫でまわす。

「形が ...
夢を見るのは
好きな人がそこにいるから。
忙しい日々の中で
見続けた姿を追いかければ
負けまい。と思う気持ちが芽生えた。

(ココニ帰リタイ。)

確かに残る私の居た形跡。
文字を辿 ...
何処までも続く無色透明の青
ぽつぽつと現れた雲の鱗片が
家族の元へと帰る父の骨の様だ。

炎の熱を帯びた銀の台を眺めたら
思わず声をかけていた。

「お父ちゃんお帰り。熱かったねぇ。 ...
お酒の素晴らしさや失敗談について語るスレ。
もちろん未成年は大人になるまで待ってね(笑)。


倉橋由美 ...
秋のせいなのか・・・
もちろんそうではなく、年のせいで、
抜け毛がすごい。
髪の毛は細くなり、力なく頭の形にペッタリと貼り付くよう
安い美容院で、白髪染めのカラーリングをしている影響も、
...
わたしたち
フクロウならよかったのに
森の奥深く
高い枝の上で身を寄せあう
孤独なつがいのフクロウなら
よかったのに
貴方の瞳の中にわたしが居た

貴方は他人の目をしっかりと見つめて話す癖があるでしょう
わたしはそれが苦手だったのよ
何もかもを見透かされる気がして
でも貴方の瞳はそんな事を求めていた訳じゃな ...
てのひらから
ころがりおちて
ころがって
ころがって

ちかづいて
ぶつかって
はなればなれに
ころがりおちて
ばらばらにくだけて
もとどおりになれなくて
てのひらのなかに
も ...
歩きなれた山道の
それぞれの石たちは私を知っている
はぁはぁと荒い息を吐き
その呼気を感ずることもなく
山道の石は私を確認した

ひとつ目の急登を登り切ると
胸を広げた山岳が憮然と目を向 ...
歌人という音の響き
歌人と言う人に憧れを抱き
見よう見まねで歌を詠み始めた
少年の日

石川啄木を読んでは心が震えました
万葉の歌を諳じました
与謝野晶子の恋情の詠みに痺れました

...
『竹田の子守唄』にでてくる

「かたびら」が気になった

「帷子の辻」は風葬の地であるという

2年ぶりに会った母は痩せていた

病院が新しいことに苛立った

どうしようもでき ...
溶かした夜を流し込んで
ゆっくり固めた
冷たい道路

消えそうな
ヘッドライトだけを頼りに
僕は走り続ける

気づいてしまった

昼もまた夜で
光もまた闇だと

月も星も
...
この美しい秋日、
天高くから降って来る
青い青いどよめきに
胸高鳴らせて
待っている
懐かしい
未知フルサトの到来を
予感のなかで
待っている
● 相田みつを 考 ●

なぜだか聞こえる ふふふ
行間の隙間から 子供達の笑い声
隙間へと かくれ んぼ

相田みつを ...
発句 萬緑や死は一弾を以つて足る 五千石

脇 アイリス苔と錆び鉄かぶと ジジ
三句 祈りの手小さい大きな声生きて 蛇氏
四句 ...
ごろごろごろころころころされされころされるるるるルミナス神戸の思い出もはやいみなくなくなくなく手に手に手にした刃渡り短いナイナイナナナナイナイフナナナナ左右じゅんじゅん順々に刺すすせそそそれがワタワタ ...
日付順文書リスト
タイトル投稿者カテゴリPoint日付
朝の光景ひだかたけし自由詩7*18/11/4 11:16
美術館りゅうさん自由詩118/11/4 10:12
● 詩学 詩とは何なんだろう ●足立らどみ自由詩318/11/4 10:08
肉じゃがミナト 螢自由詩3*18/11/4 8:39
日記みたいに詩を投稿してこたきひろし自由詩418/11/4 8:04
きみこ(仮名17)花形新次自由詩218/11/4 7:42
朝の窓辺のスケッチ春日線香自由詩4*18/11/4 6:56
それでも良い一日を田中恭平自由詩518/11/4 6:47
食事をする葉leaf自由詩218/11/4 6:09
涙のわけst自由詩418/11/4 5:25
人恋し神様/即興ゴルコンダ(仮)時間外こうだたけみ短歌2*18/11/4 0:58
スイート目盛り腰国改修散文(批評...1*18/11/3 23:37
自由詩3*18/11/3 22:51
季節の手紙しょだまさし自由詩4*18/11/3 22:20
やわらかな傷跡梓ゆい自由詩218/11/3 22:16
彼方へと自由詩318/11/3 21:52
白い粉雪自由詩218/11/3 21:51
お酒スレ会議室18/11/3 21:46
49ばんめの秋はだいろ自由詩1+18/11/3 21:46
フクロウならよかったのに宵闇自由詩418/11/3 21:20
悪癖を愛す卯月とわ子自由詩518/11/3 20:52
ころがる宵闇自由詩3*18/11/3 19:49
山道山人自由詩5*18/11/3 19:44
詩人ではなくて歌人でありたいこたきひろし自由詩318/11/3 19:41
回想宗像現象自由詩4*18/11/3 19:25
ひとの道いきり自由詩7*18/11/3 18:21
待つ(改訂)ひだかたけし自由詩6*18/11/3 16:00
相田みつを 考足立らどみ自由詩2*18/11/3 14:38
勝手にひとり半歌仙 表六句/ 裏六句/ 名残り六句伝統定型各...018/11/3 13:23
ハハハハハンムラビ腰国改修自由詩1+*18/11/3 13:03

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 
0.17sec.