香り咲く こぼれる笑顔 拾わせて

 走り去る 後ろ姿 拾わせて

 発する声 楽譜の音符 拾わせて

 瞳から あふれる涙 拾わせて

 嘘は 限りなく拾えるのに

 真実 ....
散乱した無数の接続部品は古い血液のような錆に抱かれて暴動の後の死体のように
コンフューズはすべて同調してしまっているからラジオペンチじゃどうにもならない
アーカイブの欠落を塗り潰して初めからそ ....
ママは梅雨が嫌いなの?
…だってパパにもあたしにも
傘持った?って怒りながら聞くしさ
…けど蒸し暑いのは皆一緒だよ?
…ううん謝ってほしいんじゃないよ
ただ嫌いにならないでほしいだけ
だっ ....
渇きが癒やせなくて
栗の花を見て居ると
梅雨入りした
科研の手入れを食らって
締め切りに間に合わなかったので
私はいじけて石器探しに走る
母はスーパーへ
父は田圃へ
姉は廊下で読書して ....
嫌われるって痛いなあ
やっぱり好かれたいって思う
できればみんなに
無理だからそう思う

自分からやさしくしてみる
まずはあなたに
あなたも少し柔らかくいてくれたから
うれしくなったよ ....
嵐の予感がしなくもない
稲妻が遠くはじけるから
傘をさした人々の連鎖
水たまりの中青く染まる
蜃気楼の出現により
散り散りに散り散りに
立ち消えた犬
ゆくえを眩ました

嵐の予感がし ....
足踏みをしてる時代に捨てた
醜い言葉が仕返しに来ても
白いノートで受け止めた後に
燃えるゴミだから火曜日に出そう

誰かに見られると恥ずかしくなる
大量の紙を丸め込むよりも
シュレッダー ....
バカ、
逆じゃないか!
逆じゃないか!
バカ、

ベッドで横になるおじいさん

バカ、
バカ、

音楽ぐらい好きなの聴かせろ!

ごめん!

ふわり、ふわり
XYY染色体 ....
潮が引いて
潮が寄せるように
息をする

なだらかに起こり
大きくなって
収束する

ゆっくりと
ゆっくりと

深く
深く

そのぬくもりで
その静けさで

満たされ ....
地球上の人間たちが
全員居酒屋開いちゃって
理屈とか抜きに
どの店も繁盛していて
僕も居酒屋オープンしてるのに
誰かさんの居酒屋でアルバイトしてて
イカの入った袋を片手に
駅やら公園やら ....
亀裂が走る
磨き抜かれた造形の妙
天のエルサレムのために神が育んだ
光届かない海の深みの豊満な真珠と
人知れぬ絶海に咲きやがては
嫉妬深い女の胸を鮮血のように飾る珊瑚
その両方から彫られた ....
僕が遭遇したいものは
調和する瞬間

逸脱したものが
復帰を果たしたり

壊れたものが
修復されたり

興味深く動くものが
相応の結末を得たり

ウイットに富んだ
返事が返っ ....
人びとの心に残ったきずは
まるで石壁に咲く蒲公英だ

空よりも君を好きになった
君がつむぐきれいな言葉に
なにかたいせつなことが隠されていると思った
おそらく唯一の道しるべだった
ひどく ....
   待ちに待った 水無月の
    風と光を 浴びるとき
  独り暮しの 翁はつぶやく

我が前半生は 偶然のすがたで
我が後半生は 必然のかたちで

虚無僧すがたに なっていると
好きですという声が
しみこむのは、

だれも
かれも嫌いだと
苦さがあふれた、小さなこころだから?

友となのるものが
あすのためにきょうを
やさしげに接する、小雨に ....
立て続けに何杯も
水を飲んだ 若い頃は
いつも
だがもう
そうはいかない
コーヒーを入れる時間が わたしの
呼吸の長さである
いつもの あなたのように
コーヒーメーカーは たどたどしく ....
家では子どもにキラキラネームをつけて
人と違った個性になって欲しいと
プレッシャーをかける

学校は子どもの個性に注文をつけて
人と違ったことをしないで欲しいと
プレッシャーをかける

 ....
君はジタンを{ルビ喫=の}んでいる
象牙色した指が佳い
くちびると髭の剃り跡で
わたしの視線をからめとる

君はわたしに火を点けて
ハイにしながら 微笑する
君はもひとつ紙巻き咥え
灰 ....
耳にあてた小さなスピーカー

三半規管で広がり

流れるメロディ


耳にあてた小さなスピーカー

蝸牛神経を通って

脳を揺らすリズム


日常を隔たり一本線 ....
朝焼けが夏の色になってきた、ひとり、

やけに身体がかるくて、もう勝手にいきるよ。

とおくの公園で、日常の抜け殻が燃やされ、

僕は昨夜の流星のロマンチックを友として、 ....
君が落とした命の代わりに
星が美しく見える夜だった

まだ若かったのにという声を
うまく飲み込めずに私達は
胸ポケットのハンカチを湿らせ
君の唇に紅を塗ったよ

初めての化粧はどんなも ....
電動歯ブラシ
ごしごしやっては
いけません
浴室のカビ落とし
ごしごしやっては
いけません
掃除機
ごしごしやっては
いけません
でも昭和生まれは
ごしごしやらないと
やった気が ....
 美を描くノートは未だ白く、
 夜と朝の狭間でゆらゆらと揺れている。
 美の中に優しさを忍ばせて、じっと待つひと時。
 窓から望む街路灯が不規則に消えてゆく。

 淡い夢のような微睡が訪 ....
今宵は満月。
海は闇と月明かりが入り交じっていた。

人か魚か、判断の難しい女が裸を晒していた。
下半身が魚で上半身は人間。
それが反対だったら不気味だったに違いない。
髪は長くて背中まで ....
六月と聞けば
梅雨がすぐ頭に浮かぶ

梅雨と聞けば
少しだけ控え目な
紫陽花が頭に浮かぶ

雨で薄暗い梅雨
外出はせずに
窓から庭の紫陽花を眺める

雨は止んでもまた降り始める
 ....
誰にもわからないだろう
聞き取れない世界
誰にも理解して貰えない領域
雑音混じりで聞き取れないとか
どんなに格好良い音楽でも
僕には全然音楽じゃない
電話、本当は大嫌い
聞き取れないから ....
青い少年が
指をもって
噴水をみている

歌おうとして
泣いたり
描こうとして
折れたり
飛ぼうとして 揺れたり しながら

わたしたちは
このまちの
記憶として
忘れら ....
父親の肩にしがみつく幼子の瞳に 
映る、黄金の御神輿

何台もの金の神輿が練り歩く 
この街の酒気を帯びた
荒くれ者の若い衆によって 持ち上げられる
「エンチキドッコイショー」

かけ ....
あらゆる隣人と
わかりあい
信頼しあい
助け合う
そんな日を

あらゆる隣人と
明日を語り
夢を語り
理想をつくろうと
手を携える

あらゆる隣人と
何気なく
うなずき合い ....
精神病院にてⅡ

何歳ですか?
何歳ですか?
何歳ですか?

私?六十

この六十のじじいは
タバコ一箱を持ち
一本取り出す
そして火を点け一口吸ったら捨てる
二本目から二十本 ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
拾わせて佐白光3*18/6/10 0:51
カスケードのなかで不用意な感情は息を潜めているホロウ・シカ...2*18/6/9 23:54
梅雨の理由しょだまさし3*18/6/9 21:24
寺西間村長418/6/9 21:11
蛍文字朧月218/6/9 21:11
嵐の予感ささはら118/6/9 21:09
プリズムミナト 螢218/6/9 19:30
パラノイア[group]陽向.218/6/9 18:22
カズくん1*18/6/9 18:08
居酒屋[group]陽向.218/6/9 18:06
亀裂ただのみきや6*18/6/9 18:01
芸術カズくん1*18/6/9 16:39
惑星探索もどきkawa318/6/9 15:50
亡 題 (x)  信天翁218/6/9 15:47
あの白い空に、帰るもの秋葉竹818/6/9 14:52
コーヒーオイタル318/6/9 14:43
ギラギラネームイオン3*18/6/9 14:40
けぶりぐさ3*18/6/9 13:56
イヤフォン暁い夕日5*18/6/9 13:51
流星のロマンチック秋葉竹218/6/9 10:24
14歳の詩ミナト 螢118/6/9 9:28
ごしごしホカチャン2*18/6/9 7:05
欲望~詩作ヒヤシンス4*18/6/9 6:55
Rock こたきひろし118/6/9 6:37
紫陽花の色夏川ゆう118/6/9 5:00
僕の世界征服宣言TASKE118/6/9 2:38
噴水2はるな318/6/8 23:04
春祭り為平 澪218/6/8 22:05
隣人カズくん2*18/6/8 20:27
精神病院にてⅡ[group]陽向.218/6/8 20:22

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.41sec.