あれからどのくらい経ったでしょうか
もう長い事ぼくはこうして
ここに座って何かを考えています
答えは出たり出なかったりして
相変わらずの堂々巡りです
それでも
一応元気にやっていますよ
 ....
お父さん
お母さん
おはようございます
今日も良い天気ですね
朝刊はもう読みましたか?
何か特別なニュースはありますか?
今日は何があるんでしょう?
今日の朝ごはんは和食ですね
何か良 ....
ロメオの心臓を鷲掴みにして
握りつぶしたら
明日は雨が降るだろうか

メイドインチャイナのフォーチューンクッキー
流し込む薄い珈琲

あの子の事を好きなのは、
可愛い声でギターフリッ ....
郵便番号もわからない
気だるく光る朝の太陽
トンネルの中で輝き続ける
あのオレンヂ色の光の方が綺麗だと思った
星に願いをかけた事は無いと思う
目を閉じて夢を見る事は何度かあった

珈琲に ....
黒いマジックペンをポケットに入れて
暗い夜道を歩いていく

言う事きかない悪い子を
夜中に向かえに行くんだぜ
侠気の沙汰
記憶の紅葉
パイプオルガンの音色
狂気の沙汰
記憶の小道
パイプオルガンの音色

狂おしいね
愛おしいね
笑い出さずにはいられない程
愚かで惨めで滑稽な
B級映画のよ ....
壊れなかった夜に
あなたの乳房の中で
浅い眠りに落ちていったのさ
どうしたって壊れなかった夜に
あなたの薄い乳房の中で
夢も見ないような眠りに
落ちていったのさ

朝は狂わないままにや ....
あなたは背を向けたまま一度もこちらを向かなかった
遠くで誰も乗らないバスが走り去っていく音

コップの水が夕陽に照らされて
「で、なんなの?」
「え、何が?」
「何が?じゃなくて、どうしたいの?」
「んー、どうしたいんだろうね。」
「はぁ?意味わかんない。」
「うん、俺自身意味わかんない。」
「頭お ....
「で、どうやって癒されたいの?」
「んー、冷房効かせ過ぎた部屋で添い寝」
「じゃあ別にアタシじゃなくてもよくない?」
「いや、君が良いのだけど。」
「どうして?」
「好きだから」  ....
思い出迷子な僕たちは
南へ南へ
潮騒の子守歌を聞きに
この道に沿って南へ
電車を乗り継いで
南へ
知らない所へ
波音が恋しくなって辿り着く
知らない浜辺に

打ち上げ花火の煙が
 ....
どれだけ走り回ったのか、最早わからない。
喉の奥から、ヒューヒューと変な音がする。
脇腹が悲鳴を上げ、自然と足が止まる。
「ゼェゼェ…まいたか…?」
後ろを振り返って見るが、人の追って ....
「5本目の煙草・滲む画面」

僕が彼女の家を訪れてからしばらく、彼女に関する出来事は無い。
僕はライチとモメ事を起こし、かなりテンパっていたので、
ロイドに関わる余裕が微塵も無かったのだ。
 ....
「4本目の煙草・ジョナサン」

花火をしたり、少しだけエッチな事をしたり。
そんな風にして、僕らの時間は過ぎていって、
結局は朝方に、ほんの少しだけ眠っただけだった。
僕はその頃、まだライチ ....
「三本目の煙草・僕らが帰りたい夜、二度と帰れない夜」


僕とロイドは、ライチが来るまでの間も、
イチャイチャにも満たない様な時間を楽しんでいた。
キスをする事も無く、ただ手を繋いだり離した ....
「それじゃあ作業に戻るから」
「うん」
「電話を切るね」
「うん。頑張ってね。」
「ありがとう。」
「おやすみ。」
「おやすみ。プツンッ…ツーツーツーツー」

僕は相手が電話を切るまで ....
「二本目の煙草・牛込神楽のセブンスター」

僕は地下鉄大江戸線を降りて、改札を出る。
携帯に道順を示したメールが来たので、それを頼りに、彼女の家に向かう。
一度、通り過ぎてしまって、引き返して ....
アルカロイド:窒素を含む一群の有機化合物で、主に植物体から単離される塩基性物質。
分子中に窒素が結合していて、そのためにアルカリ性を示すので、
「アルカリもどき」を意味するのでアルカロイドの名があ ....
惜しまれながら死んでゆく英雄に憧れる
使い回されてとっくの昔に錆びついた
安っぽいヒロイズムが大好きで
磨り減ったラバーソールで歩き回る

機嫌悪いときにメールをすりゃあ
「私がメール嫌い ....
回り続けて乾燥しきった〆鯖を見つめながら
ロイドは生物が嫌いだった事を思い出す
チキンラーメンに入れる卵でさえ
トロトロしてるのが許せない
そんな女だった事を思い出す
不器用にカクリカクリと ....
どぶねずみ、みたいに
美しく、なれない
写真にも、写らない
美しさ、が欲しくて。
リンダ
リンダ
ロイド
ライチ
ラバーソール
チキンハート
コーヒーアンドシガレット
外は春の雨 ....
幼稚園児だった頃に
頭を冷やして来いと言われて
アパートから追い出された
夜の螺旋階段
切れそうもない重い光の蛍光灯
ガンプラがあったら何も怖くはなかった

アディオス

苦労自慢に ....
一口舐めては
チュッパチャップスを交換して
また舐めては交換する
終わらないチュッパチャップス味の間接キス
交わされないキス

解けて行くチュッパチャップス
小さくなって
君の家に行ってみれば君は食事中で
スパゲッティのソースが唇につきっぱなしで
一瞬だけ僕の顔を見て笑った

ソファの両端に座って「サムライフィクション」を見た
「天国から来た男達」は見られなか ....
ゴール線上の彼女は
くるくると回って
派手な音を立てて無様に転ぶ
すぐに起き上がろうとしない彼女を見て
手を差し伸べるけれど
その手を素直に受け入れない彼女は
ゴール線上の

十歩進ん ....
東急東横線菊名行の最終電車を逃して
ふて腐れてホームに座り込む
曲がった煙草を取り出して咥える
ジッポを探している間に
駅員に咥え煙草を取り上げられる
仕方無く切符を千切って駅を出た

 ....
遅れてやってきた七夕鉄道
そいつの名前はスリーセヴン
奇妙なハイウェイの上
転がり続ける車輪の下
硬く錆びたレェル
鈍く光り悲鳴を上げるが
砂利や車輪との繋がりを諦めずに
時折
冷房か ....
あンたがいつでも泣きにこられるように
冷蔵庫にはいつでもスプーンが入れてある
晴れ上がったまぶたをこれで冷やしなよ
放っておくと酷い顔になるぜ
もうなってるけど
もっと酷くなる前に

ス ....
着信履歴がお前の名前で埋められてゆく
昔の事が頭を過ぎり苦しくなって俯く
全てを無しにしたがってたのはお前だったのに
泣き叫んで全てを無しにしたがったのはお前だったのに

膝が笑い始め力が抜 ....
聞いてくれ
素直になれない大馬鹿野郎の話を
馬鹿だといって笑ってくれてかまわない
だけど聞いてくれ
素直にならずにやってくのは
案外肩が凝るみたいだ
腹筋も内股の筋肉も痛くて仕方無い
そ ....
虹村 凌(786)
タイトル カテゴリ Point 日付
少年B自由詩2*07/9/18 17:28
少年A自由詩1*07/9/18 17:15
メイドインマイブレイン自由詩2*07/9/13 9:12
天国の住所自由詩2*07/9/13 9:03
街頭を右に折れて自由詩1*07/9/5 10:55
ぱんぱんぱん自由詩1*07/9/5 6:35
くちなし自由詩7*07/9/1 13:57
オレンヂジュース自由詩8*07/8/29 11:14
その口をキスで塞がないでいる自由詩4*07/8/27 11:38
その手を取らないでいる自由詩3*07/8/27 11:36
創書日和「砂」[group]自由詩4*07/8/26 6:30
Dead or Smoke 〜逃亡者〜散文(批評 ...2+*07/8/12 3:40
記憶の断片小説・ショートシネマ 「ロイド」[group]散文(批評 ...007/8/6 22:35
[group]散文(批評 ...007/8/5 0:38
[group]散文(批評 ...1*07/8/3 16:02
トゥトゥトゥ自由詩4*07/8/3 13:56
記憶の断片小説・ショートシネマ 「ロイド」[group]散文(批評 ...1*07/8/2 20:36
[group]散文(批評 ...1*07/8/1 23:49
メイドロイドに惜しまれ自由詩5*07/7/23 0:23
テトラポットの上のロイド自由詩5*07/7/22 21:21
外は告げる雨が降って、 僕は部屋で独り自由詩3*07/7/20 0:58
アディオス、ストレンジャー自由詩3*07/7/18 23:39
チュッパチャップス自由詩2*07/7/18 23:27
ロイド、肺まで吸い込む自由詩1*07/7/18 0:19
創書日和「星」[group]自由詩3*07/7/16 3:29
[group]自由詩3*07/7/10 12:56
挫折経由 幸福行 最終列車自由詩0*07/7/9 0:13
冷蔵庫にスプーン自由詩1*07/7/7 0:06
「横恋慕喫茶ランデヴー」にはエシェロンも無い自由詩0*07/7/2 13:30
五時のチャイムがなる頃に自由詩1*07/7/1 0:43

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「少年B」から「五時のチャイムがなる頃に」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.52sec.