六本木へのあこがれと
フクシマ騒動でわっしょいわっしょい
踊り出すのは
田舎者の目立ちたがり屋ワゴーにとっては本能のごとき当然の行動であった。

六本木をさっさと捨ててフクシマへ戻った差別用 ...
最期の一呼吸まで

悪戦苦闘しながら

生き抜いてやろう。

深い意味あって

与えられた命なのだ。
 詩は難しい、わからない、という声をよく聞きます。ところが、詩というものはそもそもわかる必要がないものです。わかることよりも感じることの方が大事です。ことばというものは意味を伝えるだけのものではなく、 ... 卒業式を欠席した日したあの日からどれほど経っただろうか 
組み上がったベッドの上で食パンを食む テレビは無いが、政治家達が法定で「そんな事握りつぶせ!」なんて叫ぶ星がきれいな夜に窓の外を眺めながら昨 ...
台風コロッケ台風コロッケ
買って
台風コロッケ
お家帰ろ

雨降り始めた風吹き始めた
お仕事終わって篭城前夜

台風コロッケ食べよ
お皿山盛り
台風コロッケお食べよ
ビールあけて ...
食べることが好きだ。

食べること。食べ物が好きなのとは少し違うんだな、そう思ってくれたヒトにお話をしたい。

食べることは、フォークで刺すこと、スプーンに盛って、口に運ぶこと、口に含み、唇を ...
 詩において定型は韻律でありリズムである。と同時に、定型は認識の枠組みであり、ストーリーの大枠である。コミュニケーションの観点から言うと、定型によって読者は気持ち良く詩行を受容し、また一度定型に慣れて ... {取消=[全長] 1万オーガズムの夜
歴史が証明している
ミツウロコは
ちびまる子に言わせても
いい言葉なんかなぁ?

久保がバズッてきたフィール
赤ちゃんにリバーヴかける
タナトス一 ...
台風は歓迎できない
でも嬉しいこともある

こんなに長い間
メッセージを送り合わなかった
ことなんてなかった
彼氏と別れた友人に
つい言ってしまった
「彼氏がいただけいいじゃん」と
...
食堂の経営者を失った病室の一角は
病人と看護師と来客を一側多に呑み込み
巨大な景色を見せては対話するケア・ハウス
看護師が新米看護師に未来を指導する声と
自主研修が病院だと ぼやく中学 ...
斧で木を切る少女の夢を見た
ノースリーブの白いワンピース
振り向きざまにわたしを見て
少女は霧散した
夢の中にわたしを置き去りにして
顔は思い出せないが
少女の目にわたしはどう映ったのだろ ...
両親から持たされて鞄の奥に仕舞っていた
親の言いつけだったのか
知り合いの噂話だったのか
人目には触れさせなかった、その鍵。

納戸の勝手口には突っ張り棒がしてあり
玄関口は内側からしか開 ...
こんばんは お久しぶりね また会えた♪
こないだは 失礼をして ごめんなさい
体調はどう? お母さんは お元気?
大変ね うちも家族が いろいろよ
話したい 今度お茶でも しましょうよ
また ...
(人と)つながれないから
つながらない つながれないから

自分で立ち直っていけない

そこが「孤立」の問題
「孤立」は誰でも陥る病いだ。

お金とは違う、
人間関係の
貧困が孤立 ...
人間はその苦しみ、悩み故に
その瞳に哀しみを宿す
君は聴いた事があるか
その胸の鼓動を
君は見た事があるか
その瞳に哀しみが宿るのを
命懸けで闘ってきた
男の悩みは深い
誰でも太陽に成 ...
あれからすべてを失って

































...
生ビール一気に飲み干し夏の泡

心病む少女の瞳で欠ける月

傘たたみ虹をみている歩道橋

昨日より今日の自分にVサイン

海亀が悠々泳ぐ空の蒼
バス停で中一ぐらいの可愛い顔の女の子が
足の指には派手なマニュキュアを塗り
パンツ丸見えの姿勢のまま
スマホをいじっていた
近くのオジサンが目のやり場に困った顔をしていた
こういう光景は田舎 ...
これからは
病死よりも災害死だ
何百年何千年に一度の
経験したことのない大災害が
次次と起きるような気がしてならない
猛暑で年寄りや子どもが
バタバタ死んでいく
大洪水や山崩れで年寄りや ...
いずれ遠くなっていくこの一日に
ちょこんと座り瞑目する君は
未だ見ぬ異郷の光景が
大地をカッと割り姿現すのを
静かに一途に待っている

 熱風の匂い 大気の感触
 ああ既に遠い今日よ
...
てっぺんの
北極星の流す血を
掬ってあげてたひしゃくが泣いてた

くちびるが
はにわのような顔をして
眠れよあなたにかるめに甘噛み

サイダーの
王冠のギザてのひらに
押 ...
子どもには夢を描く道具が必要
買い与えるか拾ってくるか
いやいや地面に
自分の指先で描けると言う
子どももいる

できれば描き直せる
鉛筆がいいのだけれど
ちょっと凝りだして
消えな ...
明日という
だれにもわからない
プレゼント

その中身は、
だれにもわからない

だから楽しみ
ガッカリするような
中身だったとしても

となりで嬉しそうに
笑ってるひとの
...
大空を眺める
ぼんやり眺めて
無になっていく

思考を止めて静かになる
大空に浮かんでいる気分

白い雲を見て
心にある黒いものが
消されていく

白い雲の様々な形が
見ている ...
 芸術とは、最も美しい嘘のことである。

          ──クロード・アシル・ドビュッシー



{ルビ眠=ねむ}りから{ルビ目覚=めざ}めば{ルビ墜=お}ちむ夏の雲

遠ざかる ...
なないろ

あめいろ

悲しみの

死への旅立ち

異国のつどい

2階から

手ふって

笑ってた


ピオーネ

むらさき

ぼろりと

涙ぐまし
...
ぐらあと、
ふらあと

ただ私はへこたれず

美人を、他人と争いました


鏡の私が左から

勢いよく右へ

鏡は後ろ側へ回り込んでいました

鏡から出てきた私は

そ ...
とっぷり更級柚子の皮
宇宙覗いた汁の上
効いたエアコン極楽と
今一服のこの時間
漆紺の美しさに頬寄せて
乙女手を見る涙一滴
気持ち揺らいで
心震えてひとり
今日もひとり明日も
蕎麦屋 ...
テレビニュースは
ほぼ ほぼ
悲しい事件ばっかりで埋まるが

きょうの夕暮は
オシロイバナに染まった指先を
落ちてゆく太陽に透かしたよな
かがやく
むらさき色で
たくさんの人を乗せた ...
透明な墓標のようなクリスタル
気がつくと
シャープペンシルの
芯の入ったケースを立てていた

マグノリア、ネロリ、ジャスミン
混ざりあった線香の入った紙箱
あの地震の後中で何本も折れてい ...
日付順文書リスト
タイトル投稿者カテゴリPoint日付
ワゴー! クソを投げるな!一輪車自由詩0*18/7/29 6:43
意味あって八木ヒロマサ自由詩018/7/29 5:51
中村梨々詩集『青挿し』について葉leaf散文(批評...118/7/29 4:23
ポーズmono自由詩018/7/29 3:54
台風コロッケ自由詩118/7/29 3:16
自己管理の行き過ぎにはペーソスを減らす減塩行為。 食事という ...よーかん自由詩018/7/29 3:15
坂井信夫『黄泉へのモノローグ』について葉leaf散文(批評...018/7/29 3:14
ひふなろ白書三陰交ねまる自由詩118/7/29 1:04
台風と通知音しょだまさし自由詩218/7/28 21:31
休憩室為平 澪自由詩118/7/28 20:45
転寝ただのみきや自由詩6*18/7/28 20:13
鍵っ子為平 澪自由詩318/7/28 20:07
定型ハートWasabi...川柳018/7/28 19:02
孤立問題八木ヒロマサ自由詩018/7/28 18:39
渡辺亘自由詩018/7/28 17:03
白い百合の花TAT自由詩318/7/28 16:37
生ビール八木ヒロマサ川柳118/7/28 16:30
パンツホカチャン自由詩118/7/28 15:11
災害死自由詩018/7/28 14:19
ひだかたけし自由詩618/7/28 10:38
北斗七星ひしゃくの約束秋葉竹短歌518/7/28 9:55
描き損じラブイオン自由詩1*18/7/28 9:20
プレゼント八木ヒロマサ自由詩118/7/28 7:20
白い雲夏川ゆう自由詩218/7/28 5:19
少し感傷的な情景森田拓也俳句6*18/7/28 2:26
異国のつどいペペロ自由詩218/7/28 1:34
ピルエットふじりゅう自由詩118/7/27 23:14
蕎麦屋の客腰国改修自由詩1*18/7/27 23:02
むつかしいこと田中修子自由詩418/7/27 22:52
熔けろ腰国改修自由詩018/7/27 22:44

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 
0.1sec.