誰も居らぬ椅子を眺む
春なのに冷たい風が吹いて
花も散り人もまばらな虚ろの中で
緑だけ旺盛に繁って揺れる
おほえて
いなければ
ならないものだ。

それは、

ぼくなんかの
手では
つかめない。

そんな、

こどくなんて
きれいな
かんそうではすまされない。

 ....
生きているといろんなことがある
死ぬと何もないの裏返し
いろんなことがあるのが生きているということ

あの時こうすればよかった
毎日一つは後悔している
あの時こうしなかった人生が続いている ....
加齢も
お薬で治せます
顔も
お薬で治せます
肥満も
お薬で治せます
性格も
お薬で治せます
もの忘れも
お薬で治せます
なんでも
お薬で治せる時代になりました!?
雨のあいまに
雪は三度、降る

微熱をはらむ毛布を払い
寝巻きのまま
もう一度目覚めたら
絶望に一歩近づくということ。

(雨にうたれる準備ならできている)

魚の欠片を口に運ぶ
 ....
あかるいバスにのって
あかるいまちをゆく
肌にひっかかるような四月をぬけて

風がつよいので
往来の恋はみんな片付いてしまった

ゆるい靴紐
空があんまり白いとおもったら
端 ....
歳月は
川の流れのように
さらさら流れていく
人の心も
さらさら流れていく
行き着く先はだれも知らない
ただ流れるままにさらさら流れていく
とどまろうとするのは迷い
それでね、詩も哲学も何もかも同じだったんだよ。但し、音楽と暴力とかって別にしてだけどね。それじゃあつまらない。つまらないことはいいことなんだよ。ボクサーがうらやましいかい?音楽家には近寄らない方がいい .... ごみ置き場の前で黒猫が
めし屋をじっと見つめていた
まだ朝の6時
目があったけれど
すぐに知らん顔をした
僕に興味があるんだ
挨拶がわりに
チョコレートの欠片を投げた
さっと近づいて食 ....
桜血塗る想い
我が命啄む不如帰
放出されゆく残りの魂を
宿らせて咲くのは此花だろう
病室からの景色を
私の翼で力強く抱き抱え
重い力を得た瞬間
夜空密かに飛翔する
幾ら時間があっても
足りないくらい
あっという間に過ぎていく

あなたとの時間は
素の自分でいられる

お互いに好きな歌
一緒に聞いて
ハッピーオーラが出る

雪が降る街を窓から ....
起きたら自分が自分ではなくなっていた

燃え盛るのは炎か?俺の恨みか?


白い布が全てを包み隠してくれる


士気の下がった細胞をぶら下げて、

本当に強いは、容赦しない事か ....
素敵なことだけが表面にでてくる

わけもなく

ただ泡だけがブクブク水面に浮いては消えてゆく

誰も気がつかないで泡となって流れてゆく

溺れた川の底で思い切り声を出す
 ....
寂しくなかった?
と問われて
なかったと言いば
嘘になるしかし
これで良かった
と強く信じられる
病気が確定するより先に
私の心が病み
人付き合いが
無くなったけれど
そうなる前の ....
木枯らしが吹き荒れて
深く雪の積もった冬を
あなたを土の中に
長く閉じ込めていた冬を
あなたは静かに偲んでいる
うららかな春の日差しに
野原の花は空へと咲くのに
あなたは慎み深く俯いてい ....
いろいろなものが足りない子供をみました
それってどう思う?
母がきいたので
だますよりもだまされる側でまだよかった
私がいうと
そんなのきれいごとだ
母は怒ったようにいいました
その母も ....
ポストにモダン放り込んで走ってくバイクの
車輪の下の減るもんじゃなしヘソのゴマ開け
たいらかなカナかなしいな食えない人のシは
うつくしいなんて簡単に言うな見ろよその目
で両の目で十二ろくろく聞 ....
赤い大地にさいなまれ
トビーは今日も歩き出す

太陽に焼かれた赤土で
トビーの足は水ぶくれ

それでもトビーは歩き続ける
隣の村の井戸に向かって

村へ続く一本の道
わきにはヒース ....
さかそう
として枯らした
花びら
栞にした、むかし
さわぐ群青を
からだじゅうに
巡らして
残像のキネマ
はだのいろ
埋もれている
今日の
やわいところ
掬って
浮か ....
女を上げることに抵抗し
男を下げる結果となった行司本人が
土俵の上で倒れたけれど
女の介抱により一命をとりとめた後
「こんなことなら
そのまま死なせて欲しかった」
と咽び泣いたとしたら
 ....
物語の不在すら
切なくて

言葉は失速する

結び目をほどかれて
心と体はばらばら

言葉をなくした君は
数字を失ったアルキメデス

百億光年の孤独の真ん中で
真実のすぐそ ....
 
すいみんやく、で
酔っぱらっちまう前に
ベッドに身を落とし
全身で呼吸しよう

決めて
静かに
燃えていました、
柳桜が
柳桜は

高い
ところにある
理想を
グッ ....
○「会議」
3日前いきなり
運営委員を決める会議をやるという葉書が
地区のコミュニティから来て
「出席できない方は必ず代理を出してください」
と書いてあった
こちらの都合はまったく考えてな ....
ふるいこうばの
となりの空き地で
大きな石に
のみを打つ
昼も夜も
硬い
電話で
話があって
どっと
疲れて

電話が鳴ると
ドキッと
する
地球の重さは体重の重さに等しい
という
原理が成り立つみずうみで
鳥たちと出逢った。

教えてくれよ
飛び方を。
なにも考えずに飛ぶ方法を。

キミはもう一緒にいるじゃないか。

 ....
夢を見るなら
楽しいのが良い

将来の夢も
眠る時の夢も
両方とも
微笑みが
返って来るような角度で
見上げてみたい

夢を観るなら
叶えられるくらいの
現実味も 欲しい
 ....
悲しみの岸壁に立つ家の中で
納豆キラーゼのキラキラとした光の線が
あとをひいている

糸くずのようななかにも 
大宇宙があるとテレビは喋る
シャベルのような台に乗せられていた
 ....
体の奥にくぐもった化石のようなものに声を掛け、外に出してやる
空気はもう浮ついてきた、もう夏である
イカレタ蝉どもが堰を切るように声を張り上げているが
夏はただ、そこに重い体を広げているだけだ
 ....
垂れ桜の公園には鳩がいて
雄鳩が雌鳩に向かって偉そうに鳴いて
無視されて泣いていて
その近くの無人交番と自走式駐車場の間に
猫がいて目が合った
お互いにじっと見つめあっていたら
近くで別の ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
カズくん2*18/4/7 10:43
希望のなみだ秋葉竹3*18/4/7 9:41
人生の形空丸ゆらぎ・...5+18/4/7 9:28
お薬ちょうだい!ホカチャン218/4/7 9:08
雪景色伊藤 大樹9+*18/4/7 9:01
カステラはるな1118/4/7 8:56
無常ホカチャン218/4/7 8:35
寝屋川駅界隈腰国改修3*18/4/7 8:10
チョコレート4*18/4/7 8:08
飛翔1*18/4/7 8:06
あなたとの時間夏川ゆう518/4/7 5:04
志々雄の唄暁い夕日4+*18/4/7 4:14
ブクブク佑木318/4/7 0:20
孤独と私しょだまさし6*18/4/6 22:25
スノードロップ宵闇2*18/4/6 22:25
欠落朧月218/4/6 21:37
納豆と胃カメラ/即興ゴルコンダ(仮)投稿こうだたけみ0*18/4/6 21:12
トビーの旅たこ318/4/6 21:07
spring sherbetむぎのようこ618/4/6 20:04
トランスジェンダーは上がるべきか下りるべきか花形新次118/4/6 20:01
TO GOたこ3*18/4/6 19:50
#73詩徒(しと)218/4/6 18:47
ああ!自治会長2ホカチャン118/4/6 15:10
彫るカズくん1*18/4/6 13:13
電話1*18/4/6 13:10
青空のいちばん高いところ一輪車4*18/4/6 12:40
黄色の薔薇藤鈴呼2*18/4/6 12:12
納豆と胃カメラ[group]るるりら4*18/4/6 11:35
うざい季節の変わり目で浅井拓也3*18/4/6 8:30
猫としての僕の性別が分かりにくい腰国改修2*18/4/6 6:17

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.42sec.