星4.5の7テン表札リーチ外した
総合病院サンセイ柄→様緑→殿赤→精神激アツ→りんサンセイ柄→表札左手持ち
余裕かましてドヤタバコなめぷで表札押し込んだらプシュン
しじみブルったにもかかわらず ....
暗い色のカーテンを閉めて
部屋に閉じこもっていると
雨が降っていることにさえ
気づかない

それでいい

寂しい雨が降っているだなんて
むしろ知りたくはないから

気づかないふりを ....
ひともよわい生き物です

それは死にたくなるからではありません

生きようとするからよわいのです


星空に

まるで影絵のような

時を

見上げます

不協和音と
 ....
「睡眠欲求」


首、肩、腰の痛み。そして、燃え尽きる症候群。
時代が悪い、お前が悪いと、御託並べ立てて、何もせず、足を引っ張る。
そんな奴らが山ほどいて、世の中が嫌になって、でも羨ましくて ....
ヒビ割れた心のガラス

それは生まれたときから

鍵の無いワンルームの中で

怯えては叫び、叫んでは怯え


何かを叫んでも全てが無駄で

いつしか心の駆動音は消えた

カチ ....
深夜
名もない公園の駐車場に車を停めていた
他にも数台停めていたが人が乗ってる気配は感じられなかった
そこへ巡回中のパトカーが入ってくる
俺の車の横につけて停まった
警官が二人降りてきて私の ....
マフラーの傍を通り抜く

どこかから吹きこむ記憶

耳の際で風がささやく

その声に心は軋まされる


貴方は本当にそれでいいの

あの時君が放った言葉

路上に吐き捨てられ ....
わたしは悲しみを拾います
だれの悲しみだろう
なぜ悲しいのだろう
取り留めなくおもいます

掌で包んでみたり
耳をあててみたり
抱いて寝てみたり
机の上に置いてみたり
床に転がしてみ ....
もし自称詩人が
正気で自称詩を投稿しているのなら
この歌を捧げたい
しかし、
恐らく正気ではないのだろう
重大な罪を犯しても
放免されるような
だって普通のバカでも
こりゃダメだと分か ....
そのころの
ぼくの悲しみは
保健所に連れて行かれる猫を
救えなかったことで、ぼくの絶望は
その理由が彼女が猫は嫌いだからという
自分というものの無さだった
ぼくの諦めはその翌日も同じように ....
今日もまた夜が来るのだろうか
誰にもわからない

今夜 タルラー・バンクヘッドと酒を飲む
安い酒しか用意できないかもしれないが
彼女は喜んでくれるだろうか

歳をとった僕は 何をしている ....
空は一面しかない
大地も一面しかない

あり得ない世界には
空が何面もある
大地も何面もある

私は
真面目に詩を書き上げるつもりなどない
真面目に詩を書き上げる才はないのだ

 ....
酒の力って大きい
いつも寡黙でブスっとしているオヤジが
酒が入ると
急に明るくなって
オヤジギャグを連発するようになる
引いて押し寄せる波が

私の傷跡をなぞっていく

この感情に名前はない

無粋なものは不要だろう


どこかで帳の声が上がる

空蝉の中で感情を殺した

その代償は夕闇に届い ....
葉が落ちた一本の木の梢である
小鳥はトリッキーな動きでせわしなく動いている
それぞれの木は葉が落ちて
痛いほどの残照がふりまかれ
すべてが黄金色と言ってもよかった

小鳥は群れと離 ....
小鳥のなかにある巣箱を見る。
小鳥のなかにある巣箱のなかには、
ちいさな穴があり、
それは小鳥にとっての全て。
穴の外には広い大空が広がっている。
小鳥の歌う歌声は、小鳥自身にしか聞こえない ....
港区三番街のコンテナとコンテナの間に 隠れるようにうずくまって夜 雨に打たれながら野犬と交尾した

人に心を開かないわたしが 犬に股を開いた
ビクンビクンとよがり イキ狂った それを
あなたは ....
さくやの雨は
そっと降り

冷たく悲しく
濡れそぼる

さくやの街は
匂いたつ

百合の香りが
ひたすみち

さくやの色は
憎しみを

抑えた瞳の
いろだった
 ....
  うたわないディランと
  自殺をしないカート・コバーン
  ビー球の 転がりのなかを
  夕焼けが駆け抜ける
  きみにあこがれる

  いつか人生に
  椅子を失くす日、
 ....
  わたしはいま すべてをわすれよう
  新たにうまれてくるものたちのように
  そうして冬はめをとじた


   あのにんげんは ことばを辞めた
  おくることも うけとることからも
 ....
ゴン、ゴン、ゴン、ゴン
ゴン、ゴン、ゴン、ゴン
ゴーン、ゴーン
ゴーン

ゴンというよりは
ドテチンに近い

ドテチン似の
切れ長の鼻の穴を見る限り
鼻毛の抜き頻度は
相当なもん ....
さみしくて さみしくて 冬・ひとり 
さみしくて 人・独り 灯をともす

生まれいで 独り死ぬ かなしさよ
されど我の手を握る友がいる

我は頼る 愛と赦しを 死んでも信頼する
我は憩う ....
離れていくこと怖くはないよ
少しだけ嘘をつくのが
自分に掛ける最後の魔法だ

気付いてるでしょう同じ気持ちを
伝え切れなくて隠れた星のように
輝いてないと見てくれないのね

側にいるよ ....
チーズを食らうように
女を抱いた後
俺はなぜか
冷たい海にすむ
尖った魚じみて

触られたくなかった

愛があれば
離れたくないのならば
愛がないのだろう

深まりゆく秋
レ ....
昔々、空が有象無象に充たされつつあった時
彼女は心の欲するままに転げ落ちました

   * * *

先生、量子宇宙の話をしてください
物質の成り立ちを
電子の軌跡が尊いとする根拠を
 ....
   *

 そうして水銀の、
 滴りを
 ガラス管のなかへ
 かつてぼくらが若かったとき、
 撹拌機のなかで出会ったことを懐いだす
 あかときの声、
 天雲の、
 褥
 ....
多くのものが私を通り過ぎていった

数多の機会と予感に満ちていた頃

私が差し出せるものが乏しかったのか

或るものは諦めて、或るものは哀しげに


何度となく彼らに謝りたくなる
 ....
さくやの雨は
なにいろだったか

けさの曙光は
まぶしいけだるさ

黄泉の祈りを
だれにも訊けない

祈れず撫で切る
なにいろの虹

やくにもたたずに
消えゆく幻 ....
浮遊する冷たい空気の
時間を刻む音が聞こえてくる気がした
すべての色が失われた初冬は
まるで剥がれた皮膚
少しだけ血が滲み浮き出ている

すでに骨格すら失われた
白い水平線の向こうには
 ....
ワイフは僕によく言う
「わかっているのに
なぜまちがえるの?」
それで僕は返す
「わかっていても
まちがえるのが僕なんだよ」
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
CR石垣りんnemaru2*18/11/22 1:29
それで、それが、いい坂本瞳子2+*18/11/21 23:28
星空にペペロ418/11/21 23:23
20181121Hell ふ...218/11/21 21:26
wish渡邉 由于3*18/11/21 20:25
壊れたものと壊れた私はこたきひろし518/11/21 20:15
message渡邉 由于218/11/21 18:42
いつものこと帆場蔵人10*18/11/21 18:30
バッカじゃなかろかルンバ花形新次118/11/21 18:14
日々帆場蔵人418/11/21 14:11
タルラー・バンクヘッドと酒を飲むあ行418/11/21 13:59
あり得ない世界にはこたきひろし418/11/21 10:25
酒の力ホカチャン018/11/21 9:03
夕闇渡邉 由于4*18/11/21 8:26
冬を待つ一羽の小鳥(を見ていた)山人1*18/11/21 7:32
小鳥の歌la_fem...3*18/11/21 5:19
生臭い魚の腐った季節の中にいる狩心4*18/11/20 23:23
吸血《改》秋葉竹418/11/20 23:13
転がり草野春心518/11/20 22:55
冬の詩人丘 光平2418/11/20 20:23
ゴーン花形新次118/11/20 18:33
冬・ひとり(人・独り)あおいみつる218/11/20 17:51
予感ミナト 螢218/11/20 17:22
チーズいきり6*18/11/20 17:19
認識に関する一つ目の切片と七つの瞼3*18/11/20 16:20
かたぶく、かたむく(「古今和歌集」巻第八/離別歌より)中田満帆2+18/11/20 15:18
say good-bye渡邉 由于318/11/20 10:12
吸血秋葉竹218/11/20 7:53
初冬山人13*18/11/20 7:08
追及ホカチャン2*18/11/20 6:38

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.4sec.