仕事を終えて帰宅したら、食卓に横尾忠則のY字路を主題にした作品ばかりを収録した画集が、二冊あった。実在する食卓にだ。

それを観たり読んだりしていたら、その中に、横尾の言葉も掲載されていたのだが、 ....
月の町には丸い月のしずかなあかりが射していて、住むのは齢三十をこえた少女ばかりだ。

つねに満月夜、手入れのゆきとどかぬぼろぼろの町並み、つかずはなれずに点在する住居は、彼女たちのそれぞれのこだわ ....
 浅田拓郎は警察署に来ていた。
あれだけ面倒くさい手続きやら、身辺調査やらをクリアし、ようやく手に入れた銃と所持許可であったが、止めるときはなんの造作もないものだ。
なれない新任の警察官なのか、書 ....
 インターホンを押すと同時に点灯したライトに照らされ、モニター越しの視線を意識して所在なく服の裾をつかんだ。まだ高く昇ったままの太陽の日差しがコンクリートを焼き、熱気が足元を上る。坂上さん。応答のない ....  長いエスカレーターを下りてすぐ、閑散とした小さな立ち食い蕎麦屋を隅に置く四番ホームは、いつからかいつもの待ち合わせ場所になっていた。エスカレーターの下る速度に合わせて広がる視界の隅に、見覚えのある足 ....  それぞれの詩人にはそれぞれの言葉の個人史がある。詩の中で用いる言葉は、かつてどこかで自分が書いた別の詩の中でも固有の位置を占めていたものである。例えば「水」という言葉をかつて別の作品で用いたとする。 ....  溶けきれずコップの底に滞留する砂糖のように、拭い去れない閉塞感が胸の隅を満たしていた。
 私は書きかけの文書のウィンドウを閉じ、入れたばかりの茶の湯気が立ち上るマグカップを持って席を立った。昼食を ....
 その建物について、詳しいことは何も判らなかった、その土地を流れる大きな川の、河原から何も無い野っ原へと続く坂道に沿うように建てられた平屋造りで、右側の端に川を目指しているかのように突き出された正 .... その坂は四季をつうじてみどりにうねっている。
脇のブロックには苔や羊歯がびっしりとはえていて、上にはつねに葉がそよいでいる。
春夏にはきみどりが目にしみて鳥がさえずり、通る風はすっきり澄みきってい ....
朝を迎えて、顔を洗う。一日の始まりの清廉な所作を、ぼくたちが儀式のように行うためには、まずは夜と昼の領分が確定され、かつそのサイクルが正常に作用しなければならない。
しかし果たして、夜はかつての夜の ....
・語り手が小説を執筆しているのは、2012年頃であると考えられる。
また、作中の場面は、2004年から2006年頃ではないかと考えられる。

・騎士団長は『招かれないと入れない』、と、いうルール ....
オーウェルの名作に予言された、かの1984年、日本では、中曽根首相が首相として戦後初の靖国神社参拝をし(中曽根は1983年に『不沈空母』発言)、福岡県の三井三池鉱業所有明鉱で坑内火災が発生し(死者83 .... 毎度お馴染み【コホーの珍説】の一つに、
【単語の意味は、広辞苑に記載された通りに解さねばならなず、その他の意味に解してはならない。また、広辞苑に記載されていない意味に使用してはならない。】
と、い ....
スペイン産と銘打つ、ローズマリー🌹味の🐝蜂蜜をとろをり、トースト🍞の上に塗り食べていたところ、


体が冷えていたためか、暖まっていたためか、

ずるぅりと、鼻から鼻💧水が垂れてきました ....
夕方。
自宅へ帰る途中に見つけた、道路沿いにあるちいさなパン屋さん。

パン屋さんの店名に石窯とあり、僕は一度通りすぎてすぐ引き返し、店に入った。

こじんまりとした店内にはバタールを中 ....
うっすら西日🌇が射して、街を柔らかに包み始めた、穏やかな休日🌈の時でした。

自転車🚲に乗って走っていると、目の前の交差点付近にある、

角のコンビニエンスストア🏪の駐車場、

そこを ....
先日読んだのだが、これは面白い小説だった。

この小説は、『河内十人斬り』と呼ばれる事件の主犯である、熊太郎なる殺人鬼を主人公にした痛快エンタメ小説だが、同時に多重構造の現代文学である。かつまた特 ....
つわー!今年のギッグ(コンサートとは言わない!)はまっことホットな、エキサイティングな、言ってみれば過剰なアクトが多かったっ!
新譜レビューの”サバス”内藤も「これは年末のオールタイムEXの内容 ....
「俺を名付けたのは誰なんだ?」
タクがそう呟くと「私だ」とミケが言う。
「お前だったのか」と返すタクに、ミケは「なんでそんなこと疑問に思ったの?」と訊く。
「なんだか、名前があるのが不自由な ....
コホーの珍説には、『まったくわけがわからん。どうしてそうなんの?』としか言いようがないものが少なくない。
その顕著な1つに、『かかり結び以外では、連体止めを使用してはならない。』と、いうものがある。 ....
初めてなんて忘れてしまった。いつの間にか僕は名前とともに生きていた。
こどもだった頃、海を初めて見たときも、初めて山に登ったときも、特になにも感じなかった。
こどもは詩人だ、と言う人もいるけれど、 ....
 父は十代後半にO地に入植。昭和二十年前半だったと思われる。
三十三年に私が生まれ、開拓村で生まれたので隣人が拓也と名づけたと聞く。
妹は五年後、自宅で産婆のもと生まれたのを記憶している。
あま ....
 誰も知らないちいさな町の誰も知らないちいさな部屋で暮らしている女の子、エリカの許に毎年三月八日になるとミモザの花束が贈られてくるようになってどのくらいが経ったでしょう。相変わらずエリカは九歳、毎年の .... 先日、コホーの珍説に、またひとつ新たな作品が加わった。2017年、春のコホーコレクション第1作だ(苦笑)。
さっそく批判する。

・・・・・・・・

コホー(注)

詩に偽装して、このよ ....
コホーの珍説の一つに、『現代語と古語を混在させてはならない。』というものがある。
他の『コホーの珍説』同様、これを拒否するとコホーはウキャーウキャーと、被害者が退会するまで猿のごとく騒ぎ立てるため、 ....


コホー

吾輩が、「定型詩では連用中止法は使用されない。また、使用してはならない」などと、素っ頓狂な主張をした事実は一切ない。
(引用終り)

蛾兆

では言質として記録する ....
コホーの珍説のひとつに、『連用中止法を認めず、それを誰かの作品に見つけると、変更させようとしたり、猿のごとく大騒ぎしたりする。』という言動がある。
こうなると、もはや珍説とすら呼ぶ価値はない。『説』 ....
 今日(2017年2月23日)、Googleトップのアニメーションにあるように、地球と似てると推定された星が七つあるとのこと。ニュースでも好感もって伝えている。死ぬほど頭脳とか神経とか使ってそんなロマ .... (追記)

理解できないようだから、コホーのために、解説します。

・・・・

・あたし、感じやすいんです(現在)。この間も(過去)、彼ったら、君の○○○ってまるで○○の○○○みたいだ(現 ....
コホーがしつこく繰り返す珍説のうち、もっともアホらしいものの一つが、「古語を使用する場合は、必ず旧仮名遣いを、近代または現代の政府省令通達の通りに使用しなければならない。」と、いうものである。

 ....
散文(批評随筆小説等)
タイトル 投稿者 Point 日付
サブジェクトについて蛾兆ボルカ1*17/4/23 23:58
月の町 お題、即興ゴルゴンダ(仮)よりたなかしゅう...217/4/23 20:38
丸腰山人1*17/4/22 6:27
再生する魚(3)[group]さとこ117/4/19 19:35
再生する魚(2)[group]117/4/12 21:33
言葉の個人史vary617/4/12 5:22
再生する魚(1)[group]さとこ117/4/11 23:16
どこに居るの、沙織。ホロウ・シカ...1*17/4/11 1:17
へび坂たなかしゅう...8*17/4/11 0:10
いにしえの夜の復権‐‐蜂飼耳『顔をあらう水』kikiki...017/4/9 23:31
(ネタバレ有り)『騎士団長殺し』に関する雑談蛾兆ボルカ2*17/3/31 7:56
村上春樹『騎士団長殺し』について1*17/3/29 18:53
コホーのための辞書の使い方入門1+*17/3/25 14:56
蜂蜜と鼻水Rising...017/3/22 21:28
石窯パン1*17/3/22 21:15
族へツッコんでいく1*17/3/22 21:12
町田康『告白』について蛾兆ボルカ1*17/3/17 7:33
ファンジン:GIGG! 1987/12/12 第8号[group]竜門勇気217/3/15 2:08
言葉でできているあっくん1*17/3/7 21:34
コホーのための、連体止め解説蛾兆ボルカ1+*17/3/5 14:52
命の題名あっくん017/3/5 10:34
開拓村(実録)山人5*17/3/5 4:58
エリカの缶もっぷ217/3/4 20:27
コホーの春の新作蛾兆ボルカ0+*17/2/28 20:31
コホーのための、日本における古語使用法の説明1+*17/2/25 12:27
コホーの言質(その1から7)2+*17/2/25 10:32
コホーのための連用中止法講義1+*17/2/24 23:41
Google 先生仲程3*17/2/23 21:11
コホーのための追記・解説蛾兆ボルカ0+*17/2/23 7:38
コホーのための、旧仮名遣い解説0+*17/2/22 7:36

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 

【散文(批評随筆小説等)】散文詩は禁止。散文詩は自由詩のカテゴリへ。
0.95sec.