「決定の瞬間は一種の狂気である」
とはkのいった言葉らしい。
昭和という時代は何かと無責任だった。
敗戦によって《カミ》が《ヒト》に
降格され生き延びる・・・など。
平成天皇はある意味で ....
 昔馴染みの友人と町を歩いていて、歩道の隅にけものの彫像が置かれている一角に差し掛かった。
「そういえば、この辺りで幽霊を見た、という話を聞いたことがある」
 何の気もなくそんな話を始めると友人は ....
 ネット詩は、紙の詩人たちに読まれる必要などなく、また誰一人として人間に読まれる必要もない。

 こうした無意味とも思われるヘンテコで怪しげな詩の創作は、書いている本人が全く気づいていないところで ....
雲ひとつない晴天、
久しぶりに会う君を乗せてドライブ

ボリュームを絞ったスピーカーからは
聴き慣れないhip-hop

「ラジオなんてらしくないね」とは左隣の君の声

今日のご機嫌は ....
 山菜が美味しいんでしょう?
このような愚問に愛想笑いをしながら答えなければならないという、なんというか虚しさを感じる季節でもある。
山菜を別の名で言えば、「ただの草」、「雑草」、「植物」でしかな ....
 この言葉が随分昔から頭にありました。どこで聞いたのか、もしくは読んでいたのかと思っていたのですが、朗読ソフトで久しぶりに夏目漱石の『三四郎』を聞いていると、この言葉が出てきました。
 アフラ・ベ ....
今回は皆さんに、安い豆でもおいしくコーヒーを淹れる方法を伝授したい。

私の経験では、薪ストーブで沸かした湯でコーヒーを入れるのが一番おいしい。そこで、次の手順でコーヒーを入れてもらいたい。

 ....
電話に出ろというので、スマホを受け取ると年配の女性だった。
「あんたさあ、歳、いくつなの?」
「六十三ですが」
「バッカじゃないの?」
「え、そ.....」
「あんたさ、刺されるよ?」
「 ....
ジオシティーズが無化されたようです。
間借りしてい座っていた我がサイトも
あえなくネットから消えてしまいました。
20年前ニフティからはじめたHP運営
ではありましたけれどもとにかく知らな ....
県民投票や国民投票のような直接民主主義がどうしてだめか
ということを、ひまつぶしに考えていました。

一見、直接県民や国民の声を聞けるのだから県民投票はいいことだと
思う方がいるでしょう。わた ....
晴れているから、影も濃い。
くっきりとまるく落ちる提灯の影を踏みながら弾んでいくわたしのむすめ。
引越して転園さきがきまるまで、わたしも仕事を休むことにしたので、さながらこれは春休み。自転車に ....
 {引用=- 石村 
「俺はお前らが嫌いなんだよ」のひとことで済むことをそのひとことで済ませるのが批評であり、そこにいろいろと尤もらしい理屈を付けて自分を正しく偉く見せようとするのがインテリであり、 ....
    
高1の一学期

 終業式の帰りにエミリと会う約束をしてて僕は学校を出て駅のホームで電車待ってた。


そしたら後ろから東さんっていう先輩に声をかけられた。彼とは中学が一緒だった。 ....
現在の死体

 生きていることが、名を得るような八月に私達の庭は雨に濡れた。少量の毒が思うように、流れていかないこの身体を巡る物語。なるほど、ずっと長い間、心と魂の問題に私たちは捉われていた。そし ....
すべての言明はなにものかへの異議申し立てである、といったひとがいた。
それじゃ「おはようございます」はどうなのだ、朝の挨拶も異議申し立てなのか?
と突っ込まれて考えてみれば、──
朝の挨拶も、あ ....
 私がその古道具屋を出てから間もなく、注文した本が自宅に届いたと知らせがあった。その本は鍋料理のレシピ本であり、失踪した料理研究家の最後の著書だという。料理は普段ほとんどしないのだが、表紙に載っている ....  ネズミとパンを鼻で挟んで膿んだ奴ら。ペスト、僕の老いたブルドックの新しい名前。または、マヨネーズ、コレラと天然痘、鳥と花の優しい名前だ。虐殺、日常語でしか詩を「書けない」やつらに殺されたレトリック、 .... 「この村なんて言うの」
「限界集落ポエム村だよ。でも村人は、ここが限界集落だって気付いていないから言わないであげてね。詩誌村も加入するためには自費出版が当たり前の村だから同じだよ。どちらにせよ、限界 ....
詩が書けるヤツはドンドンアップすればいい。
ネット以前だったら新聞・雑誌に投稿しても、
選考するヤツの目にとまらなければ早々と水子にされる。
出版業者に頼んでみても「字が書けない脳性マヒの少 ....
総シカトだってフクロだって経験したさ。

「オマエはもう死んでいる」そう言われたら、「死んでんのはオメエだろ!」そうケンシロウに言い返してやれ。

ガッツって言葉は意味がそれた和製英語になって ....
私は、しがない詩またはポエム。いつも、作者の勘違いで私は詩またはポエムと呼ばれてきた。でも、私は本当に、詩やポエムと呼ばれるにあたいする何かなんだろうか?いつも、いつも、作者は勝手に色々決めて色々決 .... 詩というのは、心情の吐露とか、綺麗な風景を綺麗に書くとか教訓めいたこと、哲学めいたこと、社会批判、を共感を得やすいように、大勢が納得するような比喩をつかったり美しい表現をしたり、あるいは素敵なぐっとく ....  長年勤務して来た会社を7月末に退職した。最後は仔会社に転籍して経理責任者をしていたが、丁度グループ会社の再編と重なり、四半期決算を終わらせて落ち着いた所で退職できた。持病の緑内障が進んで来て、視野に .... 私は名前のないポエムだった。ありきたりな語彙とよくある表現で作られた模造品だった。でも、それには、こころ、があると思われてきた作者の勝手な勘違いで。いつも、こころ、や、たましい、の問題になると作者は .... 居間のコタツに当たりながら、宿題の絵日記を書いていると、お母さん
が台所から出て来た。
「コタツで寝たらだめよ。何をしているの。」
「冬休みの宿題だよ。休みの間にあった事を絵日記に書くんだ。 ....
老害なんて差別語を軽々しく安易に使ったことで
使ったその時からずっと悶々としてしまう自分に、
所謂侮蔑の言葉も愛を持って使った、らもさんや、
スタイルを持ってキメて使ったアーヴィン・ウェルシュ、 ....
アネモネがばあっと咲いてる道があったんだよな。四月で風もつよくて、ひざしがばからしく春めいて。花のこと知れば知るほどかなしくなるような気がする。物事って、知れば知るほど仕方なくなる。めりめり泥に飲 .... この詩がどうしょうもないのは、
1.まず、「戦争」とか「平和」という概念への洞察がうすっぺらで貧弱だということ だ。
2.また、世界と日本という空間概念についての考察もすっとんでいる。
3 ....
ここに一枚のパンフレットがあります。
次期北海道知事選に名をあげた「石川ともひろ」氏の政策小冊子です。
【北海道がめざす4つの理念】と銘打ったパンフレットの冒頭を読んでみましょう。
https: ....
 詩は生きるために必要なものではない。

 例えば貧しく混乱した世の中では人々は生きていくことに必死で、詩どころではない。豊かで平和な世の中になると今度はしなくてはならないことが多すぎて、やはり詩 ....
散文(批評随筆小説等)
タイトル 投稿者 Point 日付
決定不可能な狂気レタレタ19119/4/23 12:42
再度の怪阪井マチ119/4/21 2:32
とりとめもなく書く、ネット詩のことatsuch...3*19/4/20 10:50
かけひき?想いのままに三月雨019/4/18 19:01
山菜料理レシピ(第1回目フキノトウ)山人2*19/4/18 6:21
かあいそうだたほれたってことよbeebee319/4/13 18:06
安い豆でも美味しい!コーヒーの淹れ方パン☆どら119/4/11 21:57
歌舞伎町のホストクラブへ面接にゆく一輪車5*19/4/9 16:56
廃墟のホームページが無化されました。レタレタ194*19/4/7 21:51
人類の叡智はどうして間接民主主義を選んだか?一輪車2*19/4/5 11:14
生活のことはるな519/4/4 11:37
拝啓 石村様へ01 Cer...1*19/4/2 0:00
ニューヨーク天神駅3「エミリ 2013.7.20」ダニケ219/3/31 21:46
死体の批評、そして現実と夢01 Cer...4*19/3/31 20:39
死体/批評一輪車5*19/3/31 17:04
赤い本、赤い町阪井マチ319/3/31 13:28
詩について思うこと01 Cer...119/3/30 2:23
ネット詩最高219/3/29 16:10
ネット詩再考レタレタ1916+*19/3/28 18:21
虐められないかヒヤヒヤしてるなら虐められてスッキリしてみな。よーかん019/3/28 10:52
詩は負けないからポエムを虐待する01 Cer...119/3/26 16:12
詩について思うこと ふるる9*19/3/24 13:45
退職の日に / 旅立ちの日に(修正最終版)beebee5*19/3/22 14:34
明日戦争が始まるからポエムを全部殺す01 Cer...219/3/22 2:32
雨降蝙蝠傘/想像絵本beebee3*19/3/19 22:43
弁明善最ぴっきゐ119/3/18 12:18
アネモネはるな219/3/17 19:32
『明日戦争が始まる』宮尾節子 批判一輪車10+*19/3/17 4:23
北海道政府樹立を推める政府首脳3*19/3/16 18:45
なぜ詩を書くのか石村14+*19/3/15 14:38

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 

【散文(批評随筆小説等)】散文詩は禁止。散文詩は自由詩のカテゴリへ。
0.25sec.