ここはひそやかな放課後が続く学校の廊下だけが永遠につらなってできている。壊れて積み重ねられた机と椅子が、防音ガラスの窓から差し込んでくる青みをおびたピンクの夕日に、金色の埃を浮きたたせ、影を濃くして ....
僕の部屋には郵便受けがない。でも架空の郵便受けに今日も神さまからの加速度が届けられるみたいなんだ。

本棚は花畑のよう。そこに今日も日が差している。

360、それはまるで弟の首のようだ ....
通常人間が普段考える事柄なんて

絶世の美女と蒼姦したいだとかBL漫画買い集めて

自部屋を複雑怪奇図書館みたく、なんて云う

取るに足ら無い夢物語ばかりの現実逃避項。

此処は一丁、 ....
「希望の豆」



昔々、中国のお話
みにくいアヒルの子が
名前のない都で卵から孵りました
音楽に秀でた姫をめとった王君は
別荘へ隠居しました
王君はそれまでみにくいアヒルの子を飼っ ....
                   
刃を突き刺した手のひらから風が生まれていく
生まれたての風はまだ向かうべき場所を持たな
い風を生み落とした私の指先さえもすり抜けて
風たちは蒲公英の綿毛 ....
――どうしてこんなことになっているんだろう。

さっきまで駅近のデパートに居てエレベーターを降りたばかり。
待ち合わせ場所で一人待ちぼうけているのも厭でエレベーターに乗ったばかり。
いつも ....
 若さは一つの美徳である。これに対して疑義を挟む人は少ないだろう。人は若いからこそ美しく活気にあふれ、情熱にかられ、理想を追い求め、甘い苦悩に囚われる。そして、若いころにしか書けない詩作品とい ....  嫁がデトロイト・メタル・シティをまた見返している。相当気に入っているようで、暇があれば見ている。
「貴様の罪はー、俺が罰するー」
 嫁が主人公のデスボイスを真似て口ずさみながら見ている。すっ ....
あんまり赤い傷あとと、白いような傷あとがだらだら残る、道はいやな雨のあとみたいに湿ってて嫌い。って少し思ってた。少し好きで、あとの多くはよくわからなかった。
何度か裏返った世界と流れの変わる川、 ....
あなたは目が見えないのね
と誰かが言う
私の目は見えているのに
意味がわからない
本当に大切なことは
見えないものを感じる心の目を
持つことだとあなたは言う
日に日に年老いて
目に ....
一枚のを、まん中からわけたら、裏と表のなかにもうひとつ裏と表ができますよね。っていうのを繰り返して、とうとうわけられなくなった薄っぺらの一枚はきっと透けてて向こう側がみえる。おもてとうらが、ぶつか ....  狂人という言葉を思うとき、いつも僕の脳裏に浮かぶのは祖父の姿だ。痩せこけた四肢、関節がこぶのように異様に膨らみ、腹は胎児がいるかのようにふくらんで見えた。髪は白髪混じりのくせに眉毛だけ黒々として、い .... 松任谷由実さんの作詞で、(海を見ていた午後)のなかに

(ソーダ水のなかを 貨物船が通る)

という詩の表現より奇なものがあって、
最初は理解できなかった。

しかしあまりにおかしいので ....
『いつまで帽子を被っているの?
今を逃したら次のstellae mare は15年後よ!』
うさぎ達の荷造りをしていたぼくは最後のトランクを積み込んで、慌てて駆け出していた。分厚い襟の徽章がぴち、 ....
 こんな夢を見た。

 何だか、漱石の夢十夜を剽窃してきたような書き出しだが――こんな夢を見た。

 去年死んだ筈の父が、家に帰ってきた。
 幽霊なぞではない。
 何でも、事件のようなもの ....
 あのひとは損な人だった。

 15歳くらいまでにやられたこと言われたことがえげつなすぎて、本当にいい思い出がない。やはり亡くなってスッキリした、と思うたびに、風穴が空いている自分を知る。

 ....
 私は1997年に起きた神戸連続児童殺傷事件の犯人、酒鬼薔薇聖斗こと少年Aが好きだった。少年Aは当時14才で中学生という報道で、私は当時12才で小学6年生か中学1年生だった。彼も私も、とびきりの条件付 ....  異性の友人というのは成り立つと思うだろうか。恋心だとかセックスはなしだ。ありだと答える人もいるし、厳密な意味で異性の友人など不可能だと言い張る人もいるだろう。どちらかというと僕も後者の意見に賛成なん ....  おととい、あるいてほどなくある実家の父に「婚姻届けのサインをもらいにいっていい?」と電話をした。「いま、選挙期間中だから忙しい」私は黙った。それで、父は慌てて「時間がある今日中にサインしにゆく」「あ .... ビー玉とは不思議なものである。人工的なもののはずなのに、オーロラのような、雪のような、星のような、魂のような、そんな雰囲気を漂わせている。
ビー玉は、ロマンチックで、霊的で、生きていくうえで ....
山奥の、とある湿原にて/山人
http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=333117



山人氏は、擬人法の巧い書き手である。
山人氏の描く作中のキャラ ....
僕はまだ未成年だっただろうか。
いや、そんな”未”とか“既”とかではなかったから
僕はその時もう今の僕とかわりなかったろう。
友人にさそわれてライブに行った。
メインはかっこいい顔をしたか ....
花弁舞い散り揺れた

咲いたは時の夢

手招く陽気な夜の蜜

桜美しく酒に浮かべては

あの世にみた極楽浄土

鳥よ飛べ永遠に

さぁ最後を離せる

毒を飲んだのは誰?
 坂上さんの部屋で最後に眠った日、物珍しさに洋なしを買った。少し黒ずんだ黄緑色に斑点を浮き上がらせたその果物は、手に提げて帰る道中から甘い香りを漂わせていた。袋から取り出し、シンクの上で皮を剥くと、く ....  会社から坂上さんの家の間にあるペットショップには入って左に熱帯魚コーナーがあり、そこでは無数の水槽が無数のエアーポンプで酸素を送り込まれながら熱帯魚たちを囲っている。終業後、私はまっすぐペットショッ ....  自分の親を(去っていった父親も含む)見ていて思う。あの人たちは、職業で、普通のサラリーマン、OL以外の職、例えば医者や、技術屋や、パイロットや、タクシードライバーや、介護職の方々や、そういう人たちを .... サンゴ礁の海も、青い空も、ここにはない。
しかし、ここはグアムである。
私は、この地に数日間滞在し、明日、日本へ帰ることになっている。
土産物を買うために、私は舗装されていない細い道を歩く。
 ....
高階杞一『キリンの洗濯』を読んでいる。
ユーモアがあって面白いけど、自分に対して残酷なので、悲しい後味も残る。
ホッチキスで頭を机にとめられたり、ゴキブリになってスリッパで叩かれたり。
いつの間 ....
 夕暮れ時に、私は、その駅に降り立った。
 海に近いらしく、磯のにおいがする。駅前の目抜き通りは、さびれていて、シャッター商店街とはこのことか、と思う。閉まったシャッターには、落書きが目立つ。それで ....
二十年前は1997年だ

まだ、うまれていない子もいるかもしれない
そうかんがえると、まだ、うまれていない子がいま17歳くらいだとして
世代差を17年とると、さらに1980年となり
またさか ....
散文(批評随筆小説等)
タイトル 投稿者 Point 日付
夢夜、四 獣の影と永遠の放課後の廊下 田中修子117/11/21 20:47
言葉たち由比良 倖117/11/17 5:10
死宮譚電流助平017/11/11 23:11
思いついた話渚鳥017/11/10 9:58
心の天涯孤独あおい満月217/11/8 3:46
悲しみジョニー(詞:UA)を全年齢向けに解釈しようと足掻いて ...(1+1)/...0*17/11/6 4:21
若さという幻影葉leaf117/11/3 4:39
上京乗り鉄記日雇いくん◆...017/11/2 18:35
ニジのことはるな217/11/1 2:47
「愛のある人生」についてあおい満月117/10/30 2:24
0、ゆりかごとレース、踊り子の傘のことなどはるな417/10/28 8:15
仮睡に消える夢[group]志水圭2*17/10/27 21:03
事実は詩の表現より奇なりst317/10/24 11:44
九月の群像渚鳥2*17/10/23 20:04
夢一暁――脳内現象に纏わる「現実」――孤蓬417/10/23 18:13
ジャンヌ、雪の病室田中修子617/10/22 1:38
ジャンヌ・ダルクの築いたお城 少女Aとテントウムシ717/10/14 2:16
レモン型の宇宙船[group]志水圭5*17/10/12 21:18
ジャンヌ・ダルクの築いたお城 蛸田中修子117/10/12 8:03
ビー玉水宮うみ4*17/10/11 12:32
土から離れては生きられないのよ。粉雪セタ217/10/10 8:42
わるそうぱくと竜門勇気017/10/9 2:24
浮き世花姫017/10/8 6:55
再生する魚(9)[group]さとこ017/10/5 20:32
再生する魚(8)[group]017/10/5 20:31
世界に貢献するためにはあおい満月117/9/29 2:43
グアム島MOJO017/9/25 15:43
高階杞一『キリンの洗濯』について片根伊六1*17/9/25 10:51
夢描写、三度目MOJO1*17/9/24 15:42
二十年前は1997年だ:-)117/9/16 19:40

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 

【散文(批評随筆小説等)】散文詩は禁止。散文詩は自由詩のカテゴリへ。
0.22sec.