性別おとこに生まれていたらと熱心にお祈りしていた頃があった
いつでも家から逃げ出してホームレスになれるじゃない
くれないのベルベットのシュシュで三つ編みを飾るほどの
何すらもなくってだからかなえ ....
雨降りの後で雲が多い空を見上げて

隙間から見える月を探してる

今日の月は7月の新月で

次の満月に向かって膨れ始めてる

見上げる心は移り気で

早く流れる雲を見ながら

 ....
 朝から庭にプールを出して、
 子供たちを遊ばせる。

  芝生には小さなサンシェード。
  たっぷりのお茶を準備して。

 ベンチに座りちょっと一息。
 見上げると白い夏雲。

 ....
雨のような風の音が
低い高さを走りまわる
電気と電気の話し声が
誰も居ない径を流れゆく


音が音を曇間へさらい
騒がしさは遠く 遠くなる
光から音 光から音
手をつ ....
僕は地球の人になる
道路標識をよく見て
交通ルールはしっかり守る
ご贔屓のチームがあって
試合結果に一喜一憂する
ほどほどに勤勉で
ほどほどに怒りを覚え
ほどほどにやさしく
ほどほどに ....
さざめいている
ざわめいている
どよめいている

私の頭のなかで
  何かが、

輝いている
光っている 
凍っている

巨大な明滅凝視、、

近づいている
波打っている
 ....
まるで出血かのように
両耳から桜が吹き出して
耳の軟骨との摩擦音をたてながら
桃色の花びらは足元に散る
無理にでも平静を保とうと
目の前の私へ必死に笑いかける彼女
しかしその表情は崩れてし ....
…ない
…がない
意味がない

よるをゆく
鈍行の窓からみた
うずくまる家々の
ふるぼけてくらいひかりや
その灯りのもとの
貧しいご飯
ちいさくてひくいちゃぶ台
ブラウン管のテレ ....
親子丼ほど
残酷なごちそうはないと
親になって思った
親父もそんなふうに思って
この食堂で食べていたのかな
友達の友達の話は
達人の話しばかりである

人生にはスパイスが必要だから
きずつきやすい
その果実

きずつけやすい
そのやいばを纏い

深いさみしさを抱え
戦場へ向かう

際限なく
傷つけ合うその喧騒に
紛らわせて
意外なほどやすらいで

その ....
カメラに収めた一枚の空
インスタ映えするように整えて
よそ行きの言葉を少し添えて

誰かの反応を待つ間に
空を見た事への熱が冷める

素敵なモノに囲まれていたい
特別な今を君に伝えたい ....
寝床に横たわると
せせらぎが聞こえてくる

母の家は川に近いが
夜は窓も閉めているし、
国道を挟んで
川の流れる音など聞こえるはずがない
たぶん一晩中自動で回る
換気扇の音だろうと
 ....
○国会閉会中審査
首相カケに出る

○大臣の痴呆化?
「記憶にございません」
「認識してません」
「言ってません」

○暴言
「ハゲ-ちがうだろう!」
近頃女房まで
言葉づかいが ....
新しい土地での新しい仕事も二年目となった。仕事の要領や手順もわかってきて、日々充実しているはずだった。ただ、私の上司は私のことを嫌っていて、一年目のときはとにかく集中攻撃をしてきたし、二年目になっても .... 空から夏がやって来て パワー全開の太陽が燃える
海も山も川も街も  汗でクタクタの人の群れ

ギンギンギラギラまぶしくて 
サングラスがほしくなる
麦わら帽子がほしくなる

音楽は
タ ....
花が咲いているよ、うわあきれいだねえ、という音声を
私はのせて何メートルか、波うって、波はそこで消えて
しまうけど、私は消えない。ねえ見てあの親子、うわあ
醜いねえ、という音声は私の中を波になっ ....
Y軸の周りに
タコ糸が
回る夜は
貴方の声を頼りに
遠いバナナを
引き寄せる
磁石の
S極とN極を
擦り合わせて
オモチャの摩擦を
作ってしまう
わくわくさんのスピーチを
平和 ....
ノックを並べる
ていねいにていねいに並べる

ここにドアはない
どこにも行かないからと
誰も来ないからと
ひとり
鍵穴を塞いでいる

青空が闇を飲み込む瞬間
銀色が輝く
眩しくて ....
朝から暑いなあと思いながら 
ゴミ捨てを 完了した朝 
出掛けに 炭酸水を手持ちする癖は 
最近のもの 

神奈川時代から培ったのは 
ペットボトルを 持ち歩く仕草 
電車生活が 始 ....
Venus flytrap
抱擁から解き放つと
――心臓から飲まれていたのはわたし
黒い孔雀は飛び去った
眼差しの影ひとつ 
落とすこともなく 
時の支流が無数に重なり合う彼方へ
ひとつ ....
紫色した小さな幸せ
どこにでも咲いている可憐な幸せ
嫉妬に狂わされるのは
あなたが娘のように可愛過ぎたから

花びらがいくつも咲いて
あなたはブーケとなるでしょう
すみれは
 ....
_




 ....
窓のない地下室で生息する
ゴキブリみたいな羽根を貰って
飛び込むべき場所は音楽の中

ここは幸せになる為の海
波が押し寄せて人が倒れても
見知らぬ誰かが手を貸してくれる

スポットライ ....
足が不自由なぐらいなんだあ!
ただ足が不自由なだけじゃないか
手が不自由なぐらいなんだあ!
ただ手が不自由なだけじゃないか
目が見えないぐらいなんだあ!
ただ目が見えないだけじゃないか
と ....
入院したら
猫が心配だというおじいちゃんがいた
また、今回奇跡的に助かったのは
猫のおかげだと言っていた
何匹いるんですか、と尋ねたら
八匹いる、全部野良猫だったやつだ
と言っていた
動 ....
金魚の記憶は
七秒
という説があって。

七秒
という 刹那 を
生きて
泳いで

ゆらゆら と。

赤い金魚 が
ひらひら の
あの
ひらひら の
ガラスの鉢 で
 ....
深い霧がうっすらと見える
まだ明けきれない朝
ニイニイゼミの海が広がり
その上をヒグラシがカナ・カナカナ、と。
万遍ない怠惰が体を支配し
私はその中をぷかりぷかりと泳いでいる

上空には ....
丘の上に作られた
恋人の聖地

景色を眺めて
心が静かになれば
素直になれる気がする

寄り添うカップル
老若男女が集まり
幸せオーラでいっぱい

それぞれの愛が自然と一体化
 ....
 戦い方を知らない僕は狩人だ。
 森の奥に隠れてじっと獲物を待っている。
 獲物を見つけても何も出来ずただ見送るだけ。
 消えるのは簡単だけどそうはいかないんだ。

 人は僕を優しいと言 ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
ばかもっぷ217/7/23 23:02
7月の新月佐藤 光017/7/23 20:44
太陽フレア常夏セタ017/7/23 18:41
辺 端 淵木立 悟017/7/23 16:20
地球の人やまうちあつ...117/7/23 16:18
耳鳴り〇いじょうひだかたけし117/7/23 15:00
桜散る祝儀敷017/7/23 14:49
 そんな日々 「ま」の字017/7/23 13:03
親子丼イオン217/7/23 12:41
友達の友達はみな達人だ017/7/23 12:41
果実カズくん3*17/7/23 11:26
渇きの連鎖ミナト 螢117/7/23 10:47
せせらぎLucy417/7/23 8:58
独り言集21ホカチャン017/7/23 8:46
怒涛葉leaf217/7/23 5:22
太陽への請求書st117/7/23 3:48
ありがとう宛衣星017/7/23 1:56
Y軸うみこ217/7/23 1:00
my dearひさし117/7/23 0:55
ウォッシュアウト藤鈴呼017/7/22 22:29
女神の抱擁ただのみきや3*17/7/22 21:40
すみれ乱太郎217/7/22 17:46
♪.♪1*17/7/22 16:12
ライブハウスの詩ミナト 螢117/7/22 10:18
パラ世界陸上大会ホカチャン017/7/22 8:56
猫のおかげ217/7/22 8:45
金魚の記憶かおり117/7/22 7:31
八月山人517/7/22 5:36
恋人の聖地夏川ゆう017/7/22 5:17
獲物の狩人ヒヤシンス217/7/22 4:27

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.38sec.