溶鉱炉で白熱する
脳髄
掬い上げれば
途端に
灰色の唄が

始まる
始める

歯で噛む
歯応えの無い
灼熱
一オンスの光る肉

歯も溶けているし
口も無いから
大脳皮 ....
雲の切れ間から
青が光って覗いている
俺はくたびれ脱力して
道端に腰掛けている
わけの分からない宣伝カーが
ゆっくりと通り過ぎて行く
ひんやりと動かない空気
傾きかけた太陽
何も変わら ....
秋空の下
漱石の「こころ」を読む
「坊っちゃん」でもなく
「三四郎」でもなく
「明暗」でもなく
「こころ」を読む
靴下の日焼け跡が残る足
それを隠すために選ぶ長さが
メスシリンダーの目盛りを上げて
短い夏に終わりを告げるよ

新しい靴下が止まる場所に
黒いサテンのリボンが似合うから
翼を広げてどこへ ....
無題



    雲がひとのように
    長距離バスとならんで
    森のなかへ姿を消す

    時間は
    ぼくらがもってるいじょうに
    感情をもってる

 ....
切り落とした無数の黒髪が
浴室の床に散らばっている

鼓膜の真横から聞こえてくる
二つの刃物が擦れ合う音

例えるならば泡
閉ざされた水槽の底から
少しずつ浮かび上がってくる
泡 泡 ....
シューベルトが作曲するとき


意識して

あるいは無意識で


ほとんど 

といってよいほど

歌曲の世界へと向かう


ストリングクァルテットが ピアノクインテット ....
たまには
こっそり
味噌ラーメン
一人
かくれて
味噌ラーメン
仕事の合間に
移動の途中に
立ち寄り
すする

たのむのは
いつも
同じメニューのはずなのに
メニューブック ....
青い秋空を背負って大きな芋虫が私の頭上を走り去った
半分だけ残った発泡酒を飲み干せばB級映画のような
夢を見ることが出来る
それで満足
いつの日か、私は私の墓標を見ながら
誰かが供えてくれた ....
人なんて、いないんだ
ただ、海があるだけ

終着駅も、ないんだ
ずっと、探しているだけなんだ

君が泣こうと泣くまいと、
僕はあまり悲しくなくて、

そっと『悲しみの天使』 ....
よくわからないけど
人は土でできているらしく
それなら私、自分に種を植えよう

今は秋だし、春咲きの花なんていいんじゃないかな
お芋とかトマトとか、おいしいものもいいし

ねえもしかした ....
いびつに切り貼りされた現実の、ぺらとぺらのすきまにきみはしがみついていた。きみの顔をのぞくこの瞳はさながら怪物に見えるだろうか。差し出した爪の先を巨大な肉切り包丁とたがえるだろうか。鏡なんて当てになら .... やさしいひとが
笑えない世の中で
山河に吠えている

一体何と戦っているんだ



言葉を交わせないひと
心を通わせ合えないひと
ひとつの世界しか見ないひと
ふりかえることのない ....
サブイボが出そうなことを
平気で書き散らせるあなた
一度鏡を床に置いて跨がり
自分の肛門を見て下さい
きっと想像以上に
黒ずんでいますから
その後は
サブイボ自称詩を書こうとしても
「 ....
部屋に飾る写真が
色褪せないような
角度を探す

大切にするよ
景色も匂いも

分け合う前の
勝利みたいに
誰かと一緒に
抱き合えるかな

将来の夢は
写真への思い

ソ ....
ランドセルを振り回し
カエデを蹴りつけた
少年は
舞う羽にはしゃいでいる

いつか
ナナカマドを蹴りつけ
私に雪を浴びせた
君は
夏の綿雪のように
どこかへ
飛んでいった

 ....
一を聞いて十を知ったのですが
二から九までは
何のことか
わかりません

十についての知識も
かなりあやしく
それで
一が何だったのかも忘れました
混乱した頭だ
パソコンのノイズは一晩中鳴り続ける
もっとなちゅらるでいたいのに
嗜癖で電子タバコに手を伸ばす

ピー・ピー・ピー
今 茸の形をした宇宙と交信中
北朝鮮が行進中
劣勢な日 ....
○「情報過多」

朝インターネットでニュースを見て
それをまた朝の新聞で読んで
それをまた朝のテレビで見て
それをまた昼のテレビで見て
それをまた夜のテレビで見る
リタイアすると情報過多 ....
小刻みにふるえるのは
爪先から髪の毛
可笑しな占いの予言が
それでも想うことを許すから
どうしたって避けられない街角の君を
目を細めてガラスの額縁に収めてみる

弱いものは慈しむもの
 ....
叶わない恋ばかりをして
安全地帯に置いた自分の
抜け殻を抱いて落としたマスカラ

涙に濡れて旗を揚げた今
遮断機を超えて会いに行きたい

募らせる想い果てなく続く
地震が起きて沈んでく ....
降る星は 私のもとには降りてこない

きっと 遠くの誰かのもとに落ちたのだ

願い事 ひとつする前に消えていく

一体 誰のもとへ行ったのだろう
甘い光を舐めたくて
いくつも舌を出して
こう
よ、よよとねじ曲がっているんだヨ
そうだね
ときには背中がおれそうになるけど
それがまた 快感なんだ

ボクは歩くことも
飛ぶことも
 ....
ジャンケンなんてしなくなっていた
それはすっかり大人だから
もう子供には戻れないから

ジャンケンなんてしなくなっていた
もう鬼ごっこはしないし
できないし
かくれんぼは
どこにも隠れ ....
わたしの部屋のなかで
うつくしいのは一冊の詞華集だけだ
うす水色の表紙に
二羽の金色の鶴が刻印され
中央に墨痕もあざやかな明朝体で

   近現代詩歌

 と銘されている
それだけが ....
遠い声を聞いた 海の底のようなはるかな声だ
耳に残る 今はおぼろげな記憶のようだと
貝殻の奥にある秘密の旋律のようだと


遠い道を歩いて抱いてしまった憧れに逢いに行く
人々が集って来る  ....
見たところ肝臓のようだ。中学校の階段の踊り場の高窓から差し込む夕日に照らされて、赤黒い肉塊が落ちている。まるで今しがた体内から摘出したばかりとでもいうようにてらてらと艶めかしい輝きを放って、よく見れば .... ホワイトタイガーは
人間一人食っちゃったぐらいでは
何のお咎めもない
何故なら色が白いからだ

その一方で
ブラックタイガーは
海老だ、タイ産の

この差別は
如何ともし難い

 ....
友人から「今から星見に行くぞ」

「なんで?」「あいつが死んだから」

「そうか」「ああそうさ」

黙って車を温めて、迎えに行く


あいつは綺麗な体だったけれど

でもその道程 ....
自分に何かを言い聞かせて
自分を励ましたり
気持ちを奮い立たせている時
人はけして元気なのではなく
むしろ苦しい時なのだろう
それでもはっきりしていること
それは苦難の時に
他人に変わる ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
メルティーブレインいきり018/10/18 16:01
道草ひだかたけし118/10/18 14:56
読書ホカチャン018/10/18 10:51
15センチメンタルミナト 螢018/10/18 10:17
小説「裏庭文庫」のための詩中田満帆018/10/18 8:51
シオマネキ1486 1...518/10/18 7:26
すべては歌曲から・シューベルトst018/10/18 6:25
道草北村 守通018/10/18 1:46
B級腰国改修018/10/17 23:24
奴に涙は、いらないさ秋葉竹118/10/17 23:22
塩でも砂でもないんだしとおこ118/10/17 22:16
親愛なる虚像たち青花みち218/10/17 20:38
手袋はとってください仲程418/10/17 20:27
自分を見つめ直す花形新次018/10/17 18:34
少年ミナト 螢118/10/17 17:02
ポプラの噂話に乗せて118/10/17 15:56
一を聞いて十を知るお茶漬け218/10/17 12:42
生活即宇宙田中恭平018/10/17 11:36
独り言75集 ホカチャン118/10/17 10:46
飾りになれないもの由木名緒美218/10/17 10:05
断層ミナト 螢118/10/17 10:03
流れ星天鳥そら1*18/10/17 9:16
plant一輪車118/10/17 9:15
ジャンケンをこたきひろし118/10/17 8:23
みづうみの部屋一輪車1*18/10/17 6:32
遠い集会石瀬琳々6*18/10/17 5:33
偽文集春日線香218/10/17 5:29
海老相撲花形新次018/10/16 23:26
Sorry , said ten years ago渡邉 由于2*18/10/16 22:32
勇気とはしょだまさし218/10/16 22:06

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.42sec.