もっともっと時間が欲しかった
もっともっとお金が欲しかった
もっともっと欲しかった
もっともっと
もっともっと


全てを投げ出す事を知らずに
全て要らないと叫んだ
違いも分からない ....
冷却装置 吸殻 リス 轍
木々 雲 残飯 嘘

喋りすぎた男が歩く
後には言葉が落ちている
今日も美味しいネタを求めて
街を彷徨うただのジプシー

否定するな否定するな否定するな
否 ....


幸せなら手を叩こう
部屋の中で 便所の中で 電車の中で
幸せなら手を叩こう
朝焼けの街で 夕暮れの街で 星月夜の町で


**

教会の中で祈りを捧げる人々
幸せそうじゃな ....

本当かどうかは知らないけれど
アメリカーナのおまんこは良いらしい
本当かどうかは知らないけれど
そう聞かされた事があるんだ

夜明けと共に飛び起きて
陽が沈むまで抱きまくる
パパも ....
パイレーツはおっぱいに関係があると思っていた
でも本当は関係なんて微塵も無かったんだ
前後不覚に陥る。
前へ前へと思えば体は少しづつ前へ。
後ろへ後ろへと思えば体は少しづつ後ろへ。
カクカクカクカクと小刻みに動く身体。
全身の力を抜いて尚小刻みに動く腕や体。
身体の ....
ハッパッパ
はっぱっぱ
MIDORI−No
葉っぱッパ
食前食後に
ハッパっ葉
葉ッパっぱ

腹減ったー





って言うルームメイトを見て阿呆だなぁと思っていた俺は
 ....
はははははははははははははははは!
はははははははははははははははは!


そろそろ日本は駄目らしい
昨日電車の中でオッサンが言ってた
駄目な政治家達がもっと駄目にして
それを駄目だとし ....
人より一回多い修学旅行気分で
床を転げまわる
人より一回多い学園祭気分で
床を転げまわる

僕のSOSはネットを通じて世界中に発信され
日本語を読める者から若干の返事があったりする
流石 ....
 ガラリ
と店の戸が開く。主人は何かを作っていた顔を上げ、愛想の良い笑顔を浮かべる。
「らっしゃい!」
見たことの無い客だが、やはり客が来てくれるのは嬉しい。
「お客さん、何にします?」
客 ....
歴史が無いの飯が不味いの
そう言いながらも
ジィンズを履きラバァソゥルを履く
箸でもって飯を食う(ピザは例外だ)

2ブロック先まで車で行きたがるような
肥満大国だと笑うけれども
ハイテ ....
マイクは何処だ
マイクは何処だ
マイクは何処だ

ヴルカリ ブルゥオム
マイクは何処だ(ガーターベルト)

***

箸をきちんと使えない奴は
納豆に溺れて死んでしまえ
そう呟い ....
教会の中の懺悔室で一人
夜を明かしたいと思っている
髭が茫々に伸びたオジイサン
右手には小銭を集めるカップ
左手には小さなダンボールに
「片足が無くて仕事にも付けずホームレスをしている」
 ....
目覚まし時計が始めるカウントダウン
止め忘れただけでルームメイトは暴発して
俺に向かって空砲を撃ちまくる

及川なお

小室ゆり

伊東怜

三輪はるな

お世話になりました! ....
私は醜い者であると信じている
私は醜く煙を吸っては吐き
醜く吸っては吐く
私は醜く肉を食み
私は醜く水を飲む
私は醜いのだ

私は美に憧れ
私は美に恐怖する

例え其れが白痴美であ ....
Alright, I'm gonna tell you something.
Listen up idiots and freaks.

We have to change the case ....
イメージ
イメージ
イメージが大切だ
大きさは無くても
柔らかさが無くても
乳輪が大きすぎても
乳首が鋭利でも
おっぱい
イメージがあればよいよ

おっぱいって不思議
触りたくて ....
知らない内に僕は随分と不快谷間に迷い込んでしまった

今にも爆発しそうに膨れ上がった山頂が見える

遠くには黒々と生い茂ったオアシスが見える

知らない内に僕は窪みのある丘でへたり込んだ
 ....
ネット広告やエロ本やエロビデオを見ながら
可愛い女の子や綺麗なお姉さんとセックスしたいと思う
しかしそんな事をしたところで
小生の人生の糧にはなり得ない気がするので
抜いてしまえばどうでも ....
プロレスラーも倒せない俺は
誰を守る事が出来るんだろうか

イジメ野郎達に立ち向かえない俺は
誰を愛する事が出来るんだろうか

街で溢れる全ての物語が手軽だと決めつける俺は
どんな愛を吐 ....
つまらなひ学校乃休み時間を利用して
日本を沈没させようとした小学生が居たので
おいおいおい其れはチヨツト遣り過ぎだろふと言へば
彼は突然に泣き出し僕はすっかり困ってしまって
煙草をあげたついで ....
誰も居なくなった新宿にたった一人新宿の母だけが残った

今日も彼女は小さな椅子と机を出して手相を占おうとする
空き缶と吸い殻と破れたチラシが道を転がり
ネズミもカラスもゴキブリも姿を見せない
 ....
世界が途切れる最後の日をラブホテルで過ごそうと思った
窓の光も入らない暗い暗い新宿の安ホテルで
外界全てをシャットアウトして過ごそうと思った

風呂に水を張り
白と黒の写真と真っ赤な薔薇を浮 ....
セックスもせずに
湿った時間を一組の布団の中で過ごす
浅い睡眠を繰り返し
浅い接吻を繰り返す
柔らかい乳房に包まれて
小さくなって眠る

軽々しく愛してる等と言う奴等を片っ端から殺す資格 ....
振り上げた足から外れてラバーソールが飛んでゆく
オレンヂ色の夕焼けに
水色のラバーソール
よく似合う色はゆっくりと
風紀委員長の頭上へ

一億人の絶叫日本人が負ける筈が無いんだ

ラバ ....
強迫観念が襲ってくる!(おっぱいがあったら隠れたい)

誰が履いたのか知らないズボンを引きずって
扇風機の前に佇む
桜木町(行った事は無い)

I LOVE 神保町

押しつぶされる不 ....
ジーザス、許して御呉れよ
6枚切のパンを買わずに8枚切のパンを買ってきた女を
万年床で殴り殺した
彼女は死んだ
流れ出る血を見せびらかすように
こちらを見つめて
彼女は死んだ

ジーザ ....
ちょっとお茶でもしようよ
マックの珈琲じゃなくて
ルノワールにでも行こう
ふかふかの椅子で
お茶でもしようよ
ちょっとだけ

時々自分自身が嫌になる
自殺したいような
誰かを殺したい ....
「うそつき」

空から降り注ぐ一億のカモメのジョナサン達が
嘴を叩き込む
僕達の頭の上に

「絶対に嘘じゃん」

ミミズは鼻の穴から入って
横隔膜を突き抜けて
涙がやってくる所へ
 ....
廻らないメリーゴーラウンド
高さも早さも無いジェットコースター
廻らないティーカップ
高さも窓も無い観覧車

いいから来いよ

何もないコンビニ
電車の来ない駅
神父の来ない懺 ....
虹村 凌(786)
タイトル カテゴリ Point 日付
死んで欲しくなんか無いのに死ねと呟いた自由詩6*06/4/4 5:28
岸辺露伴「だが断る」自由詩0*06/3/24 20:55
幸せならパンツを脱ごう自由詩3+*06/2/28 8:45
朝だから自由詩006/2/28 8:37
キムジョンイルはサノバビッチ自由詩1*06/2/28 8:33
かめはめ波自由詩3*06/2/26 6:35
食前食後[group]自由詩006/2/26 4:45
笑うおっぱいマン自由詩3+*06/2/18 16:57
不意に挙げた顔の前には汚い老人が座っていた自由詩2*06/2/18 15:53
くそみそ散文(批評 ...006/2/18 5:04
みんなうんち自由詩2*06/2/16 8:03
エステティックはTBC自由詩006/2/16 7:57
及川なお自由詩2*06/2/13 2:16
お世話になりました!自由詩0*06/2/13 1:52
マァブル 壱自由詩2*06/2/7 7:19
F**k自由詩006/2/6 5:11
おっぱい自由詩3+06/2/3 12:47
自由詩006/2/3 12:25
悪魔的なロォ・リィ・タ[group]自由詩1*06/1/29 6:54
戦慄[group]自由詩006/1/20 9:12
休み時間に抜け出した[group]自由詩1*06/1/17 22:48
新宿の母[group]自由詩2+*06/1/17 22:18
暗い安ホテルで眠ろうと思った[group]自由詩4*06/1/17 22:11
イケフクロウの鳴き声自由詩3*06/1/15 22:31
LA,LA,LA,ラバーソウル[group]自由詩0*06/1/13 22:03
おっぱい自由詩4*06/1/9 20:18
Jealous Christ the SuperStar自由詩006/1/6 21:37
ストロー自由詩3*06/1/3 21:22
セックス・マシン・ガン自由詩1*06/1/3 20:51
ラバーソール・ラヴァーソウル自由詩4*06/1/2 20:20

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「死んで欲しくなんか無いのに死ねと呟いた」から「ラバーソール・ラヴァーソウル」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.63sec.