ダウナーだね平気かいと
誰かが言う
ダウナーじゃないよ大丈夫さと
僕は答える
そうかなら良いと
何に納得したみたいに満足げにそっぽを向く
笑わせてくれるよな
笑いながら煙草を吸う

 ....
もし俺が死んだって何も悲しむ必要は無いさ
俺は世界になるのだから
俺が死んだその時に
普段見逃してしまうような事も捕まえればいいさ
地平線の意味
水平線の彼方
ありとあらゆる単 ....
笑い飛ばしてもいいからちょっとだけ聞いてくれねー?
マジで君をチョー愛してたと思う事が何度かあるんだよ
今だって君とチョーヤりたいし
いや実際に会うと緊張しちゃって何も喋れないなんて言う
チョ ....
背中を切ってきた
麻酔が切れてきたので少し痛む
抜糸は来週
アホみてぇな金がかかる
スネかじってる間はいいけど
一人でこれ払う事を考えると厭になる
保険入っててこれかよ
泣けてくる
 ....
良かれ悪かれ言いたい事を言い放つ
無責任な投げっ放しジャーマンスープレックス
再び上げるガードガードガード
何処まで来たかもわからない
どれくらい遠くまで来たかもわからない
今は僕 ....
 彼女が電車に乗り込む姿すら見ずに、僕は真っ直ぐに東京駅のホームを歩き出した。たった数秒前に触れていた、細く熱い肩の熱を、空の右手にぶら下げたまま、約束通り、振り返らずに歩いた。中途半端な優しさが、衝 .... 遠くでサイレンの音が聞こえる
今夜は誰がハッキングされた?
世界が裏返ったり
誰かが寝返ったり
こむらがえったり

毎日誰かが射精と受精を繰り返す
毎日何処かで誰かが出生 ....
ティーンの頃のあいつの匂い、肌触り、温度、その融合した「それ」を知らずに生きている事が悔しくて仕方無い。あぁ、どうしたって悔やまれるあの夜。多分、僕は20代のあいつの匂いも、肌触りも、温度も、何も知ら .... 0と1で構成される世界みたいに
クエスチョンとアンサーで構成されている世界
アンサーがあって敢えてのクエスチョンと
そのアンサーとは少し違うアンサーを
その後の会話で軌道修正しながらプルーフす ....
熱く生きる、だ?


テメェも大概だが俺も素直じゃねぇな
このままじゃ俺が勝手に冷戦始めそうだ
面倒臭ぇ(=助けてくれ)
死んじまえばいいんだ
俺かお前のどっちかが死んじまえば話は面倒臭 ....
鬱々と続く暗く腐った毎日を
恨み辛みを垂れながらやり過ごす
叩かれ指をさして嘲笑われても
ヘラヘラと顔を歪めて逃げてきた
下らないクダを巻かれ
横殴りの痛みが頬を突き刺す
堪え難きを堪え
 ....
愛してると言われたけど試されちゃったり
拒否されちゃったり全部無かった事にされちゃったり
疑り深い奴になっちゃったのは
週刊誌の所為じゃなくて君の所為でしょ?
それともそんな君を好きに ....
僕とお茶を。僕と散歩を。僕と夕食を。僕と一晩を。
僕と朝食を。僕と散歩を。僕とお昼を。僕とお茶を。
僕と午睡を。僕と夕食を。僕とキスを。僕とセックスを。
僕と季節を。
僕と一年を。
 ....
 するなって?喋りたいんだ喋らせてくれ。俺も大してホームレス知識は持ち合わせちゃいないが、少し喋りたい気分なんだ。便乗するぜ。


 最近じゃ見かけなくなったが、俺が小学生くらいの頃は、新宿の地 ....
俺は誰も信じちゃいないし、何も信じちゃいないけど
希望的観測で平穏と平和、そして愛と感動に溢れた世界を欲しているよ
どうでもいい事なんて一つもない、そんな世界を

愛してるよ
本当さ

 ....
もう一度名前を呼ぶ声が聞きたくて
もう一度「愛している」が聞きたくて
生きているのだとしたら
とんだお笑い種だと吐き捨てて
寂しそうな顔をして煙草に火をつける

あれから何度も季節を越えて ....
戦闘機が買えるくらいの端た金なら要らない
地球を買い戻せるくらいのお金なら欲しいけれど
貰っても使えないさ
ドブに捨てる事なら出来るけど
そうだろう?

友達も恋人も入れないような
そん ....
お前の歌が聞こえない
まぎれも無く俺の青春だったのに
お前の夢も見ない
思い出も聞こえない
俺の青春だった
お前が

ポートアーサーで生まれた
あの女の歌は聞こえる
岡山で生まれた
 ....
バスの中で後ろに座った関西弁の男を
持っていた画材の入った袋で何度も殴る夢を見た
小さな声で歌っていた鼻歌が五月蝿いと言うから
黒い画材の入った袋で殴ったり喉元を突いたりした
俺は滅多にバスに ....
足下に広がる銀河を越えて星屑の彼方へ一直線の稲光
みたいになってしまいたいって思いながら
色んな人達が都庁やエンパイヤステートビルにのぼる
そして分厚いガラスの向うに目を向ける

イマジナリ ....
どっかのボウズが親のスネかじりながら
どっかのボウズが捕鯨反対運動なんか糞喰らえってよ
どっかのボウズが親のスネかじりならが
どっかのボウズがアカデミー賞はもう地に落ちたってよ
どっかのボウズ ....
負け犬の辛さは滲み
裏切りの棘刺さる
沈んだ部屋の隅
暗く残酷な影が落ち
笑う

運命別名呪い?いい加減にしやがれと言う正論ミニにタコ
映画と漫画のオーヴァードーズで期待感だけはたっ ....
もしこれが詩でも文字でもなく
もしこれがただの記号だったとしても
そんな事は構わないんだ

僕のいた学校にバカは沢山いたけど不良と基地外は一人もいなかった。

剥き出しの暴力と反抗
その ....
  ジェームスブラウンが「俺の音楽使って面白い事しろよな」と言ったもんだから、サンプリング文化が生まれてヒップホップが大流行した、みたいな話を何処かで聞いた。生憎、ヒップホップ文化には詳しく無いので深 ....   俺はポエムが嫌いだ。ポエムと言う単語が嫌いだ。何のセンスも無い、ダサいとしか良いようが無いこの英単語が嫌いだ。そしてそう呼ばれても仕方が無いような作品が嫌いだ。何が嫌いって、ボクとかキミとかカタカ .... 十年の、事実
プテラノドン

メインレースは悲惨な結末、突風に吹き荒れた
駐車場を後にした。
赤信号に変わろうかという時に友だちが言った、
大外からまくれるぞ。俺たちなら行ける。
僕はア ....
はがれて丸まったシーツの上に座り込んで
銀色のノートパソコンを開いているよ
ハローハロー
ハロー世界
真夜中に煙草を吸いながら
真っ昼間にゲームをしている奴と喋っている
時差だってよ
地 ....
テーブルの上にある花瓶に刺さった幾本かの薔薇の花が腐って姿を見ているのが辛い
元々は小道具でしかなかったとしても
毎日水を変えて茎を切っても日に日に萎れ腐っていく花を見るのは辛い
赤かった花びら ....
皮肉も倦怠も飽食し尽くしたと思っていたけど
別にそんな事無いんだろうな
案外居心地も悪くないし気分だって悪くない
停滞は趣味じゃないと思ってたけど
楽っちゃ楽だからな
面白くは無いけど

 ....
愛してる
と言う声が遠く残響のように
聞こえた気がしたけど
恋人なんてどこにもいない
鈍く尖った耳鳴り
オレンジ色のベースギターが
ゆっくりと首を締め上げていく

誰か
名前を
呼 ....
虹村 凌(786)
タイトル カテゴリ Point 日付
ダンツカダンダンダウナークリープ自由詩2*10/9/3 10:42
饒舌ダウナー自由詩2*10/9/3 10:40
ションベンひっかけて自由詩1*10/8/23 22:03
ペインをイマジンしながらノイズに耳をすましSOSを。自由詩6+*10/8/14 22:56
ぐしゃぐしゃ自由詩410/7/13 20:29
東京タワーで彼女が泣いていた事を僕は知らない散文(批評 ...2*10/7/13 19:29
「素人童貞イベリコ青年、KTJGにて窒息死寸前」自由詩4*10/7/13 0:09
マテバ、ウチヌカレル散文(批評 ...010/6/26 10:57
世界になりたいんだ自由詩010/6/26 2:01
ガオンガオン23.4自由詩110/6/26 1:58
曇天自由詩4*10/4/21 18:20
ヒトトシテ自由詩1*10/4/14 20:48
僕と明日を。自由詩0+*10/4/12 9:23
ホームレス話に便乗。散文(批評 ...2+*10/4/10 21:55
全部本当で嘘かもね自由詩5*10/4/9 20:16
もう一度名前を呼ぶ声が聞きたくて自由詩010/4/9 20:00
剥き出しの100万ボルトに憧れて自由詩210/3/23 0:18
東京午前12時自由詩310/3/23 0:12
バスの中で男を殴る夢を見た自由詩410/3/22 20:48
坂本冬美が「また君に恋してる」を歌う頃に自由詩0*10/3/19 9:53
どっかのボウズが親のスネかじりながら原発はもう要らねぇってよ自由詩2*10/3/11 9:50
トラヴィスを継ぐ自由詩2*10/2/3 22:20
僕の学校にバカは沢山いたけど不良と基地外は一人もいなかった自由詩4*10/1/13 15:09
【批評祭参加作品】詩だとかブログだとか日記だとか【虹村 凌】[group]散文(批評 ...4*10/1/12 9:56
【批評祭参加作品】知らんがな【うさこ、戦う】[group]散文(批評 ...8+*10/1/11 20:43
【批評祭参加作品】好き勝手言わせて貰う【十年の、事実】[group]散文(批評 ...2*10/1/9 8:09
東京の狭くて薄汚れた四角い空を見たいんだ自由詩309/11/16 17:28
腐ったツナサンド[group]自由詩209/11/16 15:33
うずくまるから助けて欲しい自由詩509/10/30 14:50
オレンジ色のベースギターが自由詩3*09/10/28 15:08

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「ダンツカダンダンダウナークリープ」から「オレンジ色のベースギターが」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.66sec.