頭が重いな
悩み事のせい?
それとも止まぬ雨のせい?
どっちでもいいや
どうでもいいか
折れたビニ傘のように
疑問を放り投げた

元気があれば何でも出来る
元気がなけりゃ何にも出来ず ....
ペンシル 吐いてる 比喩っ子ちゃんは
 線死ティブにツキを眺めてうっとりトマトジュース
ツキに代わってお仕置きよ! ザラザラの月面全部つるっつるにしちゃう
 波打って新たな波紋の地層、致死イキ、 ....
冬空に輝く
無数の星を掴もうと
手を伸ばす幼児のように
ぼくも
毎日毎日
飽きもせずに
手を伸ばして
手中に収めようと
努力してみる
いつもは
面白みのない
心持ちで
つまらな ....
くだらないことしてレッテルはられても

練習ではいたいけな演者が一生懸命

頭のてっぺんから前髪たらして

カツラみたいな顔してシャウトしている

バス停のよこを過ぎていく

夜の ....
フルイ ダイアリー
ボクハ ビリビリー
ヤブッタ ヤブッタ
ソシテ ヤブルンダ
メノマエノ カベヲ
ソシテ オマエト
スバラシイ ミライヘ
ソシテ シアワセニ
ゼンシン ビリビリ
ゼ ....
理不尽な手錠を一つずつ外していく
もうこれ以上汚れる必要はない

世界を受け入れようと
世界に溶け込もうと
我慢し続ける事は間違いだ

自分が信じる美しさと正しさを 妥協してはならない
 ....
緑の大地に花咲き乱れ
風はどこまでも穏やかで
光溢れる世界
何者もの侵略を許さず
平和な日々が続く
豊かな水と
大いなる文明
相反する二つが静かに共存する

人々は恵みに感謝し
自 ....
わたしの息子は小さな頃
転けても泣かない子でした
まだ歩き出して間もなくて
あんよが縺れて床にオデコを
ゴッツンコしても
「ピー」とも言わない子でした
おじいちゃんは
「この子は強い子じ ....
殻にこもるように
雨の中に閉じこもる
さぁさぁと降る雨音が
見たくないものも
聞きたくないものも
すべて覆い隠してくれたから
ようやく私は
白い息を吐き出した
僕のクラスは女子が強い


合唱コンクールの
練習で男子は毎回
女子に叱られてばかり

このクラスは
ピアノ伴奏者も
指揮者も女子が担う

ある日の練習中
指揮者が最前列の
 ....
眠りの底で持続する
調和に充ちた音楽の木霊
命を賦活する脈動のグルーヴが
垂直ノイズの魂を
呼んで揺らして歓喜で貫く

流れ込んでは諧調に生き
魂もまた旋律を奏で
雨あがりの空は忙しい
低い雲は西へ
少し高い雲は東へと交差する
その上を小さな戦闘機が通過してゆく
雲はちぎれてまた大きな塊になる
風がゆるやかに動けばぼくも動きだす
家の中から外へ飛 ....
情熱って言葉は何となく青臭いよなー
なんて語っている今が青臭かったよなー
なんて思うのは何十年後なんだろうね
その頃私はいるんだろうか

今の情熱ってば何じゃらほいって考えてみたら
目 ....
雨ばかり降るね
まるでお日様がいなくなってしまったみたい
天岩戸伝説みたいに宴でも開いたら
お日様 姿を見せてくれるかしら
{ルビ天照大御神=あまてらすおおみかみ}は太陽の神様で
隠れてしま ....
わざと目線はずし
うつむいた横顔あまくって
わずかにうるんだ瞳さえ
シロップのようにおもえるんだ。

窓ガラスごしに
おおきなお月さまがほほえみ
いま、灰色のくもが通りかかるのを
もの ....
過ぎたことは
嘆かず
先のことは
考えず
今日一日に集中して生きよう
人間には
八万四千種類の苦がある
と言われている
苦しみのないことを
幸せというらしい
生身の肉体であるから
いつ変調をきたすかわからない
心臓などは
毎日十万回も動いているのである
年を取ればなおさらである
年寄りは年寄りらしく
落ち着いて暮らしていくことだ
威張らず
 ....
あしたあなたに提案したい
遺言書を書きましょうと
二人の最後の願いだと
信頼できるひとに託せるような

骨を
二人それぞれの最期の時の
ほんのひと欠片ずつでもかまわない
かならず寄り添 ....
不器用なふたりは

まだ小学生の正義感と

まだ中学生の逡巡と

高校生のような恋愛と

大学生のような季節の風と

二十代のような甘さと

三十代のメリーゴーランド


 ....
投票の後に
プロジェクトAばかりを
見て居た
でも私は
プロジェクトAの見栄や
プロジェクトAのワイルドな間を
厭うので
プロジェクトAそのものを厭う
空と海を見つめると
雨が落ちて ....
空振る言葉
届かない視線
拳を握り締めたせいで
自分の爪が掌に食い込み 血を流す

何かに怒りを覚えた
世界は理不尽に思えた
社会はくだらないと嘆いた
貴方はそんな私を笑った

ど ....
独り言をいうふりをして
私が歩いてきた道に
ぽとぽと
言葉を落としてみたけれど
もしもし
これ落としましたよ
なんて
颯爽と現れて
落し物を拾ってくれるような人は
いないことくらい知 ....
沼のような底だったと思う
金貨を無くしそれでも
…這い上がらねばと試行錯誤から、身包みを捨てた
沼地が枯れた。
死体が多くて餌には困らないと獣たちはいう
喚起に飲み干される時間ならば停止 ....
金魚のいない金魚鉢
ぱらぱらと餌を落として
水が揺らぐのを眺めている
ここにいた子は
なんという名前だったっけ
ぼんやりとした色や大きさは
思い出せるけれど
明確な形や模様は思い出せな ....
台風一過の朝ひかりが秋過ぎて

きのうの幸福が嘘のよう

影の長さで測ってみるか

ひとつ幸福でもつねってみるか


あんまり振り幅が

大きいもんだから

失くなることから ....
粒揃いの中に 大きさ違いが三つ
一つは大きすぎて
一つは小さ過ぎて
一つは太過ぎた

太巻きの中身ならば 多い方が喜ばれるんだもの
あとはカラフル模様に散りばめられて
たまに絵なんか ....
刀の{ルビ柄=つか}になりたかった
      かつて

 いまは
極小ビキニでありたい

真面目な話です
    詩についての




      《ちょっとだけ:2017年 ....
胸の芯がゆるゆる融けて
濁った冷たさと澄んだ熱いものが
混じり合えず争っていた
揺れる 琴線の 綱渡り
まばたきばかりが早足で
なみなみと杯は晴天を仰ぐ
降らぬ雨を数えてか
真昼の螢を追 ....
いちどあたまをせいりしてから
もういちど観てみましょうか?
そのエスカレーターの防犯カメラに
貴女はうつっていますよね?
それはまちがいないでしょう?
貴女の家からこの駅までは
だいたいあ ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
低気圧ボンバイエたいら217/10/29 22:34
月面狩心117/10/29 21:54
徒労寒雪317/10/29 21:49
テレビが愛だった吉岡ペペロ417/10/29 21:36
BELIEVE菅井亮117/10/29 20:18
不滅狩心317/10/29 20:05
平和な世界無限上昇のカ...217/10/29 18:24
もっと泣きましょうこたぱぱ3*17/10/29 16:40
雨隠れ。ネコヤナギ517/10/29 16:40
近距離恋愛しょだまさし2*17/10/29 15:16
天体音楽ひだかたけし517/10/29 14:25
台風小僧ツノル217/10/29 14:00
情熱クローバー藤鈴呼1*17/10/29 11:35
雨の日に思うこと無限上昇のカ...417/10/29 10:56
あまいひと時秋葉竹217/10/29 8:50
今日に生きるホカチャン117/10/29 8:12
苦の世界117/10/29 7:27
人生の紅葉期117/10/29 7:06
すみれ日記 2017.10.28 (遺言)もっぷ217/10/29 4:15
メリーゴーランド吉岡ペペロ317/10/29 4:04
溺死(居る、入る)間村長517/10/29 2:12
敵の無いエゴイズムるむ217/10/29 0:35
独り言ネコヤナギ317/10/29 0:20
冬のアマゾンツノル5*17/10/29 0:05
金魚のいない金魚鉢ネコヤナギ317/10/28 23:56
朝のひかりと影の長さ吉岡ペペロ817/10/28 22:13
マスカッツ藤鈴呼1*17/10/28 21:34
ちょっとだけただのみきや12*17/10/28 20:23
耐え切れず6*17/10/28 20:18
かみさまっていらっしゃるんです秋葉竹117/10/28 19:47

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.32sec.