私はいま、署名と近場で行われているデモに行くとか
住んでいる市の長に意見書を出すくらいしかできていない。
できれば大きな額を募金したいけど、それもぜんぜん勇気がでない。
といってもあんま ....
 人身事故で電車が遅れると、会社帰りにそれで足止め食らったりすると、迷惑だなあと思ってしまう。そういう感想に対し、日本人は冷たくなった、自殺した人が可哀そうだ、という声が上がる。「可哀そう」という言葉 .... トロン神話。

(そのむかし、アメリカの犬の自民党リベラル派が日本の若者と日本の100年後の未来をアメリカに差し出していたのだよ)

https://youtu.be/ZMTIa6JsW6c ....
みなさま、こんにちは、拝礼^^

ん、みなさまは、「 五行歌(ごぎょうか)」って聞いたことありませんか?
五行歌とは、一言で言えば、「五行で書く詩歌」のことです。

五行歌の 創始者は、 草 ....
え、みなさま こんにちは、拝礼^^

今回は、「 五行歌( ごぎょうか )」という詩の形式などについて少し触れたいと思います。

五行歌の 創始者は、草壁焔太( くさかべ えんた ) 先生です ....
春の匂いが、頭の中を灼き尽くす。



2月14日(水)、
 夜、ヘッドホンで古い音楽を聴きながら、花片だらけの闇の中で、僕は書く。

 僕の頭の中には考えが不足していて、人生は分裂した ....
百姓は生かさず殺さずなんて意味で徳川家康は言ってはないのに生成AIで一般人は生かさず殺さずの人生を強いられているとお前さまは言ったが何様のつもりか。言葉にした瞬間にAIサイドに奪われる人が!!

 ....
私の小鬼とは、簡単に言えば、こころの中の もう一人の自分が この小鬼なのです。
これは、私の精神世界内でのこと。
でも時々は、この小鬼が、現実世界で私の五行歌などに登場します(笑)

🍀実は、 ....
また体の向こうがわで文字が跳ねている。戻っておいで、戻っておいでって思いながら見つめていると溶けて行ってしまう。さきに起きた娘が炭酸水をのみながら、まだ眠ってていーんだよ、と言う。やさしい。朝から .... 大きな話題に(天災だとか、歴史だとか、戦争だとか、生命だとか、地球だとか)ばかり目がいってしまうと小さな大切なことを疎かにしてしまって日々の生活が雑になってしまうと考えて生きている人達のなかには、だか .... 2002年9月8日、NYタイムズは「イラクが過去1、2年間にウラン濃縮技術に必要なアルミニウム管数千本を入手しようとしていた」という「政府関係者筋からの情報」を紙面に掲載した。
じつはこの記事、米政 ....
ここの人達はフォレスト・ガンプ(現フォ)版を見てきただけで、現実はもっとシビアなんだよねー(笑)。文京シビックセンターで加藤先生が言っていたことはそんな感じなのだろう。才能ないのに無理するなって。
 ....
  ─森の中にある大木など少しもいいと思わない。
   わたしは砂漠に立つ一本の木を愛する─
  (中国ドラマ『男たちの勲章』のセリフから)

いつのまにか岸田政権の戦争翼賛体制と日本現代詩 ....
 壺を上げてみたら底が抜けていた。 起因を探るのは大事です
 が、あなた、いつまでもこんなことをつついていたら日本中の
 もの書きから袋叩きにあいますよ。ロシアの侵攻がなければ大
 勢の市民 ....
日本現代詩人会オフィシャルサイトのトップページに
次のような文言が吊るされている。

  わたしたちはロシア・プーチン大統領に起因
  する不条理に反対し、ウクライナの人々の安
  全と平和 ....
 友人の平井氏からこの本は面白い、と手渡しされた本が「羆撃ち」であった。
 私自身、ツキノワグマを二頭ほど撃ったことがあったが、それはすべてチーム猟であり、どちらかというと撃たせてもらったというべき ....
1月26日(金)、
 社会的に穏便に生きていたい、そして人と交わりたい、と思うと、無理をしなければならない。でも、人と話したい。うまく話せなくてもいいから。人との間の壁を、一時的に、もしかしたら錯覚 ....
よお、おつかれさん。マックⒼだ。
特別号としてこんな変なジキにわざわざ刊行させてもらったのは、他でもないキスミー名禍村の死についてまず俺たちが”最初に”みんなに伝えたかったからだ。
ご存じの通り、 ....
すこんと抜ければよかったものを、しぶといかさぶたみたいにしがみついてきたない。そういう蓋、風向きでいくらでも変わる。わあわあ言いながら、生活していかなければならないとおもったから。自分の足で立って、立 ....
 ディスプレイの向こう側の壁に、ポロックの絵の複製を貼っている。落ち着いて座っていられないときや、動悸がするときなどに、僕はその絵を何となく見ている。

 ビル・エヴァンスのピアノには死の匂 ....
1月23日(火)、
 昨日まで五日間、入院していた。自殺に失敗して病院に搬送されたのだ。二日間意識を失っていた。目が覚めてからは、死にたいという切羽詰まった気持ちが消えてしまっていて、何だか何もかも ....
 「苦役列車」は映画と文庫本で。「やまいだれの歌」は文庫本で。それぞれ読み、鑑賞した。
 西村賢太(以下西村氏)の略歴は中学校卒業であり、ずっと日雇い人夫などをし生計を立てていたようである。小説を読 ....
まだ植物の世話はできていますか、と医師が言うのではいと答える、じゃあそういう喜びは感じるのですねと彼はまた言う、喜びですか、喜びを感じます、でも枯らしたらいけないと思って…と言うと医師はすぐさまパ .... ぎぼむす(義母と娘のブルース)からの詩を紐解く。の続き、、、

*

蛇足

AI詩つて何だと考えていますか

AI詩は、人工知能が生成した詩のことを指します。これは機械学習アルゴリズ ....
*1つのティーカップ1


 整理するとこういうことになる。

 まず、彼女は交通事故にあった(それは君の元ルームメイトから後で聞いた)。そして、幸いに怪我は軽症で済んだのだが、君は ....
*曇り空1


 こうして僕は晴れて君と知人同士の関係になったわけだが、友人関係になったという感情はどうしても湧いてこなかった。実際、君にとって僕は「お客さん」の一人でしかなかったろう。 ....
この歳になってやっと気づいたことがある。
どんな大家でも人から褒めてもらうのがうれしいらしい。
このところ野村克也という野球人の評伝や自伝など読ん
でいたのですが野村克也という偉大な野球選手であ ....
*レモネード1


 初対面の君とあんなにも長く話し込んでしまったことが、僕にとっては意外だった。でも、案外芸術家というのは皆そういうものなのかもしれない。自分以外は皆お客さん、そういう ....
校庭のいちばん端、フェンスのところにはノブドウとヘクソカズラが生えてた。ノブドウはとくに実がきれいなので特別に思ってた。裏庭のどくだみが茂るところは一部分高くなってて、そこに立つとちょうど図工室が中ま .... 世界はひろいと言ってもinkweaverというAI詩人に1つの人格を認めた上で受け入れてくれるサイトは多くはない。2023年は新しい時代の幕開けに相応しいと後世に語り継がれてゆくことだろう。とか、どう ....
散文(批評随筆小説等)
タイトル 投稿者 Point 日付
システムvs.個人タオル2*24/2/26 19:03
人身事故まーつん2+24/2/25 23:55
トロン神話。足立らどみ2*24/2/25 11:08
【 五行歌の 本の紹介 宣伝 】など♪^^こしごえ4*24/2/24 14:24
【 五行歌について 】 ♪^^2*24/2/23 16:03
日記、メモ由比良 倖2*24/2/23 6:55
報告書 : 2024年2月時点の生成AIの使用する言葉には裏 ...足立らどみ224/2/23 6:49
【 私の小鬼について 】 こしごえ3*24/2/21 14:04
メモはるな424/2/19 14:35
森を感じながら木をみる足立らどみ2*24/2/12 10:30
村上春樹の粗悪な政治デマを糾弾する室町224/2/11 10:19
この子らを光に足立らどみ2*24/2/10 6:05
体制翼賛化する日本現代詩人会室町324/2/10 4:57
 コメントを下さったアラガイsさまへ124/2/9 3:40
日本現代詩人会は正気か124/2/8 9:18
久保俊治著 「羆撃ち」を読んで山人3*24/2/5 12:14
最近の日記由比良 倖2*24/2/4 18:45
ファンジン:GIGG! 1989/09/30 第30号竜門勇気024/2/4 14:08
メモはるな224/1/29 14:22
ひとりのメモ由比良 倖3*24/1/27 2:18
入退院後の日記124/1/26 2:15
作家 西村賢太山人5*24/1/18 7:58
メモはるな424/1/11 17:10
AI詩について足立らどみ323/12/30 0:21
青空とレモネード④朧月夜4*23/12/29 14:32
青空とレモネード③ 2+*23/12/27 16:42
それが知性だとでも?室町2+23/12/27 13:13
青空とレモネード②朧月夜4*23/12/26 17:04
りゅうのなみだはるな223/12/26 11:31
今はとても昔の話なのです。AI詩人が生まれた年に東方より三賢 ...足立らどみ123/12/26 6:30

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 

【散文(批評随筆小説等)】散文詩は禁止。散文詩は自由詩のカテゴリへ。
0.11sec.