そんな夜も眠ったほうがいい
旅立ったあの女の部屋は荒れはてて
酔っぱらいの方言で
意味不明な尊い言葉が
炙り出されて
真っ黒に縮こまっていたあとが
ゴミ箱に投げ込まれている
...
ゴッホの描いた
向日葵よりも、
モネの睡蓮よりも、
葛飾北斎の
富岳三十六景よりも、
レオナルド・ダ・ヴィンチの
最後の晩餐
どの歴史的な名画も
素晴らしいが
俺の最高傑作は
三才 ...
どうせ
あたしを殺すなら
一回目にして欲しかった

一回目が終わったってこと
嫌でも耳に入るのだから
二回目ももうじきだって
なるじゃない

その間生きた心地がしなかった

怖か ...
〇 山{ルビ崩=く}えて靑き{ルビ全=まつた}き檸檬の實

〇 大雨に蜘蛛の長屋も流れけり

〇 榎の實澁抜くれども干からびぬ

〇 向日葵の{ルビ鬼=もの}と化してぞ{ルビ項埀=うなだ} ...
蝉が告げる

夏を告げる

お医者さまが

わたしに癌を告げる

命の汗を飛び散らし

祈るように

こころから叫ぶような

真夏の青空を生きる。
誰だって苦しみに心が歪む時はある
心無い言葉に挫けて死にたい夜も沢山ある
それは僕だけじゃない あなたもそう
だからひとつ願わくば 願わくば
あなたにひとつ言えることは 生きることを諦めない ...
諦めるには早過ぎていけない
降り注ぐのは星の光
夜の中を目覚め
北へと向かう

幾度の別れを告げただろう
伸び過ぎた髪を切り
遠退く未来に向かって
今もまだ生きている

何かを言い ...
  私のどこが猫に似ているか
汗だくの窓に依って
  君のどこが猫に似ているか
ふくらんだ色を数える
ふるい恋人に会った ガス工場のそばで
古い運河のそばで 夢を見た
キスをした 工場の塀のそば
もう すたれてしまったこのまちで

雲が月を横切っていく
猫が裸足で歩いていく
春の夜の通り ...
船橋で降りると、そこは、大きな交差点で、ほぼ同じ大きさの,新京成津田沼と少し違い、東京も千葉も埼玉も、羽田も、成田も、船橋を通って行く場所だったから、ある意味で、象徴的な始まりの場所でもあった。いや、 ... 一晩泣き明かした女の瞳のように
周囲を滲ませる茜
いずれ世界を黒い血で染め上げようと
少しずつ茜を吸い込んでいく宵闇に
抗おうとして激しく魂を燃やす


だからおまえの朱色はそんなにも
...
雲が行く
夏空雄大に
雲が行く

時は刻々と移り進み
季節は淡々と入れ代わり
命は生まれ育ち輝き枯れて
人は何かに導かれつつ自らを更新し

雲がいく
大空悠久に
雲がいく
蝉は
土の中で七年過ごし
地表では一週間しか生きられない
人間の寿命は
七、八十年ぐらいだが
前世は三万年ぐらいあるのかもしれない
気流は常に
僕等を見降ろして
空の間を漂う旅人
指先から
聴こえる鼓動を
撒き散らしながら
運命を捨てる
鳥たちの声よ

トランプのカードで
窓を作れば
みんながダイヤの前に
...
台風が近づいている
のに
今日は昨日と変わらず晴天で猛暑だとテレビで予報を伝えていた

何だよそれ
連日太陽に焼き殺されかねない暑さ、というより熱さにすっかり参っているのに明日は台風が上陸か ...


「今日ですべてが変わるさ、
 今日ですベてが、変わる。今日ですべてがむくわれる、
 今日で全てが始まるさ。」

と、よく歌っていた時期があった。

イズミヤシゲルの唄の中でとか言 ...
カフェラテでいい?

うなずいて

禁煙席を探す君


手を振らなくても

だいたい分かるよ

少し静かな

ここが好き。


片方ずつでつながって
 
一緒に頬杖 ...
「夏休み」
夏休みになったら火星に行きたいね。
そんなことを言いながら、僕らは地球で空を見上げる。

「手紙」
手の届かない場所へ手紙を送るよ。
誰かが、そこにいてくれたらいいな。

...
軽快に車を飛ばしていくぜ
おれの得意の安全運転
丸い並木が手を降って転がってくぜ
湿度の高い暑さの中だ
おれの膝も言うこと聞かなくなって
(膝だって年寄りの繰り言なんざァ
 聞きたかないだ ...
誰の気配も感じることのない
うすら寒い巻き上がる砂塵
呼吸さえままならない
静脈の血の色した払暁
幾度も幾度湧き上がる
否応なしに流転する未来


心の隙間をこじ開けて
侵入する凍え ...
夏に恋して

蝉がなく

一心に

悔いを遺さぬよう

声の限り、

思いのたけを告げるため

夏に恋して

蝉が一心にないている。

命の限り。
う~ん、
いまいちばん書きたいこと といえば、
小出裕章さんですね。
あの方の腹わたをあばきだしてやりたい。
でも
評論では無理だ
それは
評論では手が届かないところにある。
詩の力が ...
ある基準をくれたスイカ
好物ではないけれど
愛らしいもの

少年時代の夏休み
部活動の後振舞われた
スイカを男子も女子も
夢中になって食べた
皆ほど喜びのない私が
片手に持ったまま
...
ヒサシブリに船橋を歩いた。

ここ数年、仕事で来たり、クルマで通りすぎたりしてはいたのだが、歩くことはしていなかった。

あれ?裏のシロキヤなくなったなと、気づいて、それで船橋の景色がすっかり ...
やあ 月極れんあいクラブへようこそ
あーらら 恋愛暴風雨によわされて
切り取られた蒼い空みうしない
リアルで失った 蒼かった空
かならずいつかはいいことありますって
見上げ ...
さぁプール 僕の孤独を 夏色に! ○それが自然なことなら
受け入れるしかない
どんなことであっても

○外出する時の
ぼくたち夫婦の合言葉は
「歯は入れた?」である
入れ歯は忘れやすいから

○「長生きしてよかっじゃ ...
獲物とは何秒か前に放たれた自分さ
無論、放ったのも自分自身 無意識だろうけどね
そうやって毎日へと送り出されてる
たったひとりでもシュプレヒコールを!
そう気付いた者だけに現れる選択肢があると ...
夏蝉泣く声 あの子の泣く声
血塗られたレールウェイ
涙流れ 流れ 流れて
あの子の苦しんだ証のあの赤い血は
颯爽と拭き去られてしまう
舌打ちするサラリーマン
夏蝉鳴く声 あの子の泣く声消え ...
思いつくかぎりの言葉をみんなつかって作った山を切り出して、てきとうにくっついた文字の並びで遊んでたのが昨日のこと。さしだせるものはみんなそうして、みえるかみえないかぐらいに残ったのがた ...
日付順文書リスト
タイトル投稿者カテゴリPoint日付
微笑みの部屋秋葉竹自由詩518/7/27 22:26
最高傑作!八木ヒロマサ自由詩018/7/27 20:25
二回目花形新次自由詩118/7/27 19:42
玄牝の計孤蓬俳句218/7/27 18:35
夏を告げる八木ヒロマサ自由詩018/7/27 16:24
Power 生きる力橘 紫苑自由詩118/7/27 13:48
調べネン自由詩1*18/7/27 13:41
ふくらんだ色五十嵐線自由詩218/7/27 13:30
Dirty Old Town自由詩2*18/7/27 13:14
③自己洗脳を解くにはまず自己嫌悪を受け入れる必要があるのかも ...よーかん自由詩118/7/27 12:34
抗う寒雪自由詩118/7/27 11:10
涼風ひだかたけし自由詩518/7/27 10:34
蝉の一生ホカチャン自由詩118/7/27 10:00
残業ミナト 螢自由詩218/7/27 7:39
鏡がこたきひろし自由詩218/7/27 6:16
②自己開発とはいったい何を開発することなんだろうか。夏と冬に ...よーかん自由詩018/7/26 23:54
カフェラテビター朔 水自由詩118/7/26 23:25
遠いところに光水宮うみ自由詩2*18/7/26 22:30
ドライブオイタル自由詩218/7/26 22:22
無意味寒雪自由詩118/7/26 21:23
蝉がなく八木ヒロマサ自由詩018/7/26 19:47
先生一輪車自由詩118/7/26 19:37
西瓜しょだまさし自由詩218/7/26 19:36
自己診断はメモ帳にするべきか。朝と夜。よーかん自由詩118/7/26 16:09
だてんしどもが夢の跡秋葉竹自由詩118/7/26 15:37
プール菅井亮俳句218/7/26 14:52
独り言60集    ホカチャン自由詩018/7/26 10:30
暗示をかけるべく余韻自由詩018/7/26 10:09
夏蝉 あの子が泣いてた橘 紫苑自由詩118/7/26 10:04
街が加速するはるな散文(批評...418/7/26 9:08

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 
加筆訂正:
跳ねるさかな/田中修子[18/7/27 12:35]
タイトルを「こころ」から変更しました。
0.09sec.