君の世界も僕の世界も
ある

それは
ここかもしれない
ここではないどこかかもしれない


ありをりはべりいまそかり

    あしたのためのむかばなし
    りくのさ ....
70、いや、80、頃だろうか
しわくちゃの手をそっと
かさねて 思い出そう
今どき?と思われてもいいから
一眼レフで写ろう
靡く髪から少しだけ 保乃香の匂い

ハイスピードで駆ける原付
 ....
福岡とか広島とか
田舎臭い球団が
幅を利かせるようになったから
野球は
もう止めにした方が良いと思います
私みたいな都会人には
到底耐えられません

高校野球からして
ダサイです
 ....
何も無い場所に触れると光が割れ
もうひとつの陽が現われた
うつしみ うつしみ
いつくしみのない ただよい


重さの無い象が荒れ野に降り立ち
風の内の水を見ている
光は ....
あかい火の粉をまき散らし
舞いあがり旋かいする
太陽の核とひとつとなり
金色に変革をとげた
不死を身に宿したフェニックス
すべての民族はあなたに希望を見いだし
その杯をいただきます
不死 ....
六月のアナウンサーの言う通り
私達は毎日カサを持って出かけている
高い降水確率を証拠として煽られては
保険を持ち歩かないといけない気になる

けれど外出先から帰宅した夜
カサは朝のまま乾 ....
薄墨色の現実についてのノート


 あ、潴みたいなおれがカンバスを染めてるな
 余白もないくらいに自我を垂れ、
 くそを垂れ、
 尿する
 あるいは虚を持たず、
 空間を持たず、
  ....
酔っぱらって 家に帰る
トイレで 日々を吐く
繰り返される奇蹟の剪定。
無造作に投げられた肥料袋の中
目一杯に、名のかけらもない痩けた原住民。
命を表象した符号がうねる交差点。

ときおり霞むような速さで、伐採、
あるいは収穫をお ....
若いころは
矛盾に苦しんだ
勝ち負けにこだわった
まちがっているといわれると
ひどく傷ついた
弱さを認めたくなかった
とにかく大谷はすごい
生きてるうちに夢を叶えてくれる
動物たちがみな
肉食でも草食でもありたいように
ピッチャーでもバッターでもありたいのだ
あなたがそう言うので
じゃあ、ロボットの私はど ....
街路で踊るバレリーナの黒髪は長過ぎて、12tトレーラーの後輪に巻き込まれてしまう、悲鳴を上げる間もなく、踊りに陶酔したままの虚ろな表情で、のけぞるように飲み込まれたプリマドンナ、クルミの殻が割れる .... 青い鳥 幸せの
とはいえそれは
細い翼のその先の
先の先まで青いとは限らない
けど青い鳥

 刈り上げられた田んぼの畦を
 歩いてくるのがカツオさん
 古びて背の高い人で 猫背で
  ....
――逆さまに曝された流線型の細ながい肢体。澄んだ水面の白い後ろ影は揺れる。世界でも有数の赤い夕陽は沈んだ。そののちに訪れる、この心地よい夜の冷ややかさ。その臀部の心地よいなめらかさ。そよぐ枝葉のように .... 子どもがかけてゆく
風船をおいかけ
風にとばされ 
鬼にけとばされ
影をおいかけ
雲のかなたにとんでゆく
子どもが泣いている
夢をおいかけ
鬼においかけられ
かけてゆく
小石につま ....
無限に続く壁
無限に広がる床
あらゆる空間がつながっている場所で
すべてが(すべてが
そのままに飾られていたとして
ひとつひとつ手に取り(触れ(眺め(聴き(感覚を
総動員すれば
好きなも ....
いいか
技術は決して嘘をつかないんだ!
信じて全力を尽くせば
きっと夢は叶うんだ!
なあ、みんな
精一杯やろうじゃないか!

あの、社長・・・・
そんなに興奮なさっては

何を言う ....
知ってて言うし
そのまま言うし
許して先生
いばらにからまる貴方
戦場の有刺鉄線に絡まる兵士たち


夢が覚めたら現在のこの国
「今日私鉄は経営困難のため
運休になりまーす」

 ....
雲のなかの金属たちは
艶やかな焔となって、

夕暮れに言葉は燃えた
頬を赤らめるしかなくて
赤々と燃えた

だが街は暮れていくばかりだ
街頭の影が背伸びをしても
たしなめる者もいなく ....
悲しみの蛇が
竹藪を通り抜け
私の家に
やって来るのは、
もう、
決まっているんだ

夜更け、
まだ朝まで遠い時間
すぐにでもあの人に
逢いたかったけれど
逢えない ....
遠くの森はいつの日か
愛娘と歩いた森
今頃木々が色づいて
キラキラ綺麗に輝き出し
二人で辿ったあの道を
艶やかに照らしているだろう

 娘よ、お前は元気かい?
 今頃二十歳のその道を
 ....
くたくたに
なるまで歩いたのは
眠るため
父の背中を追って
とおく
それは時間の概念をこえて
それは交わされた言葉でなされ
とおくまでいった

大きな白菜が200円で売られていた
 ....
うねる海岸線にカモメが群れる
風をうけて舞い上がり飛んでゆく

白いシャツに透ける輪郭は
子供から大人への通過点

白い砂は貝殻の破片を散りばめ
遠い島に流されてゆく

アゲハ蝶の羽 ....
キカクカされたスマイルは必要です
というのは、品証の白衣の兄さん

18ある顔の筋肉全てを意識しているわ
というのは、プロのレイヤーのお姫様

結果が同じならアプローチ違くていいよ
とい ....
鉄の嵐の翌日に
ガジュマルの若葉が
青黒い焦土から
そっと芽吹いた
たくさんの血が流れた
悲しい焦土から
おだやかに命を紡いだ

祈り
叫び
呼び
思い
気遣い
耐え
ある ....
原因のひとつは
画像診断技術が高度化し
医師の目が追い付いていけない状況があるとのこと
技術の急速な進歩と人間の能力との乖離
スマホも電子レンジも洗濯機もウォシュレットも
僕の理解を越えるも ....
陽の光で焦げついた表びょうし
ページをめくるたび
懐かしい香りがひろがる

時代のおもみを指で感じては
ため息ひとつふたつ

栞のよつ葉のクローバーは
貴女あての恋文にとみちびいてくれ ....
爽やかな風が吹いていた斎場には
一人の人生に済みの印を押してあげる為に
集まった親族身内たち

果たしてその人の旅の行く先が
天国でもその反対方向でも構わない
もしかしたら
宇宙の知らな ....
急な坂道が前触れもなくあらわれて
そこを登り詰めたら目前には予想だにしなかった崖っぷち
そんなのこの人生には普通に待ち構えているさ 

他人にはつけない嘘を自分自身につきながら
不細工な顔と ....
 さみしさが夜空にぽっかり浮かんでいた。
 月は雲に隠れてしまった。
 噛み締めたくない孤独は、目の前で立ち昇る煙草の煙と共に、
 私の胸にその影を落とした。

 夢の中で何人もの人を殺 ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
be仲程3*18/11/19 23:14
紅葉を眺めながらふじりゅう1*18/11/19 22:33
ダンサーインザシティ花形新次118/11/19 20:11
ひかり結ぶ手木立 悟118/11/19 19:56
フェニックスあおいみつる218/11/19 17:25
「曇天に舞う」桐ヶ谷忍418/11/19 17:18
アルコールと詩をやめるということ中田満帆218/11/19 10:57
酒飲みあ行018/11/19 9:02
剪定新染因循3*18/11/19 8:01
若いころホカチャン018/11/19 6:29
プレイヤーズ・ピアノれつら4*18/11/19 0:46
ラスト・ワルツ(路上のソワレ)ホロウ・シカ...3*18/11/18 22:14
青い鳥オイタル218/11/18 21:39
月精(あるいは湿原精)本田憲嵩218/11/18 21:35
鬼ごっこあおいみつる118/11/18 21:34
選択とTシャツSeia118/11/18 21:31
下ネタロケット花形新次118/11/18 21:14
● メリークリスマス ●らどみ1*18/11/18 20:40
炎色新染因循3*18/11/18 19:22
ねぇ、神さま、あたいをさらってくれないか?秋葉竹418/11/18 19:14
遠くの森ひだかたけし14*18/11/18 16:06
散歩とボール田中恭平518/11/18 15:33
あおいみつる418/11/18 13:44
● プラスチックスマイル /再利用 ●らどみ118/11/18 13:42
鉄の嵐の翌日にGiovan...218/11/18 11:42
ガン見落としホカチャン018/11/18 10:34
ふるい詩集あおいみつる518/11/18 10:14
斎場にはこたきひろし618/11/18 7:55
断崖218/11/18 5:41
或る夜にヒヤシンス5*18/11/18 1:19

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.4sec.