私がいない朝
天使が泣き出すから
私はここに居てもいいんだ

私がいない夜
天使が眠れないから
私はここに居てもいいんだ

いつかは この世界を離れる日がくるけど
その日がくるまで
 ....
季節はずれのひまわりが
咲くはふるさと停車場の
隣のコンビニ自転車置き場
むかしかよってガリガリくんを
一夏なん本たべただろうか

ドングリあたまの小学生が
紙飛行機を飛ばしている
い ....
WXYの三文字だけで
君が浮かんだ
昼下がりのマセマティックス
カップサイズが知りたくて
そっと置いたビデオカメラは
先週トーカ堂で買いました

Eカップでもいい
Fカップでもいい
 ....
肩をすくめて
おろすことが
できなくなった

だからもうしばらく
このままでいよう

まだ目眩はしないから
大丈夫きっと

まばたきもできないけれど
しゃっくりもできないけれど
 ....
もうだめ

じゃあないだろ

おおきないんせきが

このほしにぶつかろうと

わるいほうこうに

よのなかがながれていこうと

まだだいじょうぶ

いのちをかけて

い ....
宇宙サイズで見たら

地球が爆発したって

なんにも変わらない

京の命が消えたって

なんにも変わらない


村田諒太がWBA世界王者なったって

季節外れの台風が来たって ....
 ありがとう
 美少女がささやく
 愛しています
 ありがとう

       僕は拳で殴りつける
       美少女の身体は跳ね
       顔面が赤く腫れる


      ....
初冬の初雪の舞う中
風が木立ちの間を勢いよくすり抜ける
山の頂きから頂きに掛けて 
送電線の唸る音が聞こえる
人造湖は波打っている
一瞬ふわっとしたかと思うと
空は洗われ 雑木林は明る ....
「泣くほど美味しかったよ」

とスイーツ好きな
彼女に嘘をついた
大袈裟に表現した
のではなく嘘なのだ

話しは甘味から
思い出の味になり
僕はみかんの事を
聞かせた



 ....
重ねてゆくとひとつになる
どんなにたくさんあっても

重ねてゆくとみえなくなる
どんなに綺麗なものでも

重ねてゆくしかない
流されたまま

ここからうまれ
どこへもゆかず
重ね ....
私は大人気ないから
「もうその辺で許してやれよ」
と言う言葉に耳を傾けない
どちらかと言えば
トドメを刺したい

だから今
敢えて
ババアやその周辺への批判を続けます

赤塚マンガ ....
蜜柑が二つ、棚の上に置いてある。
鏡の前と鏡の中に。
    高層マンションを
    見上げている人がいる

  最上階のベランダから
  飛行機雲を見上げている人がいる

青空を貫く飛行機の窓から
成層圏を見上げている人がいる
「・・・・・・・」
「・・・・・・・・」

     月明かり 猫二匹
神様が苦しんでいる者の
手を取ってくれたとする
誰だって救われた心地になるだろう
だが本当にそれだけだろうか

ある気分の時
生き苦しんでいる手を
神様が取ってくれたとする
私はその手 ....
雨はあがった
空をみあげると
久しぶりの秋の空がひろがる
みな、何者かにせかされ
脅かされ
あわただしく日々を暮らしている
夢を 野望を 安心を 理想を
追い求め
そして日は暮れてゆく ....
窓辺に花を飾って
出窓にはアンティークドール
白いレースのカーテンで飾れば
もう 完璧
幸せを絵に描いたような家庭の出来上がり
どうせ 見た目が全ての世の中
家族ごっこをしているなんて
 ....
ボケ夫婦になると
お互いボケの責め合いになる
「電気消し忘れ!」
「トイレの水流してない!」
「蓋をきちんと閉めてない」
「あれ、あれじゃわからん!」
責めると責められるから
この頃僕は ....
頭痛がしたので、
最期のシガレット、
夢を乞うテロリスト
豆腐のような布団のなかで癒されている
どうして胸が痛くなるのか
考えたいんだ、空が白むまで
何も用意なんかできていないなら(から) ....
それだけが見える
ということが、あるのか
かつて、私であった人の
私へ曳かれる眼差しと
交わる、畸形の花
びらに似た、包装紙
いちぶ尖ったアルミ缶
ゴミやゴミが裏返り、
「眠るように」 ....
とおく 聖なるラッパを奏で
おなじ星座の下、その国の争いを止める

不機嫌な天使は愛想笑いだけはがんばる
ニカッとわらえば
なやめるわたしたちを
だますことは簡単だとかんちがいしてるね
 ....
風が吹く
強く
トタン屋根が揺れる
怯える
妄想が始まる
風にさらわれて
知らない土地へ
飛ばされる
初めて見る海は
広く
大きく
だのにひとっ飛び

また風が吹く
さらに ....
世上見えないねぇ雨が降ると。


雨ですね。

雨ですか。


落ちてくる水ふうせん。は
こま送り。で見るといい。

アスファルトに落ち、割れ
四方八方へ行くのです。
どこに ....
僕は一枚の紙

美しい物語が綴られるはずだった紙
だのに、その表面は虚しい無地のまま
降り止まない雨に打たれて
溶けだしてる



ある晴れた日、道行く人々が
ふいに風に舞う紙に変 ....
久しぶりの雨で
そう日記に書きはじめてからふと外を眺める
季節はずれの陽光に照らされ、疲弊した草たちは
むせぶように雨に濡れている
雨粒の音が、幾重にも重なった何処かに針のように入り込む
そ ....
あなたは知っているだろうか?
秘密のさぷりのあることを

目には見えない
あの透きとおる粒のさぷりを
うつむく夜に

ーーごくり

ひと飲み

あなたの体内に具わる
エンジン ....
私を自由にして下さい
それはもちろん
解放してもらいたい
ということです

平和を取り戻したい
これは平穏だった
あの頃に戻りたい
という意味です

こんなにも
心不自由で
平 ....
命の意味は宗教的

命の意味は種の保存

命の意味は空間的

命の意味は

命の意味はたくさんあるけれど

命の定義はひとつしかない

決めつけたら駄目

決めつけたら駄目 ....
老いてゆくこの身を
黄昏の空に
横たえている

怯えているのですか
夢みているのですか

たぶん
どちらも

闇は光を呑み込み
光りは闇を呑み込んで
絶望と希望くりかえす

 ....
ざりざりして
つめたい砂底に種をうえては
おびやかさない


まねくのはいつも、水
ひらかれた土地の穀物の声
らー、
と揺れている風の脚

とうめいを覗いたら景色になる
穂は ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
ここに居る意味無限上昇のカ...617/10/24 10:21
季節はずれのひまわり秋葉竹217/10/24 5:31
3年B組盗撮先生花形新次317/10/24 0:29
悪あがきではないけれど坂本瞳子1*17/10/24 0:21
昨夜の風吉岡ペペロ417/10/23 23:39
サイズ217/10/23 23:26
ありがとう祝儀敷117/10/23 23:13
風のためいき山人4*17/10/23 21:29
嘘とみかん箱しょだまさし017/10/23 21:28
朧月217/10/23 20:35
負けた人間を責める花形新次117/10/23 20:26
散髪屋 4空丸ゆらぎ・...217/10/23 20:06
線上の風景 3217/10/23 20:04
シーン3 路上 2117/10/23 20:03
神様の手を握ることしょだまさし317/10/23 17:06
秋の空星丘涙2*17/10/23 16:59
仮面夫婦無限上昇のカ...617/10/23 10:31
言い合いホカチャン217/10/23 9:01
#03詩徒(しと)317/10/23 8:35
names (*)完備(二代目...217/10/23 1:46
『天使の懈怠』につられちゃう秋葉竹117/10/23 0:54
風に吹かれて見る夢坂本瞳子017/10/22 23:54
迷子のお知らせ。水戸 うしん5*17/10/22 22:30
僕は一枚の紙まーつん11*17/10/22 22:01
雨の朝2017山人10*17/10/22 21:16
さぷりまん服部 剛117/10/22 20:09
自由と平和しょだまさし7*17/10/22 19:51
優生思想のバラード吉岡ペペロ817/10/22 18:19
夕陽を見つめて星丘涙7+*17/10/22 17:56
帰郷むぎのようこ317/10/22 17:49

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.36sec.