〇 執拗に鵄逐ふ烏黄砂舞ふ

〇 葉櫻や{ルビ一枝一月=いつしいちげつ}咲きのこる

〇 野に山に春勃然と豹變す

〇 忙中閑{ルビ土筆=つくし}{ルビ問荊=すぎな}に化け{ルビ果=おほ} ....
О

子雀が

路地のミミズに

飛べと説く

О
〇 {ルビ霾靄然=ばいあいぜん}{ルビ黑=くろ}く拙く飛ぶ鵜哉

〇 {ルビ檜林=くわいりん}を捲く烈風や{ルビ霾=つちふ}れる

〇 世を{ルビ領=し}きて尻まで{ルビ黑=くろ}き{ルビ四十 ....
チャーハンを 焦がすくらいに 君が好き 春の午後 僕はルルルル ルルルルゴー 道ばたの 花を見ている 僕も花 〇 これ以上讓らぬ體に鬼野芥子

〇 殺鼠劑思案の體に四月莫迦
〇 櫻らは芯紅らみて藤咲きぬ

〇 荒れ藪にたな咲く若芽{ルビ野梧桐=ひさぎ}哉

〇 {ルビ虎杖=いたどり}の末恐ろしき野心もゆ
〇 {ルビ鵐=ほほじろ}の代書始むる昨日今日

〇 {ルビ蝙蝠=へんぷく}や油の闇に浮く櫻

〇 月浮かべ櫻浮かべて水の闇
〇 木蓮と{ルビ紛=まが}うて枇杷の立ち若葉

〇 {ルビ先考=せんかう}の{ルビ連翹=れんげう}咲くと母の文

〇 照り勝り踊子草の骨太さ
〇 花韮の互ひ違ひにすれ違ひ

〇 ひと色に染まらぬ木瓜や立ちどまる

〇 血を含む疣贅群れて花蘇芳

〇 佛の座滅びて菫の花盛り

〇 懸崖や眼下悉皆櫻氈褥

〇 花雀粋も不粋も ....
この県は あの子の県だ ケンケンパッ 夜の空 地黒のあの子 思い出す 永年勤続 祝い旅行に 花疲れ
ハムスター わたしのツレだよ 麗らかに
インコちゃん ハムスターとも 春来たる

息子がね 結婚しようかって 春の風
そうなんだ 見れたらいいね あれやこれ
 ....
彗星の 下の田に居る 田螺かな
曇天に 天麩羅を喰い 水を飲む
六月の 一二時限目の プールかな
真っ黒が 真っ白になる 夏の午後
飯ほぐす 杓文字持つ手が 震えたり
パーカーの フード萎ん ....
〇 武骨なる春の力ぞ雉飛ばふ

〇 水平の尾の一線を雉走る

〇 裸木に連雀眠り彼岸霜

〇 世を拗ねて春龍胆の{ルビ隱=なば}りかな

〇 春野花ギヤマンに盛り{ルビ尤焜=とがかぎ} ....
〇 高啼きの{ルビ磯鵯=いそひよどり}や雲走る

〇 音たてゝポッと咲きけん白木蓮

〇 木蓮の仰々しさや判を{ルビ捺=つ}く

〇 雉鳴きて鶯鳴かぬ曇空

〇 春猛りやけに{ルビ崩= ....
〇 をちこちのうがらやからやほとけの座

〇 佛の座忽然と{ルビ盡=つ}き一軒家

〇 ひそと咲く菫大家は佛の座

〇 道の{ルビ端=はた}菫目掛けて蹲踞せる

〇 石垣の只にこゝのみ ....
〇 朝露や{ルビ薺繁縷=なずなはこべら}花閉じぬ

〇 山の畑打捨てられし菜の咲けり

〇 {ルビ鶯聲=あうせい}も{ルビ拙=せつ}に{ルビ鄙寂=ひなさ}ぶ山の途

〇 鄙ぶりの鶯去りて只 ....
〇 佛の座{ルビ二月前=ふたつきまへ}の人違ひ

〇 佛の座栴檀草は鬼の儘

〇 {ルビ病=いたつき}の人知らで咲く佛の座

〇 菱餅や{ルビ病=いたつき}の床{ルビ尿袋=しとぶくろ}
 ....
日本語を七やにあずけ春夕焼


春の虹階段で手をふる背中


春夕焼まばゆい日日のまたあした
〇 春冷えの頤に{ルビ顎=あぎ}とひアルルカン

〇 芽吹けるを知らざりけりな藪の中

〇 {ルビ春曉=しゆんげう}や{ルビ曲廬=まげいほ}{ルビ邊=わた}り{ルビ人氣立=ひとけだ}つ

 ....
三度目の雨陣の中に朝があり

秋深しぼくのレジンが弛んでる

洗われて英字を誇るフライパン
〇 鶯の初音も{ルビ拙=せつ}に週明けぬ

〇 五輪閉づ汗と涙と金と血と

〇 五輪閉づ今も生けりやかの{ルビ官妓=くわんぎ}

〇 蕗の薹嘗胆の故事子に習ふ

〇 日を背負ひ月を ....
〇 日を浴みて根方{ルビ靑=あを}しも枯尾花

〇 {ルビ仰=あふ}のきて日を芯に盛る水仙花

〇 蒲公英や明日は凍つなる{ルビ埜=の}に滿てり

〇 吟行の{ルビ途=みち}に{ルビ花鷄= ....
彼方迄林檎灼灼たり仏間かな

森羅山谷砂利念仏を云ふがまま

人凍てて竃の米と寝入る朝

残雪をざくざくと踏む嶺遥か

起きぬ間に雨ありたりし兜太逝く
〇 眼鏡{ルビ霧=き}らひ{ルビ朧=おぼろ}の{ルビ巷=ちまた}人に逢ふ

〇 {ルビ楝=あふち}の{ルビ實=み}{ルビ皆散果=みなちりは}てゝ{ルビ軋=きし}む骨

〇 {ルビ鶸=ひは}か鳴 ....
月おぼろ猫小母さんはもう来ない


風光る口笛遠く運ばれて


雲雀東風かつてモヒカンいま寝癖


新婚のゴディバ七粒笹起きる


父さんと違う姓です春の雷
〇 {ルビ春曉=しゆんげう}の{ルビ鵯=ひよ}訛あり草枕

〇 月の{ルビ鉤=ち}の{ルビ旭日=きよくじつ}釣りて日脚伸ぶ

〇 取敢ず立春大吉明け烏

〇 崖の石{ルビ吾=あ}と水仙を掠 ....
〇 {ルビ風花=かざはな}や{ルビ水面=みなも}は蒼く{ルビ航跡=みを}白く

〇 風花に{ルビ羽振=はぶ}かで{ルビ直=すぐ}し{ルビ長元坊=ちやうげんばう}

〇 {ルビ盛者必衰=じや ....
俳句
タイトル 投稿者 Point 日付
勃然豹變一齊噴出孤蓬218/4/21 7:42
説教オキ1*18/4/19 15:25
雲蘭領空孤蓬218/4/14 7:48
チャーハン菅井亮1+18/4/12 15:36
春の午後018/4/12 15:00
018/4/10 15:53
孤蓬0+18/4/7 17:58
野梧桐虎杖218/4/7 9:24
油の闇に水の闇318/4/3 22:07
踊子草118/4/2 20:30
眼下悉皆櫻氈褥218/4/1 8:30
菅井亮018/3/28 16:53
夜空118/3/28 16:52
焔俳句 5 永年勤続 十句鵜飼千代子4*18/3/27 22:14
haikuです('_')百光年0+18/3/25 0:02
彼岸霜孤蓬018/3/24 8:22
崖の下118/3/21 9:58
雉哉1+18/3/14 20:15
只森閑1+18/3/11 15:49
外面如菩薩内心如夜叉0+18/3/9 23:28
パピエ・コレ 03.05 三句もっぷ218/3/5 16:54
曲廬邊孤蓬0+18/3/3 8:26
部屋とキッチン渚鳥1*18/3/1 22:22
初音孤蓬1+18/2/27 19:04
枯尾花1+18/2/25 15:06
金子兜太先生追悼黒田康之1+18/2/21 5:08
賜獵矢孤蓬2+18/2/18 9:00
「ゴディバ」 五句もっぷ218/2/14 2:28
落石孤蓬1+18/2/13 19:07
夜叉五倍子1+18/2/12 16:53

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 

【俳句】季語を含む17音律「5.7.5」の俳句と、その形式を崩した自由律俳句、無季俳句などの俳句作品のみ受け付けます。俳句批評は散文のカテゴリへ。
0.24sec.