岩の集落に刺さる虹
色を失い降りる鳥
横倒しの如雨露から流れる曇
ゆうるりとゆうるりと線路を覆う


家の何処かで
茎が動いている
片方だけ 葉が幾重にも重なり ....
咲かない花もあるんだそれは知っていた


目のまえに君がいる夢、跳び起きるあつい夏の夜


向日葵が「寂しい」と首を垂れる、茜に染まり


名前を ....
レースの白いカーテンを
やさしい風が膨らます

窓から見える蒼い空
ぽっかり浮かぶ羊雲

去年も咲いた赤い花
思い出一枚写したよ

花みな枯れて枯れ果てて
こころの中に咲く花を
 ....
手を握って
抱きしめて
温めて、温めて

でも、
それだけじゃ足りないんだ

  *

岩肌が凍り付いて銀に光輝く
あの雪峰の頂を目指そうよ
うねる青い海原に
我を忘れてジャン ....
馬鹿な真似はやめよう
きみの真似してのびてよう
いつ見ても酔ってる
どこで見ても酒飲んでる

あんな酒のんで
あんた長生きしねーよ
ニヤニヤ笑いながら聞いてる
喉の奥で凍りついてい ....
俳優というものは

化粧はするし
豪華な衣装も身に着けて

いつも演技という
仮面をかぶっている

観客はもちろん
俳優自身でさえ
それに気づかない事がある

そんな
仮面を ....
星の異なる空の下で

君の義理は通じぬだろう

潔癖さに救われる人もいる

けれど君はどうだろう


その夜の街は薄幸を灯して

優しい諦めが人を包んだ

誰も悪くないなんて ....
深紅の、極細の線が無数に、ありとあらゆる方向に投げ出された髪の毛のように散らばりながら作り上げた景色だった、びっしりと重ねられたその隙間を縫うように、白く、心許ない、かろうじて人のかたちであるかも .... 昨日を呼び 今日を帰すもの
砂上に残そうとした つま先が
後進する遠ざかりに沈む
星に飲まれる度に 新鮮な貝になる

奪われるものと 逃れるもの
空を螺旋に墜ちるもの
狙われていることに ....
もしももしも
月面に立てるなら
青く美しい地球が
みえるのでしょう

もしももしも
風になれるなら
遠くの無人島まで流れ着きます
そこで人目を気にせず
バカみたい ....
私だけだろうか
40過ぎると
おばさんの鼻の穴が
大きくなるような気がする
最近はコロナのおかげで
おばさんの鼻の穴を
見る機会も少なくて済むけれど

本当に鼻の穴は
おばさんになる ....
眩しい光が
僕の頬に
線を引いて
傷だらけの朝

痛くもないのに
責めたくなるのは
まだ少しだけ
眠いからだ

今起きたら
きっと醜い顔で
光の中に
隠れてしまう

化粧 ....
僕はもしかしたら
天空に輝く太陽だったかもしれない
僕はもしかしたら
通りを吹き抜ける風だったかもしれない
僕はもしかしたら
男ではなく女だったかもしれない

そう考えたらとても気が ....
未成年という人造語は
紆余曲折 あらゆる実験路を経ようが
どうしようもない退屈で

青少年という幻想など
はじめから無い
解っていても 今日も誰かに狎れる罠

思春期となれば一時も止ま ....
(流れ落ちたのは、七つの流星)

その唇に、触れて知る温かいぬめりまた甘い香り

抱きしめたかった流星の、冷たい悲しみたちすべて

すこし、甘めに味つけしている想い出補 ....
しかし、そんな憂いとは別に、アイソニアの騎士は、
ヨランの肩を軽く叩いて言った。「そんなに消沈するな、盗賊。
 お前が活躍する機会は、これからいくらでもあるぞ?」と。
そして、呵々として笑う。
 ....
(もっと慎重を期しておくべきだった)と、ヨランは思う。
この世界ヨースマルテにおいては、魔術とは、それが秘匿されているがゆえにこそ、
一定の理解を得られているのである、と。
(もしも魔術が暴走し ....
「敵を滅却したのであれば、それで良いではないか。
 思いのほか、あっけない敵だった」そう、アイソニアの騎士は言った。
そこには、ふてぶてしいという感じは見当たらなかった。それは、歴戦の勇士の言葉で ....
地面に落ちた配電盤は鈍器で何度も殴られたかのように、陥没の挙句にあちこちが断ち切られていた、俺はそれを見下ろしていた、もう何時間も…夏だったが湖に近いその場所は薄ら寒く、薄っすらと霧に包まれていた .... あれからもう泣かないと
決めたのが冬の夜の風が強く吹く公園で
決めたのにもう一度だけ泣きそうで
君のことなんか知らないままで
生きていきたかったと云ったりして

初めての悲し ....
暑いのか寒いのか
分からない
さっきから
エアコンをつけたり消したり
肉体が勝手に冷えたり火照ったり
荒い呼吸と激しい耳鳴りと
床から起き上がれば
肉体は痺れ振動する

夜を迎えてい ....

マサチューセッツ



リキシャウ

メトン?

ララムシュー。

ノイマン・フォン・ノイマン。

そうかな。

らぬんちけろ、よるんちけら。

まままむ、り ....
久々に寿司屋の暖簾をくぐり
独り腰を下ろす

机にはコロナ対策に透明の板が立ち
私の人影がうつる

お猪口に注いだ冷や酒が進み
硝子の徳利も軽くなる頃・・・
影がそっと囁いた
──お ....
ミューズとミミズが離れた後に
歌はまだ残されているだろうか

似て非なるものだったのだ
というより
非なるも似たものだったのだ

それゆえに光があった

高い塔に登り
場合によって ....
愛は
返すというエネルギーの道筋が認められて初めて
愛となる
それがなければただの営みだ

見返りのないものが愛ではない
見返りの消滅したものが愛なのだ

道筋は葬り去られた
轍とな ....
どこにでもあるような地図をひらくと
どこにでもいるような人が歩き
どこにでもあるような町並が広がっている
どの家にも
雨が降ろうと
風が吹こうと
日付が変わらないカレンダーがあるような
 ....
この朝は 雲に陽があり美しく
何やら ぼうっと見てしまう
何やら ぼうっと見て
椅子の上から動かない

私は物を書きつつ 同時 忘れられたく
詩の捨てきれなさ 重みの、
より
かる ....
胸が痛んで眠れずに
窓を開けて星をみる
横で寝ているこの人の
明るい寝言に救われた

月が朧に虹を架け
見知った罪が夜駆ける
黙っていたけどあの罪は
きっと死ぬまで夜を往く ....
  ・ ・ ・


今年の森の地図が
そろそろ終わりだから
恵みにあやかりたいと
降りた自転車を立てかけた
裂け目のような木の下闇からは
あからさまな拒絶の気配を感じたが
それは人間 ....
「ヨラン、お前?」と、アイソニアの騎士は叫んだ。
「騎士様。……その疑念よりも先に、お答えを述べさせていただきますね。
 わたしは、魔導士ではありません。ですから、先ほど放ったのも魔術ではないので ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
水の地をすぎて木立 悟222/9/15 21:22
奇跡みたいな真実を信じて生きる秋葉竹122/9/15 21:15
いまのしあわせ松 けい子4*22/9/15 19:08
足りないんだ、終われないんだひだかたけし4*22/9/15 18:45
音にならない振動竜門勇気2*22/9/15 13:21
仮面を愛した少女st222/9/15 4:09
星の異なる街で122/9/15 0:24
ランド・オブ・ザ・デッド(黄泉の国)ホロウ・シカ...1*22/9/14 22:51
海辺にてsoft_m...122/9/14 21:17
青い地球をみあげられる月のうえで秋葉竹122/9/14 21:08
鼻の穴花形新次122/9/14 20:12
朝の光ミナト 螢122/9/14 19:52
九月の夏の熱風ひだかたけし322/9/14 19:06
人造語による篩soft_m...022/9/14 16:57
流星、セブン秋葉竹122/9/14 6:22
ハーレスケイドでの戦い(十二)[group]おぼろん1*22/9/13 21:21
ハーレスケイドでの戦い(十一)[group]1*22/9/13 21:20
ハーレスケイドでの戦い(十)[group]1*22/9/13 21:20
長い漏電ホロウ・シカ...1*22/9/13 21:01
夜の破片秋葉竹122/9/13 20:32
今日の私の日常をひだかたけし4*22/9/13 19:50
k_otsu...022/9/13 19:44
写楽服部 剛022/9/13 16:15
HBやまうちあつ...222/9/13 14:12
愛は妻咲邦香122/9/13 13:18
吉川劇場室町2*22/9/13 9:32
(この朝は・・・)田中恭平 n...422/9/13 7:03
夜明けのうた秋葉竹122/9/13 4:09
森の地図soft_m...322/9/13 2:40
ハーレスケイドでの戦い(九)[group]おぼろん1*22/9/12 20:11

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.44sec.