Chips and pops make me high and high
Chicks and Cops make sick and sick
Dude, I know you will me ....
奥歯が抜け落ちるほど激しく殴りあった後に
擦り剥けて血が滲んだ手で握手して
また殴りあって抱き合った

近所の定食屋でカレーうどんを仲良く食べた
口の中を切りまくったので沁みる
それでも涙 ....
何時か刺されて死ぬ気がしてならない

僕の脳味噌は寂しさで
実際の活動力を更に半減させて
お世辞にも美しいとは言えないあの子を
加藤ローサにして見せて直ぐに眠りに堕ちた

鷲掴みにした乳 ....
僕は駄目な人間である。
中途半端なチンピラだ。
と、ヤクザの出てくる映画を見る度に思う。
人に優しくできなくて、人に冷たく出来なくて。
ねぇ。

***

ショート&ショー ....
日本時間では既に九月十一日を迎えている。
こちらでもあと30分も無く、9.11を迎える。

あの日、俺と祖母の暮らしている家に母が来て、
飯を食い終わった俺は、プロジェクトXを見ていた。
い ....
薄暗い部屋で手探りで煙草の箱を出す胸元
百円のライターが照らし出す赤く丸い空間
摩天楼の数々の窓から差し込む微弱な光が
舞い上がる煙を照らすよ

臨時ニュースが始まった
テレビではニュース ....
土曜日の午後九時
町はお祭り騒ぎで
行きかう人々で溢れてる
夜の風は何処までも冷たく
人々の隙間をすり抜けて
煙草の煙をかき混ぜてゆくよ

何度も肩をぶつけながら
駅まで向かう
誰も ....
その部屋のドアには
いつも鍵なんてかかってない

何を見るでも無くつけてあるテレビ
壊れかけのVHSプレーヤーの中から
半分だけ顔を出しているアダルトビデオ
埃をかぶった少し古めのDVDプ ....
足元には陰毛の様に黒々とした謎の植物が繁殖していて
いちいち気をつけないと靴が脱げそうになる
時折、瀕死の老人の様な顔をした赤ん坊程の大きさの飛蝗が飛び交う
精液の様に濁った池の中からは
熊の ....
摩天楼に殺される
そう思った

それは綺麗な女とセックスをする夢を見る三日前だった
真夏の太陽の届かない遮光カーテンの向こう
効き過ぎた冷房に身を震わせて
羽毛布団の中で君と抱き合う幸せ
暖かい暖かい暖かい幸せ

高校生の頃に冬の真夜中の路を
当ても無く歩いて歩いて
道 ....
陽も昇らぬうちに
何も知らない街に辿り着く
深夜の高速道路をタクシーで飛ばして
何も知らない街に辿り着く

都会生まれ都会育ち
それでも摩天楼は苦手だ
窓にともる一つ一つの光が
ひとつ ....
夜間歩行 夜間歩行
昔ほどの新鮮さを無くし
ただ暗い夜道を歩くだけの行為に成り下がった
愛が全てだと信じていたあの頃は
夜道の全てが新鮮だった
金が全てだと思う人間に成り下がった
最早煙草 ....
俺は前回、「親父に恐怖心を植え付けられ、反抗をしなかった」、と書いた。



俺は中学生に上がる前位から、親父が居なければ生活出来ない事を知っていた。
そして親父は筋の通らない事を一切認めな ....
俺は抗う事をしなかった。
踏み外す事をしなかった。
アウトローとして生きなかった。
親父に何がなんでも反抗しようと思わなかった。
それより親父が恐かった。

最終的に俺が頼るのは親父であっ ....
我が家独特。

テレビでゴン中山が「テレビのリモコンをチャンチェと言う」
と言ったのを見てから、我が家でも言うようになった。
ちなみに我が家では炭酸飲料を「しゅわっぷす」と言う。

ウチは ....
親父に関するエッセイを書こうと思ってやめた
だってお前の声が聞きたいから

何時まで繰り返せばいい?
脈の無いコミュニケーション
脈の無いカンヴァセーション
赤剥けるまで繰り返すマスタベー ....
彼は混ぜるな危険と言う注意書きを無視して
オレンジジュースと牛乳を混ぜた結果
真夜中にオオアリクイがやってきて
耳の穴から脳みそブチュルブチュルされて
あっと言う間に死んじゃいました

粉 ....
真っ黒い茂みの向こうの秘境
兄弟しかしらない魔窟
向こうに見える小高い丘
遙か彼方に見える山脈
頂上の家

ラブホテルのクーラーに吹かれて
ばら撒くばら撒くコンドーム
舞い散る舞い散るコンドーム
穴空き穴空きコンドーム
ラーメンの味を思い出せ
梅干しの味を思い出せ
線香の匂いを思い出せ
女の匂いを思い出せ

 ....
今日、渋谷で献血の帰りに、ケバイ女子高生を見た。
今時珍しくも無いと思うのだが、
どうも美しくない。
ぱっと見る限り、顔の造形は決して悪く無いのに、
何故其れをわざわざ拙い方向に彩るの ....
女子高生
制服の下はボンテージ
エナメルが常にギシギシと軋むのだ
女子高生
化粧をしない
髪の毛はいつだって黒い艶
口紅だって持ってるけれど
いつも鞄の奥底に眠ってるのだ

女子高生
ガムを噛まない
小さなあめ玉を口を動かさずに
静かに静かに舐める ....

新しい少年達はペンを捨て剣を持った
不純異性交遊に興味を失った
去勢病院への復讐を誓うのだ

**
彼は彼女にパンツを穿かせずにデェトを楽しんでいた
彼は彼女にブラジャーをつけさせず ....
お前が傍にいてくれりゃ
何も言う事は無い夜

缶珈琲+煙草=詩
過去に縋らずに歴史を知るのだ
シドは死にカートも死にキースも死んだ
パンクは死にグランジも死にロックは既に死に絶えていた
少年よ
死んだ英雄に何が出来ると言うのだ
彼らが残したモノはまるで現 ....
俺はお前を苛つかせただろうか
俺はお前を悩ませただろうか
二度と心の底から笑い合う事は無いだろう
二度と約束をする事も無いだろう
お前の所為で俺は…
言ったって仕方無い

俺は真実かどう ....
私は、もう一時間もこうしてパソコンの前に座っている。
書こうか、書くのを止めようか、迷っている。
しかし既にこうして指を動かして居るという事は、
私自身の意志は書く事を選んだのである。

私 ....
なついあつの日に僕等は出會つた
其れは僕乃顏が崩れ始めた頃だつた
萬國旗乃スカートしか記憶に無ゐのですが
彼乃時君乃御尻に指が觸れた乃は覺ゑて居るよ

佐藤ヲ入れ過ぎた冷珈琲ヲ流死込 ....
人殺しカレー饂飩
銀行強盗とろろ蕎麦
強姦ラーメン
地獄で狂った様に咲き誇る真っ青な紫陽花
天国で狂った様に咲き誇る深紫の沈丁花

超悶絶 絶倫 倫理 理科 科学マドモアゼル
超悶絶 絶 ....
虹村 凌(786)
タイトル カテゴリ Point 日付
翌日妊娠[group]自由詩1+*06/9/19 12:11
かでなれおん自由詩3*06/9/18 6:00
処女膜自由詩0*06/9/17 14:59
ショート&ショート自由詩1*06/9/12 12:15
雑考散文(批評 ...2*06/9/11 12:55
二機目の飛行機が突き刺さって赤く丸く膨らんで滲んで弾けて広が ...自由詩3*06/9/11 12:23
土曜日の午後九時自由詩3*06/9/6 11:50
不思議ハウス自由詩5+*06/9/5 4:10
煙草男と風穴女自由詩1*06/9/4 10:51
馬鹿と煙は高いところが好き自由詩2*06/9/4 10:40
暖かい暖かい暖かい幸せ自由詩2*06/8/28 11:48
アーリーバード自由詩1*06/8/28 11:29
微笑みハンター自由詩3*06/8/13 2:22
続・親父の続き散文(批評 ...2*06/8/11 22:14
続・親父散文(批評 ...1*06/8/6 22:09
親父散文(批評 ...7*06/8/6 0:00
キスはお前の方が下手なんだぜ自由詩4*06/8/5 21:35
主人がオオアリクイに殺されて一年が過ぎました自由詩5*06/7/27 9:31
ロブスター自由詩0*06/7/24 0:10
東京タワーのテッペンから自由詩2*06/7/24 0:02
欲望図鑑・女子高生編散文(批評 ...0+*06/7/19 20:40
魁・女子高生自由詩2*06/7/19 18:20
女子高生自由詩1*06/7/19 17:58
ぼくはヤンキー自由詩006/7/18 9:16
Night Bird01自由詩0*06/7/15 0:39
少年よ自由詩1*06/6/23 22:29
白い歯、贅肉、衝動自由詩0*06/6/11 3:20
遺書(ショート&ショート)散文(批評 ...1*06/6/9 13:39
さよふなら。今は微塵も君を愛して何か居無ゐよ散文(批評 ...006/6/7 22:50
まんだらけ未詩・独白1*06/6/7 10:34

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「翌日妊娠」から「まんだらけ」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.6sec.