青い少年が
指をもって
噴水をみている

歌おうとして
泣いたり
描こうとして
折れたり
飛ぼうとして 揺れたり しながら

わたしたちは
このまちの
記憶として
忘れら ....
父親の肩にしがみつく幼子の瞳に 
映る、黄金の御神輿

何台もの金の神輿が練り歩く 
この街の酒気を帯びた
荒くれ者の若い衆によって 持ち上げられる
「エンチキドッコイショー」

かけ ....
あらゆる隣人と
わかりあい
信頼しあい
助け合う
そんな日を

あらゆる隣人と
明日を語り
夢を語り
理想をつくろうと
手を携える

あらゆる隣人と
何気なく
うなずき合い ....
精神病院にてⅡ

何歳ですか?
何歳ですか?
何歳ですか?

私?六十

この六十のじじいは
タバコ一箱を持ち
一本取り出す
そして火を点け一口吸ったら捨てる
二本目から二十本 ....
どん、どん、ふぁんふぁん
どん、ふぁん、ふぁん

ドンファンと聞いて思い出すのは
ほらっ、あいつ
インチキみたいな日韓共催W杯で
活躍したことになっているあいつ
何つったっけ?
えーっ ....
理性を司る能力がなくても
素敵な感性があれば詩は産まれる

でもね
心が現実のことで一杯の時は詠めないよ

この世からあの世の橋みたいな
非現実への橋を渡ってそこで出合うものなんだ

 ....
僕に関係の無い人が笑っている
僕に関係の無い人が泣いている
僕に関係の無い人が風に揺れている
僕も少し風に揺れながら口を開けて
あの日のことを思い出そうとしている
あの日、が何のことなの ....
霧と緑と
夜に立つ巨樹
空と地を埋め
ひとり高く


低い曇の下
平原を
草より低い影がくぐり
最初の雨を引き寄せている


夕暮れのかけら
まとわりつく糸
 ....
縄にX
白は固形だ滑稽だ
背いたもののための中庭に
誰も赦さぬ喝采だ


短く切った
ばらまいた
どこへ落ちても
ひとりやわらか


死から遠いものほど
 ....
顔を見るだけで
こりゃ病気だなって人がいっぱい
なぜか睨まれたよ
タバコ吸いながら歩いてると
警備員が来て
止まって吸って危ないからって言われる
お前こっちは精神病患者だぞ
もっと優しく ....
クウキスイホウダイ
クウキスイホウダイ
ウマイクウキヲスイニイコウ

クウキクイホウダイ
クウキクイホウダイ
ウマイクウキヲクイニイコウ

ココノクウキハマズイゾ
アッチノクウキハウ ....
この不安を
ファンレターにして
ちゃんと送ったら
この不安はもうすぐ
ファンファーレになるだろう
鳴り響くだろう

この不安を
ファンレターにして
ちゃんと届けたら
この不安はもう ....
PCが銀髪を拒否した
僕らのHTML+CSSは言語で出来ている
一昨日君のHTMLが僕のHTMLに感染し
一部一部が自分でも分からない単語で
埋め尽くされている

太字にしても届かない声
 ....
灯りが消えた薄化粧の町に
虫の音が凛々と聴こえてくる
寝返りを打つ度にそれは消えて
いつしか枕を床に落とした

朝の気配に喉を枯らしながら
公園の蛇口を回して飲むと
次に誰が使うかも分か ....
死の静寂
永遠の夜
その常闇に灯した篝火を
生と呼ぶのなら

教えてください
その炎と番う
死を知らないこの風が
生まれゆく場所を
消えてゆく場所を
べつに長くなくてもいいんです。

でも、ほら。
そんな名前の、メイドインチャイナの詩が、
あったり、
したでしょう?

だから、です。

べつにそんなに、
恨んでなんかも、ない ....
バラの花を食卓に飾るから、
挑むように食事を済まさないで。

なにも聞こえない、副音声の夜の声がする。

私の舌に毒を食べさせて、
清純な言葉の花を、咲かせよう。

崖の上の一 ....
ほんとのこと言うとね
っていいながら様子見をするのはやめて
全部ほんとのことを言って
それが無理なら全部嘘を言って

愛されたい
それが私のほんとう
死はいつか必ず訪れるし誰にも取られやしないんだから焦って迎えにいく必要はなくって息してるんなら生きてることをとりあえずたのしんどこうって思う私はすでにたの死んでいます田が染んでいますタガはずれますタニ .... 本を破り捨てた
午前四時
僕は僕は真夜中が気持ちいいのです
脳内麻薬に浸って
女の子みたいになっちゃう
困っちゃう
音楽
メンヘラ、サウナと水風呂
気持ちよすぎてぶっ倒れた
子供のセ ....
ちょっと甘えて
いたずらしたり
ちょっと甘えて
無茶してみたり
ちょっと甘えて
つよきに出たり
ちょっと甘えて
さわいでみたり
ちょっと甘えて
あばれてみたり
いつもちゃんと
し ....
一番若くて見た目の良い俺が表舞台に立って
文学極道の才能がある人達が共作で小説を書く
22歳でこんなことが分かるのかと思われれば
新人賞を取れると思う
金は俺は1割でいいさ書いたものが一番偉い
電気もない水道もないインターネットもない
山中の無人小屋に二泊した
夜中にはネズミが
枕元を走り回っていた
眠れない夜だったけど
たまにはこういう体験が
必要だなと感じた
ふだんの生活の ....
ひそかに俺宗教団体設立したいって夢持ってるんだよね
宗教で金稼ぐって格好良いし
誰か一緒に宗教団体作らない?
いたらコメントちょーだい
大川隆法なんて自分をキリスト教の天なる父とか言ってるけど ....
朝から珈琲をぶちまける。おそらく私が無意識にテーブルに置いたカップは、テーブルのふちから少ししはみだしていて、手を放した数秒後引力の法則によって、まっとうに落ちた。……なんてこった。一瞬の気のゆるみが .... 霧の奥深く
緑の香りを嗅ぐ
包むように静かで
雫の冷たさに触れる
安らぐほど
梢に光る僅かな
温もりが輝き
光はさして
声は深くひびく
三面鏡の僕の姿の
ひとつが消えて
森の音を ....
歩くのが面倒な人の足は
衰えいつか麻痺するだろう
聞きたがらない人の耳は
衰えいつか遠くなるだろう
目を背けたがる人の瞼は
衰えいつか垂れて塞ぐだろう
自らを恐れ息をひそめる人の
肺はい ....
ラブのないセックスをしたい
ラブのないセックスを重ねて
色艶を増す女

ラブのあるセックスをしたい
ラブのあるセックスを重ねて
色艶を増す女

ラブのない愛撫に
ラブのないkiss
 ....
「何やってんだよ~」
 「(佐田)まさし、のろまだな~」
 「先行ってるぞ~」
 『うっせぇ~先行ってろ~
帰ったら広場に集合なぁ~』
「OK」「じゃぁな~」「後でな~」


大きな交 ....
{引用=

くさきりはら橋、火に包まれる。燃え上がる{ルビ橅=ぶな}、椎、樫の森、火事のさなかにも岩魚は泳ぎ、水の中でなお炎上する。腹を見せれば狐に食われ、背中には芥子の{ルビ膏=くすり}が塗られ ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
噴水2はるな318/6/8 23:04
春祭り為平 澪218/6/8 22:05
隣人カズくん2*18/6/8 20:27
精神病院にてⅡ[group]陽向.218/6/8 20:22
ドンファン節花形新次118/6/8 20:07
詩の世界笹峰霧子13*18/6/8 19:37
さよならたもつ1718/6/8 18:16
風と水木立 悟318/6/8 17:50
ノート(副読本)118/6/8 17:48
精神病院にてⅠ[group]陽向.118/6/8 17:37
デリシャス クウキ菅井亮018/6/8 16:16
ファンファーレ018/6/8 16:12
PCが銀髪を拒否した[group]陽向.018/6/8 14:48
田園ミナト 螢2*18/6/8 10:09
黙する人へ宵闇318/6/8 0:14
長恨歌(ちょうごんか、「こ」が濁ってるとところ、要注意、です ...秋葉竹118/6/8 0:02
この街の空に218/6/7 23:36
真実朧月318/6/7 21:36
最後のひとくち/即興ゴルコンダ(仮)投稿こうだたけみ0*18/6/7 21:05
脳内麻薬[group]陽向.118/6/7 19:31
にっぽんカズくん2*18/6/7 19:21
小説家になる方法[group]陽向.018/6/7 16:00
無人小屋ホカチャン118/6/7 15:34
宗教団体設立したい[group]陽向.0*18/6/7 14:42
不運も幸運もすべてシャッフルしたような雨上がり、ひとり洗濯機 ...そらの珊瑚1118/6/7 9:34
カズくん018/6/7 8:12
廃用018/6/7 7:50
セックスライフこたきひろし118/6/7 7:28
交差点しょだまさし3*18/6/7 5:44
草の歌 Ⅶflygan...418/6/7 5:02

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.56sec.