あなたも 
           想像してみて 
             ください。
         卒寿を越してから
         独り暮しとなった
    ...
飴玉が溶けるまでじっとして
唾を飲み込み目を閉じる
飴玉が溶けるまでそっとして
軽くジャンプして
芝生と柴犬の撫で心地
飴玉が溶けるまでほっとして
息を吸い込み起きあがる
私の中にいる天使はあらゆる天使を統括する天使長である。私の仕事は天使たちや人々への伝令である。天使というものは休んではいけない、あらゆる神聖な存在の中で一番厳しい人生を歩まなければならない。私は芸能界 ... 暗闇の中で紫のけむりが踊っている
濃いみどり色の草が固まったままでこちらを見ている
私は黒い身体で洞窟の中にいて
わけの分からない魔境を楽しんでいる
常に魔境を求めている
苦しみではなく危な ...
眩しそうに
何かを見ている
何が
そんなに
眩しいの?

眩しそうに
目を細め
目尻に
皺を作って
何を見てるの?

目を逸らさずに
楽しそうに
いつまでも
眩しそうに
...
〇 萬緑や陰陰募る{ルビ木下道=こしたみち}

〇 名にし負ふ鳥すら食はず烏麥

〇 {ルビ花瓣=くわべん}のみ{ルビ襤褸=らんる}と朽ちて{ルビ靑躑躅=あをつゝじ}

〇 長閑さや{ルビ ...
必要な悪と
必要な善が等しく店頭に並べられたら
どっちが先に売り切れるかな

僕は十九歳 未成年だった
未成年の僕が一刻も早く棄てたかったのは
童貞
成人を向かえる前にどうしても体験した ...
忙しい仕事はひと段落
やり切った感じがある

週末の予定は
特になかったけれど
ドライブに行きたくなった

見る景色が
仕事がない日は
更に綺麗に広がって見える

何でも自由にな ...
眠れぬ夜だ
さぁ、始めようか
まぁ、おかけなさい
喉が渇いた
夜を飲めば
余計に渇く
笑える。
薬は飲んだか?

完全なる前向きとは
死を否定して生きる事だ
疑ってはならない
...
その時僕は一匹の蛇だった
その日の昼下がり真夏の太陽がかっと照りつけていた
畑と畑の狭い道には陽炎が立って揺れていた

僕は一匹の蛇だったから地面をはって動かなくてはならない
僕の前世は人間 ...
 悲しみは風と共に去り、苦しみが嵐と共にやって来る。
 ひと時の微睡は幸福だった。
 人の心は無防備で、一輪の花のようだ。
 花弁が一枚ずつ剥がれてゆき、やがては枯れ果てる。

 寂しさ ...
 開け放した窓から月光が射している。
 音もなく、静かに。
 妻の持つ手鏡を覗き込むと、もはや私の顔は映らない。
 ただとても厳かに月の光だけが映っている。

 鏡の中の月はほんの少し黄 ...
海鳴りが微笑み、伝えているので。
風、光、波、を、あそばせています。
る。ふ、らん。
る。ふ、らん。

瑠璃色にかわっていくのかしら。
遠い。は、近いのかもしれません。


とな ...
WEB上で文字を書くことに恋をしていた時機があった
ネットで書く文字ただ文字を書くためのことで
うれしくてしょうがなかった
そうゆうのが何年続いただろう


そのあと
文字を書くことによ ...
我が名を、

呼べとうずくまり小雨に濡れて
黒猫を抱きしめて目をつむる

そこには、

孤独など感じられない
死にたいとも願えない
暗い絶望が、

コールタールになってい ...
俺は今年サンタクロースになるつもりでいる
誰も止めんでくれ
いま
煙突という煙突をリサーチ中だ
まぁ
俺の配達範囲といったら
限られちゃーいるがな

配達?
サンタクロー ...
自称詩を見せられることで
とても辛い思いをしている
もう耐えられない
PTSDを発症したほどだ
だから
自称詩人と
その自称詩を掲載している
自称詩投稿サイトを
告訴しようと考えている ...
お花屋さんに寄ろ
母の日だもんね
じゃあママに綺麗な花選んでいいよ
わかった…これがいい
おっ!さすが女の子可愛いのだね
パパはどれにするの?
パパはママの子供じゃないから買わな~い
ふ ...
星と夢と 深淵と
月と猫 そして ヘッドライト

君と僕 窓の明かり
遠く隔てて

 
やることが多すぎて
寝る暇もない
メールして
ゲームして
動画見て
音楽聴いている
女の脅し文句
「それってセクハラよね」
子どもの脅し文句
「もう学校行きたくない!」
部下の脅し文句
「それパワハラじゃないですか!」
野党の脅し文句
「証人喚問求めます」
妻の脅し文 ...
親切をすれば
良い気分になる時が多いけど
嫌な気分になる時もある
親切なんてするんじゃなかったと
思うときもある
親切をして
誇らしい気分になる時も多いけど
恥をかくときもある
もう二 ...
それは 悲鳴だったか。

夜、
星空に吸いこまれた
めざめれば消えてしまう
夢の中の笑い声。

とつぜん黙ってしまった
橅の森の中で
目に見える
淡い緑色のそよ風 ...
ゆっくりと息を吸う
痛まないように
深く息が吸えるように
無理をせず
あわてず
そしてゆっくりと
息を吐く
咳き込まないように
次の息を
吸えるように
満ち満ちて
無くなって
しまいそうです

転がるように
天が笑うのを

僕は地面ばかり
青々とさせてしまって


満ち満ちて
弾けそうです
そっと掌開いたように

木漏れ ...
だって
ほら もうすぐそこに
いきるたのしさ
みつけてしまったんだもの
いきなくちゃ

かなしくて
かぜのみこむないしゅけつに
たくさん おらなくっちゃ
いきること
いいよって ...
朝顔に似た花を見た

けれど
私は知っている

この花が
朝顔ではないことを

この世界は
夜ばかりで
朝は来ないのだから

けれど
私は知らない

この花の名前を

...
今日はどこ行く?
まず部屋出よ
はいはい
でコンビニ寄ろ
いいよ
何買う
プリンとポテチ
じゃ俺はツナマヨ
いつもそれじゃん
でどこ?
TSUTAYA
帰りでいいのに
いいの
...
トマトと星と、アンコウを
よく煮込んで夕食にした

寂しげなフリルスカート
ざまあみろ
あんたなんか二度と履かない

明日の朝は着るものに悩みたくない
今日のスープは今日食べてしまいた ...
木枯らしが吹く
カツラの街路樹の道を
老齢な私は杖をつきながらゆっくり歩く

途中で落ち葉になった黄色の葉を
笹舟のように丁寧に折る

この先には小さな川があって
落ち葉以外にも色々な ...
日付順文書リスト
タイトル投稿者カテゴリPoint日付
濁った老眼信天翁自由詩018/5/12 12:53
飴玉舐めて灰泥軽茶自由詩118/5/12 10:19
天使の使命ぜな自由詩118/5/12 9:27
魔境自由詩118/5/12 9:26
生きるカズくん自由詩1*18/5/12 8:57
君は知らじな孤蓬俳句1+18/5/12 7:22
美しき女神たちこたきひろし自由詩118/5/12 6:01
平日と切り離された時間夏川ゆう自由詩118/5/12 5:34
眠れない夜の哲文暁い夕日自由詩8+*18/5/12 5:21
蛇に飲み込まれてこたきひろし自由詩018/5/12 4:12
五月の。ヒヤシンス自由詩4*18/5/12 4:01
月光と手鏡自由詩3*18/5/12 3:24
RE:FREEDOM RAINおっぱでちゅ...自由詩218/5/12 0:37
WEB上の文字笹峰霧子自由詩4+*18/5/12 0:28
あたたかい名前秋葉竹自由詩118/5/12 0:23
ブラックサンタクロース協会尾田和彦自由詩8*18/5/11 20:43
ジショハラ花形新次自由詩218/5/11 20:29
白い花しょだまさし自由詩018/5/11 18:31
夜遅くから 朝早くまで空丸ゆらぎ・...自由詩418/5/11 17:59
心の断捨離をホカチャン自由詩018/5/11 10:42
脅し文句自由詩018/5/11 10:33
親切カズくん自由詩018/5/11 7:16
森の悲鳴秋葉竹自由詩218/5/11 6:10
リモデリングカズくん自由詩018/5/11 5:45
後悔しゃぱだぱ自由詩1*18/5/11 5:31
無題自由詩1*18/5/11 5:26
Morning gloryるむ自由詩218/5/11 2:18
回れ右しょだまさし自由詩218/5/10 22:25
過食嘔吐印あかり自由詩318/5/10 21:54
カツラの街路樹やまだ いち...自由詩618/5/10 20:16

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
加筆訂正:
いいえ、私も、木霊だよ/秋葉竹[18/5/11 23:57]
タイトルと、ほかにも2箇所、加筆訂正。
完全体のためのプロト/ただのみきや[18/5/10 20:17]
何文字か修正したり消したりしました。
0.08sec.