半紙に描いて、燃やす、字を
綺麗なこころのままで読む。
どこにも立たない孤立の草が
怖気ずくほど、真っ赤になって、
自分を許せず、怒っている。

薄紅色の極楽が、
事後の ....
狂ってしまった
消火栓を
一人抱いて
美しい風
不可能犯罪の方法を
書いて捨てるノート

右手で爪を握って
左手で鳥を真似する
くびれた時間の
一番細い部分
美しい風
しま ....
正直者の少年は
世間知らずのバラが好き
とびきり鋭い棘を生やし
誰も彼もを刺しながら
私が一番美しい
思い込んでるバラが好き

正直者の少年は
バラに何にもしてやれない
 ....
月が綺麗だと言った夜
眼前に広がった海上の道は
往く人々を待っていた

君は僕に嘘をついたきり
僕は君に嘘をついたきり
何もかも忘れた振りをした

潮風は夜の方が匂う
町を丸ごと呑ん ....
月から滴り落ちる
ひかりの中で
ぼくは、星の海
何もかもを
手に入れたかった
羽ばたいて
空を縫い止めたら
雲がたなびく
それは
本当の悲しみで
誰も知らないから
ぼ ....
ブランコに乗って
何処行こう
ブランコに乗って
飛べるかな
白い雲と
青い空
ピクニックの気分
おにぎり忘れたよ


ブランコに乗って
何処行こう
ブランコに乗って
潜れるか ....
正確な画角で。 七色の虹が架かったその先へ 飛んでいこうよ夢の国。

そこでは女神と妖精が ユニコーンと一緒に踊ってる。

七色の虹が空に現れたなら 急いでいこうよ花の国。

世界中の花が集まる花園で ....
電気ケトルと時計の間に住む老婆が教えてくれた。「お前が眠っている間に夜中の雲から女の腕が伸びてきて、窓をすり抜けてお前の顔に透明な手形をつけていったよ。その手形は洗っても落ちないだろう。もう逃げられな .... 私は地球の人になる
道路標識はよく見て
交通ルールをしっかり守る
ご贔屓のチームがあって
試合結果に一喜一憂
ほどほどに勤勉で
ほどほどに憤り
ほどほどにやさしく
ほどほどにやらしく
 ....
君は視力が悪かったとしても
人よりたくさんの星を見て来た

ショルダーバッグの
マタニティマークが目に映るから
席を譲ったりできるのだろう

優しさは心に余裕がないと
分けられずに千切 ....
○「人間関係」
人間関係で揉まれていないから
腹にしまっておくということが
できない
人間関係で揉まれていないから
気に入らないことがあるとすぐに腹を立てる
人間関係で揉まれていないから
 ....
棚の整理をすると黒い泥が詰まったビニール袋が出てきた。たぶん玉ねぎか何かを仕舞い忘れたきりで、腐り落ちて液状化したものなのだと思う。袋が破れていれば大惨事になっていただろう。二重三重に包んでゴミに出し .... 俺と言う人体はおとこで
君と言う人体はおんなだった

人間と言う生き物が地球と言う星の上で
立って歩いている不思議
それを何ら不思議と思えない、思わない
日常の生活も
また不思議と言えな ....
素晴
きみの声が
きこえない

素晴
きみの今は
どこにある

彼方からくる
合図の意味が
わからない

素晴
この世界では時々
確かな偶然を見る

読み取りが ....
  お月見


少女は青い服を着て

ひと晩ぢゆう恋文をかかずにゐた

姉さんの形見のコーヒーカツプに

月をうかべて


{引用=(二〇一八年九月二十五日)}

 ....
羽が飛び降りる
苦しいことばかりだね
辛いことばかりだね
僕が祈ると君は笑う
手を組むたびに
髪の毛を掴まれて
床に投げつけられる
なんでこんな目に?
見上げると笑顔が眩しい
神 ....
あの頃京都で小銭で呑もうと思ったら

木屋町三条下がるのアフリカだった

500円玉の現金を一々渡しながら



















 ....
月の明かりは煩わしい
部屋の蛍光灯は眠りを誘う
冷たいジンを飲むのも
今夜が最後だろう
準備は出来ているから
カーテンを締めて
月を消せ
こんなに不味いのは初めてよ長期出張から戻ったばかりのあなたが君が一番居心地が良くて好きな店で待ち合わせしようって連絡してくるからこの店を迷わず選んだのこの席で文庫本を手に飲む珈琲が一番好きで一人で待つ .... 僕らは、揺れているだろう
冷めた血を滴らせながら
僕らは揺れているだろう

なにも見えない世界や
なにも聞こえない世界
そんな世界のことを
恐れ、そしてどこかで憧れもしながら

 ....
うつつわさはのくにのくにぶり


わさえ
いりのはのいり

ぬさえ
のまた のさのさ
げんせんじょうどん
いでんのあがりの
よこさ のさのさ

わささち
どさけさ
どさけ ....
貧乳者が虐げられていることは
社会的な大問題だと
声高に主張する人は少ない

確かに世の中には
貧乳マニアが存在し
それ向けのAVもある

しかし、大多数は
美乳や巨乳が好きだ

 ....
指先に戯れて
クロアゲハがとまる
白百合も彼岸花も枯れた
秋の昼下がりの木陰

花から花へと番い渡り
翅を休めた指先
翅脈に夜を通わせて
鮮やかに綻ぶ仇花
翅の緋色はきっと
声も衣 ....
白いクルマに乗って
知らない町に着いた
知らない人に会って
知らないうたを歌った
そのまますべて流れて
暗くなったら波音
ああ
知らない人になりたい
眠ることが
難しい夜に
錠剤を飲んで
心で溶かす

落ち着くようにと
処方された時間を

私のために
使ってくれる人

先に夜の歯車に
挟まれて
君を置いて行く
かも知れな ....
山間の小道はいつしか畳敷となり、やがて布団の上を行くことになった。枕やシーツに足を取られながら進むのはもはや森ではなく暗い屋内に取って変わり、果てのない広がりを手探り足探りで行くのは大層恐ろしく心細か .... 今日は爽やかな秋空
隣の山羊たちが
せっせと草を食んでいる
暑くもなく寒くもなく
爽やかな微風が吹いて
ちょうどいい
こんな爽やかな天気は
年に何日あるだろうか 
死ぬ時はこんな天気の ....
天井にふくしが貼りついている
頼りなく「ふ」の字が剥がれかけている
重力に耐えかねている
見えないおもいに耐えかねている

布団の上で僕はそれを眺めている
貼り直す気が起きないことに
僕 ....
開かなくなった引き出しの数だけ
未来が閉ざされるような恐怖を
抱えたままの冬の陽だまりで
溶かしてしまおう逆立てた髪を

言いたいことがひとつずつ消えても
私はただの人に戻りたくはない
 ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
極楽の夕べに秋葉竹118/9/28 22:51
just you,monika竜門勇気218/9/28 22:51
赤いばらネン2*18/9/28 22:22
夏の手紙4*18/9/28 22:19
パラダイシア4*18/9/28 22:06
ブランコ腰国改修2*18/9/28 21:42
_五十嵐線018/9/28 20:35
虹の先天鳥そら1*18/9/28 18:51
手形春日線香218/9/28 13:14
地球の人やまうちあつ...2*18/9/28 10:41
ミナト 螢218/9/28 10:33
独り言73集ホカチャン018/9/28 7:13
春日線香018/9/28 6:02
私は何者だこたきひろし018/9/28 6:02
すばるシホ.N018/9/28 2:42
掌編二題石村16*18/9/28 1:33
折り祈り、ときはいちじく竜門勇気018/9/28 0:13
木屋町三条下がるTAT018/9/28 0:10
ルナティック/スーサイド腰国改修1*18/9/27 23:47
不味い珈琲しょだまさし218/9/27 22:20
僕らは揺れているだろうホロウ・シカ...4*18/9/27 21:42
はしっこのの村(改)仲程2*18/9/27 20:21
HN花形新次418/9/27 20:18
花托の夢宵闇418/9/27 17:25
知らない腰国改修3*18/9/27 16:06
睡眠時間ミナト 螢318/9/27 15:10
牛鬼春日線香118/9/27 13:38
秋空ホカチャン018/9/27 11:33
天井のふくし福ちゃん218/9/27 11:21
大掃除の詩ミナト 螢218/9/27 10:02

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.43sec.