父は固まりかけた膿を溶かし
排出するために発狂している
脳の中に落とし込まれた不穏な一滴が
とぐろを巻き、痛みをともない
いたたまれなくなると腫れ物ができる
やけに透明で黙り込んだ熱量を持つ ....
悲しいことが君は好き
苦しいことが友達だ
難しいことは君の教師
辛いことは心の栄養となるんだ

誰も選ばないような
荒れた道を選んで
そして何も
意に介さず進む
すべてがうまくい ....
ここにいるのはヒト科ヒト属なごり目という滅びゆく種族です。

彼らは混沌を嫌い、
昼間は皆、木戸を閉めてしまいます。

あまりに青い空を見ると人である時間が減り、
ひたすら、「 ....
あの山から降りるのは困難なことだ
見るからに太って大汗かきの男がこう述べた後
突然の暗雲
みなはディナーの手をとめて
お互いの顔を眺めた
そうすれば何もかも大丈夫だと言うように

光雄は ....
気づいたら「しね」という 文字で

紙を書き潰していたんです

どうしようもない 酷い感情が

私を笑わせようとする

狂ってるみたいだ

あの人を 快感を尽くす限り

罵倒し ....
もっとも、彼らがそうせざるを得なかったのには理由がある
激しく打ち寄せる波が陸を削っていていそがしく
こまり顔がかわいい少女は星を食べる
水を売る老人が身体を捨てようとしている

激しく打ち ....
紙封筒に
足を
すべり込ませる

乾いたシーツのように
こもる体温
あるいは
薄っぺらな閉塞

体を覆う
紙一枚

意識なきまま
文字もなく
どこへともなく
なに ....
春めいた
今夜
如月の
せせらぎに
したり
落ちる
雨の音は
きれい
赤く
煮立った
修羅の
脚を
賞味す
珈琲の中に
城を作った

溶ける角砂糖
火傷する体

十個目の窓に
助けてと願う

白い粒子が
マグカップの色で
塗り潰されて

スプーンで
混ぜると
黒い海に光る
星 ....
をとひと

ひとしきり夢をかたるもの
いつまでたってもそのままで
ずっとそのままで



いもひと

ずっと手を
つないでほしがってると
ただ思いこんでいた



 ....
ココロ

彼女の部屋で つかの間
すごすしあわせなココロ
ココロは 彼女の顔を
見つめさせたり
目の奥を 覗き込ませて
彼女の向こうにある
秘密めいたものを
探らせたりする

で ....
いつのまにか目を覚ましていたね

校庭のうす陽を頼りに
雑踏の褪せてゆく方へ向かえば
しんしんと
遊動円木がないている
透きとおった影子たちが
つたない見真似で揺れているのさ

青す ....
手はハンドルを握り、足は砂浜を迷い、頭は予定表を眺め、肩には曇り空を乗せ、腰は畝っている。どこに下線を引くか、あなたの思考の本質は分からない。歪みをただ切り取るだけだ。3歳の誕生日にこれまでの人生につ .... 元からそっち関連は

造詣が浅い俺なので


映画とかも全然だったし


バイオハザ ....
ここ



閉まっているとばかりおもっていた
ドアが 一つの動作を加えただけで 呆気なく
開いた どこをどうやったんだい
ここをこうやるんだよ
ああ そうだったのか
と 納得した ....
見渡す限りの地平線
垂直に立ち、歩む人
何処までも何処までも
肉を携え魂を生かし
意志の命ずるそのままに
今在る不思議に打ち震え
壊れそうになる自室の空気
苛立ちと 雑音
繊細な指で完璧をなぞると
星が流れ落ちる
混沌に飲み込まれ窒息しそうだ
恐れという籠に閉じ込められ
眠ることも休むこともできない
相変わらず見透 ....
竹はさやかにさむさにふるえ
わたしの呼吸の内もさむさはみち
空はにくにくしく鉛色となって
あの山は正義のようである

誤解なく言え、ゆるされたくて
わたしは天より借りた言葉を書き
アレは ....
「海」
ビーチチェアに寝そべっている人
波が来る順番待ちをしている
最初、命は海で生まれた。
みんな海のどこかにある自分の母の部分が浜辺に来るのを待っている
ふくらはぎをさらう波が赤ちゃ ....
私の足はすぐに疲れる
私の口は嘘ばかりつく
私の瞳は真実を見ない
私の指はペンを持たない

ノートはいつも白紙のままで
作品が完成しない

壊れた天使を抱いている
という詩を書こうと ....
今夜もうまい酒が飲めるのは
健康だからです
健康にありがとう!ありがとう!

今夜もうまい酒が飲めるのは
女房の機嫌がいいからです
女房よありがとう!ありがとう!

今夜もうまい酒が飲 ....
いろんな人を傷つけて
いろんな人からいろんなものを奪って
今の自分がここにいる
わたしは自分で思っていたほど
いい人でも何でもなかった
ただ
人がわたしをどう思おうとも
いまは静かに
 ....
 俺は、可愛い一人娘を持った。ところが、
娘はある日突然口を利かなくなった。俺は
半狂乱になって、何とか名医を探して入院
させた。ところが、娘は病院で首をつりか
けた。あわてて退院させたが、誰 ....
風にふるえる
わたしのここらにある
こころ
とてつもなく小さく
雪のように
とてつもなく大きく
さくらの木のように

喜びあがる
けさのできごと
ちかしいひとに
幸あれと願う
 ....
レジは二つだけ稼働していた。
既に夕方のピーク時は過ぎていたので、客の気配もまばらだ。
係の若い女性は三枚の500円券にチェックの罰印をいれていた。
そこへ順番待ちをしていたキャップを被った ....
誕生日おめでとう
私はだんだん私ではない何かになっていく
その姿をあなたに見ていて欲しかった
止めて欲しいとか
哀れんで欲しいとか
そんなんじゃない
私は
私が変容するさまを
あなたに ....
また冬が来て
久しぶりに絵の講座に出掛けた
肩にキタムラの緑色のフェイクの鞄を掛けて
片手にアンディ・ウオーホールの画集を抱えて
私は水色の電車に揺られた
美大の前に着くと小雨が降りだしてい ....
春ちかい穴ぐらで
かなしみを咀嚼せよ
虎たちの夢は光り
鳥は飛ぶ
羽根がなくても
あまりの寂しさに
体からスライムを出せるようになった僕は
だれも覗かない自室の中で強張ると
無色透明な粘液に包まれる

まだらに入った気泡になんだかやすらぐ
必然性を含有していないからだろ ....
浴室に立ち
自分の裸と対峙する
しじま
まじまじと見つめる
「筋肉の具合はどうか」
「胸の形はどうか」
まいにち繰り返される
つつましやかな自問
浮かんでしまったから
今から沈まなけ ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
発狂山人2+*19/2/20 6:28
苦難の道の丸い石竜門勇気019/2/20 2:25
名残りもくうみこ419/2/20 2:02
Sestinaふるる4*19/2/20 1:10
暴力的な言葉赤椿119/2/20 0:13
Pantoumふるる5*19/2/20 0:12
紙封筒シホ.N519/2/19 23:43
まだ春ではない夜レタレタ193*19/2/19 21:45
珈琲に角砂糖を十個入れる理由ミナト 螢219/2/19 20:55
昨日にとけた音かうばし仲程6*19/2/19 20:52
ココロ後期319/2/19 20:29
いつのまにか目を覚ましていたねぽりせつ219/2/19 18:26
欠伸の数だけ空丸1019/2/19 18:22
ゾンビが出たから詩作も考え直した件TAT319/2/19 18:13
ここ後期4*19/2/19 15:26
walk・on3ひだかたけし719/2/19 14:57
あおいみつる3*19/2/19 12:43
あの山は正義のようである田中恭平10*19/2/19 11:52
海、打上花火 ○ダニケ219/2/19 10:37
蜜柑星やまうちあつ...419/2/19 10:31
酒飲みの歌ホカチャン1*19/2/19 10:00
葉山美玖719/2/19 9:26
人形319/2/19 9:01
生活 #08田中恭平3*19/2/19 8:26
でかぷりおツノル2*19/2/19 5:13
春の待ちぼうけuminek...1119/2/19 2:13
ママ・マリリン・ミー葉山美玖819/2/19 0:13
下方向への上昇②はるな419/2/18 23:50
やわらかいおり渡辺八畳@祝...619/2/18 23:30
はだか伊藤 大樹119/2/18 23:07

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.43sec.