この哀しみは誰のもの
其処で泣いてる子供が言う
目を閉じれば消えてしまう世界
街角では老婆が荷車を押す

お日様は雲ってどこにもいない

クモの巣が縁の下で揺れている
みんなどこかへ行 ....
相変わらず
当たらない天気予報だが

最近は
その証拠が残らないように

実際の天気を
すぐに反映して修正する

という
あきれた所業が
目立っているようだ

即ち
ちょっ ....
鍋に大量の青ネギと
生姜とニンニクを入れ
ざく切りにした
自称詩人を一週間
次から次へと湧いて来る
灰汁を捨てながら
煮込み続けると
自称詩人特有の臭みが消えるので
そうなったら
鍋 ....
夕闇の静けさと共にやって来る
孤独が
病んだ肉体を忘れさせる
僕は学びながら
僕は体験しながら
此処に留まる
孤立ではなく孤独に沈潜し
他者に限りなく開かれて

青い水平線の向こうに ....
盆の晩夏に浮かんだ重い雲の隙間から
かすかな青い空が
ひかえめにのぞいていた
いたるところに停車された鉄の馬たち
それぞれが夏の欠片をカートに入れて
手綱を引いていた
盆は静かに終わりをむ ....
黒く青く
常に雨に濡れたように光っていて
羽毛のように頼り無く
且つ世界を
力業で一息に引きずり込み
呑み込む程に暗く重い


そんなお前の闇をお前は
 ....
濃い影を
アスファルトに刻み込みながら
手に負えない
暑さは帽子の上からも
カーッてその熱を
押しつけてくる

夜でも
その機械がないと
どうすればいいのだろうか
そこ ....
慣れた雑音から
都合のいい言葉を拾いだし
持ち帰って洗う

良い音を聞かせ
温い茶をのませ
夜には撫でてやった

ぼんやりと月夜には
影を分けあって吸った

しばらく暮し ....
あの空の下からあの空の向こうまで、なだらかにせりあがりなだらかにくぼみながらどこまでも続くみどりの丘、その丘を白くつぶつぶと覆いつくすほどのあの羊たちがいっぺんに、シーツをめくりあげるように消えて .... 今年も
お墓参りが
出来た
夏が
終わってゆく



悲しい と
空気へつぶやく と
涙がふ と零れた
星々の
澄んだ光



この悲しみは
こころの
青い部分が
 ....
浮かんでは消えるあやふやな封筒の
瞳孔の記述はないのだが
のりしろが若く美学を降ろしている
そして傷ついた鴉は仰せのままに糸を引く
魂はその日、カレイドスコープの天命を 
写真機の前にいった ....
こどもの頃のことは
よく覚えている

川で泳いでいたこと
田んぼの畦道を通って
学校へ通ったこと

自転車に乗って
町の高校へ通ったこと

一番懐かしく思い出すのは
西宮の浜甲子 ....
○「想定外の時代の生き方」

「なったら
なったで
その時に考えましょう」

○「日本の防衛」
すでに外国勢力に
心と経済を
侵されている

○「心身統一協会」
僕は独り言を書 ....
眺めれば
山の威厳に 言葉の無力さ
病に侵された 脳 なので
スピリチャルより とおく身を置き
パン、 は食べず
ミルクティーで薬を服し
頭中 身体 空っぽになりたくて詠む

にっぽん ....
全ての 言葉が 憎かった
人を殺すものは ただひとつ
信じようとすらしない 心という
扱いきれない 玩具だった

私は太陽のもとに いたい
海が 干上がる 日を願う
降り注ぐ 全てを 憎 ....
ものを考えるでもなく
大蛞蝓はその巨体を
枯れ枝の端に押し付けて
ひたすらに森と同化していた
憂いを持つこともなく
怪しいぬめりだけが
土の上にこびりつけてある
腐食した木の汁を飲んで
 ....
戦争

平和

戦争
2019年10月12日の台風19号によって、田園調布のまちは大田区では最も大きな浸水被害のあった町内となった。
田園調布といっても高台にある3丁目とは違い、4丁目と5丁目の一部は川のそばにある。
 ....
二〇二一年六月一日 「エイン博士の最後の飛行」


 ニーヴンは大好きなSF作家で、翻訳されたものは、すべて読んだけれど、いま、部屋の本棚に残っているのは、カヴァーが好みのものだけで、『ガラ ....
  あらい浪が
  きみの肌のどこかで
  弔われている 私たちは
  擁きあえる 芒の原にこぼれる
  月影に這わせた 指のふしの奥で
髪を人に揃えさせ
葡萄を蓄えた仏間の
静謐をかき混ぜる
蝉の唄
かそけき音色で
奏でるピアノが
桟橋に朽ちるお骨を磨く

 夜をうつくしいな、と思える
 世界のかがやきの酷さ

 ....
薄い絹糸が伸びて来る
夕べ
美しい音の調べのなか
天使たちが踊る

銀の照り返し
迫り来る闇
君のトラウマなんて
みたくない

天使たちが歌う
広がる宇宙
ひとりぼっちの砂浜
 ....
「意外な人物だと? それはまさか、エインスベル……」アイソニアの騎士の心が騒ぐ。
「どうぞ、お焦りなさいますな。それは、エインスベル様ではありません。
 彼女の生存の如何は、この旅の結果として現れ ....
「ううむ」と、アイソニアの騎士は唸る。盗賊ヨランが、
ある種の決意を持って、この邸宅に忍び込んできたことは間違いあるまい。
しかし、彼の言うことが正しいとも限らない。この旅は単なる失敗に、
そし ....
「お前の言っていることはよく分からない。いつもそうだった。
 お前は単なる盗賊ではなく、賢者のような知恵を持っている。
 どこからその自信が現れてくるのか? この旅における目的と確信とは?」
ア ....
今、私は窓を見上げて

あの時と同じ雲の流れを見てる

積乱雲は夏の雨を呼んで

ふと蝉の声が薄くなっていく


何年の時が経ったのだろう

鮮やかな命の傷みを刻んで

あの ....
二人の会話も水没して遺跡へ還る
時の流れは表層にすぎず
ましてや真っ暗闇
マッチ一本擦って消えるまでの
意識といのちの混同なんて

またすぐ誰かに発見されて
再定義される
そうやって繰 ....
けして認めたくない
間違ってるのか、愛の

呼び方も
愛し方も
懐かしい
記憶も
 
汚された
ピンクの清純が
震えながら
泣いていたのに
 

けし ....
○「介護苦」
育ててやった!
看てやっている!
の応酬になり

○「親子げんか」
口が悪いのは
親ゆずり

○「伯母さん」
久しぶりに一人暮らしの伯母さんを訪ねた
玄関が開いてい ....
意識、冴え渡る朝
太陽の慈愛は深く
私と世界を隔てる壁は
瞬時にして溶解する

私たちは自然から生まれ
精神として対立した
観念は独自に表象世界を構築し
自然はナマの世界は物自体と幻と ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
風景ひだかたけし622/8/16 11:12
イカサマ天気予報st122/8/16 5:46
犬のエサ花形新次122/8/15 18:12
孤独と思考ひだかたけし422/8/15 18:04
町のスーパー山人4*22/8/15 17:03
オリジン弁当TAT022/8/15 16:35
真夏秋葉竹022/8/15 15:10
雑音はるな322/8/15 14:30
数えられるもの片野晃司1522/8/15 14:22
※五行歌 三首「めちゃくちゃに すきとおるの」こしごえ2*22/8/15 14:07
Hz 2022/08/15022/8/15 12:23
おもいでは煌めく松 けい子4*22/8/15 12:17
独り言8.15ホカチャン1*22/8/15 10:11
(眺めれば・・・)田中恭平 n...122/8/15 9:30
ぜんまい仕掛けyatuka222/8/15 6:22
森の、大蛞蝓山人4*22/8/15 6:12
令和4年8月15日(月)みじんこ1*22/8/15 3:03
2019年10月 東京都大田区 台風19号松岡宮122/8/15 1:39
詩の日めくり 二〇二一年六月一日─三十一日田中宏輔10*22/8/15 0:08
肌 芒の原草野春心422/8/14 21:36
 お盆soft_m...122/8/14 20:06
夕べの歌ひだかたけし5*22/8/14 18:51
盗賊ヨランとの契約(五)[group]おぼろん1*22/8/14 18:02
盗賊ヨランとの契約(四)[group]1*22/8/14 18:01
盗賊ヨランとの契約(三)[group]1*22/8/14 18:01
赦してください122/8/14 17:04
球体の幽霊ただのみきや3*22/8/14 14:33
夜の甘い想い秋葉竹122/8/14 12:37
独り言8.14ホカチャン2*22/8/14 11:24
朝の覚醒ひだかたけし522/8/14 11:24

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.65sec.