とっくに死んでいる筈なのに昨夜は遅くお袋が会いに来てくれた
何年ぶりだろ すっかり忘れてしまった
お袋はどこの誰かわからない位にすっかり若返っていた
だけど親と子だから肌で感じとった
つい懐か ...
 突然思い立つ 
 
 始めよう腹筋運動

 この瞬間に 男子の 可愛さ 幼さ 儚さが

 凝縮されている

 見られていると意識した時

 キュっと 腹筋に神経集中

  ...
通学路、夏空から墜落したした機体の残骸で足の裏を切った

あの日の匂い立つ湿度や吹き抜けるからっ風を思い出すと
流れた血が止まらない
なめたら幼い頃の思い出の味がした

MP3が鼓 ...
道の駅の副館長が大活躍だ
変態犯人が停まっていた様子を
身ぶり手振りで熱心に
説明する姿がウケたのか
ありとあらゆるニュース番組に
引っ張りだこだ
俺が被害者家族なら
変態犯人以上に
...
こなごなの心の欠片、
拾い集めても何とも思わない。

見えない希望に振り回されて、
絶望している気にされる。

陽気に笑っているふりも、疲れたよ。

空はといえば、
何の意味 ...
クダランはいく研究(文才0男 植物図鑑駄俳句晒し物)編

霾靄然 たびのはじはかきすて
キ ツネの恥は掻き捨て ピッタリだ
何か勘違いしてるなー
...
〇 靑粒に{ルビ淸澁=すがしぶ}凝りて榎の實

〇 豌豆も麥も名のむた{ルビ玄=くろ}みけり

〇 數珠掛けの信心ひそと夕化粧

〇 廢屋を{ルビ埋=うづ}めて靑し日日草

〇 {ルビ ...
駄句の源泉 (植物図鑑駄句幻の湖 中村晃子)編

撓 句想無く死語にしか頼るすべ無し

みち遙か 底知れぬ クダランな

野苺貪る 句想かれつきその果て はげ頭と自嘲している

...
月が真っ二つに割れた夜
空を仰いで
これが下弦の月なんだよねと
呟いた

会話の中の匙加減は案外と難しく
ヤベエ!と思った瞬間に
間違ってイイネ!ボタンを
クリックしてしまったりす ...
クダラナイ駄文研究(味のない味の素)編


スズガヤ

玲瓏たる ばかたれー

こんな様 どこからも感じられませぬ

貧弱な着想が貧弱な場違い語句を呼ぶ
アスファルトに

だんじりの轍が白かった

こんな坂道を

こんな幾何学をつけて

のぼったのだ

神はいる

神に彼らは護られている


これは精確なお話しだ

ひ ...
冷たい5月の光に

緑が風にこすれた香り

廃液や廃物が浄化されていく


自然とはそういう瞬間の積み重ねなのだ


冷たい5月の光に

緑が風にこすれた香り

廃液や廃物 ...
トースト色の
にじんだ夕日も
まえがみがじゃまでみえないな

わたしは大好きな
ベランダやコンクリートやビルを
捨てようとおもいました
海岸(および波打ちぎわ)も
コーヒースタ ...
他人の作品の中に
「うつくしいもの」と題する
詩を読んだ


うつくしいと感じるのは
対象が美しいというより
うつくしいと思える心を持つ
幸せな人だからかな


幸せになりたいな ...
 夜の生ぬるい海に手をひたすと、黒い水に浸っていた手のまわりに燐光のさざ波が立つ。都会のうるさげなネオンのひかりのよな、すこし人工的な輝きは、夜光虫というプランクトンが体温に呼応して、まるでわたしの存 ... 冷蔵庫の中を確めるような
親しい関係が続いていたら
卵を買い忘れることもなく
トーストの上に目玉焼きを乗せた

後悔はいつも情けないほど
涙を流して溺れる時計が
正しいリズムを刻むから痛 ...
先日ふとったばあちゃんが
僕を見て
「ずいぶんやせているねえ!」
といった
やせている僕のほうが
異常なような言い方だった
自分を標準にしているから
そう見えたのだろう
近ごろふとった ...
悪は飼いならすものなのに

ただ押し込めていると

いつしか狂暴な力を持ち

コントロール不能になる
その人は淡々とやるべきことをやっている
考えるべき事を常に考えている
充実感をもって
けりをつけていく
小さな達成感がたくさんある
他人を信用しない
子供達だと思っている
守れない場合も ...
想像もしてみたまへ。ヒトラーがオーストリアの山荘ケールシュタインハウスでジブリを観て涙を流している。わたしはなんて優しい人間なんだろ。ジブリに感動しているのだもの。ああ、わたしはジブリを観ているわたし ... 全ての人は
全ての人を愛したいと思い
全ての人は
全ての人から愛されたいと思っている
だから全ての人は
勝手に裏切られ
全ての人の心に憎しみが宿る
むしろ全ての人に対し
夏場にまとわり ...
私が永遠の眠りにつく時
周りに家族や親戚などはいらない

夢の中で構わない
今まで飼って来た愛犬八匹が居て欲しい

何も餌を食べる前のお座りや
お手をしたり尾っぽを振らないで ...
北風が強くて寒い雨の夜孤独感高まるような夜

問題はいずれ解決するだろうやっていること無駄ではない

満開へ向かう桜の並木道華やかになる春が深まる

北海道新幹線が開業し時間短縮出来て嬉し ...
僕等は虫かも知れない


モニターを見続ける事
どの位になるだろうか
眠くなって来ているのに
目を離す事が出来ない


爺さんが嬉しそうに出かけたので


画角からピントまで合 ...
心がどこにあるかなんてもう聞かないで
それを誰一人わからないから
きっと心なんだよ
見えない愛を何で君は確かめようとするの
あたしの事愛してるって聞かれる度に
もちろんさ
と答えるぼくの心 ...
スポーツが
バカの専門分野になると
日大アメフト部みたいなことになる
京大が日本一になっていたころが
とても懐かしい
大学スポーツやっている奴なんて
大抵は卒業出来ないので
プロフィール ...
素敵、海、瞬いて、
鳥、花、揺らめいて、
私に恋、訪れて、
雨の中、レモン柄のスカートが揺れる。
仕事帰りにはいつもコンビニに寄る
たいていは
駅の近くにあるサークルKだが
サントリーのウォッカと明治のチョコレートを買い
帰りの電車を待つ何分かの間に
ストレスで固まった神経を ...
電気のシャワーを浴びて光る髪の一筋まで
空調に揺らぐ足元の湿気
リノリウムの床の隙間に覗く闇

自分の揺らがなさを試してみたことはある?
頭は?体は?それはどこまで?
コペルニクス的転回を ...
詩や歌のひとつひとつに闇があり、僕はそれらに敬意を払う。
日付順文書リスト
タイトル投稿者カテゴリPoint日付
寂しい森こたきひろし自由詩218/5/16 5:23
腹筋運動佐白光自由詩318/5/15 23:41
木漏れ日の中、視界不明瞭倉科 然自由詩218/5/15 23:17
サンクス、変態!花形新次自由詩118/5/15 22:24
こなごなの心のかけら秋葉竹自由詩418/5/15 21:13
クダランはいく研究(文才0男 植物図鑑駄俳句晒し物)編水鳥 魚夫散文(批評...0+18/5/15 20:40
桑胡麻斑孤蓬俳句1+18/5/15 20:34
駄句の源泉 (植物図鑑駄句幻の湖 中村晃子)編水鳥 魚夫散文(批評...0+18/5/15 20:07
ツリーのように藤鈴呼自由詩2*18/5/15 20:05
クダラナイ駄文研究(味のない味の素)編水鳥 魚夫散文(批評...0+18/5/15 19:56
精確なお話し ペペロ吉岡自由詩418/5/15 18:44
瞬間自由詩218/5/15 18:32
19歳はるな自由詩218/5/15 13:30
うつくしいもの笹峰霧子自由詩14*18/5/15 12:52
海に散らかる白金の月の羽田中修子散文(批評...318/5/15 10:48
キッチンミナト 螢自由詩018/5/15 9:20
ふとった人ホカチャン自由詩018/5/15 8:32
まじめでやさしい人自由詩018/5/15 8:14
怯えない日のためにカズくん自由詩018/5/15 7:44
汚物としてのネット詩人一輪車自由詩218/5/15 7:41
愛と憎しみカズくん自由詩018/5/15 6:52
愛犬やまだ いち...自由詩818/5/15 6:16
並木道夏川ゆう短歌118/5/15 5:21
しょうけらねなぎ自由詩018/5/15 3:00
心かこたきひろし自由詩118/5/15 1:06
レイトタックル花形新次自由詩018/5/15 0:33
レモン柄美加自由詩418/5/15 0:31
サボテンと砂袋たち尾田和彦自由詩4+*18/5/14 23:20
コード:オリオン日々野いずる自由詩218/5/14 22:34
詩や歌TAT短歌218/5/14 22:16

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
0.08sec.